C'mon

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
C'mon KOSHI INABA TAK MATSUMOTO 寺地秀行  
さよなら傷だらけの日々よ KOSHI INABA TAK MATSUMOTO 寺地秀行 48thシングル 最高1位 売上17.5万枚
ひとしずくのアナタ KOSHI INABA TAK MATSUMOTO 寺地秀行  
Homebound KOSHI INABA TAK MATSUMOTO 寺地秀行 49thシングル 2nd beat
Don't Wanna Lie KOSHI INABA TAK MATSUMOTO 寺地秀行 49thシングル 最高1位 売上21.6万枚
DAREKA KOSHI INABA TAK MATSUMOTO 寺地秀行  
ボス KOSHI INABA TAK MATSUMOTO 寺地秀行  
Too Young KOSHI INABA TAK MATSUMOTO 寺地秀行  
ピルグリム KOSHI INABA TAK MATSUMOTO 寺地秀行  
10 ザ・マイスター KOSHI INABA TAK MATSUMOTO 寺地秀行  
11 デッドエンド KOSHI INABA TAK MATSUMOTO 寺地秀行  
12 命名 KOSHI INABA TAK MATSUMOTO 寺地秀行  
13 ultra soul 2011 KOSHI INABA TAK MATSUMOTO 寺地秀行 31stシングル リメイク

リリースデータ

2011年7月27日 初登場1位 売上37.9万枚 Produced by TAK MATSUMOTO VERMILLION RECORDS

メンバー

Guitar 松本孝弘
Vocal 稲葉浩志

B'z18thアルバム。2010年はソロ活動となりデビュー以来初めて1枚もシングルが出なかった。これまではソロ活動があっても必ずシングルは年に1枚以上出していたがこれにより連続1位獲得年数記録が途切れることとなった。2011年は再びB'zとしての活動が再開された。前作に続いて寺地秀行がアレンジャーとして参加。今回はボーカルディレクションのクレジットもついている。ドラムは『BIG MACHINE』以降ほぼ固定のSHANE GAALAAS、ベースは前作に続いてのBARRY SPARKSとなっている。通常曲によってドラムやベースは適宜交代させていたが今回は「Too Young」でウッドベースを別の外人ベーシストに任せた以外はこの2人が全面的に参加している。それ以外にDIMENSIONの小野塚晃(キーボード)、勝田一樹(サックス)といったおなじみのメンバーが数曲に参加しているほかストリングス隊が4曲に参加している。初回盤は既にシングル初回盤に収録されていたシングル2曲のPVに加えてリード曲「C'mon」のPVを収録したDVD付。

2年開いたものの、制作陣は前作と同じ。比較的ベタベタとした響きのサウンドだった徳永暁人が退き、寺地の参加によってサウンドがすっきりと聴きやすくなった印象があったが今作も同じような感じで適度に聴きやすくも激しいロックサウンドが展開している。1曲目がシングル級で、シングルやタイアップ曲が前半で出尽くしてしまうので後半はやや印象が薄くなるのもB'zというよりビーイングの伝統芸でいつも通り。個人的に総じていつも通りのB'zという印象で取り立てて名盤という気はあまりしなかった。とはいえこれだけのクオリティを維持し続けるのも大変なわけだし、さすがといった感のある貫録の1作である。「ボス」では歌詞が明らかに時の総理大臣の嘆きがテーマになっていてユニークなのが印象的。「ultra soul 2011」は打ち込みだった原曲から生音にリメイク(生音リテイク自体は海外のi tunes限定配信という形で数年前にやっているが今回は更なる新録音)。基本アレンジはほぼそのままで細かい演奏やギターソロ等が変わったものの大胆は変更はしていないが、全体的に原曲よりもどっしりとしていて重厚感が増している印象。ベスト盤等でもちょこちょこやっている過去曲のリテイクだがどれも出来がいいので小出しではなく、1作そういうテーマでガツンとやっても面白いんじゃないかと思う。

C'mon(初回限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付   C'mon(通常盤) 通常盤 

印象度★★★★☆

戻る