ELEVEN

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
[T] 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
Seventh Heaven 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
信じるくらいいいだろう 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
RING 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志 30thシングル 最高1位 売上54.6万枚
愛のprisoner 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
煌めく人 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
May 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、稲葉浩志
&大島康祐
28thシングル 最高1位 売上69.5万枚
juice(PM mix) 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志 29thシングル 最高1位 売上67.4万枚
Raging River 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
10 TOKYO DEVIL 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
11 コブシヲニギレ 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
12 Thinking of you 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
13 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
14 今夜月の見える丘に(Alternative Guitar Solo ver.) 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志 27thシングル 最高1位 売上112.7万枚

リリースデータ

2000年12月6日 初登場1位 初動75.7万枚、売上112.9万枚 Produced byTAK MATSUMOTO Room Records

メンバー

Guitar TAK MATSUMOTO
Vocal KOSHI INABA

B'z11thアルバム。これまでコンセプトに合わないシングルは容赦なく未収録にするなどしていたが、今回は同年にリリースされた方向性がバラバラだった4シングルを全て収録。オリジナルアルバムにシングル4作収録は過去最多となった。「今夜月の見える丘に」はギターソロが再録音されており、「juice」はミックスが変更されている。また『Mixture』発売時に期間限定でオープンしたサイトでのみ入手できるプレイヤーをダウンロードし『Mixture』のCDをパソコンに入れると聞けたという「Raging River」も初CD化された。「TOKYO DEVIL」は全英語詞の別バージョン「DEVIL」も制作されており、02年の日韓W杯コンピ盤や韓国限定のミニアルバムに収録され、国内のB'z作品には08年の『ULTRA Treasure』に収録された。97年の『SURVIVE』の時点ですでに1曲のみの参加で、98年にはビーイングを離脱、ライブサポートからも離脱していた明石昌夫が今作では外部ミュージシャン扱い?でベーシストとして何曲かで参加している。明石昌夫の参加はこれで最後となった。

前作で大きくハードロック路線に傾いたが今作ではさらにそれを突き進めてやりたい放題なハードなサウンドが炸裂。全体的にポップ感が薄く、バンド感重視で激しい曲が続くコンセプトを決めずに作りたいように1曲1曲作っていったためアルバムにまとめても方向性が特に無く、アルバムタイトルもそのまま11枚目だから『ELEVEN』になったそうだが、以前だったら外されていたような方向性が違うシングルが4曲全て収録されたのもそれが理由と思われる。実際シングル曲で一休みしていく感じで、「juice」や「RING」はまだしも「May」は今作唯一の打ち込みドラムで浮きまくり。最後のミリオンシングルになった「今夜月の見える丘に」も入れるならもうラストしか無いという勢いである。当時はドラマタイアップもあって「今夜月の見える丘に」が久々のミリオンを達成して、新規リスナーが入ってくるタイミングでもあり、個人的にも今作で初めてB'zのオリジナルを手に取ったのだが、あまりに重すぎてさっぱり良さが分からなかった。そんな感じの新規リスナーは多かったと思うが、もう少し色々な作品を聞いた後でこの作品に戻ってくるとけっこうこのやりたい放題な感じは痛快でもあり、バラバラなのが逆に通して聞くには飽きない流れになっているようにも思える。

ELEVEN

印象度★★★★☆

戻る