FRIENDS

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Prologue
Friends
  松本孝弘 松本孝弘・明石昌夫 ストリングスインスト
SCENE1
いつかのメリークリスマス
稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘・明石昌夫  
SCENE2
僕の罪
稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘・明石昌夫  
2-2
Love is…
  松本孝弘 松本孝弘 キーボードインスト
SCENE3
恋じゃなくなる日
稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘・明石昌夫  
SCENE4
SEASONS
  松本孝弘 松本孝弘 アコギインスト
SCENE5
どうしても君を失いたくない
稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘  
6
いつかのメリークリスマス(Reprise)
  松本孝弘 松本孝弘 ピアノインスト

リリースデータ

1992年12月9日 初登場1位 売上135.6万枚 Produced by 松本孝弘 BMGルームス

メンバー

All Guitars 松本孝弘
Voicesl 稲葉浩志

B'z4thミニアルバム。フルアルバム『RUN』から1ヵ月ちょいでの発売となり、間にシングルはリリースされていない。映画のサントラを意識したストーリー性を持たせたコンセプトアルバムとなっている。歌入りの新曲4曲+インスト4曲という構成。実際のトラックナンバーとは異なるストーリーに合わせた番号表記がされている。今作ではこれまで基本的にManipulateの表記のみだった明石昌夫のクレジットにBassが追加されている。登場週数は30週とこれまでに比べると少なくなり(ただし今作以降100位以内で20週を越えるのはベスト盤以外では2作しか無い)、売上も大きく下回ってる。5作のミニアルバムの中では『MARS』『FRIENDSU』に続く3番目の売上。初回盤はスリーブケース入り。

『RUN』から1ヵ月程度でのリリースだが、ミディアム〜バラード中心のコンセプトアルバムということで方向性は全く違う。『RUN』が当時としては振り切った作品だったので、今作の方が安心したリスナーは当時は多かったのではないだろうか。今となっては『RUN』が通常営業で、今作がかなり異色に思えるけど。今作はやはり後にシングル以上に有名になった「いつかのメリークリスマス」収録が最大のポイントだろう。実はコンセプトアルバムの中の1曲に過ぎなかったのである。あまりに1人歩きしすぎてしまったものの、この曲が本当の意味で活きる場所は今作を置いて他にないといえる。ファンの間では根強い人気があり20周年の『ULTRA Treasure』では10位に入った「恋じゃなくなる日」こそそれなりにエレキギターが鳴っているものの、以前も以降のB'zでもあまり聞けないギターを抑えた落ち着いた生音バンドサウンドが聞けるという意味ではなかなか面白い1作である。「僕の罪」なんかはけっこうAORっぽい。B'zでAORって全くイメージが無かったし、初期と違って後追いでも古かったりダサく聞こえることは無く新鮮に聞こえると思う。なお全曲失恋ソングなのでかなり女々しい。そして切ない。クリスマス前にフラれた時などに今作を聞くとドンピシャすぎて涙が止まらなくなる可能性が高いのでそういった人は注意が必要である。

FRIENDS  

印象度★★★★☆

戻る