B'z The “Mixture”

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
だからその手を離して-Mixture style- 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘/稲葉浩志 27thシングル『今夜月の見える丘に』2nd beat
1stシングル
YOU&I-Mixture mix- 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘/稲葉浩志 16thシングル『ねがい』2nd beat
OH! GIRL-Mixture style- 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘/明石昌夫 2ndアルバム『OFF THE ROCK』収録曲
NEVER LET YOU GO-Mixture style- 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘/明石昌夫 2ndアルバム『OFF THE ROCK』収録曲
JOY-Mixture mix- 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘/明石昌夫 12thシングル『愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない』2nd beat
今では…今なら…今も…-Mixture style- 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘/明石昌夫 3rdアルバム『BREAK THROUGH』収録曲
孤独のRunaway-Mixture style- 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘/明石昌夫 3rdミニアルバム『MARS』収録曲
MOVE 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘/稲葉浩志 19thシングル『ミエナイチカラ〜INVISIBLE ONE〜』両A面曲
東京-Mixture mix- 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘/明石昌夫/池田大介 17thシングル『love me,I love you』2nd beat
10 hole in my heart-Mixture mix- 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘/明石昌夫 15thシングル『MOTEL』2nd beat
11 KARA・KARA-Mixture mix- 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘/明石昌夫 13thシングル『裸足の女神』2nd beat
12 FUSHIDARA 100% 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘/稲葉浩志/池田大介 18thシングル『LOVE PHANTOM』2nd beat
13 ビリビリ-Mixture mix- 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘/稲葉浩志/徳永暁人 23thシングル『Liar!Liar!』2nd beat
14 Hi 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘/稲葉浩志 24thシングル『さまよえる蒼い弾丸』2nd beat
15 The Wild Wind 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘/稲葉浩志 25thシングル『HOME』2nd beat
16 あなたならかまわない 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘/稲葉浩志/徳永暁人 未発表曲

リリースデータ

2000年2月23日 初登場1位 初動110.1万枚、売上150.0万枚 Produced by TAK MATSUMOTO BMG

メンバー

Vocal 稲葉浩志
Guitar 松本孝弘

B'zマストアルバム。発売当時から公式にマストアルバムとされている謎の扱いの作品。公式サイトでは他のベスト盤と同様のカテゴリに入っているものの、ベスト盤としての枚数カウントはされていない。基本は2nd beat(C/W)集+初期再録音。レコード会社はRoomではなく初期に在籍していたBMGからのリリースだがRoomに移籍してからの曲も入っていて両者合意の上のアルバム。『Flash Back』騒動があったものの和解という形でリリースされたとされている。初期の再録音(Mixture Style)+近年の2nd beat(C/W)のリミックス+近年の2nd beatを原曲のまま+未発表曲という構成。Mixture styleは生音メインによる再録音、Mixture mixはミックス変更(リミックス)である。未発表曲「あなたならかまわない」は97年のアルバム『SURVIVE』時の楽曲と言われている。発売前後にイベント、初回特典にB'z CUBEがついたり応募抽選なども行われた。しかし一般的にも知られてない曲が多くセールスも以前のベストには及ばなかった。

タイトルのMixtureとは音楽ジャンルの事ではなく、今作の複雑な構成のことを言っているものと思われるが、このタイミングでこの選曲という音楽的な意図はあまり見えない。アルバム未収録のC/Wが網羅されているわけでもないのでC/W集としても中途半端であり、いっそ全部初期のリメイクやリミックスにしてしまった方が良かったような気はする。企画意図自体がBMGとRoomの和解にあったのだとすれば双方の時期の曲を半々で収録しなくては意味が無いわけでこんな構成なんだとは思うけど。ベスト盤辺りで入った後追いリスナーは新作のような感覚で聞いたと思われ、当時自分もそうだった。後半収録の近年のC/Wは元からロック色が強いが、前半のポップ色が強くてキーボードサウンドが目立っていた時期の楽曲はどれもエレキギターを前面に出し、ドラムを強調したりとロックな変更がされている。特に再録音されたMixture Styleの楽曲は激変といっていいほど変わっており、どれもカッコよくなっている。この時期の原曲を知っている人ほど楽しめると思われ、実際当時知らない状態で聞いた時はさすがにこの当時のB'zのシングルA面楽曲ほどの勢いはないので、イマイチ良さが分からなかったが、旧作を聞いた後はだいぶ評価が変わった。前半に関してはそんな感じだが、後半に関してはこの時期のC/Wを他に知らないのでこれがベストな選曲なのかもよく分からない。改めてC/W集の発売を待ちたいところだが…全く出す気配無いぞ…。ベスト盤を聞いた後の次の1作として今作を聞くよりも、初期のアルバム(特に「だからその手を離して」の原曲は必須)を少しかじってあまりのバブリーさにげんなりしてから今作を聞くという流れがおススメである。

The“Mixture”

印象度★★★★☆

戻る