Yin&Yang

Yin Disc
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Invitation for "Yin"     澤近泰輔 Instrumental
2 PRIDE 飛鳥涼 飛鳥涼 澤近泰輔 12thアルバム『PRIDE』収録曲
3 天気予報の恋人 飛鳥涼 飛鳥涼 澤近泰輔 12thアルバム『PRIDE』収録曲
4 TAO -Live at 武道館 1993- CHAGE CHAGE 近藤敬三 16thアルバム『RED HILL』収録曲 ライブ音源
5 Reason 澤地隆 CHAGE 十川知司 13thアルバム『SEE YA』収録曲
6 僕は僕なりの 飛鳥涼 飛鳥涼 Jess Bailey 13thアルバム『SEE YA』収録曲
7 水の部屋 飛鳥涼 飛鳥涼 飛鳥涼・Jess Bailey 13thアルバム『SEE YA』収録曲
8 Primrose Hill CHAGE CHAGE 村上啓介 13thアルバム『SEE YA』収録曲
9 今日は…こんなに元気です 青木せい子・飛鳥涼 CHAGE 村上啓介 30thシングル『no no darlin'』C/W、15thアルバム『GUYS』収録曲
10 STRINGS from "THE TIME"     井上鑑 Instrumental
11 誰かさん〜CLOSE YOUR EYES〜 CHAGE CHAGE 十川知司 14thアルバム『TREE』収録曲
12 どのくらい”I love you” 飛鳥涼 飛鳥涼 佐藤準 9thアルバム『Mr.ASIA』収録曲
13 WHY 飛鳥涼 飛鳥涼 Jess Bailey 15thアルバム『GUYS』収録曲
14 THE TIME -reprise-     井上鑑 Instrumental
15 tomorrow 飛鳥涼 飛鳥涼 佐藤準 14thアルバム『TREE』収録曲
16 野いちごがゆれるように 飛鳥涼 飛鳥涼 Jess Bailey・飛鳥涼 15thアルバム『GUYS』収録曲
17 BIG TREE 飛鳥涼 飛鳥涼 飛鳥涼・澤近泰輔 14thアルバム『TREE』収録曲

 

Yang Disc
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Invitation for "Yang"     澤近泰輔 Instrumental
2 GUYS 飛鳥涼 飛鳥涼 村上啓介 15thアルバム『GUYS』収録曲
3 HOTEL 飛鳥涼 飛鳥涼 十川知司 12thアルバム『PRIDE』収録曲
4 BELIEVE IT? 飛鳥涼 CHAGE 瀬尾一三 10thアルバム『RHAPSODY』収録曲
5 スローダウン 澤地隆 CHAGE 佐藤準 9thアルバム『Mr.ASIA』収録曲
田中昌之へ提供(表記は「SLOW DOWN」) セルフカバー
6 Love Affair 飛鳥涼 飛鳥涼 国吉良一 11thアルバム『ENERGY』収録曲
清水宏次朗へ提供 セルフカバー
7 赤いベッド 澤地隆 CHAGE 国吉良一 11thアルバム『ENERGY』収録曲
8 CHAGE CHAGE 村上啓介 15thアルバム『GUYS』収録曲
9 Energy 飛鳥涼 飛鳥涼 瀬尾一三 11thアルバム『ENERGY』収録曲
10 CATCH & RELEASE CHAGE CHAGE 澤近泰輔 14thアルバム『TREE』収録曲
11 Mr.ASIA 飛鳥涼 飛鳥涼 佐藤準 9thアルバム『Mr.ASIA』収録曲、19thシングル『ロマンシングヤード』C/W(カット)
12 CRIMSON CHAGE CHAGE 村上啓介 29thシングル『if』C/W、15thアルバム『GUYS』収録曲
13 RED HILL 飛鳥涼 飛鳥涼 井上鑑 16thアルバム『RED HILL』収録曲
14 Knock 飛鳥涼 CHAGE 井上鑑 34thシングル『なぜに君は帰らない』C/W
15 TURNING POINT 飛鳥涼 飛鳥涼 飛鳥涼・村上啓介・
矢賀部竜成
7thアルバム『TURNING POINT』収録曲

リリースデータ

1994年8月25日 初登場1位 売上69.3万枚 Produced by CHAGE&ASKA、山里剛 ポニーキャニオン
ポニーキャニオン
ヤマハミュージック

メンバー

CHAGE
ASKA

CHAGE&ASKA4thベストアルバム。デビュー15周年記念企画アルバム。79年8月25日のデビューシングル「ひとり咲き」からピタリ15周年記念日にリリースされた。シングルA面以外のC/W、アルバムから選曲されており、収録範囲はポニーキャニオン移籍後の7thアルバム『TURNING POINT』から16thアルバム『RED HILL』まで(86〜93年)。対象期間の10作のアルバムからは唯一8thアルバム『MIX BLOOD』からは1曲も選ばれていない。タイトルは陰と陽を意味し、Yinにはバラード、Yangにはアップテンポな楽曲が選曲されている。インストを除くと「Knock」がアルバム初収録。全曲リミックスが施されているが「TAO」は最新のライブ音源での収録。また曲間なし、フェードインフェードアウトを駆使したり、インタールード的なインストも挿入され、Yinには女性、Yangには男性のDJが挿入されたFM番組風の演出が施されている(全曲の前後にDJが登場するわけではない)。シングルなしの選曲というのが響いたのか、1位にこそなったもののここでミリオン割れとなった。当時限定盤として発売したわけではなかったようだが、EMI、ヤマハ、ユニバーサル移籍以降一切再発されずに廃盤となっている。

DJ演出と曲間なしで繋いでいる企画作品にしてシングルA面一切なしの選曲なので、他のA面中心のベスト盤を聞いた後に、オリジナルアルバムを辿るまでは行かないけどもう少しアルバム曲の雰囲気を味わってみたいというのであれば最適な1作。全ての期間ではなくポニーキャニオン移籍後の10枚のアルバムから選曲されているがやはりどうしてもチャゲ&飛鳥時代よりもCHAGE&ASKAになってから、90年代になってからのアルバムからの選曲が多い。バラードが並ぶYinに関しては『THE STORY of BALLAD』シリーズもあるんだけど被りはさほど多くない。ただこの曲数でバラードをまとめると正直ちょっと長さを感じてしまった。Yangに関してはノリのいい曲が並んでいるものの、なかなかマニアックな印象の楽曲も多く、アルバム曲を隅々まで好きになれるほどのファンにはちょっとなれそうにないかなというのが個人的な印象。そんな中で各アルバムのタイトル曲となっている楽曲はタイトル曲だけあってA面曲に負けないインパクトの気合の入った楽曲だなと改めて感じた。あとオリジナル盤に比べるとかなり迫力が増していて音がいいと思う。

Yin&Yang  

印象度★★★★☆

2016.1.30更新

戻る