変身

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考・担当楽器(ボーカルは橋本で固定)
変身 橋本絵莉子 橋本絵莉子 CHATMONCHY 橋本(Drums,Guitars)、福岡(Bass,Chorus)
ハテナ 橋本絵莉子 橋本絵莉子 CHATMONCHY 13thシングル 最高18位 売上0.8万枚
橋本(Guitars,Blues Harp)、福岡(Drums,Chorus)
テルマエ・ロマン 橋本絵莉子 橋本絵莉子 CHATMONCHY 12thシングル 最高13位 売上1.3万枚
橋本(Guitars,風呂桶)、福岡(Drums,風呂桶,Synthesizer)
少女E 橋本絵莉子 橋本絵莉子 CHATMONCHY 橋本(Guitars,Cracker)、福岡(Drums,Woodblock,Cracker)
コンビニエンスハネムーン 橋本絵莉子 橋本絵莉子 CHATMONCHY 15thシングル 最高23位 売上0.6万枚
橋本(Guitars,Bell,Handclap)、福岡(Drums,Shaker,Hand Clap)
Yes or No or Love 福岡晃子 橋本絵莉子 CHATMONCHY 橋本(Bass)、福岡(Drums,Chorus,Synthesizer)
初日の出 橋本絵莉子 橋本絵莉子 CHATMONCHY 橋本(Drums)、福岡(Bass,Chorus)
歩くオブジェ 橋本絵莉子 橋本絵莉子 CHATMONCHY 橋本(Guitars)、福岡(Drums)
きらきらひかれ 福岡晃子 橋本絵莉子 CHATMONCHY 14thシングル 最高16位 売上0.8万枚
橋本(Guitars,)、福岡(Drums,Chorus)
10 ふたり、人生、自由ヶ丘 橋本絵莉子 橋本絵莉子 CHATMONCHY 橋本(Guitars,Whistle)、福岡(Drums,Tambourine,Melodica)
11 ウタタネ 福岡晃子 橋本絵莉子 CHATMONCHY 橋本(Electric Piano)、福岡(Drums,Chorus)
12 満月に吠えろ 福岡晃子 橋本絵莉子 CHATMONCHY 11thシングル 最高10位 売上1.4万枚
橋本(Guitars)、福岡(Drums,Wind Chimes,Chorus&Howling)

Strings Arrangement:斎藤ネコ(8)

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2012年10月10日
2016年2月24日(Forever Edition)
初登場2位
初登場171位
初動2.2万枚、売上3.2万枚
売上0.05万枚
Produced by CHATMONCHY
Sound Produced by チャットモンチー(5,6,9以外)、奥田民生(5)、後藤正文(6,9)
Ki/oon Records

メンバー

Vocal.Guitar 橋本絵莉子
Drums 福岡晃子

チャットモンチー5thアルバム。2011年9月にドラマー高橋久美子が脱退。バンド存続のため、ベースの福岡がドラムに転向(元からドラムをやっていたわけではなく脱退決定後イチから練習)。2人になって再始動してからのシングル5曲が収録されたが、「ハテナ」と両A面だった「夢みたいだ」は未収録。一部の楽曲では奥田民生、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文をサウンドプロデューに迎えている。「コンビニエンスハネムーン」のハンドクラップと奥田民生のタンバリン、「歩くオブジェ」のストリングス、「満月に吠えろ」のコーラス以外は全面的に2人の演奏のみとなっており、メインの楽器以外に2人はベースやドラム、ピアノ、シンセなどを演奏している。初回盤はスタジオライブDVD「変身中」が付属する。2015年デビュー10周年を記念したリマスタープロジェクトとして2015年時点での最新作『共鳴』以外のアルバム5枚、ミニアルバム2枚をBlu-Spec CD 2化してオリジナルをリマスターしたDISC-1&当時のライブ音源で構成したDISC-2の2枚組Forever Editionとして発売。第1弾は2015年に前半4作が一斉発売された。後半3作は2016年2月に発売された。オリジナルのマスタリングは原田光晴が担当しているが、Forever EditionのリマスターはGreg Calbiが担当している。今回入手したのはオリジナル盤。

2人になってもメンバーだけの演奏にこだわっており、さすがに音は重ねているものの、ライブにおいては少しループさせて流す程度で再現できるようにとどめている。ここまでこだわる必要があるのかは分からないが、結果的には唯一無二の「2人でバンド」という面白い作品が出来上がっている。ギター、ベース、ドラムが揃っているのは1曲目の「変身」だけで後の曲は基本はギターとドラムで、ベースとドラムだったりそれを演奏者入れ替えてやってみたり、ピアノとドラムだったりと組み合わせも色々試している。特にボーカル橋本が作詞作曲でも演奏でも大奮闘。ただほとんどの曲ではギタードラムがあってもベースが抜けているので、どこか音がスカスカしていて改めてベースの重要性を感じさせられる。1作だけならこれでも面白いけどこれが続くとなると、さすがに「いやサポート入れろよ」って感じになってくると思うけど、果たして頑なにサポートを入れてこなかっただけにその選択肢があるのかどうか…。正直さほどファンでも無いから面白いアルバムだったけど、もっと熱心なファンだったらどう反応していたか。好きなバンドからメンバーが脱退してバンド編成ではない2人になってもサポートも入れずにこのような実験に走ったらと考えると…複雑だ。

変身(初回生産限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付  変身 通常盤    変身 (Forever Edition)Forever Edition

印象度★★★★☆

戻る