ClariS〜SINGLE BEST 1st〜

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 irony kz kz kz 1stシングル 最高7位 売上5.4万枚
2 コネクト 渡辺翔 渡辺翔 湯浅篤 2ndシングル 最高5位 売上8.6万枚
3 nexus kz kz kz 3rdシングル 最高5位 売上3.2万枚
4 ナイショの話 ryo ryo ryo/TAKUA 4thシングル 最高2位 売上5.8万枚
5 Wake up 丸山真由子 丸山真由子 丸山真由子 5thシングル 最高12位 売上1.8万枚
6 ルミナス 渡辺翔 渡辺翔 湯浅篤 6thシングル 最高4位 売上7.7万枚
7 reunion kz kz kz 7thシングル 最高2位 売上4.2万枚
8 カラフル 渡辺翔 渡辺翔 湯浅篤 8thシングル 最高3位 売上7.4万枚
9 CLICK kz kz kz 9thシングル 最高7位 売上3.7万枚
10 STEP kz kz kz 10thシングル 最高3位 売上2.6万枚
11 border megrock 重永亮介 重永亮介 11thシングル 最高4位 売上2.1万枚
12 DROP kz kz kz 雑誌『リスアニ!Vol.01』付録CD収録曲 デビュー前楽曲
13 君の夢を見よう kz kz kz 雑誌『リスアニ!Vol.02』付録CD収録曲 デビュー前楽曲
14 Clear Sky 丸山真由子 丸山真由子 丸山真由子 雑誌『リスアニ!Vol.19』付録CD収録曲 カレン加入後最初の楽曲

リリースデータ

2015年4月15日 初登場4位 売上4.8万枚 SME Records

メンバー

クララ
カレン(11,14)
 
アリス(1〜10,12,13) 2014年6月脱退(卒業)

ClariS初のベストアルバム。ここまでの全シングル11曲と雑誌『リスアニ』の付録CDのみに収録されていた3曲を収録。シングルでは「border」がアルバム初収録。14年6月の3rdアルバム『PARTY TIME』でアリスが卒業し、しばらく経過してから新たにカレンの加入が発表された。14年秋に発売された雑誌『リスアニ!Vol.19』付録CDの「Clear Sky」がカレン加入後最初に発表された楽曲だったが、正式なシングル発売は15年1月の「border」となった。このためカレンが参加しているのは2曲のみ。「リスアニ!」による特設サイトも制作された。今作にはメンバー表記が無く、かろうじてSpecial Thanksの欄に"クララファミリー&アリスファミリー&カレンファミリー"という表記があるのみとなっている。完全生産限定盤はねんどろいどぷち付属、初回盤はシングル11作のMVを収録したDVD付、Blu-ray付の2種が用意された。MVは各シングル初回盤DVDに収録されてきたため初商品化映像は無く、5〜10に関しては2nd、3rdアルバムの特典DVDにも収録されていたので3度目の商品化となり、Blu-ray化に関しては全曲が初となる。

新ボーカル加入後、シングル1作出して始動したと思ったら大半が脱退メンバー時代の楽曲で構成されたベスト盤を出すという珍妙な事態は知っている限りWANDS以来じゃないかと思うんだけど、リリースタイミングがかなり微妙。何故アリスが辞めてすぐのタイミングで出さなかったのか…オリジナル出したばかりだったので時間を置きたかったのだろうか。まあカレンのボーカルで全曲新録音!とかやって無駄な反感買うよりはマシか。特設サイトではご丁寧にメンバーインタビューまで掲載され1曲ごとに振り返っているんだけど、カレンは大半の楽曲に参加していないのでほとんどクララ1人で語っていて、カレンは時々リスナーとしての思い出を語るだけ、という不思議な事態に…。しかもメンバー表記が無いからどれがカレン参加曲なのか、ブックレットだけじゃ分からない始末。時系列で並べると「DROP」→「君の夢を見よう」→1st〜10th(アリス卒業)→「Clear Sky」(カレン加入)→11thとなるので、曲順もその方が良かったと思う(特設サイトのクロスレビューの並びはこれになっている)。

基本的にスッキリした打ち込み主体のトラックにこれまたスッキリした女の子ボーカルが乗っかるといった主張しないのが良いライトミュージックといった趣きで、文字通りスッキリと気持ちよく聞ける。参加している3人の声はもちろん違うんだけど強い特徴が無いので、正直アリスとカレンが入れ替わっても違いはほとんど分からない。「ナイショの話」と「border」だけ生のバンドを入れていてパワーがあるが、それ以外は渡辺翔×湯浅篤コンビによる3曲だけちょっと壮大かな?という程度で(この3曲は大ヒットした同じアニメのタイアップだったようで売上も高い)多く起用されているkz楽曲がどれも強い印象は無いけど清涼飲料水のごときさわやかな後味で個人的には気に入っている。

普通にClariSはタイアップ先アニメ作品を通じて聞き始めるのが一般的と思われるが、個人的には1つもタイアップ先を知らず、たまたま耳に入ったデビュー作が良かったのとZONEの後輩として聞き始めた(結果的に木端微塵になったZONEのような別のナニカと化したグループが2011年〜2012年頃に活動していたが、その際にトリビュートに参加したり、丸山真由子提供が被ったりもしている)。このため、タイアップ先の世界観に歌詞が寄り添っているとかそういう感慨が無いんだけどそれが無くても問題なく聞ける。今作はベスト盤なのでタイアップ先で1度でも触れたことがある人はもちろん、そうでない人でも手に取りやすくて聞きやすい1作だと思う。

まあ前述のようにkzによるスッキリ打ち込みポップ、渡辺翔×湯浅篤コンビだけちょい壮大、バンド系の3パターンしか無いとも思ったりしたんだけどまだマンネリというほど飽きは来ていないし、基本タイアップとはいえClariSの方向性はしっかりしているということでもある。よくあるタイアップで曲を気に入ったけどその曲はタイアップ先にかなり合わせてたらしくて本来の作風とは異なっていた…みたいなことは無い。カレン加入して始まったばかりだし、今後は顔出しライブもやるつもりなようなので(アリス在籍時は最大でもシルエットでの登場までに留まっていたが、カレン加入後は早速リスアニの企画ライブで日本武道館にて逆光とベールを駆使して顔が判別できないようにしながらも観客の前に登場して歌(とダンス)を披露したらしい)新展開にも期待したい。なお7月31日にZepp Tokyoで単独ライブを行った際は謎の仮面をかぶったままという珍妙なスタイルで登場した。

ClariS ~SINGLE BEST 1st~(完全生産限定盤)(CD+ClariSねんどろいどぷち4タイプ クリアver.付)完全生産限定盤  ClariS 〜SINGLE BEST 1st〜(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)初回盤Blu-ray付  ClariS 〜SINGLE BEST 1st〜(初回生産限定盤)(DVD付)初回盤DVD付  ClariS 〜SINGLE BEST 1st〜通常盤  

印象度★★★★☆

戻る