complete of FIELD OF VIEW at the BEING studio

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
君がいたから 坂井泉水 織田哲郎 葉山たけし 1stシングル 最高3位 売上89.8万枚
突然 坂井泉水 織田哲郎 葉山たけし 2ndシングル 最高2位 売上122.4万枚
Last Good-bye 坂井泉水 多々納好夫 葉山たけし 3rdシングル 最高3位 売上39.7万枚
Dreams 辻尾有佐 織田哲郎 徳永暁人 6thシングル 最高14位 売上8.6万枚
DAN DAN 心魅かれてく 坂井泉水 織田哲郎 葉山たけし 4thシングル 最高4位 売上52.8万枚
青い傘で AZUKI 七 大野愛果 徳永暁人&
FIELD OF VIEW
12thシングル 最高34位 売上1.2万枚
大空へ 小松未歩 小松未歩 寺尾広 1stベスト『SINGLES COLLECTION+4』収録曲
渇いた叫び 小松未歩 小松未歩 小澤正澄 8thシングル 最高19位 売上4.6万枚
冬のバラード 小田佳奈子 多々納好夫 池田大介 14thシングル 最高35位 売上1.6万枚
10 この街で君と暮らしたい 小松未歩 小松未歩 葉山たけし 7thシングル 最高14位 売上8.7万枚
11 CRASH AZUKI 七 綿貫正顕 池田大介 11thシングル 最高35位 売上1.2万枚
12 Holiday 浅岡雄也 小田孝 池田大介&
FIELD OF VIEW
15thシングル『Beautiful day』C/W
13 あの時の中で僕らは 浅岡雄也 浅岡雄也 池田大介 view 1stシングル 最高97位 売上0.3万枚 未発表テイク
14 迷わないで 浅岡雄也 多々納好夫 池田大介 view 2ndシングル 100位圏外
1stアルバム『FIELD OF VIEWT』収録Ver.
<Premium Tracks>
15 君を見ていた僕と 僕を見ていた君と 浅岡雄也 浅岡雄也 池田大介&
FIELD OF VIEW
未発表曲
16 Real prayer 浅岡雄也 小橋琢人 池田大介&
FIELD OF VIEW
未発表曲
17 君がいたから(Acoustic Version) 坂井泉水 織田哲郎 池田大介&
FIELD OF VIEW
1stシングル 未発表バージョン

リリースデータ

2003年8月25日
2012年9月26日
初登場170位、最高83位 売上0.4万枚 Produced by DAIKOH NAGATO B-Gram Records

メンバー

Vocal 浅岡雄也
Guitar 小田孝
Drums 小橋琢人
Bass 新津健二(5thシングルから加入)
 
Keyboard 安部潤(1st〜3rdシングルまで在籍)

at the BEING studioシリーズ第14弾はFIELD OF VIEW。01年5月にthe FIELD OF VIEWに改名して02年に解散しており、ライナーでも解明に触れてはいるが、今作以降のベスト盤はFIELD OF VIEW名義に戻されている。改名後の制作とされている「Real Prayer」の編曲表記にもtheはついていない。当初選曲に関しては全16曲と発表され、「ドキッ」(作曲が浅岡)、「Still」(自作)、「夏の記憶」(編曲に新津が参加)、「Melody」(完全自作)がラインナップに入っていた。発売前に曲目が大幅変更され、これらに代わり「Dreams」「青い傘で」「大空へ」「この街で君と暮らしたい」「CRASH」と、ことごとく提供曲に差し替えられた。小松未歩や、AZUKI 七、大野愛果、徳永暁人などをいち早く起用した点が「音楽製作会社としての良心的部分」などとライナーに記載されており、あくまでBEING studioシリーズなのでビーイングが主導権をとってプロデュース制作したのを選んだものと思われる。2012年には1680円の廉価盤として期間限定再発されている。

ラストベストや解散から1年も経っておらず、ベストとしても3枚連続なのでシングル曲には全く価値はない。また「あの時の中で僕らは」「迷わないで」はview時代のシングル音源であると発表されており、「廃盤音源」だの「view時代の貴重な音源」だの言ってたくせに聞いてみればview時代のシングル音源ではない始末。「あの時の中で僕らは」はview音源は声がもっと若く、歌い方も語尾を伸ばさずに短く切っていた。FOVになって1stベスト『SINGLES COLLECTION+4』で歌いなおしたときはやたら声を伸ばしていたのだが今回のバージョンは声の伸びがその中間くらいの伸ばし具合。オケに関してはリマスタリングしたにしてもview音源と比べるとミックス変更したとしか思えないレベルで楽器が派手に鳴り響くようになっているのでこれは完全な未発表の音源なのではないかと思う。「迷わないで」に関してはイントロ部分がview音源と異なり、1stアルバム音源と同じ。やはり1stアルバム音源よりもかなり派手になっているものの、こちらはリマスタ効果によるもので1stアルバム音源だと思う。

今作最大注目点は未発表曲である。「君を見ていた僕と 僕を見ていた君と」が『Truth of Love』制作時、「Real prayer」が解散直前に作っていたオリジナルアルバム用の曲(解散が決まったので全部オクラ入り)のうちの1つということだがどちらも素晴らしい。少々イメージとは違い、「君を見ていた僕と 僕を見ていた君と」はアンビエントさが漂うバラード、「Real prayer」は打ち込みのアップテンポ曲なのだが、the FIELD OF VIEWとして発売されたシングル作品に比べると聞きやすい。制作していたアルバムというのは素晴らしいものだったんじゃないかと思えてくる。「君がいたから(Acoustic Version)」は『冬のバラード』C/W予定曲だったらしいがメインのアコギをギターの小田が弾いてないことが堂々とライナーノーツで暴露されている(DIMENSION増アが弾いている)。アレンジ自体はいいんだけどボーカルにやたら力が入ってて、アコースティックな雰囲気と声が少々合ってないのは気になるところ。この当時は浅岡のソロ1stアルバムが発売されたばかりだったがFOVの良さを改めて再認識、浅岡ソロも悪くないがやっぱFOVのがいいと思えてしまうほどだった。

complete of FIELD OF VIEW at the BEING studio   complete of FIELD OF VIEW at the BEING studio(期間限定スペシャルプライス盤) 2012廉価再発

印象度★★★★★

戻る