対談レビュー第2弾・改 Beautiful Dreamer×unnamed Stories〜永遠の明日へ〜
SPEED 20周年全シングルレビュー Re:X(リ・クロス)

すざきんぐ->20周年記念、08年にやった第2弾のリメイクです!パチパチパチ(SE)
MOMA->08年3月に対談してその時はいつかまた復活してほしいよねとか締めてたら、その夏に本格再結成したっていう。
すざきんぐ->そうですね。その後にシングル・アルバムリリースもあって活動が新たに進みました。あれから8年かぁ…(遠い目)
MOMA->本格再結成して4年くらい活動してたんですけど、シングルは11年8月、アルバムは12年11月に出たのが最後で終了宣言が出ないままフェードアウトしてしまって。
HITOE結婚して事務所辞めてたのがだいぶ経ってから報道されて、ああ知らない間に活動終わってたのか…っていう。
すざきんぐ->ここ最近ではお一方が国会議員になられましたよね。
MOMA->20周年だよ2016年!なんかあるでしょ!と思ってたら…(汗)
すざきんぐ->今井議員が積極的にSPEEDを再アピールしてくださったところで!SPEED20周年を思い出したリスナーの方々がいらっしゃるのではないかと!(ポジティブシンキン)
MOMA->そのせいで活動は絶対無いけどな!というわけでもう活動無さそうだし、改めて全シングルで対談をやり直して20周年を勝手に20周年しよう(意味不明)という事で対談リメイクが決定しました。あとSEパチパチパチとか脱線連発とか意味不明なノリを排除してやり直したいという共通認識が芽生
すざきんぐ->そんなわけで、前回対談当時16歳だった私も25歳となりましたので、一層懐かしんでいこうと思います。
MOMA->最年少hiroと同学年の俺がOVER 30'sという事は20周年になってSPEEDも全員OVER 30's WORLDになっています。20年経ってまだ30代前半ってのも凄いですが。
すざきんぐ->初めて聴いたのが5歳の時…本当に音楽聞くようになった原点のグループですね…。
MOMA->小学生の時にデビューして中学卒業目前で解散したので現役の活動期間短かったけど体感的にはそんなに短くはなかったかな〜。
すざきんぐ->4年で解散したとは思えない濃さでしたよね。
MOMA->アイドルじゃなくてアーティスト感覚でしたからね。今となっては掴みにくい感覚ですが。
すざきんぐ->当時はモーニング娘。すら存在してなかったんですもんね…。子供心にとにかくカッコイイイメージが焼き付いていました。
MOMA->「女性アイドルグループ」がしばしいなかったんですよね。女優がアイドルっぽくCD出すとかあった程度で。だからそもそも女性アイドルグループっていうのが分からなかったのかもしれないです。

※2016年8月に対談。
第2回対談として08年の再結成が発表される数ヵ月前に行われたものをその後まで含めてやり直した対談です。


1st Body&Soul
1996年8月5日

Body&Soul
圧倒的若さと勢い

すざきんぐ->衝撃のデビュー曲。いきなりヒットしたんですよね。
MOMA->気がついたら売れてたんですけど、初登場18位から上昇して9月に差し掛かる頃には上位に居座ってましたね。
小中学生が凄くパワフルに歌って踊ってるのが衝撃的で、最年少同い年って信じられなかったです。
すざきんぐ->小学6年の女の子が
「同じステップの毎日じゃ生きてることさえ忘れちゃう それじゃハリが無い!」って…なんてバイタリティなんだ…。
MOMA->歌詞はけっこう大人びてますよね。今にしてみるとかなり背伸び感があるんだけど、当時はただ大人びて見えました。
すざきんぐ->今の年齢になったらなったで、この歌詞とこの歌声には元気づけられるんですけどね(笑)
無類のパワーがあるっていうのか。
MOMA->再結成のリテイクバージョンでは当然うまくなってるんだけど、この時にしか出せなかった圧倒的な勢いで原曲に勝るものは無いかなと思います。

この曲の印象は…
MOMA★★★★☆->1番好きというわけではないんですけど、SPEEDといって最初に浮かぶのはこの曲なんですよね。
すざきんぐ★★★★☆->この曲は御本人含めて誰が今歌っても超えられないんじゃないですかね。この一瞬にしか出せない魂の叫びを感じます。

収録アルバム:
1stアルバム『
Starting Over
1stベスト『
MOMENT
2ndベスト『
Dear Friends 1
1stライブ盤『
SPEED MEMORIAL LIVE “One More Dream” + Remix!!!』(ライブ)
2ndライブ盤『
BEST HITS LIVE〜Save The Children SPEED LIVE 2003〜』(ライブ)
リテイクベスト『
SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-』(リテイク)
15thシングル『あしたの空』C/W(「White Love〜STEADY〜Body & Soul 2008」)


2nd STEADY
1996年11月18日

STEADY
圧倒的若さでミリオン

すざきんぐ->初めてレンタルしたシングル!
MOMA->SMAP「SHAKE」に阻まれ2位止まり。「SHAKE」も当時のSMAP最高ヒットでしたが、それ以上に上位に居座るロングヒットでミリオンヒット。現役時代でシングル手に取ったのは実はこれだけでした。あまりに大ヒットしてて手に取らなくても耳に入ってたので手に取る必要もなく残りは全部ベスト出た時に…。
すざきんぐ->当時〜8年前までは「メロディーがいい曲だな〜」「幼少期の思い出補正だな〜」ぐらいにしか思ってなかったんですが…今改めて聴いたら、
何この完成度。隙が無さすぎる…。
MOMA->聞かせる曲だけどノリもけっこういいんですよね。
すざきんぐ->普段歌唱力とか全然気にしないんですが、この曲の歌い上げっぷりには圧倒されちゃいます。
MOMA->大サビのまだ上がるのか!感が凄い。そこからの「そうだよね」。隙が無さすぎるぜ…。
すざきんぐ->ゴスペルに突入してから「そうだよね」、サビに戻る…サウンドメイキングも重なって完璧すぎるのでは。
MOMA->当時も凄かったけど
改めて聞いての衝撃もけっこう凄いですねこの曲は(笑)

この曲の印象は…
MOMA★★★★★->メロウな部分と若さ溢れる部分とSPEEDのシングルの中で1番バランスがいいところにある名曲。
すざきんぐ★★★★★->これ以上に語り表せない。SPEEDはいいぞ(思考停止)

収録アルバム:
1stアルバム『
Starting Over
1stベスト『
MOMENT
2ndベスト『
Dear Friends 1』(Atlanta Mix)
1stライブ盤『
SPEED MEMORIAL LIVE “One More Dream” + Remix!!!』(ライブ)
1stライブ盤『
SPEED MEMORIAL LIVE “One More Dream” + Remix!!!』(Za downtown smoove mix)
2ndライブ盤『
BEST HITS LIVE〜Save The Children SPEED LIVE 2003〜』(ライブ)
リテイクベスト『
SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-』(リテイク)
15thシングル『あしたの空』C/W(「White Love〜STEADY〜Body & Soul 2008」)


3rd Go! Go! Heaven
1997年3月26日

Go!Go!Heaven
圧倒的勢いとカッコよさ

すざきんぐ->三ツ矢サイダーのCMソングとして流れまくっていたので、幼少期のSPEEDの記憶=この曲でした。
MOMA->1番攻撃的なシングルですかね。歌いだしから小中学生が歌う内容じゃねーぞ!?っていう。
すざきんぐ->
成熟した果実=さわやかぶどう味に掛け合わせていたんですかね(すっとぼけ)
MOMA->その部分CMで使ってな
すざきんぐ->今井さんも矛盾だらけの世の中じゃ良いも悪いも興味がなくなって議員になろうと決意したのか…歌詞が子供心にカッケー!でした。今が旬の〜♪からサビが。
MOMA->
「矛盾だらけの世の中」とか「歪んだこの世界」とか正直分かってなかったなぁ、小学校卒業直前の俺(苦笑) 大人はズルい!とか痛切に思うのも中学上がってからだったと思うし。
すざきんぐ->なんかよくわかんないけどかっこよかった(笑)大体中学になってからですよね、こういうのは。
MOMA->とりあえずカッコよかっただけだったけど、もう少し上の世代は共感しながら聞いていたんだろうか…。

この曲の印象は…
MOMA★★★★☆->勢いに圧倒されます。それでも他が名曲すぎて8thまでの中だと8番目になってしまう…か…。
すざきんぐ★★★★☆->身を削りながらもがいてる感じが良いのですが、この路線はこれで最後か…。あとこうやってもがいてる人が数年後に「まぁいいやが増えたのは大人になったからじゃなくきっと空気の中に変なものを 俺らが考え過ぎんのをよしとしない誰かさん達が混ぜて垂れ流しているんだろう」とか言い始めるんだろうな(突然のback number)

収録アルバム:
1stアルバム『
Starting Over』(Album Version)
1stベスト『
MOMENT
2ndベスト『
Dear Friends 1
1stライブ盤『
SPEED MEMORIAL LIVE “One More Dream” + Remix!!!』(ライブ)
2ndライブ盤『
BEST HITS LIVE〜Save The Children SPEED LIVE 2003〜』(ライブ)
リテイクベスト『
SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-』(リテイク)


4th Wake Me Up!
1997年8月6日

Wake Me Up!
圧倒的にもう泣かない

すざきんぐ->一気にかわいくなりましたね。
MOMA->現役時代では1番アイドルっぽい曲ですかね。元気一杯なティーンのさわやかな朝って感じで。これまでちょっと夜遊びしている感じだったのが急に朝になって歌詞が健全になったせいでしょうか。
すざきんぐ->爽やかに元気ハツラツですね。これが今の歳でSPEEDとの出会いだったらさっきまでとは別の感触で「SPEEDはいいぞ!」って言ってたかもしれない(笑)
MOMA->同世代以下としてはここまでのなんか分からんけどカッケー!から初めて親しみが持てる曲だったかなと。
すざきんぐ->
「街中がみんな他人に見えても」ってさらっと殺伐としてるんですが、これぐらいなら等身大の中学生ですかね。
MOMA->朝の大人って基本みんな顔が暗いから他人に見えるけど、学校行けば同じ仲間がいるから楽しいぜっていう無邪気なノリなのかなーって(超解釈しすぎだろ)。
すざきんぐ->けっこう前作までの片鱗が歌詞にあったりするんですが、hiroの元気ハツラツな歌声で歌われたらそんなのどうでもよくて、そりゃ元気が出ないわけないでしょっていう感じですね!
MOMA->最後の唐突な台詞「もう泣かない」→一瞬の間→ガナキーポングロインア〜ア〜アァァ♪(半ばヤケ気味)の流れがなんか好き。
すざきんぐ->サウンドメイキングも相変わらず凝ってて聴き応えもあるんですよね。
MOMA->この曲は地味にバージョン違いも多いですしね。現役時代はイントロが変わるとかその程度でしたが、09年の再結成リメイクではけっこう落ち着いた雰囲気にガッツリリアレンジされてたりして。

この曲の印象は…
MOMA★★★★☆->明るくて元気な路線では最高峰。
すざきんぐ★★★★☆->原曲はハツラツな爽やかさ、09年リメイクは落ち着いた爽やかさがあってどちらも良いですね。

収録アルバム:
シングルバージョンアルバム未収録
2ndアルバム『RISE』(RISE mix)
1stベスト『
MOMENT』(growin' up ! mix)
2ndベスト『
Dear Friends 1』(RISE mix)
1stライブ盤『
SPEED MEMORIAL LIVE “One More Dream” + Remix!!!』(ライブ)
2ndライブ盤『
BEST HITS LIVE〜Save The Children SPEED LIVE 2003〜』(ライブ)
リテイクベスト『
SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-』(リテイク)


5th White Love
1997年10月15日

White Love
圧倒的最大ヒット作

すざきんぐ->泣く子も黙る最大ヒット曲
MOMA->globe、復活ラルク、河村隆一(ここまで30万越え)、JUDY AND MARY、広末涼子、2週目のB'z(ここまで10万台)というハイレベルな週に全員押さえての堂々1位がまずハンパ無かった(笑)
すざきんぐ->97年といえばKinKi Kids「硝子の少年」かこの曲!
MOMA->現代注釈:全員8センチCD1種発売です
すざきんぐ->3位まで30万越えてたからといって、ハイレベルな複数イベント商法かましてたわけではないってことですね(笑)
MOMA->SPEEDとしてはもちろん
冬の代表曲になってますよね。
すざきんぐ->なんなんでしょうかね、この神格的なオーラは。そりゃ売れるわと。
MOMA->オーラが
「果ーてーしーなーいー」ですよね文字通りに。あと曲調が落ち着いているのもあるけど、若さの勢い任せじゃないからこの曲に関してはリメイクでも相応に近づいていくというか正統に進化していっている感じがします。
すざきんぐ->08年の紅白でも歌われていましたよね。
MOMA->今歌う意味がある曲というコンセプトで新曲出して復活したのに過去曲とかNHK何考えてやが名曲再確認でしたね(棒読み)。
すざきんぐ->最後の「あな〜たの為に生きていき〜たい〜」のとこはカラオケで歌ったらすこぶる気持ちいいだろうなぁ…。
MOMA->ただ再結成のたびに新しいバージョンで出たから後追いで順番に辿ると若干食傷気味になります。気を付けましょう(何を?)
すざきんぐ->
Complete White Love企画を…(おい)

この曲の印象は…
MOMA★★★★★->若干聞き飽きたところもあったんですが改めて聞くとやはり名曲は名曲。
すざきんぐ★★★★★->超・大名曲。SPEEDはいいぞ(思考停止Part2)

収録アルバム:
2ndアルバム『
RISE
1stベスト『
MOMENT
1stベスト『
MOMENT』(Christmas Standard)
2ndベスト『
Dear Friends 1
1stライブ盤『
SPEED MEMORIAL LIVE “One More Dream” + Remix!!!』(ライブ)
1stライブ盤『
SPEED MEMORIAL LIVE “One More Dream” + Remix!!!』(Gospel mix)
2ndライブ盤『
BEST HITS LIVE〜Save The Children SPEED LIVE 2003〜』(ライブ)
リテイクベスト『
SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-』(リテイク)
12thシングル『One More Dream』C/W(New Recording)
14thシングル『Walking in the rain/Stars to shine again』C/W(2003 live memorial)
15thシングル『あしたの空』C/W(「White Love〜STEADY〜Body & Soul 2008」)


6th my graduation
1998年2月18日

my graduation
圧倒的連続ミリオン

すざきんぐ->「White Love」に続く2番目ヒットですね。
MOMA->卒業ソング定番と言われながら
卒業じゃなくて失恋じゃね?卒業式に合わなくね?でおなじみ(?)の曲。
すざきんぐ->
「愛が芽生えたJuly!最初のKiss!二人の合図!」って卒業式で合唱する光景は想像…できない…(笑)
MOMA->
「やさしさと勇気をくれたよね」まではまだ大切な友人に向けて歌っているのかな?で済むんですが、そこからなんですよね(笑) え!?完全にそっち!?っていう。
すざきんぐ->ていうかこの曲、いつ聴いてもAメロBメロとサビが違う曲なんじゃないかって思ってしまう…。曲調も全然違うし。
MOMA->サビ以外はしっとりバラード調で卒業ソングっぽいのにサビになると急に激しい。愛が芽生えたJuly!最初のKiss!二人の合図!
(注:「!」は実際の歌詞にはありません)
すざきんぐ->当時としてはそんなの関係ねぇ!って勢いで売れてたんですかね?2ndアルバムが200万枚のドカ売れで。
MOMA->「White Love」に続く大注目の新曲として期待通りの名曲にして大ヒットでしたね。
すざきんぐ->個人的にもここまでのSPEEDが鮮烈な記憶として残っています。
MOMA->個人的にはPVのサビ部分で「July」「Kiss」「合図」のところでだけ上原、新垣が歌ってるアップになるのが妙に印象に残って。あれ?この2人ここしか歌ってない…?って。※実際はもう少し歌ってます
すざきんぐ->上原多香子はこの後ソロデビューしましたけど、HITOEは今も歌を歌っていたのかよくわからない立ち位置…(苦笑)
MOMA->現役時代は基本的にツインボーカルで再結成以降で4人のハーモニーを生かすようになったって伊秩さん自らライナーで語っていたような。だからアレンジ同じでソロパートが同じでも09年リテイクバージョンの方が4人で歌ってる…はず…。
すざきんぐ->09年リメイク、奥が深いな…。
MOMA->あとこれ現役時代のアルバムに3回収録されて3回とも
エンディングがオーケストラ演奏に切り替わって完奏するんですが、シングルはオーケストラ演奏に入らずにそのままフェードアウトします。09年リテイクではシングルバージョンに準じていたはず。

この曲の印象は…
MOMA★★★★☆->人気面で言うとここが最大のピーク時だったでしょうか。まさにピークな勢いが溢れんばかりの1曲。
すざきんぐ★★★★☆->愛が芽生えたJuly!最後のKiss!二人の合図!(ハマった)

収録アルバム:
シングルバージョンアルバム未収録
2ndアルバム『RISE』(Album Version)
1stベスト『
MOMENT』(表記は無いがAlbum Version)
2ndベスト『
Dear Friends 1』(Album Version)
1stライブ盤『
SPEED MEMORIAL LIVE “One More Dream” + Remix!!!』(ライブ)
2ndライブ盤『
BEST HITS LIVE〜Save The Children SPEED LIVE 2003〜』(Unplugged)(ライブ)
リテイクベスト『
SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-』(リテイク)


7th ALIVE
1998年7月1日

ALIVE
圧倒的に愛は生きてる

すざきんぐ->主演映画「アンドロメディア」主題歌。
MOMA->映画は…うん…(汗) 曲は名曲でした、曲は(滝汗)。ただ普通に3連続ミリオン固いと思ってたら早くもミリオン割れであれ?ってなった記憶が。
すざきんぐ->卒業式の定番になるなら間違いなく「my graduation」ではなくこの曲では…。
MOMA->まさしく…。
すざきんぐ->確かこの年にモーニング娘。やら鈴木あみやらがデビューしたんですよね。
MOMA->ASAYAN組が勢い出してきましたね。
すざきんぐ->SPEEDの対抗馬が出てきて最強ではなくなったんでしょうか。
MOMA->それもあるんですかねぇ。タイアップ先がいかにもなアイドル映画&強引なDA PUMPバーター&そもそも演技…で、SPEEDのスター感が一気に薄れて足引っ張ったんかな…
すざきんぐ->「my graduation」よりも名曲の風格あると思うんですが、これがミリオン割れかぁ…。前作がこの曲ならミリオン普通に行ってたのかな?
MOMA->タイミング的には確実に行っていたでしょうね。ただ一応
この年のデコ大(※)はこの曲がノミネートされてました。
キレース・レード賞の略
すざきんぐ->大賞をglobeに持っていかれたのも勢いが失速したからか(棒読み)
MOMA->GLAYが何故か「SOUL LOVE」だし、「my graduation」や「ALL MY TRUE LOVE」だとますますglobe大賞への風当たりが強くなるので2番手以下の曲をなるべく並べ
すざきんぐ->PVも良かったし今でもSPEEDで1,2を争う名曲です。
MOMA->99年の3シングルよりもSPEEDの到達点、終着点みたいな印象もあるんですよね。これで終わったら凄く綺麗に締まるというか。

この曲の印象は…
MOMA★★★★★->泣きメロ全開の名曲。愛は生きてる(唐突に台詞パート)
すざきんぐ★★★★★->名曲。愛は生きてる。

収録アルバム:
1stベスト『
MOMENT
3rdベスト『
Dear Friends 2
1stライブ盤『
SPEED MEMORIAL LIVE “One More Dream” + Remix!!!』(ライブ)
2ndライブ盤『
BEST HITS LIVE〜Save The Children SPEED LIVE 2003〜』(ライブ)
リテイクベスト『
SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-』(リテイク)


8th ALL MY TRUE LOVE
1998年10月28日

ALL MY TRUE LOVE
圧倒的集大成

すざきんぐ->ラスト1位&ラストミリオン
MOMA->初のマキシシングルでC/WにはhiroとEriko with Crunchの実質ソロデビュー作を収録。バレータイアップでガンガンかかってたのもあるけど、シングル自体の豪華さもあって売上が回復した印象でした。
すざきんぐ->とりあえず崖の上で歌ってサマになる曲は、これかミスチルの「Tomorrow never knows」かっていう(そこかよ)
MOMA->ミリオンはあと1年3作残して1位がこれが最後ってのがなんとも…。一応当時ミスチル会心の復活作「終わりなき旅」より売れててまだまだ凄いぞSPEEDって思ったんだけどなぁ…。
すざきんぐ->この後ベスト盤出しちゃったから…?
MOMA->『MOMENT』が最大ヒットで旬が終わりましたね、一気に。前回の対談だと「普通」だの「無難」だの言ってましたが(苦笑)、改めて聞くと
この曲こそSPEEDの集大成みたいな曲じゃないかと思ったりも。
すざきんぐ->愛こそ全てと歌ってますしね。これで解散してたらもっととんでもないことになってたんじゃ…。
MOMA->本当に伝説ですよね。この年の3シングルどれもそこで終わっても不思議じゃないくらいの駆け抜けた感があります。
すざきんぐ->しかし、「愛が芽生えたJuly!最初のKiss!二人の合図!」「愛は生きてる」に続いて、
愛を歌いたかったんですかね、この頃のSPEEDは。
MOMA->人気拡大と同時に歌詞も健全かつ壮大になっていって愛の極地に行きついたんですよ…たぶん…(なにそれ)。

この曲の印象は…
MOMA★★★★☆->集大成で到達点。ここまでとこの後残りの期間ってなんかセパレートしてるように感じるんですよね。
すざきんぐ★★★★☆->ここまで幼少期の記憶が鮮烈。

収録アルバム:
1stベスト『
MOMENT
3rdベスト『
Dear Friends 2
1stライブ盤『
SPEED MEMORIAL LIVE “One More Dream” + Remix!!!』(ライブ)
1stライブ盤『
SPEED MEMORIAL LIVE “One More Dream” + Remix!!!』(Za downtown weekend mix)
2ndライブ盤『
BEST HITS LIVE〜Save The Children SPEED LIVE 2003〜』(ライブ)
リテイクベスト『
SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-』(リテイク)


9th Precious Time
1999年2月17日

Precious Time
圧倒的ジャケットカワイイ

MOMA->何故か8センチCDに戻った(笑)
すざきんぐ->宇多田ヒカル2ndに阻まれて2位。時代の転換期ですね。
MOMA->当時の印象は「今までよりインパクトの無いいつものSPEED」でしたが、なんか改めて聞くとそれ以上に雰囲気変わって随分落ち着いたというか…。
すざきんぐ->個人的には、C/Wのドラえもん映画主題歌
「季節がいく時」なんですよねぇ。
MOMA->世代的にそっちか!今ではドラタイをこんな扱いなんて信じられませんが、文字通り完全にC/W。シングル手に取らなかったし、ドラえもんは「銀河超特急」(小6時)で離れたので当時主題歌やってたのも知らなかった(汗)
すざきんぐ->そっちの方が疾走感あってシングルA面っぽいのに!(泣)のび太と宇宙漂流記か。
MOMA->確かに「季節がいく時」の方がこれぞSPEED感ハンパないですね。そんな王道よりもその先を見せたかったんでしょうか。
すざきんぐ->「Precious Time」は当時の記憶がそんなに蘇らな
MOMA->「季節がいく時」は一応現時点でSPEED最後の単独ライブである2011年11月3日のファンミーティングライブのアンコールで歌われたみたいなので現時点で「最後の曲」みたいですね。一方「Precious Time」は03年の再結成時にシングルで唯一ライブでハブら
すざきんぐ->「Precious Time」の印象としては、間奏のフレーズが「White Love」の間奏に似てるのは偶然なんでしょうかね?
MOMA->サックス押しだなぁとは思ったけどそれはあんまり思わなかったかなぁ…。
すざきんぐ->あとは
ジャケットがKAWAII!!
MOMA->SPEEDのジャケットで1番かわいいのはこれだと思いますが…
何 故 こ の 曲 で こ の ジ ャ ケ ?
すざきんぐ->こんな可愛い下目使いのジャケと見つめた一時はそりゃPrecious Timeでしょうけど…(そうじゃねえよ)
MOMA->PVも曲も大人でちょっとゴージャスだからバランス取ったのか…。しかしこの曲だけ現役時代でライブアルバム2作とも入ってないって…(1作目は単にカットされただけだが、2作目に関しては現役時代シングルでこの曲だけ披露されなかった)。

この曲の印象は…
MOMA★★★☆☆->ちょいゴージャスな雰囲気も悪くないし、ベストでまとめて次の1曲としては…ありなのだろうか…。
すざきんぐ★★★☆☆->プレシャスタ〜イム♪…サビだけを覚えてる〜(唐突なAKB48)

収録アルバム:
3rdアルバム『
Carry On my way
3rdベスト『
Dear Friends 2
リテイクベスト『
SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-』(リテイク)


10th Breakin'out to the morning
1999年5月19日

Breakin' out to the morning
圧倒的ミレニアム感

MOMA->今度こそマキシシングルに移行。
すざきんぐ->モーニング娘。をぶっ飛ばしたいという本音が溢れ出
MOMA->5月時点ではまだあちらさん低迷してて驚異じゃなかったけどむしろこの後に愛の機械でぶっ飛ばされ
すざきんぐ->いきなりパラパラユーロビーティーな。
MOMA->なんかHIP HOPな雰囲気で始まったと思ったら急にアップテンポなサビに入るのでイントロ部分だけだと曲が浮かばないです。
すざきんぐ->98年までの圧倒的な勢いに比べたら、アップテンポでもこの曲はなんかヤケな感じが…。
MOMA->今までとなんか違うというか…いや全く違うかな?なんか突き抜けちゃうんですよね。
すざきんぐ->前作は辛うじてサビだけを覚えてる♪だったんですが、この曲は全然覚えてな…。1位獲った上原多香子の「my first love」は借りたんですけど。
MOMA->この年、ソロの方が目立ってるんですよね。上原多香子はこの年唯一の1位だし、
hiroは3シングルを20万近く上回るこの年最大ヒットだったし。
すざきんぐ->この曲はGLAYのビデオシングル「サバイバル」に届かず2位だったんですね。
MOMA->VHSなのにシングルチャート1位になったという伝説の。
すざきんぐ->VHSってなんですか(現代)
MOMA->あとこの曲のトピックとしては「ミレニアム感」でしょうか。
1000年に一度の夜明け
すざきんぐ->それは当時でないと体感し得ない特別感でしたよねぇ。
MOMA->ピアノインストの『ウラBTTB』が大ヒットするくらい癒しにリスナーが群がり閉塞感漂う世紀末の今、ミレニアムに希望を見出そうという時代背景が封じ込められている…のかもしれません。
すざきんぐ->当時小2だったんで相当能天気だったもんですけどね(笑)ミレニアム?なんかスゲー!って。
MOMA->やたらめったらBreakin'outBreakin'outBreakin'outBreakin'outBreakin'out言いまくってるのもとにかく
現状打破したがってるような…。
すざきんぐ->今の社会をBreakin'outしたくて議員になっ

この曲の印象は…
MOMA★★★☆☆->聞き込むとなんか良さが見えてくる曲かも。
すざきんぐ★★☆☆☆->ダンスとか映像込みで見たら違うのかも…。

収録アルバム:
3rdアルバム『
Carry On my way
3rdベスト『
Dear Friends 2
2ndライブ盤『
BEST HITS LIVE〜Save The Children SPEED LIVE 2003〜』(ライブ)
リテイクベスト『
SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-』(リテイク)


11th Long Way Home
1999年11月3日

Long Way Home
圧倒的な最後がコレ…?感

MOMA->解散会見後、最後のシングルとしてリリース。
すざきんぐ->ろ〜んぐうぇ〜いほ〜む。
MOMA->
最後…コレ…?っていう…。
すざきんぐ->思いっきりR&Bに染まりまくってるのは時代なんですかね?
MOMA->時代の急速な変貌を象徴してますよね。
MISIAからの宇多田ヒカルで一気にR&Bブームに…。個人的には適応できなかった(笑)
すざきんぐ->SPEEDはもし解散せずにやっていたらこういう方向性に進んでいってたんでしょうかね…。
MOMA->そんなイメージですよね。SPEEDらしい集大成で終わらずに未来を提示するっていうのがテーマだったんでしょうか。じゃないとこれを最後にはしないんじゃないか…。SPEEDっぽい曲でバーンと終わればいいわけで。
すざきんぐ->時代をリードしてきたSPEEDが時代に飲まれたようで寂しい感じはしますが…けっこう聴き応えはあるんですよね。俺は…時代の変化以前に、日本の未来はWow wow wow wow!!ど真ん中だった!(笑)
MOMA->この曲の1位阻止したのは「A・RA・SHI」だったしね(笑)
すざきんぐ->Wow wow wow wow悲惨な時代だって言っちゃってる!と言いながら串に刺さって団子してた世代。
MOMA->だからもう解散前には若者の絶対的中心から外れちゃってる感じはありましたね。
すざきんぐ->そして
Mステ3時間SPを最後に解散ですか。TVの番組内で解散ってのが凄まじいですよね。ライブ中継ではなく。
MOMA->99年に最後のアルバムもツアーもやっちゃって、Mステでの解散までの年明け3ヵ月ってSPEEDとしては空白っていうかロスタイムっていうかそんな感じもありました。
すざきんぐ->そのラストライブで一番最後に歌ったのが
「Staring Over」だったので、そっちの方がラストソングなイメージが…(笑)
MOMA->ベストアルバムでも最後に配置してるんでそういうリスナー多いんじゃないでしょうか。実際には1stアルバムの最後の曲なんですよね。でも確かに最後にふさわしかった。
すざきんぐ->終わりは始まり的な。
MOMA->あとやっぱりこの曲より明るい未来を感じられるのが違うかなと。どうにもこうにもやっぱちょっと暗いんですよ、この曲(汗)
すざきんぐ->ますますラストっぽくない…っていう感想が8年前と変わりませんね(苦笑)

この曲の印象は…
MOMA★★★☆☆->09年のリテイクでは1曲目に配置していて改めて聞くと本当に続いていればこれもありな1曲だったと思うんだけど当時だと急すぎたかな、やっぱ。
すざきんぐ★★☆☆☆->因みにMステスタジオ内ラストライブ解散は、16年の時を経てこの前WaTもやった(トリビア)

収録アルバム:
3rdアルバム『
Carry On my way』(Album Edit)
3rdベスト『
Dear Friends 2』(Single Version)
2ndライブ盤『
BEST HITS LIVE〜Save The Children SPEED LIVE 2003〜』(ライブ)
リテイクベスト『
SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-』(リテイク)


再結成(1度目)
12th One More Dream
2001年12月12日

One More Dream
圧倒的スピード再結成

すざきんぐ->復活早
MOMA->阪神・淡路大震災からの復興イベント
「淡路夢舞台スーパーフラワーズライブ2001」の初日、10月6日にライブで一夜限りの復活。キャンペーンソングとして当日披露した新曲を2ヵ月経ってリリースしたのがこれです。
すざきんぐ->リリース当時には既に稼働していなかったんですっけ?
MOMA->一応この時は稼働としては
「一夜限り」なんですよね。ライブとリリースが2ヵ月ずれてるんで3ヵ月の期間限定っぽくもあるんだけど。リリース時にはもう何も無かったような…。スタジオで歌っているっぽいPV以外は見た記憶無いなぁ…。10万枚限定とかかなり小規模だったのもあるけど、あの頃の熱狂ってもう無いんだな…って思ったのを記憶してます。
すざきんぐ->落ち着いたバンドサウンドにじっくり浸れる曲ですね。疲れた体に効く感じ。
MOMA->当時地味だなと思ったけど、今聞くと凄くいいですね。
すざきんぐ->いやあ…この手の曲に感傷する年頃になったんですね!(郷愁) 普通に「Long Way Home」から2年ぶりのニューシングル!と言われても違和感なさそう。
MOMA->改めて考えると再結成早すぎましたね…。中3の終わり(00年3月)から高2の冬だったので当時はけっこう環境変わって解散はだいぶ前に感じていましたが…。
すざきんぐ->年数だけ見ると
ラストライブから1年半で再結成しちゃってますからね…。
MOMA->あとこの頃911テロの影響でその手のチャリティーとか平和を願うモードがヒットシーンにもあったから、この曲もそっち関係かと勘違いしていた記憶が。
すざきんぐ->この曲もチャリティーでしたが、この週の1位が911で「もいち〜どだけ〜おもい〜だ〜して〜」(浜崎あゆみ&KEIKO)ですか。
MOMA->けっこう911テロの影響で歌詞を変えたとか、平和系になったりとかそういうのあった時期ですが、ライブで初披露した時点でテロから1ヵ月経ってないくらいか。どうだったんでしょうね。

この曲の印象は…
MOMA★★★★☆->当時まだ色々早かったけど今聞くといい曲だなぁ…。アルバム未収録(ライブアルバムにライブ音源だけ)なのがもったいない。
すざきんぐ★★★★☆->これは良いおつかれい…お疲れな体に効くバラード。

収録アルバム:
アルバム未収録
1stライブ盤『SPEED MEMORIAL LIVE “One More Dream” + Remix!!!』(ライブ)
同シングルC/W(「One More Dream〜願い〜」)


再結成(2度目)
13th Be My Love
2003年8月27日

Be My Love
圧倒的に気持ちいい4人のハーモニー

すざきんぐ->03年はガチで再結成してましたね。
MOMA->「Save the Children 一緒に、始めよう。プロジェクト」の一環で03年限定の再結成。名目上チャリティのための活動ですが今回はツアーやってから、オリジナルアルバムも制作されました。
すざきんぐ->O社2位ってことで03年はかなり調子良かったんでしょうか。
MOMA->前回よりも本人稼働がありましたし、再結成の規模も大きかったですからね。
すざきんぐ->今までにないかなり開放的な感じで。
MOMA->落ち着いた生のバンドサウンドと4人のハーモニーがさわやかで心地いいです。
すざきんぐ->いい年の重ね方をしているのを感じますよね。
MOMA->そう思ったんですけど、
発売時点で今井と島袋は19歳という驚愕の若さ
すざきんぐ->は?
MOMA->実はまだ10代。10代で到達できる雰囲気じゃない…。
すざきんぐ->25歳「この曲に浸れるようになってきた」 ま、まあ年の重ね方や人生経験は人それぞれだよね(棒)それほど激動の10代を歩んできたのですから…。
MOMA->20周年、全員30代になったSPEEDが歌うこの曲を聞きたかった…(無念)
すざきんぐ->この路線で固めたオリジナルアルバムを聞いてみたいですね。
MOMA->アルバム『BRIDGE』は伊秩弘将の曲と外部提供が交互に来る構成なんですけど、アレンジャーの水島康貴がほとんど参加してなくて同系統の曲は無かったかなぁ…。

すざきんぐ->08年以降もちょっと違うしなぁ。

この曲の印象は…
MOMA★★★★★->当時から好印象だったんですけど年々上がっていき現在勝手にNo.1に君臨しています。
すざきんぐ★★★★☆->この曲を前向きに気持ちよく受け取れているので、今の僕は良い精神状態な人生を送っているのではないでしょうか。

収録アルバム:
4thアルバム『
BRIDGE
2ndライブ盤『
BEST HITS LIVE〜Save The Children SPEED LIVE 2003〜』(ライブ)
14thシングル『Walking in the rain/Stars to shine again』C/W(X'mas version)


14th Walking in the rain/Stars to shine again
2003年11月27日

Walking in the rain 
圧倒的にこれまでと違う初の外部提供による両A面

Walking in the rain
MOMA->作詞:安岡優(ゴスペラーズ、作曲:黒沢薫(ゴスペラーズ)、編曲:宇佐美秀文、松本圭司って事で初の外部提供曲。アルバム『BRIDGE』と同時発売で2曲とも収録されていたので初のトップ10落ち。発売する必要あったのこれ…?
すざきんぐ->レイ〜ンレイ〜ン(レイ〜ン)レイ〜〜ン
MOMA->全く違う制作陣で新たなSPEEDを提示したんですが…暗すぎて怖い!怖いよ!
レイ〜ンのハーモニーが半分ホラーだよ!
すざきんぐ->しかし、年末番組では過去曲に交えてこの曲がメインで歌われていたような…。
MOMA->そうなんですよ。
怖くてしょうがなかった(汗)
すざきんぐ->Go!Go!Heaven、Body&Soulでヘトヘトになった後にはちょうど良かったのか…
MOMA->Be My Loveでいいじゃないか…これは改めて聞いても全然上がってこないんですよね…(汗)
すざきんぐ->ちょっと雨降って気落ちしてる時にこの曲聞いたらしばらく再起不能になりそうですよね。
MOMA->葬式ソングみたいだし、歌いかけている相手もなんか幽霊に歌っているかのようで…。
すざきんぐ->雨が降る日は2人青い傘で空を作ろうシェルターみたいに派の人間なので、雨でこの暗さは思い出すことはなさそう(笑)

この曲の印象は…
MOMA★★☆☆☆->何故これをシングルにした挙句にTVでメイン曲として披露しようと思ったのか…。アカペラブームに乗ってハーモニーやりたかったんですかね
すざきんぐ★★☆☆☆->レイ〜ンレイ〜ンレイ〜ンレイ〜〜ン(リフレイン)

Stars to shine again
MOMA->せっかく両A面にしたのにTVでやらなかったのでほとんど知られてないA面曲(汗)
すざきんぐ->こっちはまんまTommy february6提供ですね。
MOMA->Tommy february6知ってればすぐ分かるくらいTommy february6なキラキラポップナンバーでSPEEDとしては妙にかわいらしいけどこれは新鮮さがあって好きです。
すざきんぐ->
メインボーカルが今井議員じゃなくて上原多香子なのがポイント。今聴くとKARAっぽい感じもします。
MOMA->ああ全盛期のK-POPに近い感じもちょっとありますね。
すざきんぐ->ディスコ歌謡ポップちっくな。
MOMA->Tommyさんこの頃アイドルプロデュースするも1発で終わったりして散々だったせいか、ほとんど提供やらなくなったけどアイドルへの提供続けてたら作家として当たってたのでは。自分で世界観作り込んで歌い続けるより違った世界が広がってたかも?
すざきんぐ->やっぱりレイ〜〜〜ンよりもこっちが良かったな…(笑)
MOMA->かわいらしいといえまだ20歳前後だったのでイタくもならなかったと思いますが、キャリアがキャリアだけに今更これTVでやってたら唖然とされていた可能性も…?

この曲の印象は…
MOMA★★★★☆->こういうSPEEDは新鮮で面白かったと思います。
すざきんぐ★★★★☆->何の変哲もないんですが、年相応の明るさはやっぱり良いなぁと。

収録アルバム(2曲とも共通):
4thアルバム『
BRIDGE
2ndライブ盤『
BEST HITS LIVE〜Save The Children SPEED LIVE 2003〜』(ライブ)


再結成(3度目)
15th あしたの空
2008年11月12日

あしたの空(DVD付) あしたの空
本格再結成したSPEEDが今歌うべき曲

すざきんぐ->何度目の再結成か?数えてはいな今度こそ完全復活!な再結成でしたね。
MOMA->実情としては今井議員はインディーズへ移動1番売れてたhiroでさえ売れない以前にもうリリースが停止状態で…(汗) 最後の切り札を使った感じではありましたね。24時間テレビで再結成してヒットパレードを披露、本格復活を宣言して3ヶ月後に新作リリースを開始しました。
すざきんぐ->当時高2で、ここから明確にリアルタイムな記憶があります!(90年代現役時代は幼少期だったので…)
MOMA->アレンジャーは変わりましたが20代半ばになったSPEEDを意識しつつもSPEEDらしいと感じる1曲ですね。
すざきんぐ->決意表明を歌いつつ、多くのリスナーが思うSPEEDっぽさを意識した曲ですよね。力んでる感じもするけど。
MOMA->
閉塞感漂う時代をだいぶ意識して書かれた曲なので、つらい現状でも…それでも希望を信じようよ的な力強さは感じますね。シングル盤には伊秩弘将によるライナーで制作意図がかなりびっしり書かれていますが、概ね曲を聞いて受ける印象と一致するかと。
すざきんぐ->紅白では容赦なくWhite Loveになったけどな
MOMA->今こそこの曲を歌うべきだったのにィィィ!!!
すざきんぐ->SUPERLIVEに至っては容赦なくバッサリだったのでそれに比べたら…マシ…なのか…?
MOMA->O社3位には入ったんですけどもう1つヒットという印象に繋げられなかった感じでしたかね。過去が偉大すぎるのもあったけど。
すざきんぐ->個人的には力強い決意もいいけど、今は「Be My Love」のような軽やかな前向きさと一緒に生きていきたい気分なんですよね。
MOMA->この曲の意義としてはSPEEDはずっと働いてたわけだけど、
同世代は前回の再結成時でもまだ学生が多くてここで社会人になってた人が多かったわけですよ。で、まあ社会に出てあの頃のままではいられない…日々辛ぇ…という葛藤に苦しんでいた同世代には強く響く曲だったのかなと。
すざきんぐ->タイアップ先のドラマも『OLにっぽん』って社会人ドラマでしたしね。
MOMA->一方この手の再結成ってやってる方はたぶん「今」を提示したいんだけど結局「思い出のあの頃と同じもの」を求められるわけで、難しいところではありますよね。

この曲の印象は…
MOMA★★★★☆->意味のある曲だったとは思うけど、同時に強すぎて希望持つより前に逆に折れかねないような重さもあったかな…。
すざきんぐ★★★★☆->発売当時(高2)では早すぎたし、今だと逆にこの重さ&強さに共感する気分でもなくなったっていう…。励まし系は難しいですね。

収録アルバム:
リテイクベスト『
SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-
5thアルバム『
4 COLORS


16th S.P.D.
2009年5月27日

S.P.D.(DVD付)(ジャケットA) S.P.D.(ジャケットB)
素晴らしいポップなダンス…?

すざきんぐ->当時「…え?」
MOMA->復活作から半年以上待たせての待望の第2弾だったはずが…あれ…?
すざきんぐ->初登場8位で大コケしたからか、最初で最後の路線みたいに…。
MOMA->年齢的にまあそのうち非キャッチ―なクール路線はやるだろうなとは思ってましたがいきなり本格的にやりすぎ…。
すざきんぐ->やるにしてもK-POPやLDHが全盛になるまで2,3年早かったんじゃないですかね。
MOMA->時代を先取りしすぎ…のか。しかし一応タイトルの意味は
Splendid(=素晴らしい)、Pop(=ポップな)、Dance(=ダンス)だそうですよ。ポップ?え、これポップ?
すざきんぐ->
S P E E D の 略 じ ゃ な い か っ た の (7年越しの今更)
MOMA->一応SPEEDともひっかけているらしいですが…。
すざきんぐ->結局リテイクベストですぐに話題かき消されたようなイメージ…が…。
MOMA->路線違いすぎて「あしたの空」+現役時代全シングルリテイクで構成されてこの曲入らなかったんですよね。正直「あっさり無かったことにしやがった…」って思った(笑)
すざきんぐ->09年当時の僕、Mステを見ながら「やっぱりWake Me Up!はいい曲だなぁ(この曲の記憶消去)あっこれが老害のはじま…
MOMA->こういうのやるならもう少し再結成が軌道に乗ってからじっくり取り組んでいけば良かったのに…。

この曲の印象は…
MOMA★★☆☆☆->サビ後のフ〜ウ〜コーラスを「Ooh」23連発で表記している歌詞カードの字面がなんかハンパねぇ…。
すざきんぐ★★☆☆☆->7年経っても印象変わらないのは好みの問題ですかね。

収録アルバム:
5thアルバム『
4 COLORS


17th ヒマワリ -Growing Sunflower-
2010年4月21日

ヒマワリ -Growing Sunflower-(DVD付) ヒマワリ -Growing Sunflower-
これぞ真の素晴らしいポップなダンス

すざきんぐ->ようやく待望の名曲が…。この曲は胸にディーンと来た!
MOMA->これぞSPEED、それも再結成した今だから映える大人さわやかな曲ですね。
すざきんぐ->とにかく前向きで背中を押されます。サビが爽やかに力強くて。サビまでの流れも気持ちいいです。大人に成長したからこその説得力というか。
MOMA->何故これを1年前に出さなかった…。
すざきんぐ->当時からいい曲だなぁと単純に思っていたのですが、今聴くとじんわり来ますねこれは…。
MOMA->
あの頃SPEEDを聞いていた当時の少年少女も新しい世代も今を生きるみんなが素直に前を向ける曲かなと思います。「あしたの空」はちょっと時代を背負いすぎて重たさもあったので。
すざきんぐ->紅白も1年ポッキリで完全に旬過ぎちゃったのが辛かったですね。
MOMA->これを引っ提げて前ツアーから半年で復活後2度目のツアーを開始するなどライブは積極的ではあったんですが、結果的に一般ツアーはこれ最後でしたしね。ていうか
何でこんな変なタイミングでツアーなんてやったんだ…?
すざきんぐ->復活後のパワー有り余ってライブをこなしまくるも、息切れしてしまった感じですかね…?
MOMA->この年は一転してシングル3枚切ってるんですよね。当然オリジナルアルバム出してツアーやって新生SPEEDアピールするなら分かるんですが…。この段階じゃ新作溜まってないし、こうも連続で「White Love」や「STEADY」などのヒットパレード中心でやられたらまあ懐かしいより離れますよね、聞いてる方も。
すざきんぐ->いうてこの曲も9位でしたからね…O社順位では。
MOMA->前作から11ヵ月、復活から1年半ですから注目度も下がってましたしね。

この曲の印象は…
MOMA★★★★☆->再結成で1番しっくり来るSPEEDらしい曲。これが復活シングル、もしくは前作のタイミングで出ていたら全く違う展開になっていたかも。
すざきんぐ★★★★★->Splended(素晴らしい)Pop(ポップな)Dance(ダンス)な曲(それ違) 今はこの軽やかな力強さがど真ん中です。

収録アルバム:
5thアルバム『
4 COLORS


18th 指環
2010年9月1日

指環(DVD付) 指環
GReeeeNっぽい新境地

すざきんぐ->GReeeeNのプロデューサーのJINがサウンドプロデュース。
MOMA->JINが提供依頼を受け、親交のあるバンドOCTOPUSの楽曲を浮かべて協力を得てリメイクしたとされています。なので蓋を開けてみたらJINは作詞に共同で参加(たぶんオリジナルを改作)しただけっていう。
すざきんぐ->当時は先入観で
GReeeeNっぽいとか勝手に思ってました(笑)
MOMA->実際聞いてみるとそこはかとなくGReeeeNっぽいですよね。
すざきんぐ->Splended Pop Danceなあの曲を聞いてからだと余計にどキャッチーに聞こえたんですよね。
MOMA->個人的には前作良かったのにコレジャナイ感がちょっとありました。
すざきんぐ->今聴くと
暖かいハートフルな名曲なんですが、当時は凄くフツーに感じてスルーしてました…。
MOMA->今回聞き返すまでこの曲だけ覚えてなかった…(おい)。
すざきんぐ->当時は…「ひまわり」の翌週にやば〜い止まらない〜止まられない〜♪が発売され、この曲の翌週は1,2,3,4ごっはん! …なるほど当時の俺のモード完全にちげぇや。
MOMA->「けいおん」旋風の頃か…。
すざきんぐ->若さって若さだよな(遠い目)
MOMA->AKB48が本格ブレイクした時期でもあったしなぁ。
SPEEDすっかり過去になってたんだなぁ…。

この曲の印象は…
MOMA★★★☆☆->ウェディングソングのようでもっと大きな愛を歌っているんですが…う〜ん…。
すざきんぐ★★★★☆->ディーンと来た(2度目)

収録アルバム:
5thアルバム『
4 COLORS


19th Let's Heat Up!
2010年11月10日

Let's Heat Up!(ジャケットA) Let's Heat Up!(ジャケットB)
これぞウィンター素晴らしいポップなダンス

MOMA->イオンのヒートファクトのCMタイアップだったのでウィンターソングなんだけどヒートな1曲。
すざきんぐ->アレンジ変えれば東京女子流辺りのアイドルが歌ってそうなポップスですね。ダンス系っていうか。
MOMA->比較的軽やかなアレンジですが、松井寛の重厚アレンジだったらどうなっていたか。ありかもしれない…。しかし伊秩さん作詞作曲だとやはりSPEEDっぽい曲になりますね。
すざきんぐ->王道感が沸きますよね。どういう曲調でも不思議と。
MOMA->それでいてちゃんと今のSPEEDにハマってるんですよね。さすがだなと。ただ伊秩さんの関与、これでほぼ終わ…。
すざきんぐ->スッキリポップであっさり終わるんですよね。意外と新境地のような。
MOMA->この路線でオリジナルアルバム聞きたかった…(最後のアルバムは伊秩さん1曲提供しただけ)。
すざきんぐ->新境地(シングルあと1枚)
MOMA->精力的に3枚シングルリリースしたんですがこの年も紅白に呼んでもらえませんでした。ていうかこの曲
トップ10落ち(15位)しちゃいましてね…。
すざきんぐ->この週のチャートを見ると上にももいろクローバー、Berryz工房、KARA、Perfumeがいるのが時代の移り変わりを…(遠い目)
MOMA->完全に時代に置いていかれた感出ちゃってますねそれは…。

この曲の印象は…
MOMA★★★★☆->「White Love」とは真逆のW.S.P.D.(ウィンター・素晴らしい・ポップな・ダンス)
すざきんぐ★★★☆☆->気が付けばエンリピしてそう。

収録アルバム:
5thアルバム『
4 COLORS


20th リトルダンサー
2011年8月10日

リトルダンサー (DVD付) リトルダンサー
次世代のダンサーへ贈る

MOMA->BENNIE KのYUKIプロデュース
すざきんぐ->歌い出しから
思いっきりBENNIE Kなんですが(「Dreamland」レベルの認識)
MOMA->BENNIE Kっぽいけど伊秩さん以外の作家が提供した曲では新しいけど実にSPEEDらしい!っていうところに1番うまく持ってきたんじゃないでしょうか。
すざきんぐ->ヘイリトルダンサー♪のサビフレーズがキャッチーで良いですね。
MOMA->次世代のダンサー(子供たち)へ向けたメッセージ
SPEEDもついにここまで来たかと遠い目に…。注:当時まだHITOEが30歳になったばかりです。
すざきんぐ->この曲で次世代に未来を託してラストシングル…。
MOMA->当時はまあ活動無くなってきて次がいつになるか不透明でも最後のつもり無かったんでしょうけど結果的にこれがラストシングルかぁ…。
すざきんぐ->なんか次世代のダンサー方面はEXILEに完全に持っていかれたけど
MOMA->子供たちはみなLDHのスクールに…
すざきんぐ->みなAKBオーディションへ…
MOMA->乃木坂46一期生がちょうどこの8月に決定したよ!
すざきんぐ->2作連続トップ10落ち、アルバムが1年後となるとやっぱりいっぱいいっぱいだったんでしょうか…。
MOMA->前作から9ヵ月、この間ツアーは開催されず。この後10月にファンミーティングを開催。このシングルの実に1年3ヶ月後にようやく再結成後初のオリジナルアルバム『4 COLORS』。しかもアルバムリリース時にはプロモーション活動すら行われずただ出しただけ。結果そんな宣伝なしで売れるはずもなくアルバムまでトップ10落ちしてそのままフェードアウト
すざきんぐ->再結成してから新しい局面も見せてくれてよかったんですけどね…。再結成してファンの思い出を破壊して事務所解雇されるようなことにはならなかったし
MOMA->
ZO●Eのことか…?M●YUのことかぁぁぁぁぁ!!!(超サイヤ人覚醒風)

この曲の印象は…
MOMA★★★★☆->改めて聞いてもいい曲。次世代へ託して終わるなんてある意味で出来すぎたラストシングルでしょうか。
すざきんぐ★★★★☆->全然枯れきってもなかったのに…。再結成後は軽やかに良い曲多かったです。

収録アルバム:
5thアルバム『
4 COLORS


まとめ

MOMA->というわけでSPEEDはいつ終わったのか正式に分からないままフェードアウトし、議員が誕生して20周年を迎えました。誰がこんな20周年を予想できただろうか…?
すざきんぐ->HITOE引退(絶望)
MOMA->結婚報告は公式サイトでしてたんですが、後で事務所辞めてたのが報じられるという公式放置っぷりで。
すざきんぐ->まあ元々が伝説的な活躍をしたグループですし、
再結成って引き際が難しいよねっていう。
MOMA->小刻みな再結成で聞き飽きてたところもあったんですけど現役時代は20年近く経って聞いてもやっぱ凄かったなと改めて思いました。
すざきんぐ->完成度の高さに改めてびっくりしました。「STEADY」「White Love」がずば抜けて凄い。
MOMA->短期間で本当に行きつくところまで駆け抜けたなぁと。
すざきんぐ->
愛が芽生えたJuly!最初のKiss!二人の合図!
MOMA->その現役時代があっての再結成「Be My Love」も改めて美しかった!本格再結成以降は実に行き当たりばったりというか…いい曲はあったんですけどねぇ…。
すざきんぐ->再結成後は荒波揉まれて悟りを開いたような力強さがあって、25歳になって聞くと本当にディーンと来ました(3度目)。メンバーの年齢の重ね方がダイレクトに曲に響いてたのかなと。
すざきんぐ->「S.P.D」?さぁ…なんのことだか…。
MOMA->あれで一気に聞かれなくなったのは否めない…。
すざきんぐ->あれだけ浮きっぷりがハンパなかったですよね。やっぱり路線変更ミスして再変更したのかな…。
MOMA->マジでどういう算段だったんですかね。前年紅白が「White Love」になってしまったのでいっそもっと新しいSPEEDで攻めてやる!的な?
すざきんぐ->結果「ヒマワリ」路線に行ったのは良かったですけども。現役時代は幼少期、再結成後は今の自分と重ね合わせられて面白い振り返りでした。
MOMA->今井議員のご活躍をお祈りしながら締めたいと思います。
すざきんぐ->愛が芽生えたJuly!最初のKiss!二人の合図!(締めの挨拶)
MOMA->そうだよね!(挨拶)
すざきんぐ->愛は生きてる(締めの挨拶リフレイン)
MOMA->ちゃんとした形での解散発表が無かったとしても…もう泣かない
ガナキーポングロインア〜ア〜ア〜♪

戻る