A℃-ute神聖なるベストアルバム

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
まっさらブルージーンズ(2012神聖なるVer.) つんく つんく 平田祥一郎 インディーズ1stシングル リアレンジ
即 抱きしめて(2012神聖なるVer.) つんく つんく 渡辺泰司 インディーズ2ndシングル リアレンジ
大きな愛でもてなして(2012神聖なるVer.)
/中島早貴・萩原舞
つんく つんく 鈴木裕明 インディーズ3rdシングル リアレンジ
当時は全員で歌っていたが中島早貴・萩原舞のみで歌い直している
わっきゃない(Z)(2012神聖なるVer.) つんく つんく 近藤圭一 インディーズ4thシングル リアレンジ
桜チラリ(2012神聖なるVer.) つんく つんく 高橋諭一 1stシングル ボーカル再録音
JUMP(2012神聖なるVer.) つんく つんく 山崎淳 1stシングルC/W ボーカル再録音
都会っ子 純情(2012神聖なるVer.) つんく つんく 平田祥一郎 3rdシングル ボーカル再録音
LALALA 幸せの歌(2012神聖なるVer.)
/矢島舞美・岡井千聖
つんく つんく 平田祥一郎 4thシングル ボーカル再録音
当時は全員で歌っていたが矢島舞美・岡井千聖のみで歌い直している
涙の色(2012神聖なるVer.) つんく つんく 平田祥一郎 5thシングル リアレンジ
10 江戸の手毬唄U(2012神聖なるVer.)
/鈴木愛理
吉岡治 宇崎竜童 平田祥一郎 6thシングル リアレンジ
当時は全員で歌っていたが鈴木愛理のみで歌い直している
11 青春ソング(2012神聖なるVer.) つんく つんく 山崎淳 4thアルバム『C憧れMy STAR』収録曲 ボーカル再録音
当時は矢島舞美のソロ曲だったが全員で歌い直している
12 Danceでバコーン! つんく つんく 鈴木俊介 13thシングル 最高8位 売上2.4万枚
13 Kiss me 愛してる つんく つんく 平田祥一郎 15thシングル 最高4位 売上2.4万枚
14 世界一HAPPYな女の子 つんく つんく 宅見将典 17thシングル 最高6位 売上2.0万枚
15 君は自転車 私は電車で帰宅 つんく つんく 山崎淳 18thシングル 最高3位 売上4.6万枚
16 「大好き」の意味を教えて! つんく つんく 近藤圭一 新曲

※シングル200位以内データ

初回盤BのみDVD
「超ロングインタビュー映像」

リリースデータ

2012年11月21日 初登場12位 売上2.3万枚 Produced by つんく♂ Zetima

メンバー

矢島舞美
中島早貴
鈴木愛理
岡井千聖
萩原舞

℃-ute2ndベストアルバム。ナンバリングは『℃-uteなんです!全シングル集めちゃいましたっ!@』の続編となっているが、前ベスト以降のシングルは10作中4曲が収録されたのみ。1〜11までは前ベストと収録範囲が被っているが(C/Wとアルバム曲の2曲以外は重複)、相次いで脱退した3人のメンバー在籍時の楽曲を現在の5人で再録音したものとなっている。11曲のうち6曲がアレンジまで変更、5曲は当時のアレンジのままボーカルを再録音している。ただしオリジナルアレンジの楽曲もつんくのコメントによると何かしらの楽器が追加されるといった変更はされている。ラストには新曲を収録。まだ次のオリジナルアルバムが出ていなかったので「君は自転車 私は電車で帰宅」はアルバム初収録。初回盤Aは「JUMP」以外の2012神聖なるVer.の10曲のPVを新たに撮影し直したもの、当時の最新シングル「会いたい 会いたい 会いたいな」の初回A&通常盤のみのC/W「悲しきヘブン」のPVとライブ映像を収録した「神聖なるPerformance Video集」DVD付。初回盤Bは70分に渡るメンバーのロングインタビューを収録したDVD付。通常盤含めて3種2パターン複数商法となる。シングルでは過激化していたが、アルバムでの複数商法はこれが初。つんくによる全曲コメントはこちら

当初8人いたメンバーから相次いで3名が脱退して現在の5人になった。5人になるまでは前回のベスト盤『℃-uteなんです!全シングル集めちゃいましたっ!@』に時系列に入っていたが、5人になる前の曲をリメイクしたというのが今作のポイント。メンバーの増減を除いてもインディーズデビュー当時10代前半(最年少の萩原で「まっさらブルージーンズ」リリース時は10歳)の子供だったのが、10代後半(最年長の矢島は20歳)になったので、ボーカル面でもビジュアル面でもかなり成長した。当時から聞いていたファンほど感慨深いものがあるんじゃないかと思う。ただそこまで深く聞きこんでいないので、リアレンジしたという曲も「江戸の手毬唄U」だけは思いっきり変わっているが、それ以外はアレンジ面であまり大きくイメージが変わっていないように思う。印象的な部分はわりと残したままだし。今の5人の状態の良さは最近の作品でも感じられるし、昔の曲を改めて歌ってみると、さほど思い入れが無くてもやはり勢いがあるなと思える。当時からそこまでお子様っぽい曲を歌っていなかったので、昔のノリが苦しくなることが無いというのも意外と凄い事かもしれない。総じてこのリメイク企画は良いと思うんだけど、終盤に前ベスト以降のシングルを4曲だけ入れているのが中途半端。そもそも今回は「A」ではなく、全曲リメイクの別企画としてやって、『全シングル集めちゃいましたっ!』は既に今作リリース時点でシングルが10曲溜まっていたので、もう1年半くらい待ってAとして出せば良かったのに。前ベストを飛ばして今作で初めて℃-uteを聞くリスナーにも向けてこれが現在進行形の℃-uteのベスト盤だと提示したかったんだとは思うけど、前ベスト以降のシングルが10曲中4曲だけならもう4曲リメイクした方が…

初回盤BのDVDではハロプロ系には珍しいAKB48のドキュメント映画みたいな作りのロングインタビュー映像が収録されている。メンバーは5人それぞれソロでインタビューを受けており、集合インタビューは無いが、ソロインタビューを組み合わせてデビューから現在までを振り返っていく。その内容がけっこう深く踏み込んでいて、脱退したメンバーについても心境を語っているし、鈴木愛理に至っては5人になってセンターを任された事を回想し、その重圧を語っているうちに涙してしまう。AKB48系列では毎年当たり前のように映画化しているが、℃-uteが、というよりハロプロがこんな踏み込んだことをやるとは思っていなかった。ファンは当然として、よく知らないリスナーにとってもかなり見応えがある内容だと思う。評判が良かったので、わざわざ初回盤Bを入手したが正解だった。

(2)℃-ute神聖なるベストアルバム(初回生産限定盤A)(DVD付)初回盤DVD付A  (2)℃-ute神聖なるベストアルバム(初回生産限定盤B)(DVD付)初回盤DVD付B  (2)℃-ute神聖なるベストアルバム 通常盤 

印象度★★★★☆

戻る