DEENAGE MEMORY

DISC-1 Ballad Memory
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
このまま君だけを奪い去りたい 上杉昇 織田哲郎 葉山たけし 1stシングル 最高2位 売上129.3万枚
夢であるように 池森秀一 DEEN 池田大介 13thシングル 最高13位 売上23.1万枚
翼を広げて 坂井泉水 織田哲郎 葉山たけし 2ndシングル 最高4位 売上57.1万枚
Teenage dream 坂井泉水 栗林誠一郎 葉山たけし 6thシングル 最高2位 売上51.5万枚
永遠をあずけてくれ 川島だりあ 栗林誠一郎 葉山たけし 4thシングル 最高3位 売上56.6万枚
君がいない夏 小松未歩 小松未歩 池田大介 12thシングル 最高10位 売上13.9万枚
素顔で笑っていたい 池森秀一 織田哲郎 池田大介 11thシングル 最高8位 売上13.6万枚
哀しみの向こう側 池森秀一 池森秀一・山根公路 DEEN 21stシングル 最高20位 売上3.6万枚
JUST ONE 池森秀一 池森秀一 DEEN・池田大介 18thシングル 最高19位 売上4.3万枚
10 MY LOVE 池森秀一 山根公路・宇津本直紀 DEEN 19thシングル 最高21位 売上3.4万枚
11 遠い空で 小松未歩 吉江一男・小松未歩 池田大介 14thシングル 最高18位 売上6.9万枚
12 遠い遠い未来へ AZUKI 七 大野愛果 古井弘人 17thシングル 最高22位 売上3.3万枚
13 翼を風に乗せて〜flay away〜 池森秀一 鈴木寛之 DEEN 25thシングル 最高7位 売上2.1万枚
14 Starting Over 池森秀一 織田哲郎 葉山たけし 32ndシングル 最高22位 売上1.0万枚 
15 Celebrate 池森秀一 山根公路 山根公路・時乗浩一郎 35thシングル 最高15位 売上1.0万枚
16 心から君が好き〜マリアージュ〜 樹林伸・池森秀一 田川伸治 田川伸治 39thシングル 最高22位 売上0.5万枚
13thアルバム『マリアージュ』収録のAlbum Mix

 

DISC-2 Groovin'Memory
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
瞳そらさないで 坂井泉水 織田哲郎 葉山たけし 5thシングル 最高1位 売上103.8万枚
ひとりじゃない 池森秀一 織田哲郎 古井弘人 9thシングル 最高3位 売上35.2万枚
未来のために 池森秀一 池森秀一・宇津本直紀 古井弘人 7thシングル 最高1位 売上52.4万枚
Memories 池森秀一・井上留美子 織田哲郎 葉山たけし 3rdシングル 最高4位 売上45.2万枚
LOVE FOREVER 山本ゆり 田川伸治 葉山たけし 8thシングル 最高4位 売上26.3万枚
SUNSHINE ON SUMMER TIME 池森秀一 宇津本直紀 古井弘人 10thシングル 最高10位 売上12.6万枚
君さえいれば 小松未歩 小松未歩 池田大介 15thシングル 最高11位 売上13.1万枚
手ごたえのない愛 小松未歩 小松未歩 徳永暁人 16thシングル 最高13位 売上5.5万枚
Power of Love 池森秀一 DEEN DEEN 20thシングル 最高18位 売上3.1万枚
10 Birthday eve〜誰よりも早い愛の歌〜 池森秀一 山根公路 DEEN・時乗浩一郎 24thシングル 最高11位 売上2.3万枚
11 太陽と花びら 池森秀一 池森秀一・時乗浩一郎 DEEN・大平勉 26thシングル 最高20位 売上1.2万枚
12 ユートピアは見えてるのに 池森秀一 土田則之 DEEN・大平勉 27thシングル 最高10位 売上1.2万枚
13 レールのない空へ 池森秀一 鈴木寛之 DEEN・鈴木寛之 28thシングル 最高18位 売上1.2万枚
14 STRONG SOUL 池森秀一 山根公路 DEEN・時乗浩一郎 29thシングル 最高14位 売上1.1万枚
15 coconuts feat.kokomo 池森秀一 山根公路 山根公路 37thシングル 最高14位 売上0.6万枚
The Beach Boys『kokomo』をサンプリング
16 Brand New Wing 池森秀一 田川伸治 田川伸治 38thシングル 最高18位 売上0.5万枚
17 永遠の明日 池森秀一 池森秀一 DEEN・時乗浩一郎 34thシングル 最高6位 売上2.7万枚

 

DISC-3 Special Memory
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
言葉で伝えたくて 池森秀一 山根公路・田川伸治 田川伸治 新曲 着うたで先行配信
夢で逢えたら feat.原田知世 大瀧詠一 大瀧詠一 DEEN 23rdシングル(カット) 最高37位 売上0.8万枚
見上げてごらん夜の星を feat.ダイアナ湯川 永六輔 いずみたく DEEN・時乗浩一郎 22ndシングル 最高18位 売上2.0万枚
愛の鐘が世界に響きますように…
with 亀渕友香&The Voices of Japan
池森秀一 山根公路 DEEN・大平勉 30thシングル 最高18位 売上1.1万枚
Smile Blue feat.押尾コータロー 池森秀一 山根公路 山根公路 4thClassicsシングル 最高30位 売上0.8万枚
ダイヤモンド feat.Bobby Valentine 池森秀一 山根公路・池森秀一 CHOKKAKU 33rdシングル 最高26位 売上1.1万枚
「feat.Bobby Valentine」が追記されたが、シングルバージョン
Negai feat.ミズノマリ 池森秀一 山根公路 山根公路 36thシングル 最高23位 売上0.6万枚
少年 池森秀一 山根公路・田川伸治 古井弘人 8thシングル両A面曲
君の心に帰りたい 池森秀一 山根公路 古井弘人 2ndアルバム『I wish』収録曲
10 思いきり 笑って 川島だりあ 織田哲郎 葉山たけし 1stアルバム『DEEN』収録曲
11 Christmas time 池森秀一 山根公路 DEEN・池田大介 1stClassicsシングル 最高18位 売上5.4万枚
12 秋桜〜more&more〜 池森秀一 DEEN DEEN 2ndClassicsシングル 最高16位 売上4.1万枚
企画ベスト『The Best クラシックス』でのリミックスVer.
13 夢の蕾 池森秀一 山根公路 山根公路 3rdClassicsシングル 最高29位 売上0.7万枚
14 Blue eyes 池森秀一 山根公路 DEEN 1stバラードベスト『Ballads in Blue』収録曲
15 歌になろう 池森秀一 田川伸治 田川伸治 10thDVD『LIVE JOY 2007-2008』特典CD収録曲
16 このまま君だけを奪い去りたい<キセキversion> 上杉昇 織田哲郎 岩田雅之 31thシングル(リメイク) 最高9位 売上1.8万枚

※シングル03年以降200位以内データ

DISC-4 Premium DVD(初回盤のみ)
No タイトル 備考
1〜19 DEENAGE MEMORY THE MOVIE 1993-2012 ジャケットでの表記は「1993-2012」だが実際には「2012→1993」
39作のシングルPVを最新作から過去にさかのぼってNon-Stop Mixでメドレー
20 言葉で伝えたくて<Music Video> 新曲PV

リリースデータ

2013年3月13日 初登場20位 初動0.6万枚、売上0.8万枚 Ariola Japan

メンバー

Vocal 池森秀一
Keyboards 山根公路
Guitar 田川伸治

DEEN20周年記念ベストアルバム。バラードベストを始めとした企画ベストを除くと98年『SINGLES+1』、08年『PERFECT SINGLES+』に続く3作目となる正規ベスト盤。貼ってあるシールの煽り文では何故か「初のオールタイム」とされているが、帯では「初のコンプリートベスト」とされており、そちらの方が意味合いは正確。全シングル39作+両A面の「少年」の40曲、及びクラシックスシングル4曲、アルバムから4曲、新曲1曲をバラード、グルービン、コラボ&クラシックス&アルバム曲その他の3枚のDISCに振り分けている。両A面曲は「少年」は収録されたものの、キセキversionの「翼を広げて」のみスルーされている。ただしこの2曲はブックレットのディスコグラフィーではC/Wと表記されている(特典セルフライナーでは「少年」を両A面とコメントしている)。BOXに続きビーイングの島田勝弘がリマスタリングを担当。初回盤は39作のPVをノンストップミックスしたPVメドレーと新曲「言葉で伝えたくて」のフルPVを収録したDVD付。またビーイングからライブヒストリーDVD『DEEN LIVE HISTORY-20th ANNIVERSARY-』が同時発売された。以前C/W集とライブベストが出た時はビーイングと現在のレコード会社の権利表記が移籍して以降もビーイングに権利があったりと非常に複雑なことになっていたが、今作ではB-Gram在籍時の楽曲にビーイングの権利表記があるのみでシンプルな表記になっている。

店舗購入特典@アナザースリーブケース
Sony Music Shop限定として当初発表されていた。その後、もう1つの特典である「セルフライナーノーツ」発表時にHMVを筆頭に対象店舗が拡大発表された。Sony Music Shopは予約取り消しが出来ないため、買わざるを得なくなったので入手したが、欠陥品である。元々最初から今作の形状は透明スリーブケース(ディーーーーーーーンの文字が入っている)にプラケースと別冊ブックレットが入っているものである。アナザースリーブケースはこの透明スリーブケースのアナザーのはずなのに、プラケース分の厚みしかないので、別冊ブックレットが収納不可能。当然アナザースリーブケース収納状態のまま透明スリーブケースに重ねて入れるなんてことも不可能である。通常盤にしかサイズ合わせてないんじゃないのか。なおアナザースリーブケースの内容は表面は今作のアーティスト写真、裏面はシングルジャケット羅列。正直これは入手しなくていいと思う。

店舗購入特典Aセルフライナーノーツ
遅れて2月19日に発表された特典。タワレコ、TSUTAYA、新星堂、山野楽器の4チェーン店舗限定の購入特典。1曲ごとにメンバーが1人ずつ解説した4つ折りの紙。15周年時はこの4店舗で内容が異なり、1曲ごとにランダムで1人のメンバーコメントで内容ももっと少なかっただけに今回はボリュームがある。個人的に知らない事もけっこう書いてあった(15周年のライナーでも触れていなかった)のでかなり満足な内容。ていうか最初から特典でつけろよ…。なおこれら特典は初回盤だけでなく、通常盤購入でも入手可能、先着順で無くなり次第終了、となっている。

音源はシングルバージョン、オリジナルバージョンでの収録。ただ「秋桜〜more&more〜」は『The Best クラシックス』でのリミックスバージョンのリマスター(音圧大幅アップ)で収録されている。全体のサウンドにも違いはあるが、もっと明白な違いがあり、冒頭の「ハ〜イェ♪」というボーカル部分にオリジナルには無かったエコーが激しくかけられている。なのでこれだけはパッと聞きで分かった。また「心から君が好き〜マリアージュ〜」もAlbum Mixでの収録のようだ(シングル音源は数秒長いが今作収録の音源はアルバム収録時と同じ分数)。「夢で逢えたら」のアルバムとシングルミックスは違う(別人が担当)と当時明記されていたが、聞いてもその差が分からなかったので今回もどちらなのかは不明。「ダイヤモンド」には当時無かったfeat.Bobby Valentineという表記があるが、シングルバージョンである。これはDISC-3の流れに沿って表記を合わせたものと思われる。「ダイヤモンド」にはシングルバージョンよりもボビーの出番が多く、ソロボーカルでラストサビ冒頭を歌っているstadium versionという音源も存在し(シングルのボビージャケットの「ロッテ盤」にのみ収録)、これの名義が「DEEN feat.Bobby Valentine」だったのでややこしいが、その音源ではない。また31stシングルのリメイク版「このまま〜」には特にキセキversionというサブタイトルは存在しなかったが、先日のBOXなどオリジナルと同時収録されるとややこしくなるので、区別するために表記が加えられたようだ。

音質的にも選曲的にも決定盤。DEENを聞くなら今作を聞け!という究極の1作。今回はテーマごとにDISCを分けているが、DISC-1はDEENの最定番であるバラードをまとめたもの。有名曲は序盤に集中しているものの、バラードと聞いて思うよりはかったるくなく聞き通せる。DISC-2は要するにバラード以外なので一般的なイメージにあるさわやかな曲やポップ、ロックな曲だけでなく、ダンサブルな曲やヒット期だけでは想像できないAOR路線の大人な曲などDEENの多彩さを感じられる内容。3枚の中でもこのDISC-2が最もおススメだ。DISC-3はまず新曲「言葉で伝えたくて」が素晴らしい。長年のファンも最近を知らないリスナーも誰もがこれぞDEENと言えるような王道に仕上がっている。ベスト盤の新曲に外れなし、むしろシングルよりシングル級!という法則は今回も継続した印象。それ以外の曲はコラボ、クラシックス、初期のアルバム曲、武道館合唱曲、そして最後にリメイクバージョンの「このまま〜」という流れ。要するにいくつかのコンセプトに沿った選曲を並べた形になるが、ここでもこれまでの2枚で見せていないアナザーサイドな一面が聞ける。「君の心に帰りたい」と「思いきり 笑って」の初期人気アルバム曲は現在ファン投票やったら別の曲が選ばれるんじゃないかと思うし、正直もっと別の曲が良かった気はする(「少年」から3曲連続で王道バラードが続くのでかったるい)。武道館合唱ソングとして制作したのにライブDVD特典という初出しだった「歌になろう」が多くの人に聞かれるベスト盤に入ったというのも大きなポイントだ。

ここまで3枚聞くとかなりお腹いっぱいで、初めて聞く曲ばかりの人はボリューム過多でなかなか各曲が印象に残りにくいという点は最近どしどし出ている重量級ベスト盤に共通する最大の欠点か。ただ『PERFECT SINGLES+』(クラシックス4曲は『The Best クラシックス』)でしか知らない曲がある場合は格段に印象が変わる事は間違いないので、『PERFECT SINGLES+』だけ聞いて特にDISC-2以降が微妙だと思っていた人は絶対に今作を聞いた方がいい。ヒット期もそれ以降もちゃんとした音質で押さえられる初の決定盤なのでDEENに興味がある全ての人に永久保存盤としておススメ

初回盤DVD
今回もメニュー画面作ってないのかよ…。パッケージでは『DEENAGE MEMORY THE MOVIE 1993-2012』とされ、説明には「20年分のシングル全39曲のMusic VideoをNon-Stop Mix」とされているが微妙に異なる。まず始まるとタイトルが「2012→1993」となっており、最新作から過去にさかのぼっていく構成になっている。39曲の正規シングルだけなのでPVが存在するクラシックス4作や「少年」「君の心に帰りたい」などはスルーされている。だいたい1サビか前後もう少しくらいで次々に切り替わっていくが、1年ごとに区切っていて1年ごとにモーション画面が入るので、厳密にはNon-Stopではない。メニューが無いので選択できないのが難点だが、チャプターが一応1年ごとに区切られているのが救いか。なお「このまま君だけを奪い去りたい」と「瞳そらさないで」は『LEGEND of 90's J-ROCK BEST LIVE&CLIPS』に収録された映像(「瞳そらさないで」は当時の素材映像、「このまま〜」は『SINGLES+1』のメイキングが挿入されない初期映像のみのバージョン)だが、『翼を広げて』『Memories』は当時の素材映像ではなく『THE GREATEST CLIPS 1993-1998』に収録されていた1stライブ時の映像(CD音源)が使用されている。また現時点でフルPVが商品化されていないのは「coconuts feat.kokomo」と「心から君が好き〜マリアージュ〜」の2曲のみ。なので全部買っているファンにはほとんど真新しい映像は無いんだけど、CDが3枚組でかなり長いので、ライトリスナーがパッと見聞きするには45分程度の長さはかなりスッキリ見れてちょうどいいんじゃないだろうか。先にこの映像を見るといいと思う。今作を聞いてみようと思ったリスナーで特に曲を知らない人ほどこの映像集はおススメ

「言葉で伝えたくて」PVはフル。吉田沙保里が出演したことが話題の1つだがずっと出ているわけではなく、後半にはたくさんの人々が出てくるので一応1番出番があるとはいえそこまで目立ってはいない。メンバー含めてそれぞれが感謝の言葉を電報で伝えるという内容。何故にこれほどまでに電報押しなのかというとこれはNTT東日本の電報タイアップだったから。15周年の新曲「明日へ続く道」が純粋にこれからも続けていくというDEENそのものの曲だっただけに、20周年がタイアップ全開って…と最初は思ったが、これがうまいこと20周年のDEENを飾るのにもふさわしい雰囲気になっていてけっこう感動的な気分になった。この手のゲスト登場PVだと近年は池森1人だけ出演というパターンになりがちだが、ちゃんと山根・田川の2人が出ているのも良い。

DEENAGE MEMORY 20周年記念ベストアルバム(初回生産限定盤)(DVD付)初回盤DVD付  DEENAGE MEMORY 20周年記念ベストアルバム通常盤 

印象度★★★★★

 

参考画像集

音質ではなく、これで分かるのは何よりも音圧、ということになるんだけど、それでも見ればすぐ分かるこの差をとくとご覧あれ。


「Birthday eve」イントロ(Left)部分。そりゃぁ違って聞こえるわな…といった感じで同じ箇所なのに何か色々と異なる。


「このまま君だけを奪い去りたい」イントロ(Left)部分。抑えまくりのPERFECT詐欺でも93年当時よりはマシ。


「手ごたえのない愛」イントロ(Left)部分。最もハードな曲だったのにPERFECT詐欺の抑え込みっぷりが酷い。


「STRONG SOUL」冒頭のギターとリズム部分(Left)。音圧競争のピーク期だったためか、当時は久々のギターロックだったのでガツンとさせたかったのか、実は
シングル音源が1番大きい。このように今作が全ての曲で最大音圧というわけではない


「遠い遠い未来へ」サビ(Left)部分。アルバム収録が今までPERFECT詐欺のみだったのが不憫だった。


「愛の鐘が世界に響きますように…」のラストサビ(Left)部分。これもシングルとPERFECT詐欺のみの収録だった。1つ前のシングルだった「STRONG SOUL」から一転してシングルの時点でさほど大きくない。このためPERFECT詐欺での打撃が最も少なかったという珍しい曲だが、今作ではグイッと持ち上がった。

クラシックス4作は傾向が異なり、1stと2ndは今作>シングル>ベストだが、ベストと同年発売の3rdと4thは今作>シングル=ベストといった印象。

戻る