The Best キセキ

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考・原曲
このまま君だけを奪い去りたい 上杉昇 織田哲郎 岩田雅之 31thシングル 最高9位 売上1.6万枚
1stシングル
翼を広げて 坂井泉水 織田哲郎 島健 31thシングル両A面曲
2ndシングル
ひとりじゃない 池森秀一 織田哲郎 松浦晃久 9thシングル
Memories 池森秀一、
井上留美子
織田哲郎 CHOKKAKU 3rdシングル
瞳そらさないで 坂井泉水 織田哲郎 長岡成貢 5thシングル
Teenage dream 坂井泉水 栗林誠一郎 山根公路 6thシングル
永遠をあずけてくれ 川島だりあ 栗林誠一郎 瀬川忍 4thシングル
君さえいれば 小松未歩 小松未歩 松浦晃久 15thシングル
未来のために 池森秀一 池森秀一、
宇津本直紀
岩田雅之 7thシングル
10 思いきり 笑って 川島だりあ 織田哲郎 長岡成貢 1stアルバム『DEEN』収録曲
11 夢であるように 池森秀一 DEEN 島健 13thシングル
12 LOVE FOREVER 山本ゆり 田川伸治 田川伸治 8thシングル
13 日曜日 池森秀一 池森秀一 Steve Good 9thシングルC/W
14 会いたい 久保田洋司 ユン・イルサン 石塚知生 韓国ドラマ「天国の階段」主題歌の日本語カバー 初収録
15 TWELVE 川島だりあ 織田哲郎 葉山たけし 新曲

 

Premium Disc(初回限定盤のみ)
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Teenage dream/ZARD 坂井泉水 栗林誠一郎 明石昌夫 ZARD 15thシングル『愛がみえない』C/W
このまま君だけを奪い去りたい
/WANDS
上杉昇 織田哲郎 葉山たけし WANDS 2ndアルバム『時の扉』収録曲
翼を広げて/織田哲郎 坂井泉水 織田哲郎 JIMMIE HASKELL 織田哲郎 セルフカバーアルバム『SONGS』収録曲
君さえいれば/小松未歩 小松未歩 小松未歩 大賀好修 小松未歩 6thアルバム『小松未歩6th〜花野〜』収録曲
永遠をあずけてくれ/栗林誠一郎 川島だりあ 栗林誠一郎 栗林誠一郎 栗林誠一郎 6rhアルバム『遠く離れても』収録曲
このまま君だけを奪い去りたい
/織田哲郎
上杉昇 織田哲郎 JIMMIE HASKELL 織田哲郎 セルフカバーアルバム『SONGS』収録曲
手ごたえのない愛/小松未歩 小松未歩 小松未歩 古井弘人 小松未歩 2ndアルバム『小松未歩2nd〜未来〜』収録曲
DEEN 16thシングル
遠い空で/小松未歩 小松未歩 吉江一男・
小松未歩
池田大介 小松未歩 20thシングル『翼はなくても』C/W
DEEN 14thシングル

5 strings arr:池田大介

リリースデータ

2005年11月23日 初登場10位 売上5.5万枚 Produced by 鎌田俊哉(1,4,5,9,10,14)、DEEN&時乗浩一郎(6,12,13)
Sound Produced by 島健(2,11)、松浦晃久(3,8)、瀬川忍(7)、
Steve Good(13)、葉山たけし(15)
Premium Disc Produced by 長戸大幸
BMG JAPAN

メンバー

Vocal&Back-up Vocals 池森秀一
Keyboards,Back-up Vocals&Synthesizer Programming 山根公路
Electric Guitar,Acoustic Guitar,Back-up Vocals&Synthesizer Programming 田川伸治

DEENセルフカバーベストアルバム。ビーイング直営のB-Gram在籍時代の楽曲をリメイク。全曲新録音で韓国のカバー「会いたい」と新曲「TWELVE」を加えた内容。初回盤には楽曲提供者によるセルフカバーを収録したCDがついた。DEENがB-Gramを離れたのは98年後半。現在のBMGに移籍したのだが当時はビーイングがBMGに設立したBERGというレーベルの所属だった。しかし徐々にビーイングとは制作面でも疎遠になっていき、03年にはBERGレーベルが消滅。今回はライブDVDに昔の曲が収録されない理由とも関係したビーイングとの版権の問題がどうとかも言われているが一応表向きにはデビュー12周年記念ということになっている。12周年というのは中途半端に思えるが干支が1周したということで新たな気持ちでの20周年へ向かう決意表明だとされている。しかし干支なら2周目の24周年を目指す方がいいのでは…。

今回は6,12はAOR期の制作陣だが他の曲では客観的にアレンジしてもらうために今まであまり関わりのなかったヒットメイカー達へ制作を依頼。結果、コテコテのビーイングサウンドだった曲たちが多彩な新しいスタイルで生まれ変わっている。リメイクとなるとやはり親しみのある原曲との戦いになってしまうがどの曲も原曲とは違う方向で見事に成功していて「原曲のほうが良かった」という思いは特に沸いてこなかった。メロディーはともかくアレンジの印象がほとんど皆無だった「思いきり 笑って」に関しては明確に良くなったなと思う。気になるのは全曲キーが下がっていることだがこれもAOR3部作の時期のような力を抜いた感じの歌唱ではなく、昔っぽい張りのある声を出そうと奮闘しているように思う。「会いたい」はまあ韓流バラードだね、というくらいしか感想はないが「TWELVE」は相当の名曲。王道ではあるがビーイング時代とも近年のDEENとも一味違った雰囲気。池森本人とか坂井泉水とかじゃなくて2曲しか提供してもらった事のない川島だりあが作詞なのはよく分からないが(ビーイングが離脱を未だに恨んでいる織田哲郎の曲に坂井泉水の歌詞を乗せたくなかったからだとしか…)まあ詞がいいので特に気にしない。DEENを聴くのにいきなり今作を聴くのは勧めないが(「夢であるように」を聞きたくて手に取った当時の友人が激しくガッカリしていた)、『SINGLES+1』を聞いたことがある人なら違いを楽しめるし、お勧めの1作

Premium Disc
提供者達にセルフカバーされた音源を集めてリマスタしたもので新録音ではない。他にもこの時点でZARD『瞳そらさないで』、小松未歩『君がいない夏』なんかがあるのだが未収録となった。全部入れればいいのに。C/Wは入手しにくいし、栗林辺りも数が少ないのでプレミアムといえばプレミアかも。本編DISCはスペシャルサンクスにBeing Staffと記載されているだけでビーイングは関与していない(織田哲郎、葉山たけしはすでにビーイング離脱、川島だりあの作詞だけ関与といえば関与か)がこちらのディスクはビーイング総帥の長戸大幸プロデュースになっている。過去にビーイングを離脱した歌手はどれもけっこうひどい仕打ちをされたので今回の姿勢は非常に異例にも思える。DEENは過去にないほど円満な離脱だったのだろうか。自然に離脱していたようにも見えるが。セルフカバーに関してはシングルになりヒットした原曲に対してあえてセルフカバーでは自由にやろうということなのかあまり派手な感じはしない。DEENファンだからというわけでもないが普通にDEENのほうがいいなと思う。栗林や織田の音源は持ってなかったので貴重ではあったが…。

DEEN The BEST キセキ(初回生産限定盤) 初回盤Premium Disc付    DEEN The BEST キセキ(通常盤) 通常盤

印象度★★★★☆

戻る