マリアージュ

DISC-1
マリアージュ
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
心から君が好き〜マリアージュ〜<Album Mix> 樹林伸・池森秀一 田川伸治 田川伸治 39thシングル 最高22位 売上0.4万枚
Shining so Beautiful 池森秀一 田川伸治 田川伸治  
神の雫 樹林伸 山根公路 山根公路  
ハリネズミのジレンマ 樹林伸 田川伸治 田川伸治  
雨がいつか上がるように<Album Mix> 樹林伸 山根公路 山根公路 39thシングルC/W
リオの嵐 池森秀一 田川伸治 田川伸治  
Come on! 池森秀一・山根公路 山根公路 山根公路 山根メインボーカル曲
AMONG STARS   田川伸治 田川伸治 田川ソロインスト曲
Flower<Album Mix> 池森秀一 山根公路 山根公路 38thシングル『Brand New Wing』C/W
10 Road to My Life 池森秀一 田川伸治 田川伸治  
11 君へのlove song 池森秀一 田川伸治 田川伸治  

 

DISC-2
Triangle Cover Album
No タイトル 作詞 作曲 編曲 原曲・カバー回数
このまま君だけを奪い去りたい 上杉昇 織田哲郎 田川伸治 1stシングル 3回目
ひとりじゃない 池森秀一 織田哲郎 田川伸治 9thシングル 3回目
瞳そらさないで 坂井泉水 織田哲郎 大平勉 5thシングル 5回目
Teenage dream 坂井泉水 栗林誠一郎 山根公路 6thシングル 2回目
夢であるように 池森秀一 DEEN 田川伸治 13thシングル 2回目
未来のために 池森秀一 池森秀一・宇津本直紀 山根公路 7thシングル 4回目
翼を広げて 坂井泉水 織田哲郎 山根公路 2ndシングル 2回目
君さえいれば 小松未歩 小松未歩 田川伸治 15thシングル 2回目
哀しみの向こう側 池森秀一 池森秀一・山根公路 大平勉 21stシングル 初
10 歌になろう 池森秀一 田川伸治 田川伸治 10thDVDLIVE JOY 2007-2008 JAPAN ROAD 47+6』特典CD収録曲
9thアルバム『DEEN NEXT STAGE』収録曲 初

DISC-3 DVD(初回盤のみ)
DEEN LIVE JOY-Break16〜Graduation Party〜 2012.1.28 ZEPP TOKYO

リリースデータ

2012年8月8日 初登場23位 売上0.5万枚 Produced by DEEN Ariola Japan

メンバー

Vocal&Back-up Vocals 池森秀一
Keyboards,Vocal&Back-up Vocals 山根公路
Guitar,Percussion&Back-up Vocals 田川伸治

DEEN13thアルバム。『クロール』をカウントしないなら12th。サポートメンバーを一切入れずにメンバー3人だけで制作されている。新作オリジナルアルバム『マリアージュ』とセルフカバーアルバム『Triangle Cover Album』の2枚組となっている。漫画「神の雫」原作者である樹林伸(別名義で「金田一少年の事件簿」原作者として有名)とのコラボが実現しており、作詞で4曲に参加している。また初回盤には2月に行われたBreak16の最終公演の模様をフル収録したDVD付。さらに缶ケース入りの豪華仕様となっているほか、ブックレットがフォトブック仕様になっていたり、2ページに渡って樹林伸の書き下ろしの小説が掲載されている。メッセージカード3種封入となっているのはCDとDVDを包んでいる厚紙ケースを開いた時の縦3面部分の事である。メンバー3人の個別写真の裏に空白のメッセージを記入する部分があるという仕様でメンバーのメッセージが書いてあるわけではない。

08年の初武道館を前に2007人に3人だけで47都道府県を回った直後から池森は3人だけのアコースティックアルバムを出したい、リメイクをやりたいとMC等で延々と発言し続けていた。当時はクラシックスのベスト盤をアコースティックベストと銘打ってリリースしたり、オリジナルのベスト盤を出したりしていたこともあり、メンバー2人は話題が出てもこれといった乗り気な発言をしないというのがお約束展開となっていた。その後シングル「永遠の明日」以降のC/Wではこれを具体化したようなアコースティックナンバーが収録されるようになった。そして20周年までは半分になっても続けると言っていた武道館公演を2012年はお休みする事が決定。代わりに20周年武道館へ向けて、再び47都道府県を3人だけで回ることになり、2012年はトライアングルプロジェクトと称して全て3人だけで活動を行う事を宣言し、今作も3人だけの演奏で制作されることとなった。これが大まかな流れである。

DISC-1「マリアージュ」
序盤は樹林伸が作詞した曲が並んでいるので、今までよりも大人っぽく、自分に酔ったようなロマンティックな雰囲気になっている。個人的にはこのキザっぽさがどうも苦手で特に漫画を意識したようなワイン系ラブソング「神の雫」はちょっと陶酔しすぎてて拒絶反応が出た。漫画を知っていれば変わっていたかもしれないが、巻末の2ページ小説もそういうわけでキザすぎる作風が全く肌に合わず。多少マンネリでもやはりいつもの池森歌詞の方が素直というかストレートでいいなと思う。ただ「神の雫」はメロディーもアレンジもかなり好きな曲だし、正直この曲が1番シングルっぽい気はする。シンプルな演奏ながらバラードだけでなく、ラテンノリや、さわやかなアップテンポ、アクセントになる山根ボーカル曲もあるので、3人だけの演奏にしてはかなり多彩。ただ普通にベースとドラムも入れて『クロール』くらいのバンドサウンドで聞きたかったとも思う。どれもいいにはいいんだけど特にこの曲が印象的という曲が初めて1曲も無かった。

DISC-2「Triangle Cover Album」
最大の懸念は「このまま〜」をちゃんと歌えるのか?ということだった。近年のライブ・TVでは全てサビを「ううヴぁぁいぃさりた、いぃ〜ひぃ〜い」とタメまくって歌いコーラスとズレまくりという状況だったためである。発売前にEXILEの番組でこのアレンジで歌った時も同様だったので、いったいどんな事になってしまうのかと思っていたら、多少原曲よりはタメているものの、見事に普通に歌えている。サビ終わりの「信じていたいよ」も裏声にしていない。ちゃんと歌える事に驚いた。基本的にはバラード曲はバラードのまま、アップテンポはアップテンポのままなのでイメージが大きく変わってしまうことはない。「瞳そらさないで」だけはセルフカバー最多曲のためか、バラード風に改変されている。ラスト2曲以外はセルフカバーが2度目以上だがどれも過去のセルフカバーとは異なる魅力を引き出しているし、『The Best キセキ』の頃よりは声が出るようになっているので新鮮だった。セルフカバー自体にウンザリしているファンにどう響くかはウンザリ度合にもよるとは思うし、原曲しか知らない人がいきなりキー下げアコースティックバージョンを聞いてどう感じるかも微妙な気はする。個人的にはセルフカバーにはそこまでウンザリはしていなかったので、けっこう楽しめた。

この2枚のCDは3人だけの演奏にはなっているが、単純にボーカル、キーボード、ギターの3つだけで構成されているわけではない。田川にパーカッションがクレジットされているように、簡易なリズムは入っている。ギターを中心に音を重ねたりもしているので、実際にライブで3人だけで再現することは不可能な曲が実際のところはほとんどだと思う。またほとんどがアコースティックギターメインでキーボードをメインにした曲はほとんど無い。ピアノの音色を使っている曲は「Road to My Life」や「夢であるように」など数曲程度。キーボードメインを入れても「哀しみの向こう側」くらいだろうか。元々ライブでもアコースティックコーナーに関しては完全にギターのみで演奏しているので、DEENのアコースティック系の曲となるとピアノとアコギが両立しているようなイメージは皆無といってもいい(どうしてもギターメインになる)。なのでいつも通りといえばそうなのだが、3人だけで2枚もアルバム作るのであればもう少しピアノを生かした曲があったほうがメリハリがあって良かったんじゃないかと思う。田川アレンジの曲が多いとはいえ、山根アレンジになってもギターメインで制作しているので(今作で1番ピアノとギターが両方目立っている「Road to My Life」は田川曲)、プレイヤーとしての考え方の差なんだろうなぁ…。

DVDがフル収録なのとパッケージが無駄に豪華なので初回盤が定価で8400円もする完全ファンアイテムと化している。最近アルバムに何でもくっつけて高額化させているのでますます固定ファンしか聞かないどころか、高くてスルーされかねない勢いではあるが、今回は通常盤でもセルフカバーはつくので、レンタル等では手が出しやすいかなとは思う。とはいえ内容が内容だけにライトリスナーにはあまりお勧めしない。ある程度、今のDEENを知った上で(近作を聞いた後で)聞いた方がいいと思う。

マリアージュ(初回生産限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付  マリアージュ 通常盤 

印象度★★★☆☆

戻る