pray

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
magic 池森秀一 山根公路 DEEN  
Birthday eve〜誰よりも早い愛の歌〜 池森秀一 山根公路 DEEN&時乗浩一郎 24thシングル 最高11位 売上2.3万枚
i... 池森秀一 土田則行 DEEN&大平勉  
空もハレルヤ 池森秀一 池森秀一 DEEN&時乗浩一郎  
We can change the world 池森秀一 田川伸治 DEEN  
Call your name 池森秀一 鈴木寛之 DEEN&鈴木寛之  
I say to my love 池森秀一 時乗浩一郎 DEEN&時乗浩一郎  
Take your hands 池森秀一 鈴木寛之 DEEN  
Tears on Earth 池森秀一 入日茜 DEEN  
10 Break it! 池森秀一 池森秀一 DEEN&時乗浩一郎 24thシングルC/W
11 Bridge〜愛の言葉 愛の力〜<Boogie woogie Style> 池森秀一 Kim-Hyungsuk DEEN&Kim-Hyungsuk コンピ盤『PROJECT 2002 The Monsters』収録曲 リメイク
12 もみの木の下で… 池森秀一 伊澤ビンコウ DEEN  
Bonus Track(初回盤のみ)
13 Christmas time<a capella> 池森秀一 山根公路   Classics One WHITE『Christmas time』メイン曲 アカペラでリメイク

Horn Arrangement:山根公路(1,11)、田川伸治(5)、時乗浩一郎(4)
Strings Arrangement:山根公路(12)、田川伸治(6)
Background Vocal Arrangement:時乗浩一郎(1,6,11以外)、Gary Scott(1)、池森秀一(6)、
Kim-Hyungsuk(11)

リリースデータ

2002年11月20日 初登場12位 初動1.7万枚、売上2.1万枚 Produced by DEEN BMGファンハウス

メンバー

Vocal,Background Vocal&Blues Harp 池森秀一
Keyboard&Background Vocal 山根公路
E.Guitar,A.Guiar,Background Vocal&Percussion 田川伸治

DEEN5thアルバム。オリジナルアルバムは2年半ぶり。「Bridge〜愛の言葉 愛の力〜」は当時日韓W杯の流れで音楽交流も盛んになっていた時期に日韓の合同制作のコンピレーションアルバムにのみ収録していた曲のリメイクで原曲ではKim単独編曲で打ち込みだったものを生音に差し替えてアレンジし直している。初回盤のみ「Christmas time<a capella>」収録だった。20周年BOXには初回盤限定の「Christmas time<a capella>」は未収録。また購入店舗特典としてスリーブケースも付属した。今作は10th Anniversary Albumともされているが、10周年を迎えたのは03年3月で02年は10年目だった。O社では12位から翌週94位に超大幅ランクダウンを記録。当時はまだ珍しかった完全に固定ファンオンリーの閉鎖的な状況になっていた。

今までとは全く違うサウンドを展開。3人の共通の音楽性であるAORというジャンルに転向(当時雑誌ではそう語っていたが後に池森は山根と違ってAORにどっぷり浸かった時期は無かったと発言)。1曲目からホーンアレンジ全開でコーラスもボーカルが聞こえない程厚くかかっていたりして従来のイメージで聞くと相当衝撃的。自作曲が減ったが、ビーイングサイドではなく事務所サイドの作家の曲を「いい曲ありき」の精神でメンバーが主体的に選んでいたようだ。期待していたる路線とは大きく外れてしまったため、正直戸惑いは隠せなかったし、しばらくはあまり好きなアルバムでもなかった。一方でこのDEEN'S AOR路線になってからを支持するファンサイトが出現したりもした。後にファンの間でも評価は高まっていったようだ。個人的にも今作を聞きこんでいく事で、メロディーや単純にロックバンド的なサウンドの気持ちよさだけでなくもっと深く演奏を聞きこむ楽しさや聞く音楽の幅は一気に広がったと思う。現在はかなり好きなアルバムにはなったものの、ちょっとイメージを一気に変えすぎた感は今でもある。1回どころか数回では判断しない方がいい1作だ。

一方で声にの変化はいよいよ誰が聞いても分かるレベルで激変。裏声を多用したり、声に以前のような高らかな力強さが無くなっている。この頃から昔の楽曲をライブでキー下げするようになったが、当時はライブでボーカルが聞こえない(当時サポートに就任したばかりのHIDEのドラム(今作では「Break it!」のみ演奏)を中心とした全体の演奏が大きすぎたのも原因)、それ以上に声が全く出ていないとそれまでのツアーでは考えられなかった事態が巻き起こったりもした。00年代後半になってからはたまに歌われるこの時期の曲は明らかにボーカルがパワーアップしている。当時はかなり苦労していたんだろうなと思う。

pray

印象度★★★★☆

戻る