残酷な観客達 最終話

一撃5万いいね!突破を果たした17番ゆずき(平手友梨奈)。出て行ってみんなを助けるべきだという14番みこ(長濱ねる)の主張を振り切り、みんなと脱出したいとその場に残ってしまう。今までテキトーなツッコミを入れているだけだったナレーションがここだけバカ丁寧にゆずきの心情を補足説明しまくっていたのはこの先の展開が説明しようがないくらい投げっぱなしなのでせめてもの視聴者サービスだったのか。

とはいえまたしても無気力モードのまま夜明けに。これで24時間絶食状態になってるけど最早そんな食事事情など描写するはずもなく全部放棄。意を決した一行はまたしても一芸を披露していく。最終回にして初登場の観客が数名増えており、彼らの反応は上々だったが、何故かいいね!は数千程度までしか溜まらず、観客のコメントも冷たいものばかりになってしまう。これまでもあからさまにテキトーだったいいね!の溜まり具合だが、ここに来てようやく操作されているのでは?という疑念を抱いた生徒たち。

そんな中、21番(渡邉理佐)はある可能性に気づく。それはゆずきがクリアしてからドアを開け閉めしていないのでもしかして鍵開いたままなんじゃね?ということだった。実際鍵は開けっ放しだった。これまたこれまでストーリーの都合でドア関係の描写はクリアした人しか開けないし、クリアした人しか進まない、入室の際は必ずドアを閉める、という暗黙的なところを放棄。全員で脱出を図り既に消えた他のメンバーを探すため、これまでの場所を巡っていくが、二手に別れながら進んだので気づけばゆずきとみこだけがプールに。

「ゆずきはここにいる」など意味深な言葉をかけるみこだったが、プールの水面に映る影がゆずきだけ消えたと思ったら今度はそれが反転。プールの影にだけゆずきが映り、そのままゆずきが消えてしまい、みこはまたか…と崩れ落ちる。この時点で観客達は次々と飽きてPCやタブレット、スマートフォン等から離れていた。

1人になったみこが教室へ進むと今度はけやき坂46メンバーが揃っていて1話と同じような事が始まった!

新たな展開が始まり、再び画面の前で視聴開始してほくそ笑む観客達。その中には教師の姿もあったが、真っ先に姿を消した今泉佑唯の姿もあった。ただし観客側ではない教師と今泉は無表情でほくそ笑んでいない。

終 了

全部終わっての感想

やりやがった…。

昨今のヒットアニメでそういうのがいくつかあったらしく、ゆずきが何らかの理由で死んでしまい、生と死の狭間の世界でゆずきを現世へ救い出すためにみこがこの世界を何度もループしている…というような事を思わせる終わり方だったが、確かなのはみこがループしているという事くらいで後の細かい事は全部放り投げた感じ。というか実際に投げていてこれらに細かい設定は用意していないと思われる。難解そうに見せかけて熱心なファンにあーでもないこーでもないと考察させてバズればいいや的な

これで振り出しに戻り、ゆずきを助けるためにもう1度みたいな流れならもう少し分かりやすかったが、みこが戻った先はけやき坂46のメンバーになってしまったのでゆずきを助けるためという事ではなくなった。世界観そのものがリセットされている。

ゆずきが消えてしまった時点でみこは「またか」と言っていたので、ゆずきがまた消えた、これまでの意味深な言動の数々からまたゆずきを救えなかった、と思ってしまうところだがけやき坂46メンバーのいる教室に入ったみこのモノローグは「こうして私はまた1人ぼっち」というものだった。これではどっちにも話が繋がらない。

さらに「私の中の戦いはまだ終わることができない」「私がみんなを外に出してやる」というセリフも後に続いた。これら最後の3つのみこのモノローグは全部長濱ねる本人の欅坂46加入への経緯とけやき坂46との兼任、境遇と被せてきているのでドラマ(みこ)としてではない。もう狙いが長濱ねるのグループ内唯一の特殊な立ち位置に被せる事にしか行ってない。メンバーの境遇、さらにはアイドルという職業の境遇と照らし合わせるような描写を重ねていったという以外に本当にストーリーに意味は無かったんだろう。

観客達が終盤に飽きて興味を無くしたらみこ以外が消失し、新たなメンバーで新たなドラマが始まったらいちいち観客全員がほくそ笑むカットを入れたというのも数々の現れては飽きられて消えていくアイドルと移り変わっていくそのファンたちという構図をなんとな~く投影してみたようなしてないような…というくらいの感覚でボヤッと暗示したのかもしれない。

ストーリーに意味は無かった、ドラマには何の意味も無かった、ただ”企画は「ミスターXという謎の存在からお題が出されて、いろんなネタをやって教室から脱出するような話をやったら、バズると思わない?」という秋元康のアイデアから始まった”ものとされている。実際それだけで終わらせた。しかし考えたがりの人は意味のない数々の描写も勝手に深読みしてバズってくれるでしょ?という。バラエティでやるような1発ネタのメドレーだけでドラマにしてしまったんだから恐るべし。後にも先にも秋元系ドラマ色々やってきたとはいえこんなドラマは2度と作れないと思う。DVD/Blu-rauの宣伝も清々しいくらいにオフショット映像にフォーカスされていた。

観客達のプライベートが後半で少し掘り下げられたのも終盤になると特に意味は無かったので単なる尺稼ぎだったっぽい。一方でそれとは別枠で開始前の話題性の1つだったYou Tuberが観客として出演するというのは結果的に浮きまくる不気味な存在に。

というのも当初は役者観客達もYou Tuberも自室空間でカシャカシャやっているだけだったのでほとんど同じだった。やがて役者観客達は中盤以降で生活感を出し始めた。しかしYou Tuber達は24時間同じ空間で延々カシャカシャやっているだけで、中にはお面被ってるようなやつもいたので観客達の中でも非リアルな異質の存在と化してしまった。撮影自体も1日で終わっていたような同じカットが適当に随時挟まれているだけだったし(ヒカルという筆頭格のYou Tuberに至ってはずっと他のもう1人と一緒に見ている設定で9話で空間が変わって1人になったのに最終話でまた元のカットに戻ってしまう始末)、You Tuberは放送開始前の話題性のために利用されただけみたいだった。

途中退場した今泉佑唯は黒幕側のように匂わせて1カットだけ入れ込んだが、その後で1人いなくなっていた上村莉菜は触れられなかった。たぶん元々は二手に別れる形で後半にまとめて減らすつもりだったか、減らさずに最後まで行くつもりだったんだろうけど今泉の体調不良による退場は予定外だったので、その後で今泉消失を意味深なものにするためにもう1人くらい単独で消える人を選ぶ事になり、2番今泉の次が3番上村だったので選ばれただけだったのかも。理由もないのに唯一単独で消された上村はかわいそうだった。逆に唯一1度退場(別行動)しながらも復活したのは齋藤冬優花だったけど、これも色々謎のままだった。

ハロー張りネズミ 1話

『島耕作』シリーズが有名な弘兼憲史の80年代の原作漫画のドラマ化。91年に唐沢寿明で映画化、92年に中原茂でOVA、96年に緒形直人で2時間サスペンス枠で映像化されてきたらしいが、21年ぶりの映像化にして初の連ドラ化。91年に主演していた唐沢寿明の妻である山口智子が所長役で今回出演しているので26年越しで夫婦揃って同じ作品に出演した事に。

所長のかほる(山口智子)、所員の五郎(瑛太)とグレ(森田剛)の3人でやっている「あかつか探偵事務所」は人情を売りにして一風変わった依頼も引き受ける探偵事務所として営業していた。小さな運送会社を立ち上げた社長の伊藤淳史が今回の依頼人。伊藤淳史は1ヵ月前に妻と娘が交通事故に遭い、娘は即死、意識不明の重体に陥った妻はかろうじてわずかに意識を取り戻すも余命間近だという。娘の名前をつぶやく妻にとっさに娘は無事だったと言ってしまった伊藤淳史は後に引けなくなり娘に似た人物を用意して死ぬ前に妻に会わせたいと無理難題を。

グレがプロデューサーに知り合いがいたので子役オーディションで演技力のある子供を探そうとするが失敗。しかし公園で偶然発見した女の子(三本采香)は髪こそ長かったが見るからにカツラ死んだ娘にそっくりだった。ていうか子役同じだからな後をつけた2人は孤児院にたどり着き、園長から女の子が父親から虐待を受けていて市の職員が救出に向かった際には父親の死体の横で平然と横たわっていたというダークな過去を持ち、誰とも関わりたがらず、夢も希望も持っていない子だと聞かされる(父親を殺したのかどうかは不明)。

話を聞いても拒否されたため、1度は断念したが妻の容体が急変したので駆けつけた五郎は少女に土下座して君が必要だと訴える。誰からも必要とされていないと思っていた少女は心動かされ、髪まで切ってくれて死相全開で死にかけている赤の他人のオバサン相手にママ死なないでと泣きながら呼びかけるという感情を閉ざしていたとは思えないようなMAXな感情を見せつけ妻は死亡。伊藤淳史は娘としてこの子を引き取る事にするのだった。完全に身代わりでありこの先を懸念する五郎だったが、所長は代わりでもお互いが必要としているならそれでいいじゃないかと説いて終了。

これでいいのか?という終わり方がまたかなり曖昧というか当初から伊藤淳史のキャラが不安定。最初からちょっと悲壮感に欠けていて妙に冷静な部分があったり、五郎に泣きつくシーンはギャグ主体にされるしで、率直に娘を1ヵ月前に亡くし、妻も亡くすという修羅場に立たされている人物に見えなかった。娘ソックリな子をそのまま身代わりにしてしまう辺り、けっこうキテいるという事なのかもしれないが…。ラストカットでは死んだ娘と同じバレエを習わせていて、それに従う女の子、帰り道でぎこちなく手を繋ぐ2人というのも、徐々に2人が親子になっていくというよりちょっと怖い終わり方にも感じられた。どういう意図だったのか…。

ちょいちょいギャグやツッコミを入れてくるも入れ方がけっこう緩めでどっちつかず。さすがに福田雄一脚本みたいな終始会話がギャグになってしまうのはアレだけど、会話の中でビシバシギャグが入ってくるようなノリの良さに慣れてしまうと今作の小ネタはかなり中途半端。

また前半は終始2人1組で行動していた相棒のはずなのに途中からバッサリ森田剛が登場しなくなった。具体的には前半の割とどうでもいいノリの時はずっと一緒で、孤児院での少女への説得→拒絶までは参加したが、そこからの帰還が本筋に関わった最後。

後半で妻がいよいよ死にそうだというシリアスな方向で突き進んでいくと瑛太とゲストだけで進行。森田剛が再登場したのはすべて片付いたエピローグになってこれでよかったのかな?と所長含めた3人で振り返っているところまですっ飛んでしまった。これはちょっとあんまりじゃないか。軽快なノリの部分だけしか使えないキャラなわけじゃないよな…。今回やった事と言えば不発に終わった子役オーディションを自身の人脈で開催させた(ただし借金をネタにゆすった形)のと園長相手に自分も孤児だったと大嘘ついて人のいい園長を騙したくらいでいい印象もないっていう。次回以降では最後まで出番あるんだろうか。

ヒロインのはずの深田恭子はド頭で「あかつか探偵事務所」を大手探偵事務所の所長に紹介されていたが、次の登場は40分経過後。この時は去ってしまい、ラストで正式な次の依頼人として登場し、ようやくの初台詞&名前が判明したのみだった。

残酷な観客達 9話

再びプールでボーっとしたまま数時間が経過。回を追うごとに全員のテンションが葬式化してきた…。1番(石森虹花)が窓の外に落ちていく人を見た!と騒ぎ立てるが、初回のそれと違い他に目撃者がいない上に、落ちていくカットも無かったので1番がサクラなのか幻覚を見たのか、本当に誰か落ちたのかは不明。

そういえば前々回に中年嘘ニートフリーターが押し入ってきたという事はどっかに抜け道あんじゃね?という可能性にようやく気付いた一行は奴がやってきたらしきところ(追い出すためにありったけの道具をぶち込んで塞いでしまっていたらしい)を掘り返し、進行。あの無理やりな中年ニート乱入を1回丸々放置しておいてその次でとってつけたようにようやく生かすって何気にかなりトリッキーな展開…。

抜けた先は2階の廊下。以前プールと別の道を行ったはずの8番(齋藤冬優花)がにこやかに近づいてきて何故か14番みこ(長濱ねる)とお待たせ~♪みたいなノリで合流して、事情も説明せずに先導。意味不明な状況に21番(渡邉理佐)は17番ゆずき(平手友梨奈)にこれは信用していいのか?と問うが、信用するしかない。たどり着いた先は職員室で他には誰もいない。今度は5万いいね!獲得の指令が出てグッタリした一行はまたしても葬式モードへ。

なんか普通に会話している8番だが誰 か 問 い た だ せ 。ゆずきがみこにどういうことか聞いたらみこが騒ぐと気づかれるとか何かを示唆する発言しただけじゃないか。まず8番に一緒にいたその他の生徒の行方聞けよ…。

先陣を切ったゆずきはイチローのモノマネを披露したら一撃で5万いいね!を達成してクリア。これまで何かの意志かのようにいいね!が溜まらなかったゆずきの一撃5万突破で唖然としたところで最終回へ続く。

観客達は乱入して追い出されて以降は中年嘘ニートフリーターのオッサンの出番が消失。主婦は夫とうまくいっていない家庭環境や子供との関係というどうでもいい描写が掘り下げられ、オバサン社長は安居酒屋で1人晩飯を食べているところを昼間の面接で落とした女子大生に見られる…というこれまたどうでもいい再会が描かれたが全く何も繋がらないまま終わりそう。

残酷な観客達 8話

プールに乱入してきた男を追い払った一行は無気力になり時間だけが経過。大縄跳びしていた頃は少なくとも午前~午後の間くらいでここにたどり着いた時点でも昼間だったはずだが観客達の様子がすっかり帰宅モードに切り替わり再び夜になってしまった。

11番凛(菅井友香)がカメラを破壊しようと御乱心したのを止めた以外は身動きしないまま大量の時間を浪費。ここにいる全員が1センテンスごとにこれまでのあらすじを説明調に振り返るというわざとらしすぎるカットまで出てきたが時間稼ぎが過ぎるだろ…。

ついに12番美空(鈴本美愉)が動き出したと思ったら謎のキレキレダンスを披露。全員が追従してキレキレのダンスをひたすら踊り続けるという珍妙な光景に観客達は感動にも似た表情でいいね!を押していく。レギュラー観客達がわざわざ渾身の1クリックだけしていくカットを入れていたが、1クリック=1人1ゲーム1いいねなの?連打できないのこれ?

脱出した一行は体育館へ戻るが教師は既にはいお疲れ~みたいな態度でとっくに去っていたためもぬけの殻。さらに14番みこ(長濱ねる)がいないことにゆずき(平手友梨奈)…ではなく何故か20番杏奈(渡辺梨加)が気付く。全員を懐中電灯で照らして本当にいないことに焦ったゆずきはこんな懐中電灯で照らして確認しないと親友がいない事も分からないくらい顔が判別できない暗さの中で何で親しくもない20番が気付いたのか1人プールへ戻るとプールの中央であおむけに浮かんでいるみこを発見。慌てて助けると戻ってきてくれると信じていたとみこは普通に起き上がりゆずきに抱き着いてきてなんか見つめ合ったまま終了。意味不明すぎるのでナレーションがこれが友情であり愛情だと補足説明するもやっぱり意味不明だった。

今回は再びゆずきとみこの友情をピックアップして回想シーンを挟んだが特にこれまでの2人の関係性がさらに深く明かされたとかではなかったし、みこがライク(友情)よりラブ(愛情)なのを強調したくらい?

あの状況から突然キレキレのダンスを踊りだしてその迫真っぷりに3万いいね!全員達成もかなりテキトー。あれはもうストーリーでも作中の登場人物でもなく、ただの欅坂46のダンスパート。曲がかからない無音ダンスだったがその振り付けは持ち歌(2ndC/W)の「語るなら未来を・・・」だった。

SPEEDが主演した映画『アンドロメディア』で共演していたDA PUMPがストーリーに関係なく突然1曲踊りだしたのに等しい(例えが古すぎる)。朝食食べたときは1食抜き(夜)でも全員かなり疲弊していたのに、今回は2食抜いている(昼夜)わけで。あの朝食、仙豆効果でもあったのだろうか。

残酷な観客達 7話

担任(原田龍二)を助けるための大縄跳び100回の最後の1回を14番みこ(長濱ねる)が失敗。30万いいね!をもらうのに成功が絶対条件というものではなかったのだが、最早カウント画面すら表示されない始末。どのくらいいいね!がもらえたのかも不明のままに担任はわざとらしく思い出した!と告げる。教師が二手に別れた場所を聞きだした生徒は担任を後で助けるとして放置し、言っていた場所で二手に分かれる。

片方が到着したのは室内プール3万いいね!獲得という指示にもう全員無表情。なんとか一念発起して浮き輪を使った小ネタをやるも、またしてもいいね!カウント画面すら表示されない。いいね!獲得はもうストーリーとしてもどうでもいいんだろうかこれ。6話からは「※平手友梨奈さんの喉の不調のため、一部のセリフを吹き替えにて対応しております。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。」と書かれていたが、今回はあかさらまに口が動いてないのに台詞量が多い…みたいなカットが増えていた。急に表情に乏しくなったのは平手のリアルな心労が反映されているのかというくらいなんか無表情というか疲れ切った空気が…。

9番静香(佐藤詩織)と20番杏奈(渡辺梨加)の中学時代の先輩が唐突に登場。ゆうと先輩というその先輩はこれまでも優しいコメントをしてくれており、実際に観客の1人である女子大生の彼氏として登場。てっきり駆けつけるのかと思ったら駆けつけたのは中年ニート35歳として登場していたオッサンの方で彼こそがHNゆうと先輩だったというワケの分からないオチで終了。前回既にニート詐欺のフリーターだったことが判明したこのオッサン、オチとしての衝撃はいいにしてもどうやって侵入し、どうやって追い出したのか。ますます疲れ切った生徒たち。そして閉じ込められていたはずの担任は余裕で脱出して一仕事終えた感じで去っていった。

観客達の描写が増えてきて女子大生の彼氏の本物ゆうと先輩に加えて主婦の主婦仲間も登場。この主婦仲間は余裕がある感じでスマホを連打していたのでいいね!連発しているようだが、女子大生なんかは就活ストレスで苛立っていて憂さ晴らし感覚で見ているので全くいいね!している様子が無く、You Tuber連中は初回で撮影終了してたんじゃないかというレベルで黙々と見ているか、キーボードカタカタ(コメント?)しているだけのエンドレスリピート状態。タイトルの「残酷」を示している…ということなんだろうか。