コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命- 6話

冷凍庫内での荷崩れ事故が発生。現場で治療に当たる藍沢(山下智久)、藤川(浅利陽介)、雪村(馬場ふみか)。藤川がいったん戻り、灰谷(成田凌)、横峯(新木優子)と交代したが落雷による停電が発生。冷凍庫に2人と割と元気な患者が取り残されてしまう。元気な患者は問題なかったが、倉庫の奥に死にかけの患者がいたことが発覚し、復旧を待っては間に合わないので2人が麻酔無しで止血のための手術を施さなくてはいけなくなってしまう。

相変わらずビビりな灰谷が頼りないので仕方なく横峯が切開するが患者は意識があり激痛の悲鳴を上げる。患者はやめてくれぇぇぇ!と泣き叫び、まるで拷問しているかのような見ている方まで痛くなってくるような月9史上でもなかなか最凶レベル。患者自らが止めてくれと懇願する状況に横峯は出来ないと断念。灰谷はひたすら気配を消す始末だったが、藍沢の言葉で自信を奮い立たせた灰谷が成長を見せ、ビビり気質なところが患者と波長が合った事もあって無事に救う事ができた。

また冴島(比嘉愛未)が早くも復帰。雪村が慣れない状況で悪戦苦闘する中、颯爽と現れて圧倒的な補佐能力で藍沢をサポートする姿に雪村は圧倒される。雪村、柔らかい雰囲気にキャラ変したと思ったらなんか一気に自信喪失しちゃった感じもしなくないが…。ていうか先週のあんまりな展開からの冴島あっさり復帰。夫婦揃って引きずっている様子皆無っていう繋がりの無さが凄い。

今期立ち位置的にやる事があまり無い緋山(戸田恵梨香)は今回は17歳の高校生の脳死判定に関わる事に。前シリーズで母親への感情移入から脳死判定の際の同意の手続きを誤り、後からやってきた事情を知らない親族に裁判起こされるという大騒動を味わった緋山はその件にも触れて、丁寧な書類仕事を淡々とこなしながらも厳かな雰囲気を醸し出し、何も感じない無感情な名取(有岡大貴)との凸凹っぷりを鮮明にさせるといった寸法。先週まで出ていた丸山智己がさっぱり出てこなかったので緋山の恋心展開も中断されてしまい、これまた繋がりが無い。

名取は名取で緋山をうらやましいといい無感情な自分に悩んでいるらしい事は判明したが、名取はどういう方向に着地させるんだろうか。既に横峯・灰谷のコンビが定着しつつある中で当初から一匹狼タイプだった名取の立ち位置はどんどん離れていってるような……。医師としての腕は横峯の以前の発言から横峯・灰谷よりは上のようだが、成長して患者を救う事が出来た2人と違って、前回診断ミスったのがクローズアップされただけだし。

臓器摘出シーンはかなりの時間を割いて行われ、その異様な雰囲気を存分に映し出し、さらに橘(椎名桔平)の息子に心臓が提供されるかもしれない!?と煽っておいて2位だったことが発覚し今回は別の患者へ心臓が運ばれて行ってしまったという相変わらず無情なストーリー展開に。息子のドナーが見つかるかもしれないという一幕だったのに出ていたのは橘だけで三井(りょう)は出てこなかった。

また手の震えが残ってしまいリハビリでも治らないというピアノ少女に対して藍沢もまた苦悩。自分たちはもう成長ではなく結果を期待されるという今回は全体を見渡す役割だった白石(新垣結衣)のナレーションが入り、次回へ続く。なんか冒頭数分だけ異様にコミカルで明るいやり取りをやって、以降激重・激鬱展開っていうのが今シリーズのパターンになってきたな。

ごめん、愛してる 6話

加賀美(六角精児)がついに情報を売ったのか麗子(大竹しのぶ)の不倫&隠し子騒動が世間に公表されてしまい、マスコミ攻めに。追い払った律(長瀬智也)が顔モザイクの暴力運転手扱いされてしまうマスゴミ加減は現実で自局含めたメディアのセルフパロディのようだったが、ここぞとばかりに37年前のゲス不倫!などと報道している様子はなかった。

ドサクサで三田(中村梅雀)は律に「なんでここにいるんだ!!」などと発言したため、律の正体を知っている事が律に露見してしまう。不愛想な律にしては珍しく、「俺もサトルもオッサンも同じ思いだ。あの人を困らせるつもりはない」と敵意の無い立場であることを明言したにも関わらず、空き部屋に閉じ込めてしまう三田。やりすぎだろ!先週罪の意識でむせび泣いてた人とは思えないよ!

麗子も麗子で突如コロッと会見すると言い出し、会見で不倫と出産を認めたが死産だったと言い放つ。あまりに毅然と言い放ち、消したい過去の話だと迷いなく言い切る姿に加賀美が本当か?と質問するがそれでも態度を崩さない麗子。捨てた事は絶対隠し通そうとしているというより、病院に運ばれるまでの回想しか出てこなかった事、赤ん坊を孤児院に捨てたシーン周辺は三田しか出てきていない事から、三田が独断で死産ということにして律を捨てたんだろうか。律がその張本人だと1人正体知っているからとはいえ三田だけ異常な慌てっぷりを当初から示していたのと加賀美に突っ込まれた際にも三田の方が動揺していたのを見ると麗子は本当に死産だと聞かされているっぽい?

解放されていて凛華(吉岡里帆)とラーメン屋で会見を見ていた律は自身の死産扱いにショックを受けるも2人で気晴らしに千葉の海へ向かい、今まで見せた事の無い笑顔を見せて楽しい一時を。バス停で眠りこけてそのまま一晩明かしてしまうが一足先に起きた凛華は律の携帯の動画日記を見てしまう。ついに余命露見か正体露見かと思ったらまさかのスカし。寿命や麗子に触れていない日の動画2本にだけ綺麗に当たり、3本目で「俺のじゅみょ…」と核心に触れた瞬間に目覚めた律が取り上げてしまったのでバレなかった。

一向に症状も出ず、幸せな時間を過ごした2人だったが別れた途端に律は久々に症状発動。頭痛の末に手が震えだしてしまう。朝帰りした凛華は三田に激怒され、執拗なまでにアイツ(律)はダメだ!!を連呼するも理由を言わない三田に単なる過保護な父親とでも思ったのか、改めて律が好きだと告げる。

一方塔子(大西礼芳)と婚前旅行していたサトル(坂口健太郎)は塔子の父親の元へ連れていかれる。老人ホームのような場所で目を開けているものの意識が無い状態の塔子父に結婚を報告する塔子。サトルもきちんと挨拶していたが、なんと父親、何も分からないはずが涙を流したと同時に危篤になりそのまま御臨終という超展開に。会わせた途端に死亡って。

愛情の無かった父親を嫌っていた塔子は結婚して幸せになるのを父親に見せつけたい一心で婚約していたらしく、そのまま帰ってしまう。心配して追いかけたサトルだったが、塔子は自宅でその辺の男を引っ掛けてフォーリンラブしており、サトルに父親への見せつけ目的だった、好きな事なんて1度も無かったと絶望的な言葉を告げる。なんだかんだ父親の死に涙している様子もあったのでヤケクソなのか、マジクズなのかは一応曖昧ではあったけどひっでぇ

絶望したサトルは狭い山間部を猛スピードで飛ばすというデスドライブを決行。塔子の自宅まで帰ってきていたのに山中に戻った理由はショックすぎて果てなく車を走らせてきたとかじゃなくて、

塔子が来ていた赤い車で1人勝手に帰りやがった

→サトルは現地でレンタカーを借りて戻ってきた(塔子がいなくなった後にレンタカー会社からシルバーの車で出てきたカットがあり以降サトルが事故るまで運転しているのはこの車だった)

→よってレンタカーを返しに旅先へ戻る必要があった、

ということか。薬切れ(落として1回分飲めなかった)と悪化した精神状態により心臓病が発動し…というか発動しなくても狭い山間をタイヤキーキー言わせながらデスドライブしてれば崖下ダイブ確実だったと思うが、工事中(無人)に突っ込んで事故に。心停止状態になって救命措置を受ける事になり、ああ、死にゆく律が心臓提供オチになるのね…と大多数の視聴者が思ったところで次回へ続く。

しかし本当にそのままになってもなんだかなぁ…。麗子の性格上、律の正体を知らずに余命だけ知った場合(現状からして症状が悪化し続ける以上は余命の方がバレる可能性が高い)、確実に麗子は律の事を岡崎リュウ(麗子とサトルに使っている偽名)と書いて「さとるのにゅーしんぞう」もしくは「さとるのどなあ」と読む事は確実だしな…。

EX-AR9降臨

09年に購入したミニコンポEX-AR3。まだまだいい音を鳴らしてくれるが液晶表示が暗くなったのと、トレイの出し入れに若干の難が生じ始めた。このシリーズは先日コブクロが推奨した事でもお馴染のJVC(ビクター)のウッドコーン。ビクタースタジオで録音されたサザンオールスターズの『キラーストリート』なんかもまさにウッドコーンでサウンドチェックしながら制作されたと思われ、正直他を試したわけではないんだけど偶然の出会いからこのウッドコーンシリーズは気に入って、イヤホンも現在はJVCのウッドコーンモデルで統一している。そろそろ次を考えねば…とここ1,2年考えていたがその答えは行き止まりとなっていた。

というのもDVD-AUDIOが滅亡して10年以上が経過し、時代遅れになってもCD/DVD再生機能を有していたJVC(ビクター)の機種でも現行機種ではDVD再生機能を排除。またCD再生機能を一切持たないネットワークモデルとCD再生機能を有するCDモデル機種を分離させたことで、CD再生機種のUSB再生可能フォーマットが減少。CDモデルのUSB対応からWAVが削除され、MP3、WMA、AACといった圧縮音源用の3タイプしか使用できなくなってしまったのである。

DVD機能削除、USBの再生対応からWAV削除…ってただの退化じゃねーか!

というわけで現行機種であるEX-HR5かその上位モデルであるEX-HR9EX-HR11を本来であれば狙うべきであり、当然より研究されたウッドコーン技術により適度な進化が期待できるところだったのだけど断念せざるを得ない事に。

EX-AR3購入時よりも高い金額を払ってもDVD-AUDIO再生できない、レンタルしてきてCD-RにせずにWAV化して保存してあるWAVも再生できない…もちろんFLAC?ナニソレ?状態…と踏んだり蹴ったりである。

そこでDVD対応、WAV対応をしていた過去の機種に遡る必要が生じた。FLAC再生とハイレゾのWAVはいずれにせよ捨てねばならぬが(FLAC対応はネットワークモデルに限られるのでFLACを取るとCDを捨てなきゃならぬ模様)、また昨年あたりが次の新機種が出るタイミングだったのに出ないままになっている事や、仮に次が出てもUSBのWAVやFLAC対応はともかくDVD対応に未来は正直無さそスペースの問題からスピーカーが2WAYではなくフルレンジである必要もあり、そうなるとEX-AR3の後継モデルとなったEX-AR7、そしてEX-AR7をちょっと改良したプレミアモデルとしてJVC公式通販限定で2011年に販売されたEX-AR9である。

このEX-AR9、昨年末までアウトレット放出品を発売当時の半値近い価格で定期的にJVCのサイトで売り出しているのを1年前くらいに発見したので、2016年末までに買おうとひそかに狙っていたのだが決断したその当日まさかの売り切れ。そしてこれまで定期的に売り出されていたのにこれにてついに在庫消失になったのか、2度と売り出される事が無かった

やっちまったぁぁぁぁぁ!

というわけであれから8ヵ月、オークションで網を張り続けて探していたのが先日ついに発見された。未使用品の販売価格からさらに半額くらいになっていたので少し不安だったが、そもそも2011年時点で一部機能に時代遅れな点が散見されたのと高すぎる値段がネックになってほとんど世に出回ってない機種なので次いつ発見できるかも分からない。ここは…祈るのみ!

と、祈りながら購入。そして届いたEX-AR9。届いてみれば今まで使っていたEX-AR3よりも断然綺麗。S、A、B、C、D、ジャンクの評価基準でC(普通扱い)というランクだったのに十分にB以上の綺麗さ。これがCなら使い古されたEX-AR3はDどころかジャンク品扱いになるんじゃないかという勢い。売りに出してもほとんど値がつかないかもしれん…。

早速接続したところ、一部接続を間違えて逆相つなぎにするという何だか毎回失敗しているようなお約束をぶちかまして時間をロスったが、無事に正しくつないで再生したところ、今までより上質に聞こえる音が流れ出した。05年にDENONのD-ME33に変えた時、09年にEX-AR3に変えた時はメーカーごと変えていたのでそこまでの大変化は無いものの、また既存の曲が新しく生まれ変わって新鮮に聞こえる感じ。いい買い物をしたようだ。

雑記

ドラゴンボール超 104話

第6宇宙のヒットと11宇宙のディスポの対決。時飛ばしを攻略したというディスポは自信満々に超高速を駆使してヒットを追い詰める。一瞬だけ超高速で動けるというが、ヒットの筋肉の音を聞いて時飛ばしより早く動ける高速ってナニソレ?音速以下の超高速なの?という気がしなくもないが、ヒットが発動する前に全身硬直した際の筋肉のきしむ音を聞く→時飛ばし発動までは音速より遥かに遅いのでその間に超高速で攻撃している、ということでなんとか。

そもそもこのディスポとかいうやつ、トッポに収集を受けた際に敵に追い詰められていて助けられるという三下っぽい初登場だっただけにそんなに強かったの…?

しかもこのディスポ意外と調子に乗ってしまうタイプだったらしく、勝ち誇っている間にヒットに対策を講じられてしまい逆にやられそうになってしまう。そういえばまだもう1人いた今までほぼ出てこなかったクンシーという戦士が気の糸みたいなものを使って救助。2VS1になってさすがにヒットが不利かというところにゴッド化した悟空見ていたら我慢できなくなったなどと言うよくわからない理由で駆けつけ共闘始まる。
共闘させたいためだけに悟空ならテキトーな理由でいいから登場させた感じ。どうよ?燃えるだろこの共闘?という制作サイドのドヤ顔が見えるようだ。

ゴッドはスピードに優れ消耗も少ないというウィスの説明が入り、攻撃の瞬間だけブルーに変身するという使い分けをする悟空。アニメではゴッドになるの自体が最初になった時以来だが、漫画版ではヒット戦で変身しており、まだコミック化されていない(4巻収録予定)が、ベジータがゴッドととブルーを使い分けた戦略を悟空ブラック相手に駆使したと聞く。どうやらアニメで使用しなかった漫画の設定をここで流用したようだ。

ヒットが戦いたがっていたディスポを横取りして戦い始めた悟空だがスピードについていけずダメージも受けないがブルー化戦法も驚かせる程度でこれといった決定打も与えられず。一応攻撃が直線的なので見切ったとか言っていたが。仕方なくクンシーと戦い始めたヒットだがこちらはクンシーが気の糸を爆弾化して鉄壁の守りを作るも以前悟空相手に使った見えない気弾で撃ち抜いてあっさり形勢逆転。

勝負を決められない悟空が吹っ飛んできたのでそのままヒットは強引に後退してディスポに再度挑み、完全攻略して打ち倒す。一方の悟空は爆弾の中にブルー状態で突っ込んでノーダメージのままクンシーを倒すという力技でようやく乱入後一定の戦果を上げた。

…かに見えたがクンシーは仕留めきれておらず、場外送りにされそうだったディスポを再度救出し、ヒットへ決死の特攻を仕掛けるも返り討ちで場外。ディスポは逃亡してしまう。この姿に「もういい」と言い出したトッポはヒーローごっこは辞めにすると宣言。当初から正義を盾にしたマイルール正義を相手に押し付ける厄介であることは明白だったけど、ヒーローごっこを辞める、11宇宙の人たちのアイデンティティだったっぽい「ヒーロー」であることをごっこ呼ばわりしちゃうのはマジヤバい。

2人は最後に戦おうと約束するが、戦力分散により勝利を得たヒットには利ばかりだったが、満足顔の悟空はどうなんだ。なにもかも中途半端に終わったじゃないか。勝手に乱入してきて最初の目的だったディスポとはまともに戦えず終わり、ダメージを負っていたクンシー相手にブルー化しての猛攻でも仕留めきれなかった悟空。こんなんでジレン相手にまともに戦えるのか。

ハロー張りネズミ 6話

この手紙が届いたら訪ねてきてほしい、自分は死んでいるはずで犯人は群馬の県議会議員候補の伊佐川(ムロツヨシ)だ、という浅田玲奈(玄理)からの手紙がゴロー(瑛太)宛に届く。ゴローが訪れると浅田玲奈は死後2週間経過した状態で発見され、自殺と断定される。

犯人が県議候補の伊佐川だと名指しされているのでゴローたちは調査を開始。相変わらず出てくるのはゴローばかりだが、浅田玲奈がキャバ嬢などをやっていた事から元ホステスの蘭子(深田恭子)がその辺りの聞き込みを担当するという自然な流れで蘭子の出番はある程度確保された。グレ(森田剛)は…なんかもう相棒ポジでもない脇役のまま…。

やがて浅田玲奈が元は全く別の顔(役者も別の人)だったことが発覚。調査を進めていくと伊佐川とは高校の同級生で2人はずっと付き合っていたが、政治家になるための資金を稼ぐために浅田に夜の仕事をさせ、夜の仕事をするにはルックスが良くなく稼げなかったので整形までさせていたという。しかし、政治家への足掛かりをつかんだ伊佐川は資金のある有力者の娘と婚約してしまい、浅田を捨ててしまう。浅田は全部バラすと脅したが逆に伊佐川に殺されると感じ、ゴローに後を託したという。

後半はゴローの妄想だったため、当初は伊佐川は爆笑し証拠も無いと言い張る。というか確かに殺すつもりで殺しに行ったら浅田はもう死んでいたとバラす。殺すつもりだったのに勝手に死んでくれてラッキーだった、面倒に巻き込まれたくないから放置したと半笑いのまま告げるクズっぷりを見せる伊佐川だったが、この話を聞いたゴローは浅田の真意に気付いて推理を訂正

伊佐川を殺人犯にしたくないという配慮を見せた浅田は確かに自殺した。しかしわざと2週間後にゴローに手紙が届くように猶予を設け、この間に殺しに来た伊佐川が死んでいる浅田を発見し、通報しちゃんと弔ってくれればそれでよし、ゴローに手紙が届いてももう葬式も済んで全部片付いているはず。もし発見しても放置したなら2週間後にゴローに手紙が届き、ゴローが伊佐川に辿りつき真相をつきつけてくれるはず…というものだった。世間に公表するかはゴローの判断に託された形だが、クズっぷりを見せつけてきた伊佐川に配慮する必要もなく、ゴローは警察ではなくマスコミに情報を渡すと宣言。ここに来てようやく事態の深刻さと身の破滅を実感した伊佐川は泣き崩れ、後日ゲス議員としてマスコミに追われていた(事実を突きつけられた直後に当選はしていたので一応議員にはなっていた)。

ゴローを名指しで浅田が指名してきたのは整形前のキャバ嬢時代にゴローが客として浅田に接触しており、容姿に自身の無かった浅田を持ち上げながら盛り上がってくれてついでに名刺ももらっていたから。元ホステスの蘭子曰く、それでゴローの人の良さを見抜いていたのだろうとのこと。

1話以来の1回で綺麗に完結。ムロツヨシはヨシヒコ以降福田雄一脚本芸人の印象が強く、登場時も主演陣にチャカされた感じで出てきたものの、今回はふざけた役ではなく失脚する悪党役をしっかりやっていたのでなんだかんだ名役者だなと思った。この点は仏以前からわりかしそうではあったがいつでもどこでも佐藤二朗に磨きがかかりすぎて最早同じような役しか期待されなくなってしまった佐藤二朗との大きな違いかもしれない。