リピート~運命を変える10か月~ 6話

坪井(猪野広樹)問題とリピートの秘密を握った由子(島崎遥香)問題が同時進行。由子問題は圭介(本郷奏多)だけでなく、早くも天童(ゴリ)、大森(安達祐実)にまで知れ渡るが、圭介は付き合えば秘密を守るという由子に付き合えないが秘密は言わないでくれと無茶なお願いだけして去ってしまい危険物を放置。

リピートメンバーにとってはサイコな由子よりも仲間殺害容疑のかかる坪井の方が危険視されており、実際坪井は早急に鮎美(貫地谷しほり)を拉致して襲おうとしていたので危険視MAXに。圭介が駆けつけて救出したことで圭介と鮎美はついに互いの気持ちを確かめ合うが、放置していた由子が今度は鮎美を襲撃。なんかもう襲われてばかりだな鮎美…。またしても圭介が駆けつけるが由子は圭介も襲撃。

しかし本気の殺害モードの割に命中率0%な由子のナイフ攻撃は2人とも割と咄嗟の反応で回避できるヘロヘロレベル。迫力だけ尋常ないんだけどここまで当たらないって…。しかも再度鮎美に襲い掛かり鮎美が防御態勢に入ったら勝手に自分の胸にナイフ突き立てて死んじゃった…。10回以上狙って唯一の当たりが自分自身、しかもピンポイントの即死の必殺ってどんだけ戦闘力と運が無いんだこの人。

それとも鮎美の襲撃回避性能が異様に高いのか。階段から突き落とされたのに即日退院、坪井の襲撃に無傷、由子の襲撃にも無傷となるとここは鮎美の襲撃回避性能か…?圭介の方は由子の特攻で突き飛ばされて一応家具の角にぶつけて痛がってたし。

リピート仲間に起きていた事件のうち鮎美を突き落としたのだけは由子だった。しかし当の鮎美は由子が圭介の彼女を名乗ってきた以外に由子の目的を察しておらず、鮎美のリピートメモから秘密が漏れた事も把握する前に由子が死んでしまった。かろうじて天童が圭介の家に飲みに行ったことまで由子が知っていたのは変だと天童が忠告したので圭介は自室に仕掛けられた監視カメラの発見には至ったが…。

というわけで怪演を見せたぱるる退場。原作のあんまりにあんまりな死に方をほぼ事故、それどころか正当防衛レベルに改変してきたが…結局隠す気か…。

電影少女-VIDEO GIRL AI 2018- 6話

劇中音楽を作曲するのと引き換えにアイ(西野七瀬)とのデートを要求したカオル(富田健太郎)。心配な翔(野村周平)は尾行するがリカ(大友花恋)もbこうしており合流。結局バレてしまい邪魔にされるが、リカの気持ちを利用したカオルは自宅へアイを連れ込むことに成功。しかしビデオデッキの故障によりアイは変調をきたしていた。

いざ襲いかかろうとしていたカオルは、あまりにぐったりしているアイを見て若干様子見しつつも襲い掛かろうとするが、満身創痍の状態のアイは振り切って逃走に成功。もっと力任せに押し切ってくるかと思ったら予想以上に非力なのかこの男…。

翔がカオルの元へ駆けつけるが既にアイは逃走後ですれ違いになってしまう。道中で倒れたアイを何者かが運び去ってしまい、帰宅した翔はビデオデッキが発熱している異変に気づいて次回へ続く。その頃、智章(清水尋也)を自宅へ連れ込むことに成功した奈々美(飯豊まりえ)はよろしくやっていた!

散々煽っていたカオルの暗黒面が炸裂するのかと思いきや、リカ相手に凄んでいる割にはフラフラのアイを取り逃がしてしまい結局ほとんど悪役らしい暗躍は何もしなかった。リカと違ってカオルはゲスト出演者扱いなのでさっさとカオルがアイ襲撃→翔助けて追い払う(カオル出番終了)→音楽の話も破綻→劇中音楽は自力でなんとかする…という流れかと思っていた。いつまでゲストしているんだ。

ドラゴンボール超 128話

17号の自爆防御により悟空ベジータは助かったが悟空は起き上がれないままベジータが単身ジレンに挑む。しかし変身も出来ずノーマルのまま粘るだけでジレンも手加減モードで受けてくれるので無駄に長いフラフラベジータの最後のあがきが延々繰り返される事態に。家族パワーやキャベとの約束にしても最早パワーアップの糧にもならず、結局前半たっぷりかけて離脱。悟空に最後のパワーを託したため悟空はブルー化する体力を回復させたが、やはり全くかなわずすぐノーマルに戻ってズタボロに。最後の一撃で再び身勝手の極意を発動させて次回へ続く!

ベジータのパワーアップは先日までのブルーのクッキリ版みたいなのが最後だったので、なんだか泣かせと生き様にかけてきた感じだったけど、キャベとの約束だとか家族だとかもこれまで小出しでやってたので、トッポ撃破で終わっていた方がやはり綺麗な引き際だったなと。

そしてついに完全に忘れられてしまったフリーザ。脱落扱いになっていないが17号がバリアを与えないままジレンの攻撃の対象範囲に含まれていたはず。17号がかき消したとはいえ、17号かジレンかいずれにせよノーガードで強大なパワーに晒されてしまったわけでどこへ消し飛んでしまったのか。

17号が自爆直前にフリーザを視界に入れながらもあえて無視したような感じでもあったが実は真の狙いはフリーザをこのドサクサで瓦礫の下に隠しておいて気絶したまま残す事だったりしないのか。フリーザが優勝しても超DBでの望みはまず自身が生き返る事で使ってしまうだろうから、第7宇宙が生き残ればフリーザ1人が謀反を起こしてもサイヤ人3名とビルスがいれば現状の実力で容赦なく仕留める事はできる。フリーザ残して優勝させて超DB与えてもリスク意外と低いんだよな…。他の宇宙の復活とかは先延ばしになるけど。

FINAL CUT 6話

雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)に兄目的だとバレ、百々瀬(藤木直人)の機転でFINAL CUT無効化&歴代カッターズ(?)も結託して慶介(亀梨和也)の事を調べ始めてしまった。井出(杉本哲太)はほとんど脅迫用の捏造だったけど、他の3人のFINAL CUTはマジバレたらマズイのが多くてまだFINAL CUTとしての効力を持っていると思うんだけど、こいつら何で元気出てるのか百々瀬教の信者だからか。かろうじて小池(林遣都)だけが勝手にこんなことしていいのかとか後の百々瀬の取材方針に躊躇を見せているところくらいしか変化が無いとは…。

殺人事件が発生し、容疑者の矢口(中村倫也)がメディアに犯人扱いされて追い詰められ逃走。IT社員だったのでいつもの被害者サイトをハッキングして住所を突き止めて直接やってきた。自分と重ねた慶介は信用したが、大地(髙木雄也)が矢口を信用しきれなかったため、それを見ていた矢口は結局逃亡してその後で公務執行妨害で逮捕されてしまう。

『ザ・プレミアワイド』は両親の謝罪映像(勝手に息子を犯人扱いして勝手に号泣謝罪したこの夫婦が今回メディアや腐敗警察より誰より酷くない?放送数時間後には赤っ恥だよこれ)、さらに矢口と恋人の2人の写真を警察署に護送される直前の強引に小池に突き出させたため、矢口発狂。警官を振り切って道路へ飛び出してしまったので、慶介が飛び出して救出。これが見事に生放送中だったため慶介の正体が『ザ・プレミアワイド』の面々にバレてしまった

また事件の方はそもそも凶器すら不明のままで何の証拠も無いと言う警察無能、警察腐敗っぷりだったが高田(佐々木蔵之介)が現場写真から凶器の可能性に気づき、上に報告しようとしていたところ、真犯人が勝手に自首しておしまい。高田を無能サイドにしたいのか腐敗サイドにしたいのか良く分からん…。

TVを見ていて慶介が警官だった事を知った雪子を慶介が呼び出し正体を明かして次回へ続く…。

『ザ・プレミアワイド』御一行は苗字変更後の慶介の足跡を全く辿れていなかったのに、今回の一件で警官だというところまでバレてしまい優位性は完全に失われてしまった。最早FINAL CUTすら相手がいないどころか自分がFINAL CUTされてしまいそうな勢いで追い詰められてきたが大丈夫なのかこれ。そして12年前の真犯人は本当に雪子若葉の兄で合っているのか。ここまで外すとかなり悲しい…。

あと中村昌也と字面の近い中村倫也の役名を「矢口」にするっていうのは決死のギャグだったのだろうか。

モブサイコ100 5話

黒酢中の裏番長で能力者の花沢(荒井敦史)の登場で、肉体改造部は瞬殺され、仕組んでいた鬼瓦(白戸達也)らも瞬殺。モブ(濱田龍臣)はこの状況においても能力を人に向けてはいけないよ!と訴えかけるが当然花沢はふざけるなと攻撃を仕掛けてきた。しかし余裕で回避、直撃後も軽くさばくモブに対して同じ能力者だと気づいた花沢はどちらが上か分からせてやるとヒートアップ。素の状態ではさばききれない波動を連続で繰り出し、モブも吹っ飛ばされるようになりそこそこ流血沙汰に。

見かねた悪霊エクボが全盛期の姿を取り戻して挑もうとするがモブに敗北した際に残りカスだけで生き永らえていたので見せかけだけで花沢に瞬殺されてしまった。

迷惑がっていたとはいえ、なんだかんだ情が芽生えてきていてこれで100%かと思いきや、55%のまま上昇せず意外と優しくねぇ…

さらに「僕以外に向けたらケガをする」だのナチュラルに下に見ている発言を繰り出すモブ。さらにヒートアップした花沢は最大出力の攻撃を放ち、さすがにこれは直撃を避けて強めのバリアを張って跳ね返したモブ。これがうっかり花沢の頭部を霞め、綺麗に髪の毛だけ刈り取られ落ち武者のような姿になってしまった。モブが55%のまま、花沢頭頂部0%になって次回へ続く!

オチが1発ギャグみたいだったが、やはり3回に1回100%コースのようで今回ほとんど花沢が一方的に攻撃してモブがすっ飛ばされ続けるだけの展開に。公式のあらすじでは「一方、モブを探し回る律(望月歩)は途中でツボミ(与田祐希)と遭遇する。」とか書いてあったが、ツボミはタコヤキを幸せそうにモグモグしながらいつもの言い間違えを披露するだけの1ショットファンサービス要員やってただけ。これはあらすじ無関係すぎる…。