オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~ 7話

当初から聖闘士聖矢コスプレで出ていた水川(寺脇康文)と『聖闘士聖矢』が7話にしてようやくメイン回に。水川は見栄を張るための嘘の積み重ねで会社のリストラや聖闘士聖矢好きも隠していた。月山(伊藤淳史)に突き合わせて更なる嘘の上塗りをしようとするも、メンバーとの連携を取っていなかった事から不幸の連鎖で妻との関係が悪化。

全てを失いかけた水川は素をさらけ出すことにして聖闘士聖矢好きを告白、すると妻も聖闘士聖矢好きだったと発覚。妻役の田中美奈子がドギツイコスプレ姿でようやく言ってくれた…と感涙して聖闘士聖矢コスプレ姿で抱き合う異様な夫婦に娘の堀田真由が冷静に突っ込みを入れまくりながら大団円。これにて平日(月下水木金)すべての覚醒玉(?)が揃った

例によって『聖闘士聖矢』が名前しか知らないのと、当初から水川のキャラが苦手だったのに嘘の上塗りで印象は正直最悪に。自業自得の自爆劇では他の面々も完全にKYなクラッシャーとして処理されていたのでなかなかしんどい展開だった。面白かったのは堀田真由はコスプレイヤーではなく普通の人で、異様な両親に対して終盤ドン引き&ツッコミ役をクールにこなしていたところくらいだったか…。

リピート~運命を変える10か月~ 7話

襲撃してきた由子(島崎遥香)の殺傷能力は異様に低かった。鮎美(貫地谷しほり)にのしかかってきた由子は自らにナイフを突き立てて勝手に絶命してしまった。絶句する圭介(本郷奏多)と鮎美は完全に正当防衛なので自首すれば分かってくれるはずだと結論付ける。が、連絡を入れてきた天童(ゴリ)はそこからリピートの秘密が漏れるのはマズイ、全てを打破するには俺たち自身がもう1度リピートすることだ!と説得。さっさと由子の死体を手慣れた様子で処分しに行ってしまった。あんた何者だ…と思ったらどうも過去にも何かあったようだが…。

大森(安達祐実)にも事情を説明し、風間(六角精児)にも話して再リピートをお願いするが拒否されてしまい、大森が研究目的でお願いすると考えておくとする風間。風間はまずはリピートの日まで生き残れたらな…とサバイバルを示唆して去っていった。

その大森は何かを抱えている様子な上、一行を裏切って坪井(猪野広樹)に接触して再リピートを提案するが、直後に坪井は何者かに殺されてしまう。由子失踪で興信所の人間が早くも鮎美や圭介に絡んでくる、天童の様子がおかしいなど不穏なことだらけで次回へ続く。

由子死亡を正当防衛っぽくしすぎてしまったので(原作だともっと酷い)それをもみ消すための再リピート決意の流れはちょっと苦しくなってしまった感じ。自首した場合のリスクが由子が遺品としてリピートの事を何か書き残していたらマズいというだけではかなり可能性が低いし、早くも興信所が由子の部屋を調べちゃっている時点でその理由さえ無意味になってしまっていて、これだったら自首した方がリスクが圧倒的に少ない。既に鮎美を突き落とした犯人が由子だったという事も判明しているだけにこの判断ミスが初回冒頭のアレに繋がってしまうんだろうなぁ…。

電影少女-VIDEO GIRL AI 2018- 7話

カオル(富田健太郎)、目論見をことごとく外した挙句にアイ(西野七瀬)に逃げられてご立腹かと思いきや普通に曲はくれたらしい。使用禁止!とかごねるかと思ったのに。

あっさりコンテスト用のアニメは完成したが、アイが行方不明になってしまい翔(野村周平)はショックでヒッキーになってしまった。リカ(大友花恋)が献身するも一向に回復しない様子の翔に、リカもアイが特別な存在だと感じ始めているようだが…。

コンテストは清水(村上淳)がセコセコとマイナス評価をネットで仕掛けるなど破壊工作をしかけたらしくあっさり落選。さらに清水は智章(清水尋也)をたぶらかしてアニメーションを5万円で購入し(迫り方が尋常じゃなかった)、奪い取ったアイを使って実写アイとアイをモデルにしたアニメーションにアイの唄声を乗せたMVを制作してバズらせる。今回全く出番のなかったアイが最後MVとして登場して西野七瀬ファンが主題歌ソロ歌唱PVに歓喜翔が驚愕して次回へ続く!

オッサン(清水)一挙暗躍!といった感じでいたいけな高校生を騙してアイも奪い取るクズ大人っぷりを発揮。カオルがなんだかんだお子様に思えるほどの悪徳さ。純粋な人にしかビデオガールは見られないんじゃなかったのか。どう見てもこのオッサン汚れまくってるじゃないか。起動したのは翔だしオッサンではゼロから起動はできないが奪い取る事はできるのか。

けっこうクールに見えた智章が奈々美(飯豊まりえ)も後から聞いてちょっとその話怪しくない?というほど怪しい清水の謀略に気づけずに作品を5万で売ってしまう辺りは初めて普通の高校生っぽいなというか、この著作権意識の無さにやはりもっとネット社会に適応した確かな著作権教育を学校で行っていくべきだと実感。

ビデオデッキ発熱の件で翔が洋太(戸次重幸)に電話してとりあえずデッキを冷やせ!と指示を受けたが、電話を終えた洋太の傍には謎の女性がPCをカタカタと初めて姿を見せた。顔は不明だったが西野七瀬っぽいような違うような声。これが原作のアイだろうか。

モブサイコ100 6話

花沢(荒井敦史)の攻撃を跳ね返したモブ(濱田龍臣)だったが見事に頭頂部だけをかすめていき、花沢の頭頂部が0%になってしまった。ブチ切れた花沢は超能力を連続で繰り出す。しかし逆に威力を上げたことでモブが全て一定以上の能力でガードするようになったので逆にノーダメージに。

仕方なく直接首絞め攻撃に出た花沢に対し、モブは力は使わない!と強い意志を持っていたが絞められすぎて気絶。これにより無意識で能力が暴走し激しい竜巻を巻き起こし(%は???に)、巻き込まれた花沢は全裸に。地面にたたきつけられたのに全裸無傷という謎の状態の花沢。迎えに来ていた律(望月歩)と去っていき、力の暴走を悔やむモブだったが…。

なんと能力開発研究所の連中は現場を去っていく白シャツの律を能力者だと勘違いして接触を図る。また全員気絶していてよく覚えていないので「白シャツのヤツ」がすっかり噂になって次回へ続く。

てっきりブチ切れた花沢の攻撃にはさすがに敵わずに100%化かと思ったら、本気出さずに花沢の全攻撃防げるくらいに能力格差があったとは…。こりゃコワモテで登場している組織の皆さんも全員瞬殺できてしまうのでは…。

バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~ 3話

田口トモロヲの舞台の都合で風邪をひいて寝込んだことにしてほとんど1人別撮り。女バイプレイヤーズが登場するという展開だったが、確かに良く見る人もいれば知らない人もいたりで、意外とオバちゃん名脇役の女優っていないのかもなぁ…と。

それよりも放送当日、まさかの大杉漣急死。今回も普通に元気に動き回ってるし、カラオケで前作主題歌のForever young熱唱したりしてて間もなく亡くなってしまうような状態には当然見えない。なんでもない大杉漣の挙動1つ1つがもう見れないのかと思うとなんとも言えない気分になり、正直これはドラマどころじゃない。しかもよりによって本人役って。

撮影は常に複数の話を同時並行で撮影しているようで、全5話のうち4話も5話も途中まで撮影、まさにその撮影後の夜に突然体調が悪化してそのまま亡くなってしまったようだ。果たしてどうやって残りの話を展開するのだろうか。