FINAL CUT 2話

百々瀬(藤木直人)司会のワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』のプロデューサーである井出(杉本哲太)にFINAL CUTを突き付けた慶介(亀梨和也)。仲間の大地(髙木雄也)と共に運営するメディアの報道被害を受けた人々の相談を受けるサイトにはまたしても『ザ・プレミアワイド』の報道被害報告が寄せられ、今回のターゲットはディレクター兼レポーターの真崎(水野美紀)に決定。

真崎は殺人事件の容疑者に独占インタビューした結果、容疑者が逮捕前に逃走するという問題を起こし、他メディアからもやりすぎだと怒りを買っていた。しかしこの過激な報道姿勢は今に始まった事ではなく、12年前に慶介の母もコイツに騙されて無実を訴えるインタビューを撮影させたが、OAされたのは被害者に申し訳ないと謝罪しているシーンだけだった。12年前の件で言えば井出よりも恨みの深い人物だった。

真崎は逃走中の容疑者が接触してきて金銭を要求してくるとそれを受諾して取材を決行。犯人はなんと被害者と不倫していたという謎のサービス(大嘘)までぶちかまして5,6万円程度で満足して去っていった(直後逮捕されるマヌケっぷり)

前回仕掛けたTV局の監視カメラは全部生きており、加えて新たに仕掛けた監視カメラで真崎の行動はほぼ完全に撮影されていた。ただ盗撮レベルの追跡映像、真崎の娘に迫っていき思いっきり娘を振り向かせてカメラ回すという映像まで飛び出してこれにはさすがの真崎も犯罪だ!と最もなことを言いだすほど。

今回も正体を明かして迫りくる慶介のド迫力と決定打となった犯人に金を渡している映像、犯人が不倫のウソをついていたのは犯人が勝手にやった事だったがなんか真崎が金を渡してウソを言わせたみたいな映像にノーカットで自動的に仕上がるミラクルも重なってこれがFINAL CUTです!を華麗に決めて井出に続く2人目を言いなりにすることに成功。

前回は井出にブチ切れた百々瀬だが、何故か真崎には優しく声をかけた…というくらいしか正直違いが無く、雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)姉妹への1シーンずつの二股っぷりも特に進展なし。ただし慶介は早くも警察の上司である高田(佐々木蔵之介)に正体を見破られるなど絶妙な引きで次回へ続く。

サイトに相談が来る→その相談が『ザ・プレミアワイド』報道被害→担当者がスタッフの誰か→叩けばホコリだらけ→これが貴方のFINAL CUTです!→言いなりを増やしていく

まさかこれ毎回この1パターンで通していくつもりなのだろうか…。復讐モノって大概成し遂げた後はそいつは破滅して物語から退場するのが定番なのでそのまま居残っていくのは新しいけど…訴えかけられる報道被害は100発100中で『ザ・プレミアワイド』絡み、とにかく『ザ・プレミアワイド』だけが悪徳報道を繰り返しているという奇妙な世界観は早くもリアリティのカケラも無い。同業他社からも疎まれているっぽい様子が早くも出ているだけにこんな叩かなくてもホコリが舞っているかのような悪徳番組、とっくにセンテンス・スプリングされて打ち切られていてもおかしくないのでは。そして直接的に慶介が恨みを抱くメディア関係者ってプロデューサー、直接取材を許したディレクターと早くも2トップでこの2トップ以上に恨んでいる人物って残っているのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)