FINAL CUT 5話

雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)との二股がバレてしまった慶介(亀梨和也)だがとっさに雪子が慶介(というか実質的には妹の若葉の気持ちを)かばったため、若葉にはばれずに済み、代わりに雪子は二股の確証を掴むため独自調査を開始。慶介は知りたい情報は大体知れたからもう直接会うことはないなどと大地(髙木雄也)に語っていたが、肝心の現在の兄の状況などはほとんど聞き出せていないじゃないか…。

百々瀬(藤木直人)のボロを探る2人だが、全くボロが掴めないので、方針を変更。最早『ザ・プレミアワイド』専用報道被害サイト状態なサイトに相談された新たな案件を使って、井出(杉本哲太)を再度脅迫して動かし、これまで以上の隠しカメラ&盗撮のバーゲンセール状態でごり押し。これまでは局内と主に尾行&本人の持ち物にカメラセットだったが、今回はパーティー会場にまで潜入して仕掛け、井出にも仕掛け、さらにこれまで以上の現地追跡&盗撮と、自宅内部以外の全盗撮完備体制

これにより井出は脅迫されていることをあっさりバラし、それを聞いた百々瀬は親子そろってうちにネタを提供してくれるとは!と挑発。そのまま慶介が百々瀬と対峙しようとするのでトチ狂ったかと思ったら、盗撮完備状態の中で百々瀬が妻を装っていた女性が金で雇ったレンタル妻だった事を掴んだものがあり、これを取っ掛かりにしてFINAL CUT。

出会い頭では早速正体見抜いているよとばかりに先に名前を呼んで余裕顔だったもののさすがにこんなに盗撮されていると思っていなかった百々瀬から余裕顔は消え失せて言われたい放題。今回の報道被害に対してはちゃんと被害者の再就職救済措置を図るなどやることはやってくれたのと、不必要に慶介を挑発したりはせずに、母を犯人扱いしたのは警察上層部に聞いた確かな情報だとして高田(佐々木蔵之介)の上の芳賀(鶴見辰吾)からの情報だとも明かしてきた。ここで慶介は真犯人を見つけ出すからそしたら謝れ!と言い出す。兄の所在が不明確なうえに犯人なのかも不明なままなのに言い切ってしまって大丈夫なのか。

そして百々瀬はFINAL CUT映像をフェイクニュース特集の素材として利用。レンタル妻映像も全部素材だった事にして脅迫を無効化。これによりFINAL CUTメンバー同士の情報共有&社内のクリーン化(盗撮カメラ的な意味で)が実施されることも確定し、一挙ピンチに…。

母を犯人扱いした黒幕は警察上層部、犯人だと思っている奴は所在不明。さらに雪子に兄が帰ってきたとLINEを受けた慶介はノコノコ出向き、雪子と若葉に兄目的で近づかれたと確信を持たれてしまう凡ミス。八方塞がりな状況で次回FINAL CUTする相手はいるのか

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)