オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~ 最終話

覚醒玉(?)も揃い、ついに地球を救う話。

何者かに襲撃された土田(斉木しげる)。一行が揃ったところで土田は100年後の未来の住人だと語り、100年後の世界ではAIが世界を支配していて漫画が邪悪なものだとして消滅させられているという。最も邪悪とされているジャンプ、そのジャンプを好きな仲間を集めて未来を救おうとしていた土田だがAIサイドに先回りされたらしく、店中のジャンプが消滅。土田は一緒に未来を救ってくれとメンバーに依頼し、メンバーは快諾。AIは漫画の免疫が無いのでコスプレ姿で行けば有利だというかなり強引な理由でコスプレ姿となった一行。店のバイトのメイド(山﨑萌香)が実は移動用アンドロイドだったことが発覚して、メンバーを転送して消滅。なんかあまりにも唐突に退場させられてしまったが、これは少年漫画王道の誰か死んでその思いを継いで戦いへ向かう…っていうのをやりたかったのか…?

登場したAIというのは鈴木梨央が二役で担当。鈴木梨央の声が使用されずに神谷明の声が充てられていたが途中から鈴木梨央になった。ジャンプ王道というなら王道でバトルしてほしかったが明らかに予算が無いのか、各自が担当作品から漫画の良さをアピール演説→鈴木梨央AIに難癖つけられて邪悪認定されてビリビリ、というほとんどコントのような展開を繰り返して時間を浪費。

最後は月山(伊藤淳史)が気合を見せて追従した仲間とともに仲間パワーで元気玉を作成。いろいろな決め台詞を込めながらこれらをぶつけてAIをぶっ潰して未来を救った。土田は未来に残り、水川(寺脇康文)が新店長(5代目)となり、火村(生駒里奈)がバイトのメイドへスライドして終了。

ゲストとして出てくると告知されていた天野アイ(西野七瀬)を見た記憶が無いのでおかしいな…と思っていたらED曲も終わったドラマ完結後に、とってつけたように月山と火村が歩いていたら天野アイが出現してよろしく挨拶して去っていくというシーンがねじ込まれた。何この本編に入れたくなかったのに入れろという命令なので仕方なく入れる事になった、これでいいだろ!本編には絶対入れねぇ!感…。

かつて土9枠の最終回で主人公同士がすれ違うとか、KinKi KidsやSMAPがお互いの主演ドラマですれ違うというのはちゃんとドラマ本編に入っていて今回もそういうのをやるのかと思っていただけにこれはあんまりだった。『電影少女』サイドがこのお返しを全くしていないという一方通行な押しかけコラボなので、制作同士の間に何か確執でも生じていたんだろうか…。

思っていた以上に低予算というか、盛り上がらない最終決戦だったが、この緩さがこのドラマの本質だった。あとOPでは最初からみんなこのコスプレしていたわけだけど、本編では火村・水川・木暮(佐藤仁美)の3人しか毎回コスプレしていなかった。月山と黒塚(馬場徹)は前回披露したばかりだったので記憶に新しかったが、土田と金城(栁俊太郎)はそれぞれ漫画家スタイルと店長スタイルが基本衣装だったので完全にそっちの印象でインプットされてて急にコスプレされても土田・金城はパッと見も誰だか分からず違和感が抜けなかった。

それにしてもジャンプ50周年という割には奇妙なドラマだった。取り上げる作品に妙な偏りがあって、90年代の黄金期が冷遇され、結局『SLAM DUNK』や『幽遊白書』などは取り上げられることが無かった(良く見ると最後の元気玉のところで安西先生のコマが使用されていたけど)。70年代後半生まれ with 90年代前半生まれ向け(それぞれもう2,3年後でも直撃できるかどうか)だっただろうか。

この時点でこのドラマにおいて自分は完全に空白の世代となり、読んだことのある作品がほとんど出てこない(全部読んでいたのはDBだけ、キャプ翼は少年ジャンプ時代まで、ONE PIECEは20巻までは読んだ程度)で終わった。ていうか初回の感想でも書いたように主人公の伊藤淳史もどっちかというと黄金期直撃世代のはずなので、後追いで触れた漫画はあっただろうけど直撃した漫画はほとんど無かったのでは。どうしてこうなった…。

同じく50周年記念の「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展」は3つに分けられ、80年代を昨年秋、90年代を先日3月19日から始めたばかり、00年代を夏に開催する予定としている。このドラマの放送中は90年代の宣伝チラシがコンビニとかでも張られていてそのポスターの最前面が悟空、幽助、花道だったので、同じ50周年記念なのに何このズレ…とずっと思っていたが逆にあえてズラしたのかなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)