モブサイコ100 11話

結界兄弟が霧藤(鈴之助)に洗脳されてしまう中、モブ(濱田龍臣)、花沢(荒井敦史)はようやく校舎に突入。早速先ほど相撃ちに終わった誇山(岩永洋昭)が立ちはだかる。最初から全力で挑んで来ようとする誇山。100%状態のモブと全力放出ぶつけ合いで相撃ち、双方気絶だっただけに苦戦が予想されたがモブは「(律(望月歩)やツボミ(与田祐希)を探すのが最優先なので)余裕が無い」とコメントすると、なんと誇山を瞬殺。余裕がないというのは加減してあげる余裕が無いというもので70%台のままで誇山を金縛りにすると校舎のガレキを全方位からぶつけて固めて圧殺する(死んでない)という…。前回の気絶は何だったんだよ…。

律たちは洗脳された結界兄弟に動きを封じられていた。その前に1人逃がされたツボミはモブたちと合流し、能力を見せたくないモブにより気絶させられるがそこに槌屋(間宮夕貴)が登場。いきなりモブがオバサン呼ばわりしたのでブチ切れて飛びかかってきてモブ、花沢共に連続で攻撃を喰らいエクボが「コイツ強い!」と言い出すほどの強さを見せてきた。これは誇山より格上なのかと思ったら、モブは女性なので遠慮していただけで大分流血させられた後に、ちょっとその気になっただけであっさり槌屋を瞬殺

律は霧藤に洗脳されかけていたがモブが到着。霧藤は洗脳しようと襲い掛かってくるが、逆に洗脳返しを喰らってしまい敗北。さらに足を引きずるというボスと同じ特徴を持った新隆(波岡一喜)が到着した事で、駆け付けた誇山、槌屋、霧藤は新隆を本部から来たボスと勘違い。お察し能力の高い新隆はボスのフリをして説教して堂々と逃げるという手段を用いた。さすがに分かりにくいので律が「ボスだと勘違いされたのでそのままボスのフリして逃げるつもりなんじゃないかな?」視聴者への解説のような台詞をモブにささやいて逃走。唯一戦闘に参加していなかった桜威(出合正幸)は到着した覆面の支部長と動き出して次回へ続く。

100%状態で1人相手に相撃ちという先例があったので熾烈を極めるかと思った幹部たちとの戦いだったが結局『爪』幹部連中はモブが最初からその気ならば瞬殺できるくらいの差があるんだか…無いんだか…。今回は70~80%台で3人をあっさり倒してしまった。これだと支部長相手でも100%になれば勝てる感じだし、最終回で100%を惜しげなく披露すれば盛り上がって終われるのは確実だろうけど。そうなると100%状態で誇山を圧倒してたのに突然撃ち合いで互角になっちゃって相撃ちになる展開いらなかったような

怪しげな動きを見せていた新隆は単にモブの携帯のGPSを使ってやってきただけと思われるが、律の解説台詞を入れなければワケが分からないまま次回へ続くになってしまっていたところだった。それでも途中で足を引きずる演技を始めたのは何が何だかよく分からなかった。覆面のボスは新キャストでない限りはタコ焼き屋のおやじ(モロ師岡)でいいんだよな…。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)