コンフィデンスマンJP 6話

自転車旅で立ち寄った村のラーメン屋の素朴な味に感激したボクちゃん(東出昌大)は村にふるさとふれあいモールができるはずが産業廃棄物処理場になってしまうと聞かされ、村を守るためにこの手口(村の老人たちに観光施設などを作ると騙して安く買い叩いて、途中で事業中止になったとして知り合いの産廃業者に売りつける)で財を成している社長の内村光良を騙すことに決めたダー子(長澤まさみ)、リチャード(小日向文世)。

当初ボクちゃんが先行してリチャードの持っていた土器を使って遺跡発見を装うが、ウッチャンには考古学に取りつかれた父親に借金を背負わされて苦労した幼少期という過去があったことを調べていなかったので失敗して土器を破壊されてしまう。改めてリチャードが教授を騙ってより真剣に土器を捏造したものの、今度は父親仕込みの考古学知識によりウッチャン自ら茶番だと見抜いてしまう。

そこにダー子が、ウッチャンと同じく考古学に魅せられてありもしない遺跡発掘に明け暮れた挙句に亡くなった父親を持つという重ね合わせたキャラ設定で登場。今回のエキストラ発掘者たちは同じようなマニアたち(金で雇った連中ではない)なので、純粋に喜び合う姿を見たウッチャンは徐々に心変わりを始める…。

しかし今度はボクちゃんが本来の目的であるラーメン屋夫婦まで遺跡発掘で村が盛り上がるかもしれないと浮かれ出したのを見て騙す予定じゃない人たちまで騙している…と落ち込んでしまい、詐欺をバラしてしまった

一方のウッチャンはダー子が送り付けた父親の考古学本(当時全く売れずに借金の原因にもなった)を改めて熟読し、さらにダー子が続けていたキャラ設定に名誉などではなく、遺跡を探すその過程こそが至高という真理に到達。ダー子が既に1億円で入手していたテキトーな山を3億円で買い取り、会社も譲ってしまい、山でかつての父のように発掘の日々を送るようになり、その顔は輝いていた。なおラーメン屋の方は産業廃棄物処理場建設の工事の人たちでめっちゃ賑わっており、便乗値上げもする逞しさで営業していた!

ということで今回は途中の過程でボクちゃんだけでなく、リチャードも計画に置いていかれる(どういう設定なのか聞かされない)という初のパターンが。そしてウッチャンで悪徳業者は無理があるんじゃないかと思ったら案の定序盤の悪徳っぷりからなんだか違和感。しかし後は心動かされていくばかりで、最後は金も名誉も捨てて生きがいに走るいい笑顔を見せるなど、ウッチャンの一般イメージに沿ったような流れになったので、今までのゲストと比べても、騙したというよりは騙したんだけど結果人間的に得るものがあって自ら価値が無いと分かっていて金を差し出したという一風変わった話になった。逆にこうも純粋なところを突いてしまうと、普通にいい人のウィークポイント突いて騙したみたいで悪い気がしてくる気がしなくもないが…。

しかも今回は1億円で買った山を3億円で売りつけて純粋に2億の儲けとなったので土偶ねつ造に費やした材料費等はあってもほぼほぼ丸儲けになったというのも珍しかったかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)