dele 1話

何でも屋として活動していた真柴(菅田将暉)は、虐待されていた子供をめぐる案件で人さらいの罪で裁判にかけられていたがその純粋な人柄と目的が完全に人助けだった事を知った弁護士の坂上舞(麻生久美子)が裁判を引き受け、費用の見返りとして弟である圭司(山田孝之)の会社で働いてくれないかと持ち掛けられる。弁護士事務所と提携している圭司の会社は依頼人が死亡した際のデジタル遺品から指定されたデータを消す仕事を請け負っていた。指定された一定時間デバイスにアクセスが無い事を察知すると依頼人に何かあったと判断し、死亡確認が取れ次第データを消すというものだったが、圭司は原因不明の難病により下半身の麻痺が進行して車椅子生活のため、確認のために現地へ出向いたりするのが困難で足が必要なのと、依頼人との関係を知られないようにして関係者から情報を引き出す機転を利かせられるコミュニケーション能力が必要で、真柴は適任だった。

今回の依頼ではゴシップ誌の記者が死亡し自殺扱いされたが事前に家族と接触していた真柴が自殺のはずが無い、データを確認しようとごねたため、データを消さずに閲覧したところ、警察の汚職事件が絡んでいたことから解決のために奔走するという話。クールな圭司と感情的でアクティブな真柴はいいコンビで、最後のオチも依頼人が本当に消したかったのは暴こうとしていた汚職事件の情報よりも、それ以前に積み上げた汚い仕事(ゴシップねつ造)の方で、そのことは真柴には黙っておいて真柴経由で接触していた依頼人の子供も父親は正義のジャーナリストだったと信じたままでいられるというもので多少のひねりもあった。

今期唯一最初から期待していたドラマだったが初回は期待通り。屈託のない真柴の過去を既に圭司と舞は把握していて相当重い過去のようだがこれもそのうち明かされるんだろう。デジタル遺品ネタはドラマのネタとしてもまだ新しいが、最近けっこう話題になってきているというか考える人が増えてきた案件だと思うし、ちょっと新鮮な事件モノになりそう。まあ設定上、必ず依頼人が死亡するところから始まるという一定の暗さはあるけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)