ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~ 5話

姑の還暦祝いの手紙を書いてほしいと芦名星が依頼してくる。汚文字に悩む芦名星は姑に字が汚いと心が汚いと言われたことがあり、思い悩んでいた。姑が申し込んだペン習字講座で必死に練習しても全く字が上達しなかったという。さらに母親がいなかったという共通点から鳩子(多部未華子)もまた母への正直な思いを新たにする。

周囲の協力もあってリサーチを完了した鳩子は芦名星の理想とする文字を使って手紙を書き上げ、一件落着…と思いきややっぱり字が違うのでバレた。姑が店にやってきて修羅場になるかと思いきや姑は理解を示し、ひどい言葉をかけたかつての自分を反省。駆け付けた芦名星と分かり合って帰っていくというなんだかよく分からない展開に。文句を言いに来たのか、反省しにきたのか、姑の心理状態も混乱していた。

決死の練習にも関わらず上達しないという芦名星だったが、実際に見せられたペン習字講座ノートは確かに必死に書き込んであるのに鳩子が絶句するほどお手本と程遠い汚文字。さりげに通信ペン習字がディスられている気がしなくもな

そんな自他ともに認めるほど上達しない汚い字の持ち主が突如こぎれいな文字で手紙を送って来れば速攻バレるのは必定。そこを汲み取ってくれた姑だったから関係は改善したものの、下手したらこれまで表面的にギリギリの関係を保っていた嫁と姑の関係が一転悪化しかねなかった危険な依頼だったのでは…。職業がCAとことだったが面接以前の書類で落とされそうなほどの殴り書きのような文字だっただけに就職活動の際にも代筆を駆使していたのだろうか。

あと特に序盤、セミレギュラーの人たちが芦名星の美貌を褒めたたえまくるという謎の流れがあり、帆子(片瀬那奈)に見向きもしなかった男爵(奥田瑛二)でさえ思わず見とれるようなシーンがあるほど。片瀬那奈は美人を自称するキャラ、多部未華子は先代の孫という立場からまだまだ子供扱いされていてこの2人で特に美人扱いされないような世界観で芦名星が登場人物たちが見惚れるほどの美女設定っていうのはなんだか違和感が…。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)