マジムリ学園 7話

暗躍していた初回で没落した三番隊隊長が復職のために集めた資料により、リリィー(小栗有以)は母殺しの罪で投獄された兄の無実を証明するために手がかりを探してこの街に来ていたことが判明。カイザー(本間日陽)は買収を試みるがリリィーは拒否し、生徒会選挙にもつれ込むには全生徒の半分の署名が必要だと告げる。

奮起した【華組】はほどなくして半分の署名を集めて革命だと盛り上がる。行きつけの喫茶店マスターはジャンヌダルクにならないように気をつけろと警告し、既にスミレ(倉野尾成美)が夜道を襲撃されて意識不明のまま実質降板状態だというのに全く凝りもしないこの連中、再び大切な署名用紙を持って夜道を単独行動。最早話の都合としか思えないが、何故か署名用紙を戦闘力もさほどなく、リーダーでもないヒナ(岡部麟)が所持しており、怪力ギガントコングに襲撃されて全部パー。

翌日、捕らえられていると思われたヒナのため、生徒会を結局裏切ったアインツ(加藤美南)の協力でもって進撃する一行。リリィー、ツヴァイ(谷口めぐ)、アインツという三大戦力がギガントコングに挑むが全く攻撃が通じない。なんか一応先週スカウト時に仲間の死をきっかけに丸くなったがどうこうとか、子犬がどうこうとか理由付けしていたのに、ただの理由なき圧倒的パワーキャラになってて何のキャラ付けもされないまま、奮戦したリリィーがいつものように倒して戦闘終了。マジすか4でのさくら毎回覚醒パターンもあんまりだったけど(ワケの分からない覚醒で逆転されてしまう敵がかわいそうで)、苦戦してたどころか全く歯が立たないのになんか急に相手が弱ったみたいに倒せちゃいました…っていうのも盛り上がらないな…。

たどり着いた生徒会室では将来を約束されて買収されたヒナが裏切っていて署名用紙を燃やし、さらに仲間だったはずのクラスメイト何人かも寝返っていた。選民扱いしてもらえるというだけで寝返ったという初期ならまだしも7話まで物語積み重ねてきたとは思えないような底の浅い連中により、喫茶店マスターの忠告通りになってしまったリリィーは連行され、高笑いする生徒会御一行。うなだれているツヴァイ、アインツはカイザー様の笑顔を取り戻したいという一心で戦ってきたそうだが、一応カイザー様、結果的には全話中思いっきり大爆笑していらっしゃる顔が暗黒すぎるけど。こうして革命の物語は終結した!

…あっさり終わっちゃったよ…。

という事で次回は3ヶ月後にやさぐれているところまで話が飛ぶ模様。初期キャラのバラヒナスミレ3名のうち1人が重傷で実質降板状態、1人が今更な買収で裏切って残ったの1人だけっていうのも逆に凄いな…。3人の友情が心配だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)