探偵が早すぎる 8話

早苗(優希美青)襲撃の件で橋田(水野美紀)に疑念を抱いた一華(広瀬アリス)は母死亡時の病院関係者から母が死んだフリをして生き延びている可能性を聞かされる。そしてついに死んだはずの母(新山千春)が現れた。接触した母は橋田が刺客だと訴え、一華の幼少期の事も知っており一見何の疑いも無かったかに思われたが、違和感を消し去れなかった一華は切っていたGPSをスイッチオンして千曲川(滝藤賢一)に居場所を伝え、橋田ともそろって偽母だと暴くことに成功。DVで夫から逃げるために整形を目論んでいた女性が雇われて新山千春の顔に整形していたらしい。

殺し方が毒入りの煙を焚いて吸わせるというものでそれをトリック返ししたわけだけど、煙を喰らっている偽母のそのまま少し離れた後方に橋田と一華という立ち位置だったのは何故なのか。2人もそのまま毒煙浴びてるような位置取りだったけど、あれは至近距離じゃないと効果ないのだろうか。

千曲川はもっと早く気付いて対策を練っていたとはいえ一華も途中で偽物だと気づいていてドラマ終盤らしいキレを見せたのは良かった。また橋田が早苗を襲撃したのは本当で、一華と千曲川との関係が悪化していたので早苗とセットで守らせる形でつなぎとめようとしたという。実際には全く襲っておらず、眼前で奇妙な舞いをしていただけだったが、思いのほか早苗がアグレッシブに抵抗してきたのでカッターが早苗の服を引っ掻き、早苗が橋田の腕を引っ掻く事になったという。なんだそれ。城之内(佐藤寛太)が失踪したままで、早苗も実家に帰ったという形で出てこなくなったので揃ってグルかとも思ったがそうでもないのか…?ていうか優希美青が自身のインスタで先週の部屋の中の衣装とシーンをバックにして花束抱えてクランクアップの報告してるので出番もう終わったっぽい

自分たちが当時関わっていたことは伏せながらも母が一族により殺された事も正式に一華に伝えられ、偽母含めて一族に利用されるある意味で犠牲者が増えるのも耐えられなくなった一華は一族と直接対決してぶっ潰すことを宣言。その頃、一族も全員で手を組んで一華を抹殺すると野望に燃えて最終展開へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)