dele 7話

依頼人笹本隆の死亡を真柴(菅田将暉)が確認して戻ってきて削除しようとしたところ、舞(麻生久美子)がデータを見せろと言い出す。笹本隆は8年前のバザー会場でのジュース毒物混入事件の容疑者として死刑が確定している笹本清一(塚本晋也)の息子だった。笹本は取り調べで自白するものの裁判以降は一貫して冤罪を主張し続けていた。当時大した証拠も挙がらなかったが、以前にも似たような毒殺未遂事件を起こしていたことから真っ先に疑われたという。

仕方なく圭司(山田孝之)がファイルを開示するとそこには別のオッサンが何かを混入している証拠映像だった。犯人が別にいるのかと探ることになったが…。

真柴、圭司それぞれに単独で行動して関係者を当たっていき、まず真っ先に映像のオッサンが市会議員と発覚。当初は市会議員が有力候補だったが…真柴が出会った飲食屋のオッサン、突如キレる店主、そして圭司が市会議員を直接訪問した際に出会った娘…そして映像を撮影したと思われる笹本隆本人、全てに動機と怪しい点が次々に浮上していくというトンデモ展開に。

そして誰が犯人なのか分からず全員が怪しいままに笹本清一の死刑が執行されてしまい、事件は「終了」。再び街ではバザーが開催され、怪しい4人が笑い合う姿、そしてジュースを出された少女が8年前に”他所から来たおじさん”に毒が入っているから危ないよと言われた、という話をするもジュースを出した母親は不安を打ち消すようにやんわりジュースを飲みなさいとコップを渡すというなんともいえないカットで終了。

2人も後味が悪いままにデータはdeleされたのだった。

市会議員

混入の映像が残っていた1番最初の容疑者。しかし混入前に混入物の入った袋の臭いを嗅ぐしぐさをしており、もし本当にこれが青酸だったとしたら自ら吸い込んで死んでしまう恐れがあるため犯人の行動としてはありえない。圭司が単刀直入に尋ねたところ、ジュースの味が薄くなってきていたのでジュースの粉末を足しただけと証言。しかし動機としては議員当選の際に不正な票集めに協力してもらった人物から脅迫されており、この脅迫者が事件で死亡している4人のうちの1人だった。

飲食屋のオッサン(Mummy-D)

事件で娘を亡くしている(死んだ4人のうちの1人)。市会議員が脅迫されていた情報を真柴に教えた。しかし圭司がスマホに潜入したところ、市会議員と妻が不倫していたことを把握していたことが発覚。2人を葬るつもりが失敗して娘が犠牲になってしまったのではないか疑惑が浮上した。また、市会議員が粉末を入れている動画のバックに映っていた車の持ち主でもあり、ドアミラーやシートの状態から本人が映ってはいないが乗車していた可能性が指摘された。

突如キレる店主

一見温厚だったがボケババァ相手にブチ切れる性格。母親にDVして死ね!と暴行しており、その母親を事件で亡くしている(死んだ4人のうちの1人)。真柴には会場に行っていないと何故か嘘をついていた

市会議員の娘

父親を疑っていたが、なんと当時クスリをやっていたことが発覚。その売人が死んだ4人のうちの1人だったことが発覚。

笹本隆(dele依頼者本人)

物語開始時点で自殺。父親の犯罪歴もあって周囲になじめず終始イジメられていたという。スマホでの動画撮影を行っており、真柴・圭司がたどり着いた街の人々の裏の顔の大半は彼が撮影した映像に映し出されていたものだった。そのスキャンダル暴きっぷりはセンテンス・スプリング級である。しかし本人もいかにも青酸入れてそうな謎の小瓶を持った映像が残っており、世間を恨んだ末の犯行ではないか疑惑が浮上。なお本人がdele依頼していたのは議員が混入している動画1本のみである。

笹本清一

死刑囚となった「事件の犯人」。息子の隆にも犯人疑惑が生じたため、舞が面会して息子の死と息子が犯人だと知って当初かばうために警察では自白したのではないか?と仮説をぶつけたが自分も息子も犯人ではない、小瓶はメンタル関係の薬を処方されていたのでその薬だ!と主張。そして激高して犯人はあの町の人間だ!と叫びながら連行されていった。舞の心象としては信用できる人物かどうか判断できないという事で無罪とも言い切れず。最終的に死刑が執行されてしまう。

という全員が闇と動機を抱え、そして最後のバザーでの4人のホッとしたような謎笑顔、全員が共犯だったのか、全くの外部犯だったのか。この街怖すぎる…。凄い話だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)