dele 最終話

依頼人の弁護士辰巳(大塚明夫)が死亡。これを聞いた真柴(菅田将暉)の顔色が変わる。真柴の妹は難病による治験の薬の副作用で死んだ疑いがあったが、病院側は妹は新薬投与ではなく、プラセボ(ブドウ糖)投与の対象になっていたため薬ではなく単に病気で死んだと主張。訴訟を起こそうとした真柴家は何故かネットで顔写真流出の上であらぬ中傷を受けて家庭崩壊し、訴訟を断念していた。

辰巳のデータからはまさにこの真実がドンピシャで隠されており、ほぼ時を同じくして雇われたハッカーがdeleにハッキングを仕掛けてきた。真柴は突き止めたハッカー集団の会社に乗り込んで暴れる事で雇い主の政治家仲村(麿赤兒)をあぶりだそうとするが失敗。逆に下手に行動を起こした事でdeleにはエージェント2名が押し入り、圭司(山田孝之)を襲撃してデータを持ち去ってしまった。

仲村と弁護士だった圭司(山田孝之)、舞(麻生久美子)の父も繋がりがあり、仲村の命令で父は汚職に絡んでいた。清廉潔白な弁護士だったと信じていた圭司はバックアップを取ってこのデータを母と舞に見られないよう削除していたが、舞はとっくに気づいていたらしく、父の不正データを使って仲村を追い込む事に容認の姿勢を見せた(むしろどこか嬉しそう)。圭司は真柴と共に辰巳の葬儀の場で仲村を追い込んで、疑惑を生じさせることに成功。真柴の妹関連のデータはバックアップも無く全て持ち去られていたが、ダメ押しで圭司の父の不正データをばらまいたため、仲村は連日マスコミに追われる疑惑のワイドショースターとなり、一定の制裁を与えることに成功。

舞の弁護士事務所も圭司のdeleも死んだ父の汚職発覚で顧客離れにより危機に陥り、真柴も辞めてしまったがどこか晴れやかな2人。データを消すだけでなくデータを誰かに移すアプリを新たに開発しようとする中で、真柴が戻ってきて雇えるようになるまで給料はいいからとりあえず立て直し頑張ろうと告げ、また新たな死亡確認が入って終了。

少し優しくなって終わる、という感じでやや駆け足ではあったけど2人の過去を絡めていい最終回だった。マフィアのボスでも悪徳政治家でも麿赤兒の大ボスっぷりも衰え知らず。辰巳が死の間際まで真柴妹の件を悔やんでいた事が比較的丁寧に描写され、deleの2人は知る由も無かったが、死の間際に自分の罪は持っていくが仲村に対してあなたの罪までは持っていかない、託した…と告げて亡くなった事とデータをdeleに託していた事を考えると、辰巳本人は圭司の父の事も知っていて、データ削除ではなく、データを使って仲村の悪事を暴いてもらっても構わないという事だったのか。

やや暗いテーマが多かったが、深い話が多く、全8話と短めだったのが惜しい。脚本家が毎回違うので山田孝之が微妙にキャラが変わる圭司を演じるのに苦労したなんて話も出ていたが、ある程度は一貫していて破綻するような事も無かった。これはもっと見たいドラマだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)