Spotifyを導入してみた

ユーミンの全曲配信がストリーミングにも及び、また同時に結構な数のシングル曲がアルバムミックスに差し替えられて配信されているらしい…という事が即判明。

事の発端は「真夏の夜の夢」がアルバムミックスに差し替えられているという話がTwitterで出てきて確認しようとしたところmoraやiTunesでの視聴リンクでは該当箇所の後のサビ部分しか入ってなくて確認できなかった。

シングルVer.目当ててDLしたらハズレを引かさせる危険が増したことと、そもそも買っていったらかなりの金額に及ぶのでひとまず聞くだけ聞いてみたい、という事で無料プランがあるSpotifyを急遽導入

スマートフォンはパケ放題ではなく



こういう格安のやつを使っているのでストリーミングなんか導入したらあっという間に格安の意味がなくなってしまう。という事で普通にPCに導入した。

有料プランだと音質は320kbit/秒と書いてあるが、無料プランだとOgg Vorbis 160kbit/秒と書いてあった。

とりあえず、父がipod時代に使用していてウォークマンに乗り換えてから不要になったと言ってくれたのでちょっと前のポータブルアンプFiiO「E07K」+現イヤホンJVC CLASS-S WOOD 01 inner HA-FW01の組み合わせという現行PCで音楽聞く際に出来る手持ちの最強装備にて聞いてみたところ、圧縮の音の悪さが鮮明になる…事は無く、むしろ思ったより普通にいい音に聞こえた。さすがに少年時代のカセットテープ録音とか詰め込みすぎたMDの4倍LPモードなどの遠い記憶からすれば断然こっちの方がいい。あと10年くらい前のYou Tubeとか現在でも非公式に誰かが適当に上げているような音源の記憶よりもやはりいい。

ユーミンの配信はこの辺りの圧縮を前提にしたものらしく、パッと聞いたところそれよりも古い音源とか圧倒的にパワーアップしたようにしか聞こえない。さすがに『YUMING SINGLES 1972-1976』に入っているシングルバージョン「返事はいらない」と聞き比べると圧縮リマスターの方が当然よく聞こえる

本日情報追加でアップした浅岡さんのアルバムなど他の曲も聞いてみたが、たぶん本気で聞き比べれば豊かさに欠けるとかなんとか色々感じるのかもしれないし、もしかしたら思いっきり外す(聞き分け不可)かもしれないが、いずれにせよストリーミングの音質はイメージしていたほど悪くなかった。というかOgg Vorbisのwiki見たら“標準ビットレートは112kbpsで、この時の音質は、多くの人がCDもしくは圧縮前の音源とほとんど聞き分けがつかないとされる。”とか書いてあった。

レンタル追放が深刻化することが予想される今後、また配信限定だけど毎回250円はなぁ…とか要するに買うほどじゃないけど聞いておきたいレベルの曲に関してはストリーミング導入での感想執筆というのはありかもしれない。

ただあれもこれもとチェックし続けたらキリがないし、こんだけ長年サイトやっておいてなんだけど、常に音楽を聞いていたいとか浴びるほど聞き倒したいとか見知らぬ音楽を次々発見したいとかそういう考えとは真逆で、音楽を聞くのは聞くぞと決めた時にじっくり、しっかりと関心を抱いたアーティストや曲をじっくり、というスタンスな上、モードの切り替えが自在にできないので1曲ごとに違うアーティストの曲をシャッフルで聞くとかもできない。もちろん自分だけのプレイリストみたいな聞き方も毎回気分が変わるのでできない。時間が経てばいつも聞き流していたあの曲やこの曲が急に名曲に化けたりする、という面白味もあるので、プレイリスト作っちゃってそっちばかりとかもったいない気もする。

ってことでストリーミングでなんでも聞けますと言われても持て余すだろうなぁとは思った。当然ストリーミングで聞けるのでこれ聞いてくださいあれ聞いてくださいみたいなリクエストを送られても非常に難しいので改めてリクエストは一切受け付けていないと改めて明記しておこうと思う。

そんなわけで適度にストリーミングを使用したい。たぶん本来の用途とは異なる全く活かしてない感じの使い方で…。当然毎月支払ってまで継続的に使用する事は現時点ではない

しかしここに曲だしてないやつは時代遅れだとまで言われたり、出してないやつは若者に曲を聞かれすらしないみたいなストリーミングは時代の流れだから絶対正義みたいな風潮だけど、マジで新曲作ってどうやって利益出すの…?1曲1曲の価値の低下が著しすぎてちょっと切なくなった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)