ドラゴンボール超 99話

第9宇宙消滅が即座に行われたため凍り付く一行だったが程なく戦闘を開始。全王の容赦なさ、そんな危ないやつをこの世界に2人に増やした悟空はやっぱり悪魔だと思うんだ…。しかし他の宇宙の神々はいつの間にか本来なら即消滅だったところ、悟空のおかげでチャンスをもらえて…などとわざわざもう1度説明調の台詞を入れてきて悟空のせいではなく悟空のおかげを強調。やはりあの当時相当おかしな空気と展開になったのを制作側も気にしているんだろうか。

ベジータはかつて試合をした第6宇宙のヒットに挑もうとするが、ボタモに阻まれこれを倒しかけるが、大会で直接対決して勝利したマゲッタが救援に駆けつけてこのコンビに苦戦。

襲い掛かって来た鳥タイプの戦士をクリリンの気円斬でひるませ、亀仙人のかめはめ波で撃破。なんと亀仙人が1人倒すという快挙を。17号と18号は永久エネルギーを生かして攻めあるのみとして戦い続けていたが、18号は死んだフリに引っかかてやられかけ、クリリンが救出。2人のコンビプレイで1人を撃破。

さらに似たような風貌のキャラが挑んできたが、明らかに終始目を開けていない相手に対して100倍太陽拳をぶちかましてしまい不発。相手は目が見えずに嗅覚で戦っているという。目が見えない=心眼、気配を読む、空気の流れを読む…というのが常識なこのDB世界で嗅覚って…。とこの時点で微妙だったが、クリリンが履き古した靴を相手の鼻に投げつけて臭さでつぶしたところにかめはめ波で撃破。

一気に2人倒して得意気だったクリリンだったが、背後から第6宇宙のフロストにはたかれて転落、初の失格者となってしまった。18号が挑もうとするがフロストはドロンして逃走。残り時間は43分!ってさすがに分数刻みすぎ!1話1分で行くつもりなのかこれ。

DBゲームで軒並み搭載される必殺技のうち拡散エネルギー波以外の代表技を披露したクリリンが早くも応援側に。もう少し粘るかと思ったけど一通りの伏線(18号との連携技や引退からの現役復帰、100倍太陽拳)を駆け足でこなしただけであっさり終わったなぁ…。

格上相手に武道家として真っ向勝負を挑んで一矢報いるも悲惨にやられるのが天津飯、格上相手でも冷静な立ち回りで器用に生き残るのがクリリンという印象もあったんだけど、フリーザ戦までのクリリンの危機回避能力はさすがにもう無かったか。

コメントを残す