ハロー張りネズミ 4話

人気漫画家の北村(内田慈)から家の中に誰かがいるから調べてほしいという依頼がやってくる。話を聞くと幼い娘と2人暮らし(夫とは離婚)で娘が生まれた際に建てた新居に住んでいるが、原稿の締め切りに追われる日は北村は近所の仕事用のマンションに缶詰になるという。その間に娘がママらしき謎の人物にオムライスを作ってもらっておりその痕跡も残っていた。

まずゴロー(瑛太)が家に監視カメラを仕掛け、実際に北村の仕事場で北村が確かに仕事場にいることを確認しながら家にいる娘を監視していると、突如部屋の扉が開き、娘はママらしき人物と会話を始めた。抱っこされている様子で宙に浮く娘…と早くも完全なホラー展開に陥る。

困ったゴローはひとまず蘭子(深田恭子)が街でチラシを配っているのを見たという児童心理学の教授(古舘寛治)に話を聞きに行く。教授は娘が宙に浮いたり、映像がバリバリ乱れるという超現象に至る前に映像を閉じてしまい、娘の心の問題だと決めつけてしまう。娘に話を聞きに家に向かった教授は改めて心の問題だと持論を展開するが腑に落ちないゴローと北村。2階のトイレに向かった教授は謎の巨大な手に頭を掴まれ大流血で病院送りにされてしまった。

いよいよヤバい完全に霊能力の世界な事態に南(リリー・フランキー)を頼ったゴローは過去会った霊能力者を名乗るインチキ者たちの中で1人だけ本物だったという河合(蒼井優)を紹介。やってきた河合は南が昔知り合ったという割にはかなり若く明るいキャラだったが、家の中で早速何かを感じる。自分1人では太刀打ちできないほど強力な奴だと告げた河合は北村と娘を仕事場へ移動させ、ゴローと共に解決へ乗り出す。

教授がやられたトイレの真下の和室にある怪しげな古い木の柱に霊が住んでいるらしく、道具を取りに戻った河合がいない間に不用意に柱に近づいたゴローはリアル巨大な手に襲撃されてしまう。間一髪駆けつけた河合が唱えた術と道具により一時的に封じたものの、応急処置にしかならず持って3日だという河合。力を使い果たして眠りについてしまった河合で次回へ続く!

なんといきなりリアルホラー。子供の心の問題かと思ったら専門家の教授が妙にサクサク決めつけていき、作中でも「なんだかうさんくさい」呼ばわりされてしまうという扱い。確かにこの教授、決めつけすぎであり、ビデオをあと5秒見ていれば顔色が変わっていたかもしれないのに…。ていうかゴローや北村も教授の決めつけテンポに押されてないで1番不可解なその部分を見せろよ…

ラストでは娘の両手両足に妙にたくさんアザがあったので、ゴローは親子関係に問題は無さそうだと言っていたが北村の母親としての態度には問題ありそう。ママと会っていたという娘の超常現象発言にかなり激昂して怒鳴り散らしていた辺りかなりヒステリックな部分ありそうだが果たして…。

今回ほとんど依頼人とゴロー、河合だけでグレ(森田剛)は冒頭で話を聞いてお化けじゃーんイヤダァァぁとおしっこもらした程度しか目立った出番なし。次回はきっとサブで手伝ってくれるはず…。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)