コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命- 4話

大きな事件は起こらずに笑顔をキーワードにして複数のエピソードを描いた回。

復帰した冴島(比嘉愛未)は藤川(浅利陽介)のプロポーズを受けて徐々に仕事をセーブしていくようでヘリには乗らずに後輩の雪村(馬場ふみか)にその座を譲る事に。初回からやたら自分は使える奴アピールをしていて冷たくガツガツしていた雪村は現場でも患者の少年の母親がパニックになるのを無視して邪魔そうにしているだけだったり(しょうがないのであまり喋らない藍沢(山下智久)が状況を説明して安心させた)、回復した少年に窓から花火が見えるようにベッドを移動させようとする冴島にそこまでしていたらキリが無いなどとのたまう始末。クールすぎて笑顔の無い雪村に冴島が優しくフライトナースの役割を説く。言うてドラマ初期の頃は冴島もかなり不愛想な人だったが丸くなったなぁ…。

その患者の少年は首にバーベキューの串が刺さるという何をどうしたらそうなるのか良く分からない大怪我で、最終的には助かるも藍沢と新海(安藤政信)、そして主演陣が揃いも揃ってサポートするという最強編成でのオペとなった。

同時進行で橘(椎名桔平)と三井(りょう)の息子に異変が起きてこのドサクサで新医師の井上(滝藤賢一)が登場。何とか助かったと思ったら、今度は同じ心臓の病気で年も近い友人が危篤になり、こちらは橘とレギュラー陣の懸命の処置も及ばず死亡。息子は動揺するがこういう時こそ笑顔が大事だと橘が言い、デフォが悲痛な人相になっていた三井が決死の笑顔を見せて息子を励ます。

序盤で三井が橘に息子のところにもっと行ってくれ!と怒っていたが、ドラマ上では橘はほとんど現場に出てきてなくて息子関連のシーンばかりに登場している状態なので視聴者としてはいつも時間を見つけては息子のところにいる、あとは部長としておろそかにしない程度に仕事している…という認識で見ている。これは少し変な感じがした。先週なんか橘が息子のところに行くシーンはあったけど三井は全く登場してなかったし…。

バーベキュー少年、息子の友人少年、息子…と何故か3人も少年が出てきたのでなんだかゴチャゴチャしてしまったが、予告等で息子とバーベキュー少年が二軸のように扱われていて、バーベキュー少年の方は最強編成でのオペという派手なカードを切ったものの雪村のためのエピソードに終結してしまい、息子の方には繋がっていかなかった。さらにもう1人死ぬ少年まで出てくるなんて同じ回でそんな少年を重ね掛けしなくても…

藍沢はいよいよ危機に陥っているピアノ少女に手術を受けるように微笑を浮かべて大丈夫だと励ます。新海に危険な手術なのにそんな安直な事を…と咎められるが、それでも責任は負うから生きてほしかったんだとちょっとらしくない事を言い出す藍沢。

緋山(戸田恵梨香)は在籍していた産婦人科医としての仕事で後釜も入って居場所が失われたことからグロッキーな精神状態に。先週登場して手足に麻痺が残り、料理人としての道を絶たれてしまった緒方(丸山智己)が継続して登場し、店を追われながらも先週と変わらぬ前向きさで緋山を励まし、ここでも笑顔の重要性が。ちょっとその気になった緋山だったが、緒方には普通に妻がいた!と突如恋愛展開ぶっこんできて次回へ続く。

前クールと違い、ゲストにはあまり知られていない俳優を起用している中で、連ドラレギュラー級で有名な丸山智己だったが案の定セミレギュラー入りする模様。急にここに恋愛話持ってくるとは思わなかったけど、主人公藍沢、現場のトップになった白石(新垣結衣)、カップルになった藤川・冴島に比べて緋山はキャラ的にやることがあまり無いのでこうなるのか…?2ndではその前のSPで負った怪我の後遺症、ようやく解決したと思ったら今度は理不尽な訴訟問題とかいろいろあってフェロー認定されない結末だったが、今回それらの影響も全く無くなっているようだし。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)