僕たちがやりました 4話

襲撃されていたトビオ(窪田正孝)だったが、金を奪って逃げたマル(葉山奨之)への恨みから強烈なパンチを繰り出して逃走に成功。伊佐美(間宮祥太朗)と合流し、ヤバ高教師の熊野(森田甘路)が犯人に違いないと決めつけて盛り上がる。熊野の自宅へ侵入してPCを調べた2人だったがそこには生徒の盗撮動画が大量に保存されていた(女子生徒ではなく男子生徒の盗撮)。同時期に刑事たちに盗撮を自供していた熊野が刑事と帰宅したので2人は逃走したが、逃走直前に盗撮動画の1つに犯行前日の映像が記録されていた。

そこには去っていくパイセン(今野浩喜)が気づかずに爆弾を蹴ってすっ飛ばし、そのままプロパンガス付近へ爆弾がセットされるというもので、これにより犯行が完全に自分たちのものだと判明してしまった2人は絶望、仲違いしてしまう。挙動不審から警官に追われたトビオはズボンと靴を失いながら路地裏に逃げ込み完全なホームレススタイルに。そこにヤング(桐山漣)と名乗るホームレスが靴とズボンを提供してくれ、トビオはすっかりなつくも、ソッチの人だったらしくリアルに襲われ、お尻を晒されてピンチなところで次回へ続く。

マルは熱海でキャバ嬢のおのののかに貢いで豪遊していたが豪遊しすぎてすべての金を使いきってしまう。また盗めばいいんだ!と暗黒に微笑んでいたがコイツはもうサイドストーリーで強盗ギャグでも延々やってればいいよ…。

市橋(新田真剣佑)は半身不随になっていたらしく、徐々に求心力を失いつつあり、蓮子(永野芽郁)には弱音を泣き叫ぶなど弱さを見せ始める。蓮子は告白するため、市橋は殺すため、共にトビオを探すことに。

また熊野の動画でパイセンも自らの犯行を自覚、自供する事になったがそこにパイセンそっくりな謎の男が真犯人だと名乗り出てきた…など進んでいるようでのらりくらりな展開…。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)