ハロー張りネズミ 5話

漫画家の北村(内田慈)の娘(後藤由依良)を狙う悪霊の正体を探し、倒す後編。ゴロー(瑛太)と河合(蒼井優)は悪霊が入っている古い柱の出所を探って奥多摩山中へ。そこの家の祈祷師の婆さんは依頼を受けて呪いのワラ人形を制作するのにその柱を使用。柱はその影響で悪霊化。婆さんの死後、売りに出されていた空き家でこの柱を発見した北村の当時の旦那が柱を気に入り、新居にこれを設置させたという。娘は霊感が強く、反応して悪霊が解き放たれたらしい。

仕事場に娘を連れてきていた北村だったが締め切り間近でアシスタントに全力ヒステリックに叫び倒して罵倒するどころか、娘にまでヒステリックに怒鳴り散らすなど荒れており、娘は何かに憑りつかれたように包丁片手に自宅へ戻って封印を解き、悪霊と対峙。柱に引き込まれてしまう。

前回ラストから娘の全身に赤いアザが出ていたので北村が虐待したのかと思ったが、娘の精神状態が悪化するとより鮮明に浮かび上がるようになり、その後の娘は包丁片手に半ば導かれるように悪霊の元へ向かっていったので霊気にアテられてアザが浮かんでいたという設定なのか?イマイチよく分からなかった。悪霊も悪霊で包丁を受け取ると離れたところにいる北村をめった刺し(ただし流血せず激痛が走るだけ)にするという攻撃も。北村、ほとんど全力リアクション芸人みたいになっててさすがに吹いた。

駆けつけた河合はゴローと共に娘を救出。その後、河合の念仏で何とか悪霊を爆散させることに成功した。河合によれば自身の霊力だけでは戦えないので娘の力も必要とのことだったが娘が何かする様子は無く、河合も側にいるだけでいい、ゴローにも娘を自分にくっつけておいてくれと頼むだけなので文字通りに見た目ひっついているだけで絵的に地味だった。蒼井優のドスの効いた念仏や「ハァァァァァァァァァァ!!!」という普通の作品ではまず発しないような能力放出系の叫びもシリアスなんだけどどこか滑稽でもあり。

北村は仕事場を解約して自宅を仕事場とし、霊のいた部屋は娘の希望で娘のマイルームに。大丈夫なのか不安な感じは残しつつ、娘も最後まで何考えているのか全く分からない表情や態度のまま終了。河合によれば成長と同時に能力が高まる場合も消える場合もあるとか。

ぶっ飛んだ話で前エピソードのようなスッキリせずに終わる話に比べれば面白くはあったけどいつの間にか初回から視聴率が半分以下になってしまったというのも分からなくもない。グレ(森田剛)は冒頭で元夫に柱の出所を聞きに行っただけだし、蘭子(深田恭子)も元ベビーシッターからあの家は怪奇現象が起きるからみんな行きたがらなくなるという別に無くてもいいような情報取ってきただけ。思った以上にほぼ瑛太+ゲストのコンビで物語の大半が進行するので森田ファンも深田ファンもこれはしんどいだろうなぁ…という。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)