奥様は、取り扱い注意 7話

霧島れいかの自宅チェロ演奏会に招かれていた菜美(綾瀬はるか)、優里(広末涼子)、京子(本田翼)だったが、いつの間にか3人は主婦探偵と噂されており、人探しを依頼されてしまう。先日菜美が探偵をやっていたという事にしたのが広まってしまったらしいが、先週犯行を暴かれて街を逃げ出した殺人主婦3人組逃亡前に噂だけまき散らしていったのだろうか…。

霧島れいかは突如余命間近だと深刻なことを言い出し、死ぬ前に大学時代の恋人に会いたいという依頼を受ける事に。2度目の登場となる工作員時代の情報屋である小雪(西尾まり)に協力を依頼することであっさり見つかるも相手の男は前科持ちになって借金取りに追われる日々を過ごしていた。このため借金取り相手のアクションや男に対して菜美が終始工作員モードだったりしたが、霧島れいかは男と生きていくことを決意。その理由は金持ちと結婚して不自由ない暮らしをしてきたがそこに自身がいなくて取り繕うだけの日々、ダメ男でもハラハラした日々をもう1度過ごして生きていることを感じたいという死を前にしてトチ狂ったハチャメチャなものだった(京子が絶対後悔するとコメントしたというナレーションが入るほど)。相変わらずまとめが早急で雑だなぁ…。

並行して横溝(玉山鉄二)をボスとする怪しげな組織の罠に堕ちていく優里、夫(中尾明慶)の浮気疑惑が本格化する京子。そしてついに平和だった菜美の夫、勇輝(西島秀俊)は福岡に出張と言っていたのに出張していない(福岡のホテルから菜美と電話しているはずが、レインボーブリッジと東京タワーが見える都会のホテルに待機していてあからさまにその夜景がアップになると不穏なBGMが流れる)など不審な動きが出始めた。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)