Re:Mind 7話

冒頭回想で美穂の彼氏だったという研修医岡崎が登場。美穂の父親である理事長と何やら電話で揉めているようだったが…。佐々木久美と美穂の共通の幼馴染が死んだ直後だったらしく美穂はえらく落ち込んでいる事、自分の前では笑顔でいてくれなどと半ば身勝手な要求をしていた岡崎、幼馴染の死をきっかけに真っ白活動の過激化を示唆する美穂の決意が描かれる。

壁の絵が全部親子であることに気付いた一行は、その中の1つに見覚えがあり、それは岡崎の別荘に美穂や研修医仲間と行った時だと気づく。現在残っているのはその出席者全員だった。岡崎の話になると急に高瀬愛奈が挙動不審になった。美穂を元気づけるために久美が岡崎に持ちかけ、さらにパーティーの中ではプロポーズまでした岡崎だったがこれ以降ますます美穂は元気がなくなり、愛奈と友人の芽実が美穂にいじめられるようになったという。

私までいじめられた!と芽実にまであっさり見捨てられた愛奈は追いつめられ岡崎に一目ぼれしてストーカーしていたことを告白。ストーカーサイコな一面を見せた愛奈だったが、この告白で用済みらしく、足かせからブクブク水がわいたと思ったら暗闇→消失。消え際に岡崎のことなら何でも知っていると豪語する愛奈は加藤史帆のことも知っている!と告発して消えていった。史帆も岡崎と何かあったらしい。時々見捨てたりしたもののなんだかんだ親友が消えたのにショックな芽実は目の前にあった蝋燭立て(?)を史帆にぶつけると喋れないはずの史帆が痛い!と声を発して次回へ続く。

ストーカー激白によるみんなのドン引きっぷりが地味に迫真だった…。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)