FINAL CUT 1話

12年前保育園(無認可)の園長として1人で小さな保育園を経営していた母(裕木奈江)は、園児の殺害事件の容疑者となってしまう。執拗なマスコミの犯人扱いに追い詰められた母は自殺。当時高校生だった息子の慶介(亀梨和也)は母を死に追いやった関係者への復讐を開始する…。

という復讐系のストーリーだが、初回は背景の説明と慶介の正体を小出しに進行したのでかなり分かりにくい流れ。序盤では橋本環奈と付き合う一歩手前くらいの関係を持っていて高橋マモルを名乗ってるんだけど、橋本環奈が姉の栗山千明にマモル自慢を繰り広げていたと思ったら、今度は美術館の学芸員として働く栗山千明の元に登場して今度は吉澤ユウを名乗っての二股展開

何故二股しているのかは終盤まで放置で、慶介は友人で保育園出身で母を先生として慕っていた大地(髙木雄也)と共に当時特に熱心に報道していた報道番組のチームにロックオンして復讐を開始。2人はメディアの報道被害を受けた人々の相談を受けるサイトを運営しており、そこに矢田亜希子が相談を寄せる。その内容がターゲットの報道番組が作った娘の心臓移植を待つ病院を悪く見せる捻じ曲げられたドキュメントだったせいで病院に迷惑がかかったというもので、これを利用して局内に監視カメラを仕込みまくった2人はプロデューサーの井出(杉本哲太)の横柄な態度を撮影。さらに付け回して撮影した映像を適宜悪意のある編集を施して実際以上に悪徳プロデューサーとして告発するようなVTRを作成し、これをネタに井出を脅迫。これが公開されれば終わりだ=これがファイナルカットです!という謎の決め台詞でまずは1人を実質的な支配下に置いた…。

もっと徹底的に復讐するのかと思ったらかなり温い脅迫で中途半端な印象だった。編集次第でどうにでもできると抗議してきた矢田亜希子を黙らせた一言を自身が痛感するハメになったが、この程度の脅しで支配下に置いたところで考える時間はいくらでもあるし、早くも12年前の息子だと正体まで丁寧に明かしてしまったので、対策もいくらでも練れてしまうのでは…。こんな感じで局内のスタッフ1人1人を毎回脅して支配下に置いていくつもりか…。人事異動なかったのかこの12年間。

そしていち報道番組にばかり恨みを向けるより肝心の真犯人と事件の真相を追う気はないのかと思ったら、これが美人姉妹二股展開に繋がっていたことも同時に判明。保育園の上にあった法律事務所の所長の息子(姉妹の兄)が犯人ではないかと疑い、当時示し合わせるような証言をした姉妹2人に接近して探ろうという魂胆らしい。12年もかかってようやくその段階?

なんだか12年間何してたんだとか色々とおかしなことだらけでもう少しちゃんとこの12年間とか状況を分かりやすく示してほしかったところだが、さらに最後には慶介、警察官として当時の事件の担当署に配属され、当時の担当刑事である佐々木蔵之介に事件の疑問点や一部の資料が抜け落ちていることを指摘して佐々木蔵之介も怪しければ、佐々木蔵之介に怪しまれるという幾重にも怪しくてややこしい展開に。

唐突に実は本職が警察官だったことが明かされ(捜査課の刑事ではなく内勤のようだが)、公式サイトの人物紹介にも職業警察官であることが正式に追記されたが、ウィキペディアを編集した人もこの展開に混乱したらしく、この文章を書いている時点では『第1話の終盤では、警官に扮して新宿中央署に潜り込む。』警官に変装して潜入したみたいな書き方をされる始末

謎が謎呼ぶどころか展開がむちゃくちゃすぎて初回からかなり心配なストーリーだが…大丈夫か…。大元は面白そうではあるんだけど。

あと橋本環奈と栗山千明って干支1周以上離れている上に、亀梨和也とも干支1周離れてて若すぎないか?とも思ったが一応学生じゃなくて22歳の受付嬢設定らしい。まだ学生役で制服着させといた方が各方面に需要ありそうだけど女優1本になって早くも先を見据えている模様。

12年前の高校時代慶介にリアル高校生の細田佳央太を配役したのはジャニーズ後輩なのかと思ったらアミューズの役者だし、地味に謎。OVER 30’s WORLDとはいえまだまだ若々しいので無理やり高校時代もそのまま亀梨和也が演じた方がよかったと思うんだけど整形して顔を変えた設定でもないのに顔がかなり違う上に、亀梨君の顔でも相手によって色々な名前を名乗りまくるもんだから余計混乱した。

ドラゴンボール超 122話

第7と11だけが残り、悟空とジレンが早速戦い始めるがベジータが乱入しジレンと戦闘。身勝手の極意習得を狙って奮戦するベジータだったが最後は自分のやり方で強くなると身勝手の極意習得を放棄。誇りだけで謎パワーアップしてファイナルフラッシュ→高笑い→効かずに瞬殺されるというどこかで見た展開に。ファイナルフラッシュを避けさせないように挑発して直撃させて高笑いって初披露の完全体セル戦のコピーじゃないか…。オマージュというよりこれはベジータ学習しねぇなぁ…っていう。特に高笑いはベジータらしいといえばベジータらしいけど、昔のベジータの悪癖に近いもので、ブウ戦のバビディ洗脳騒動を経て1つ成長したベジータはこういう高笑いみたいな事はしなくなったものかと。実際格上の相手に臆せず最終必殺を直撃させた後に高笑いするなんていう真似はブウ戦以降、オリジナルの映画でもしてなかったような。

ぐったり横たわるベジータだが、今度のEDでは悟飯に代わってラストの決めポーズを悟空と並ぶポジションに復帰しているのでここで脱落にはせずにまだまだ奮戦する模様。

フリーザはディスポを甘く見ていたが逆襲されて珍しくボコボコに。ED映像で悟空と並ぶ主役級の扱いだったのに背景に格下げされた悟飯は17号と一緒にトッポに渾身のかめはめ波を放つがノーダメージ。落とされるのは彼らの方が速そうだ…。数週は全員苦戦で引っ張りそう。

続・おみくじバトル2018~10回記念原点回帰~

前回のあらすじ

原点回帰を合言葉に普通に1回で終わらせるつもりが、ニュースタイル(ブログ化)による勝手の違いから難航した「おみくじバトル2018」の執筆作業。このままでは出かける時間に間に合わない。ましてや正月3日の完結が間に合わない。1月1日におみくじ引いておいて、2日3日いったい何をしていたのか。呑気に山下達郎と竹内まりやを聞いている場合か。後悔しても後のカーニバル。これはどう考えても完成しない…と焦った時、悪魔がささやいた

2010年ってさぁ…1回のおみくじを「続く」で2回に引っ張ったよね?あれも原点じゃない?…と。

悪魔のささやきに従って前後編に引っ張り、何とか正月3日に前編を公開することにした…のはいいが、これにより読者は2日間も茶番に付き合わされるハメになり、さらに引っ張ったからにはそれ相応の展開を用意しなくてはならない。だが原点回帰を散々掲げた以上、新たな飛び道具みたいな演出をするわけにはいかない。それ以前に勝手違ったるブログ形式での編集作業が難航しまくっていく…。こうして勝手に追い込まれたこの「続・おみくじバトル2018」の行く末は!?そしておみくじバトルの結果とは…。せいぜいTwitterとかインスタに「○吉でした!」とかで済ます人しかいない中、日本一おみくじネタを広げる音楽感想サイトの看板を勝手に背負い続けて15年、誰1人追従しない、誰1人待ってないこの完結編、総本山いらずで今年のおみくじバトルは華麗に完結できるのか。全ての結末と2018年の始まりがここに明らかに!!

 

 

 

 

 

 

 

「続・おみくじバトル2018~10回記念原点回帰~」の続きを読む…

雑記

DEEN FC限定盤予約問題解決

年末にファンを騒然とさせたDEEN25周年ベストFC限定盤にしかオリジナルアルバムが付属しない衝撃ニュース。さらなる衝撃はお粗末な内容更新であり、主に不備が2つあった。

・公式サイトのトップニュースから詳細ページへのリンクが死んでいる
→サイト上の「News」から入れば見れる

・FCサイトからSony Music Shopへ飛ぶと出現するはずの「購入」ボタンが出現せず予約できない
→完全なリンクミス

ということで年明け1日早々にDEENスタッフが新年の挨拶だけTwitterに上げた際に、公式サイトのニュースリンクについては即座に修正をしたらしく解決したが、結局予約できない問題は正月3日続き、4日になって業務が再開されたところでリンクが修正され、「修正しました」と告知された

カウントダウンライブに参加し、興奮冷めやらぬ勢いというのはなかなか馬鹿にできるものではなく、その熱狂の余韻のうちにまず予約の初動がドカドカ動かせるはずが、3日も待たされて冷静になった後ではかなりの機会損失が生じたんじゃないかと思われる。

で、このFCだがいつの間にかスマートフォン用の月額会員システムが出来上がっているので324円で入って予約だけして退会すれば商品価格+324円でFC限定盤が入手可能。なのでスマートフォンでフリックフリックしていたんだけど、会員になった後にPCでスマートフォンサイトのリンクを踏んでみたら…

普通にPCで入れた

モバイル用のサイトはPCでは見れないようになっている事もよくあるが特にそのような対応はしていないらしく、スマートフォン用のファンサイトはPCで登録・閲覧・操作可能だった。

というわけでPCでスマートフォンFCサイトにアクセスし、そこから修正されたリンクをたどってSony Music Shopに飛んでそのままPCで予約を完了することができた。スマートフォンでフリックフリックしながら情報入力する手間が省けた。

ただ改めて考えると売り方は率直に酷いし、予約初動の段階で致命的ミスをぶちかますしで、ちょっとダメダメな感じが漂いすぎ。『DEENAGE MEMORY』の時は必聴盤!とお勧めしまくったけど、今回はとてもファンじゃない人には勧められない

雑記

おみくじバトル2018~10回記念原点回帰~

前回までのあらすじ

初期はただのおみくじ報告だったこのコーナー、2009年に何故か「おみくじバトル」と名称を変更し、2010年以降はエスカレートの一途を辿った。AAの乱発に始まり、趣向をこらし手段を尽くした毎年の展開は次第にマンネリの色を濃くしていった。そんな中で始まった総本山編、それは禁じ手だろ的なHEINETN GARAGARA編、そして読者渇望の最終パターン最凶降臨に始まる衝撃の動画劇…。エスカレートしすぎたおみくじバトルはついに行き場を失い、当初は大吉おめでとうございます、頑張ってくださいなどとわずかに届いていた読者の声も途絶えて久しい。そろそろ拡大路線は止めようと2017年は原点回帰を果たそうと試みた。しかし小吉→吉と続く何のネタにもならない結果となり、苦心の末に何とか乗り切ったがどこが原点回帰なのか、最早ただのパワーダウンだろあれは状態。気が付けば今年は「おみくじバトル」になって記念すべき10回目。このまま打ち切りになるのか。それとも真の原点回帰を果たせるのか。全ての答えは原点にある…!

 

 

 

 

 

 

 

 

「おみくじバトル2018~10回記念原点回帰~」の続きを読む…

雑記