SUITS/スーツ 5話

遊星(磯村勇斗)が傷害事件で警察に逮捕されたため、鈴木(中島裕翔)は祖母がケガをしたと嘘をついて出ようとしたが、甲斐(織田裕二)が雇っている運転手の赤城(ブラザートム)を使えといわれたので赤城に本当のことを話して向かった鈴木。そこで飛び出してきたトラックと事故ってしまった。急いでいたのと赤城が行ってくださいというので任せた鈴木だったが、事故の相手のトラックドライバー(半海一晃)は、甲斐に恨みがあったらしく甲斐の関係者だと知ると態度を一転させ裁判を起こすという。甲斐が直接出向いた際の発言を編集してかわいそうな被害者として甲斐の実名を出してネット拡散もしてきたので甲斐は厳しい立場に追い込まれる。

一方の鈴木も遊星の借金が500万に上っている事を知り、見放せずに迷う。とりあえず気晴らしでクラブに行った際に遊星に弁護士だと明かしたが、その際たまたまテーブルにあった弁護士事務所の封筒を見た借金取りはなんと鈴木のもとにも姿を見せ始め、最終的には遊星を拉致して肩代わりを要求してきた。

どちらの案件も仕掛けてきた相手が無策そのもので、半海一晃の方はそもそも信号無視速度超過で突っ込んできていたことが発覚。ここは鈴木の記憶能力が生かされ、事故直後に後ろから来ていた営業車の会社名を見ていたので記憶を引き出すことができて、その会社に出向いてドライブレコーダーを入手したので、半海一晃に突き付けてやって完全勝利。爽快な勝利!というよりも元より半海一晃はドライブレコーダーを消し去っていたが、こっち側のドライブレコーダーには一時停止した様子なく突っ込んでくる半海一晃のトラックがしっかり映っていたし(甲斐はこれでは証拠にならないと言っていたが)、どっちみち裁判になっても無駄に費用がかかるだけで半海一晃に得は何一つなかったような…。

ただ悪名高い弁護士とネット拡散されてしまった甲斐がいくら真相判明したからって金で買収しようとしたような発言自体は消えないのでそんな簡単に評判覆せないのでは。あまりに安易にネット拡散されちゃったとかスラッと描写するもんだから驚いた。そして訂正のメッセージを出せ!とか言うだけで解決するもんだからもっと驚いた。

遊星の方はそもそも相手が数々の違法行為をしているのに弁護士先生に脅しをかけてきた時点でもうアウト。そのことで脅し返したら逃げ帰っていった。一体どうするつもりだったんだろうか。弁護士先生相手に誘拐事件身代金要求、武器はナイフ1本(拳銃なし)のたった2人組で500万取れると本気で思っていたのだろうか…。

5話になっても一歩間違えたら身分詐称がバレて破綻しかねない爆弾である遊星の事を相談できないような鈴木と甲斐。甲斐は遊星に関して口を開けば「縁を切れ!」しか言わないので鈴木が相談せずに毎回隠したのも分からなくはないが…。

ただ甲斐は甲斐で赤城を人情で雇っていたことが判明したり、半海一晃の恨みというのも実際は裁判になったら甲斐が勝てるのは確実としても、裁判費用によって半海一晃の当時社長をやっていた会社がつぶれるのは確実だったので会社が潰れないように裁判にせずに謝罪させて終わらせていた事が判明。幸村(鈴木保奈美)始め周囲も手段を選ばない方法で無理やり負かしたので恨みを買っていると誰もが思っていたので態度が冷たく挑発的だったが、赤城の事含めて聞いたら思いっきり態度が軟化してるし。鈴木の事もかなり雑ではあったがちゃんとフォローして送り出したので鈴木は遊星とちゃんと縁を切ることができた。

甲斐が冷たいわけでもない…しかし甲斐の態度が原因で鈴木が踏み込めずに阿吽のコンビになれない…これは最終回までにちゃんと信頼し合えるのか不安になってきた。この物語、鈴木の成長物語のようで実は甲斐がこの点において成長しないと本当の意味で一蓮托生のコンビにはなれない気がする。

そしてサブタイの“新章、スタート!超エリート弁護士、衝撃の過去”ってなんだったんだろうか。新章が始まったような気配は無かったし、衝撃の過去が何だったのかも良く分からない。今後を示唆する意味深な元上司の國村隼が登場してきたのが新章で、手段を選ばないとか言われていたのに実は人情的なところもあったのが衝撃だったとか?しっくりこないなぁ…。

とある魔術の禁書目録Ⅲ 5話

あまり出てきていなかった「メンバー」と「ブロック」が登場。「スクール」垣根帝督(第2位)を「メンバー」の博士が襲撃して瞬殺された以外は「メンバー」、「ブロック」と「グループ」の戦いとなり、「メンバー」は一方通行を査楽が襲撃するが、博士と同じく瞬殺されてしまい、1人籠城して指示を出していた馬場も閉じ込められてしまい出番終了(誰が閉じ込めたかは描写されず不明)。

1人別行動していたショチトルはエツァリ海原の組織の仲間で裏切ったエツァリ処分のために「メンバー」に潜入していた。よって目的は海原の姿をしたエツァリであり、派手に激闘を繰り広げるが無茶な魔術を使っていたため体が崩壊してしまい、エツァリの命がけの行動で救われる…はずだったが、時間が無さすぎてエツァリが深刻に救うには命を覚悟しなくてはとかなんとかモノローグして決意した後は描写無し。これにて「メンバー」は全滅

「ブロック」は既にエツァリが1人倒して化けていたので、残り3人だったがエツァリ海原の活躍で何の出番も無いまま鉄網は出番終了。残り2人になった時点でようやく目的が結標の能力と”窓のないビルへの「案内人」”というかつての役割が目的でアレイスター襲撃だったと判明。しかし結標を確保するのに結標の仲間を人質にして最悪1人2人死んでも構わないとするリーダー佐久と手塩の間には考えに相違があり、手塩が勝手に佐久を沈めてしまったので結局結標と手塩の一騎打ちとなった。精神不安定から能力を使えずにいた結標だったがこの状況でトラウマの打ち勝って能力を使用して手塩を撃破…というのもなんだかもう少しじっくり葛藤が描かれていた記憶があるが物凄いサクッと片づけられた…。これにて「ブロック」も全滅

一方通行、土御門も全員集合で「グループ」メンバーはこれでひとまずの目的は達したので仕事終了モードだったが、その頃すっかり出番のなかった「アイテム」はフレンダが垣根帝督にボッコボコにされていて次回へ続く。

いやぁダイジェストだった。結標もあっさりだったけど、エツァリなんてほとんど覚えてないような1発キャラとショチトルの関係なんてこんな急展開でやられても何がどうなっているのかさっぱり…。

SUITS/スーツ 4話

薬害問題で訴訟を起こされた会社社長は誰も弁護を引き受けたがらないほど世論が薬害同情に傾いていた。しかし、社長(小市慢太郎)は幸村(鈴木保奈美)の元夫であり、薬の開発責任者の博士は社長の現パートナーであった。甲斐(織田裕二)は仕方なく引き受けることになるが、途中で社長と博士が離婚前から不倫していた事やら、博士が大事な治験データの1つを隠蔽していたことから訴訟が不利になるなどいろいろあったが、社長自らがその病気であり、社長のデータを基に薬の開発が進んだという公私混同な事実があったとかなんとかてんこ盛りで話が展開。

何より薬害であるという因果関係が無かったため、最後は被害者側が社長の思いを知って折れるという結末になったが…なんか詰め込みすぎた割に伝わりにくい話だった。博士がデータを隠していた理由とか、幸村との複雑な関係とかもあんまり描き切れているようには見えず正直良く分からなかったし…(この局面でもそこまで隠そうとすることなのかっていう)。

そして鈴木(中島裕翔)は甲斐の初法廷の場で甲斐の後輩弁護士に敗北してしまうが、最終的には証拠集めに成功して逆転に成功。今回は2つの訴訟に全く繋がりは無く、ドタバタと2件並行して描いたので両方うす~くなってしまったような…。

社長の案件に関しては鈴木の役割は治験データに問題が無い事を膨大な資料を暗記して検証する事で確認するという役割だったが、相手の弁護士に法廷の場で指摘されて、“そういえば治験データのファイル番号が1人分抜けていた”事を思い出す…という形になってしまい、せっかくの記憶能力を役立てることができない始末。結局、甲斐の提案で博士と幸村に話をさせることで前述の社長が実は病気だった事と社長のデータだった事をようやく話してくれたという展開だったので鈴木の入る余地なし。

鈴木の方の案件も、甲斐は相手が自分の後輩だった事を知って控訴しろ!と命じたのと、全て揃った後に相手に突き付けてやる際に同行、後輩弁護士にドヤ顔勝利宣言するだけという。

この段階になってもお互いほとんど干渉しないので相棒っぽさもほとんど出てこないのはどうもなぁ…。

2018年11月チェック予定CD

シングル

11/7

風をみつめて
風をみつめて/コブクロ
ベスト盤への先行なので注目度低そう。

11/14

帰り道は遠回りしたくなる(TYPE-A)(Blu-ray Disc付)(特典なし) 帰り道は遠回りしたくなる(TYPE-B)(Blu-ray Disc付)(特典なし) 帰り道は遠回りしたくなる(TYPE-C)(Blu-ray Disc付)(特典なし) 帰り道は遠回りしたくなる(TYPE-D)(Blu-ray Disc付)(特典なし) 帰り道は遠回りしたくなる(通常盤)(特典なし)
帰り道は遠回りしたくなる/乃木坂46
特典映像が突如としてDVDからBlu-rayへ移行期間なしで切り替わった。

話がしたいよ / シリウス / Spica (初回限定盤)(CD+DVD) 話がしたいよ / シリウス / Spica (通常盤)
話がしたいよ/シリウス/Spica /BUMP OF CHICKEN
配信に移行していたがまさかのCDシングル。うち1曲(シリウス)は配信限定シングルとしてリリース済み。

愁いのPrisoner/YOUR SONG(CD+DVD)(特典なし) 愁いのPrisoner/YOUR SONG(CD ONLY)(特典なし)
愁いのPrisoner/YOUR SONG /GLAY
そういえば1年ぶりか。

azure(初回生産限定盤)(DVD付) azure azure(期間生産限定アニメ盤)
azure/TrySail
安定して期待(定型文)。

11/28

54th Single「NO WAY MAN」 TypeA  初回限定盤 54th Single「NO WAY MAN」 TypeB  初回限定盤 54th Single「NO WAY MAN」 TypeC  初回限定盤 54th Single「NO WAY MAN」 TypeD  初回限定盤 54th Single「NO WAY MAN」 TypeE  初回限定盤
54th Single「NO WAY MAN」 TypeA  通常盤 54th Single「NO WAY MAN」 TypeB  通常盤 54th Single「NO WAY MAN」 TypeC  通常盤 54th Single「NO WAY MAN」 TypeD  通常盤 54th Single「NO WAY MAN」 TypeE 通常盤
NO WAY MAN/AKB48
松居さんがいないとか宮脇がしばし最後とからしいけど、それは別にAKB48じゃないからなぁ…。

half of me(初回生産限定盤)(DVD付) half of me
half of me/平井堅
配信限定かと思ったら単なる先行配信だったらしい。

アルバム

11/9

ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(スーパー・デラックス・エディション)(限定盤)(6SHM-CD+Blu-ray) ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(3CDデラックス・エディション)(限定盤)(3SHM-CD) ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(4LPデラックス・エディション)(限定盤)[Analog] ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(2LP)(限定盤)[Analog]
The Beatles(White Album)/The Beatles
昨年に続く50周年BOX。高い…デカい…。今月購入予定は今作のみ。12月という嵐の前の静けさ。

11/21

Fairy Party(完全生産限定盤)(グッズ付) Fairy Party(初回生産限定盤)(DVD付) Fairy Party(通常盤)
Fairy Party/ClariS
少し多彩さが期待できるかも。今月新作として聞く予定のアルバムは今作のみ。12月という嵐の前の静けさ(リフレイン)。

BEGINNING
BEGINNING リマスタリング盤/竹内まりや
旧盤聞いてないならこの機会に…というところだけど既に聞いてしまった上に追加収録等も無いのであれば取り急いで聞く必要もないかな。

SCENE - Remix ver. -(UHQCD) SCENEII - Remix ver. -(UHQCD)
SCENE-Remix ver.-/ASKA
SCENEⅡ-Remix ver.-/ASKA

何故旧作のリミックス(&リマスター)が4000円とか新作よりもさらに価格高騰になってしまうのか…。

とある魔術の禁書目録Ⅲ 4話

主人公が全く出てこない学園都市暗部の話に突入。さすがに分かりにくいためか冒頭で一方通行が色々あって組織「グループ」の一員として働くことになったとナレーション。この「グループ」には土御門(上条の元に指令を持ってきたかと思えばアレイスターともイギリス清教とも通じている多重スパイ)、海原(エツァリが化けている姿で上条の監視とかしてたけど美琴に惚れた事で最終的に上条と和解した事がある)、結標(「残骸」事件で黒子をしばらく車椅子生活にさせる重傷を負わせたが、一方通行に撃破された)、といった以前の騒動や事件で出てきた4名で構成。それぞれ全く関係なく行動していたが、2期の最後の方でいつの間にか「グループ」の一員になっていて一方通行を加える形で今後を示唆して終わっていた…はず。

今回そこに様々な組織がそれぞれの思惑で暗躍しまくり、それを防ぐためとかなんとかでドタバタと複雑に交錯する展開となったが早すぎて良く分からん…。とりあえず能力第2位の垣根帝督率いる「スクール」が何か計画していて、「グループ」がそれを追い、『超電磁砲』で美琴と交戦した事がある4人の女子+2期の最後に出てきて下っ端として採用された浜面を加えた「アイテム」もまた「スクール」を追っているという状態で、「スクール」の誉望万化というメンバーが早速「アイテム」の麦野の一撃で死亡退場。しかし第4位の麦野の力では垣根には及ばないらしく戦闘シーンカットで敗北して取り逃がし、既にフレンダと絹旗が行方不明。麦野・滝壺・浜面も別々に逃走しながら敵を追うという状態に。

これまでも学園都市ってなんだか治安あんまり良くないよな…というところはあったが、この暗部組織の抗争は治安悪いどころの騒ぎじゃない勢いで人が死にまくる地獄絵図状態。知らんキャラが続々出てくるので分かりにくいが、それでも「アイテム」4人を超電磁砲で先に出しておいたのは良かったのかもしれない。「グループ」メンバーでさえ、土御門とか一方通行何でこんなところで急に組織活動してんの?とか後の2人どこに出てきた人だっけ(特に海原の方)とか、そもそも土御門先週まで上条と一緒だったのにもう帰ってきてんの?とか色々疑問が尽きないのに、「アイテム」の面々まで初見、「スクール」も初見、まだほかにも色んな組織が出てくる…とかだったらパンク必至だもんな。