ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~ 最終話

カシ子(倍賞美津子)が友人に宛てた手紙を読んで愛情を改めて感じ、1人で死なせたことを悔いた鳩子(多部未華子)はショックで引きこもりになってしまった。しばし引きこもった後、隣人のバーバラ婦人(江波杏子)が実はけっこうカシ子と親しかったと明かし、死の3日前にも話をしていたと明かす。鳩子を探そうかと提案するバーバラ婦人に対して自由に生きてほしいし、縛られてほしくないからと探すのも会うのも遠慮して死んでいった事が明かされた。

なんとか文具店は再開するも代書は休業したままだった鳩子だが、鎌倉で知り合ったレギュラー出演者の人々との交流や、実家に帰る事になっていた守景(上地雄輔)が鳩子のそばにいたいと思うようになって残る事にしたことなどいろいろあって心を回復。最後はカシ子への手紙を書いて代書屋として復活して大団円となった。

男爵(奥田瑛二)に避けられていたはずの帆子(片瀬那奈)はあきらめていないという発言は繰り返していたが最終話でいきなり婚約したと発表。いきなりナニソレ…。またバーバラ婦人宅のお花見パーティーでは近所のよく出てきていたおばさん(大島蓉子)だけでなく、ほとんど出ていた記憶のないおばさんの旦那まで一緒にレギュラー陣顔して一緒に花見を楽しんでいたのでお前誰だよ!?状態だった。

全部終わっての感想

全体に雰囲気が凄く良いドラマだった。エピソードにはかなり不自然なものも多かったがなんとなく感動的に仕上げてしまい、あまり強引に感じさせないのはそれだけ雰囲気が良かったからだと思う。

鳩子の家族関係に関しては終盤で明かされた鳩子が気づいていなかったカシ子の愛情押しで進行したが、同時に明かされたカシ子が始めた代書屋を代々続いてきた仕事と詐称して幼い頃から無理強い教育してきた事や、連れていくつもりの母親から無理やり鳩子を置いていかせたことなども判明してしまったのと、母親に関しては全く現状が判明しなかったのでモヤモヤするところは残った。

ていうかこの三世代の関係、全て途切れていたという完全崩壊状態だったわけで祖母の死後、孫が納得しただけで母と娘、母と祖母は途切れたままなのであまり解決していない。「母が鳩子を捨てて出て行った」であればストーリー上ももう出てこなくてもいいかと思ったが「連れていくつもりだったので置いていかせた」のであれば戻りたくても簡単に戻れない。何故カシ子の死後も戻ってこないのか、そもそも知らせる人がいないのだからカシ子が死んだの知らないんじゃないのか?など色々気になる事が増えてしまった。代々詐称もアレだけど、それ以上にカシ子が鳩子を置いていかせたという話は入れない方がすっきり終われた気がするなぁ…。

リバース 8話

脅迫文の送り主と広沢(小池徹平)の当時の彼女が美穂子(戸田恵梨香)だったと発覚。大ショックな深瀬(藤原竜也)だが、突き落とされた谷原(市原隼人)も突き落とした犯人が美穂子なの9割確定くらいの勢いなのにそれまでの好感度+直前の記憶が無い事からとりあえず会って話し合いたいと穏やかな方向性で話がまとまった。また事故現場から逃げた村井(三浦貴大)の姿という謎にも迫るが、村井は語らず逃亡してしまう。

後日、明日香(門脇麦)から迫られた村井はようやく真相を告白。かかってきた電話は浅見(玉森裕太)から事故現場を発見したと報告を受けたもので、これを受けた村井は吹雪の山中を徒歩で道無きけもの道を突き進んで事故現場の下流へ到着していたという。車道でさえ未整備のデスロードと化していて車がスタックするほどの悪条件・悪天候下で道なき川沿いの山中を突き進むのはさすがに雪山描写適当すぎやしないだろうか。事故現場のちょうど近くに辿るつける都合の良さよりもそっちの方が気になる。

村井は即座に父親に電話して助けを求めるが、父親は飲酒の事実を聞いた途端に車を燃やせ!見捨てろ!政治家らしい迅速な判断(棒読み)を息子に命じる。さすがに村井もできねぇよ!!と叫び、広沢を助けようと斜面を降りようとしたところで車が勝手に爆発炎上。現場から去っていく姿を浅見が上の道路から見ていた、ということらしい。

警察や救急ではなく即座に父親に電話した村井を父親もろとも最低だと責める明日香。実際には既に浅見・谷原が警察と救急車を呼んでいたわけで、この判断は実際にこういう場面に遭遇すると一概に責めるわけにも…。村井は村井で酒を飲んでたのは知らず、そもそも迎えに来いとしつこく言った自分のせいだとショック状態だったわけで。父親の命令に従わずにちゃんと助けようと動き出そうとしていた姿は、とっととあきらめて血を隠滅しようとした谷原や浅見よりはしっかりしていたとも思う。あと回想で冷凍状態で保護された深瀬を映すのはもう止めてあげて…。

連絡が取れなくなっていた美穂子は怖い顔をして帰還。羽田空港では深瀬とすれ違ってしまうが、浅見の背後にまるで突き落とそうとするかのように迫っていたところに深瀬が追いついて阻止。背後にいたのに浅見はそのまま気づかずスルーしてしまい、深瀬と美穂子の話し合いに。広沢が浅見に借りていた本を返そうとしていただけで浅見を突き落とすつもりはなかったという。実際怖い顔して動いていたのも単に無表情だっただけで演出・音楽等でそれっぽく思わせていただけだった。ていうか先週は大阪→事故現場(長野)だったはずなのに、また大阪→羽田で帰ってきたって時系列おかしくないか。この数日で大阪→長野→大阪→羽田(東京)って移動したの?

美穂子は広沢が就職しないと言いだして関係がぎくしゃくしている中で(美穂子の父親が働かないので両親が離婚していたため就職せずに海外に1年旅に出るとか言い出した広沢を受け入れられずにだったら別れると即答した)事故が発生したためニュースで行方不明が報道されるのを見るまで広沢の事故の事を知らなかった。通夜葬式1周忌にはショックで参列できず3回忌で初めて参列。その際に4人の存在を知り、広沢が大学の友人たちの間ではどんな人だったのか話を聞きたくて匿名で浅見(学校)に電話をかけたが聞きたい事をあまり聞き出せずに切ってしまった。

以降行動はしていなかったが大阪へ帰る事を考え始めたここ最近モヤモヤしていたこの件をもう1度ハッキリさせようと深瀬に接触、谷原や村井にも接触を図ったがその時はそれぞれの道を進んでいる4人に納得していた。だが深瀬の部屋で「人殺し」の張り紙(ストーカーがやったやつ)を発見して、10年前の事がよぎり、試しに自分宛てに告発文を送って深瀬に見せたところ深瀬がペラペラ喋り、さらに締めに「人殺しと呼ばれるほどのことじゃない」などと発言したために復讐心が芽生えたという。

広沢の事を思い出させるために3人にも脅迫文を送り、谷原に関しては飲み会の帰りなのに車で帰ろうと言い出した挙句に事故で死んだ友人の事を聞いたら当時は免許持ってなかったけど免許持っている今なら多少飲んでても運転に問題は無い、運が悪かったなどとのたまったため、怒りにかられ、腕をつかんできた谷原を振り払ったら谷原が綺麗に転落していき、怖くて逃げたという。

転落させようと突き落としたというより振り払ったら綺麗に落下していったという事で割と事故だった。とはいえ、結局事故当時の谷原・浅見・村井らと同じような行動をしてしまった美穂子。どうすれば許してもらえるか聞く深瀬だったが、美穂子は出頭するといって出て行ってしまった。

そして状況を整理したいと深瀬の家の近くから電話をかけてきた小笠原(武田鉄矢)だったが直後に謎の覆面人物に刺されてしまう。犯人は別にもう1人いる?と原作を越えた展開になってきたところで次回へ続く。

深瀬・谷原のちょい自己保身の入った軽率な発言が火をつけた原因だったとはいえ、今のところ明確に誰が悪いという感じでもないのが難しいところ。そして小笠原を刺した新たな犯人とは…。今更全く出てきてない新人物が私が黒幕です!とか言い出すのはご法度だと思うし、飲酒の件を聞いていてもみ消したい、当時の警察に圧力をかけた可能性が高いのは村井の父であり、また小笠原は元々は村井父の不正疑惑を追っていた記者として村井陣営のスタッフの間でも顔は知られていたと思うので村井陣営のスタッフの可能性が1番高いか…?

残酷な観客達 3話 

ようやくゆずき(平手友梨奈)とみこ(長濱ねる)が1万いいね!をクリアして廊下に脱出したが、音楽室で今度は日付が変わるまでに全員で21万いいね!を達成せよ(1人1回のみ)と課せられる。

凛(菅井友香)が泣きながらピアノを弾いてトップバッターを飾りながら、音楽一家の落ちこぼれでコンクールでの緊張での失敗トラウマが蘇るという唐突な個人エピソードを挟んだ後は、メンバーほぼ全員の音楽室にある音楽家の肖像を使ったモノボケメドレーがスタート。渡辺梨加が無理やりレボリューションやってたり、結成当初のネタの1つだった上村莉菜のブハブハが久々に見られたり、ファン向けの小ネタもチラホラ。

計算上1人で1万いいね!を稼がないと全員で21万に行かないのに雑なメドレー&ゆずきがエアピアノ(エア運命)をやって、みこがエアギターをしたのも滑ってしまい15万程度に終わってしまう。ていうか同じような事やってるのにゆずきだけ800程度でみこが万単位突破してるのに差がつきすぎてて理不尽…。

絶望する生徒たちだが郁美(小林由依)がまだやっていなかった。Sax演奏ができるが、過去に演奏の場で友人に細工をされて失敗した経験がトラウマになっているという凛と同様の過去の傷が明かされ、凛にも励まされ何とか演奏。ますます場が暗くなるようななんとも物悲しいメロディーだったが、これだけで残りの5,6万残ってたはずのいいね!をギリギリで突破。見ている人たちのいいね!基準というかヒットのツボがさっぱり分からない。観客はフェイクで運営が適当にギリギリで達成できるように操作してんじゃないかという勢い。

音楽室に入った時点で日付が変わるまで残り4時間程度とされ20時くらいだったっぽいが廊下は普通に明るく、0時ギリギリで音楽室を出たら廊下は漆黒の闇になっていたという時系列は一体…。

2017年6月チェック予定CD

シングル

6/7

トクベツいちばん!!(初回生産限定盤)(DVD付) トクベツいちばん!! トクベツいちばん!!(期間生産限定アニメ盤)
トクベツいちばん!!/麻倉もも
今回の方がアイドルっぽくなりそう。

6/14

声明 / Still Alive (B'z×UCC盤) 声明 / Still Alive (初回限定盤) 声明 / Still Alive (通常盤)
声明/Still Alive /B’z
配信で出ていた2作をC/Wで一挙放出。

6/21

DANCER IN THE HANABIRA(初回生産限定盤)(DVD付) DANCER IN THE HANABIRA
DANCER IN THE HANABIRA/ねごと
再び中野雅之とタッグを組んでのエレクトロ路線。組んだ曲の方が突き抜けていたので期待できるか。

#Hashtag(初回生産限定盤)(DVD付) #Hashtag
#Hashtag/anderlust
そろそろ1stアルバムを…。思った以上にブレイクの兆しどころか数百枚レベルでしか売れなくてアルバム制作に踏み切れないのだろうか。

「謳おう」EP
「謳おう」EP/ゆず
2週連続EP発売。ミニアルバムかと思いきやシングル扱いになるようで5曲のうち1曲はインスト(カラオケ)。…ってゆずがカラオケ入れるの初めてじゃないか?何故急に?

6/28

つなぐ(初回限定盤)(DVD付) つなぐ(通常盤)
つなぐ/嵐
珍しい時期のリリースのような。

「4LOVE」EP
「4LOVE」EP/ゆず
2週連続EP。こちらは4曲+4曲のインスト(カラオケ)。”謳おう”ってタイトルつけた方はカラオケ1曲目のやつしか入れなくて、こっちは全部入れる基準がよく分からん…。




アルバム

6/7

sunny day sunny day(完全生産限定盤)
sunny day/TUBE
93年以来3作目のミニアルバム。「S」で始まるタイトル縛りとかそんなんあったのか…。

何度でも新しく生まれる(DVD付) 何度でも新しく生まれる
何度でも新しく生まれる/MONDO GROSSO
齋藤飛鳥が参加している曲だけ気になるので単曲DLするかも。

6/14

All Time Best ハタモトヒロ (初回限定盤)(2CD+Blu-ray付) All Time Best ハタモトヒロ (初回限定盤)(2CD+DVD付) All Time Best ハタモトヒロ (通常盤)(2CD) All Time Best ハタモトヒロ (初回限定はじめまして盤)
All Time Best ハタモトヒロ/秦基博
全シングルコレクションと1枚に厳選した「はじめまして盤」があるのはいいけど、「Rain」のカバー(「言ノ葉」C/W)がそっちにしか収録されないのは残念。

6/21

中央突破 (DVD付) 中央突破
中央突破/イトヲカシ
王道に突き抜けた1作になるか「スターダスト」が輝きすぎるか…。

à la mode
a la mode/TWEEDEES
ミニアルバム。売れる気配が無いのはいいとして話題にもほとんどなっていないような…。

6/28

群青の日々【初回限定盤】 群青の日々【通常盤】
群青の日々/熊木杏里
すっかり期待が無くなってしまったが買わないと聞けそうにないんだよなぁ…。

熊木杏里 LIVE TOUR 2016 “飾りのない明日
熊木杏里 LIVE TOUR 2016“飾りのない明日”~An’s Choice~/熊木杏里
初のライブアルバム。「群青の日々」初回盤ライブDVDから抜粋されたライブCDって…ただでさえ売れないのになんだこの選択肢…?初回盤が7000円くらいするので、通常盤+ライブ盤の方がライブの曲数減っても少し安くなるのでそういう選択肢もあるということ?「群青の日々」通常盤だけでライブの方はスルーでいいかも。

D3P.LIVE CD
D3P.LIVE CD/ユニコーン
映像作品同時発売のライブアルバム。最近は初回盤にライブCDつけるのが流行ってるのに別売り珍しいな。

Blu-ray

6/28

4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM(完全生産限定盤) [Blu-ray] 4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM  Day1 [Blu-ray] 4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM  Day2 [Blu-ray] 4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM  Day3 [Blu-ray]
4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM(完全生産限定盤) [DVD]
4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM/乃木坂46 4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM  Day1 [DVD] 4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM  Day2 [DVD] 4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM  Day3 [DVD]
去年の夏の3日間のやつ。3枚組とDay1,Day2,Day3の3分割の4種でBlu-rayとDVD(DVDだと1日分で2枚組)。何故か3枚別々に買った方が5000円近く安くなるという謎価格。3枚セットのフォトブックやトレカ、ポスカで5000円の価格差はちょっとぼったくってないか。

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 8話

田丸(西島秀俊)の手引きで公安の潜入捜査で“神の光教団”に潜入している林(眞島秀和)。その妻の千種(石田ゆり子)と田丸は相思相愛になりつつあるという複雑な関係が1話から小出しにされていたがこの話に片をつける回に。

林はテロの情報を掴んで情報と引き換えに潜入を解除してくれとお願い。青沼(飯田基祐)の許可も出て、まずはテロを阻止しようとした特捜班だったが、テロの計画は教団が潜入捜査員をあぶりだすための罠だったらしくスカに終わり、潜入がバレた林は拷問部屋送りにされてしまう。

田丸は改めて稲見(小栗旬)に林は潜入捜査をさせるには借金などもあり都合が良く、何より千種が美しかった…などとマジな顔してけっこうアレな事を語りだす。関テレ制作なので言わなかったが、フジ制作なら間違いなく「ゲス不倫」という単語が飛び交っていたであろう案件である。

実際に夫に2年も置いていかれた千種は田丸にかなり傾いており、半ば田丸の思い通りになってしまっている。とはいえこのまま林消えてくれれば万事解決というわけにもいかず、田丸は単身教団に乗り込んで救出する事を決意。辞表を出して覚悟を決めていたが、いつの間にかチームワーク抜群になっていた特捜班も現地集合して協力。

大量の信者を片っ端からぶちのめしながら教団の本拠地に真っ向勝負で突入。なんとか林を救出に成功し、青沼も救援に駆け付け、このドラマにしては珍しく犠牲者を出さずに事態が収拾。結果、千種と林は海外へ逃がすことになり、千種と田丸は別れざるを得なくなってしまったが、そんな傷心の田丸の元に謎の男が…。教団の人だっけこれ?というところで次回へ続く。

このドラマの事だから林が死ぬか、千種が死ぬんじゃないかと思ったが、生真面目な田丸にも酷い一面があった事が改めて明かされるも最後は自分の思いより人命優先で行動。これでなんとなくチャラになったぽっい感じに。1話から引っ張ってきた話にしてはちょっとあっさり終わった気はするけど、維新軍も割とあっさりだったし、必要以上に煽った結果黒幕が雑魚だったとかなるよりはマシか。