コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命- 8話

前回ラストで白石(新垣結衣)の名前で睡眠薬を過剰入手して駅のホームから転落して運び込まれた灰谷(成田凌)。しかし今回は既に退院して元気に復帰していた。熱心に仕事に打ち込む姿に自殺か否かを聞けずに悩む白石。藍沢(山下智久)や緋山(戸田恵梨香)はここでグダグダ心配してもしょうがないと言う。基本的に2人とも放っておけ主義なので、白石はもっと親身になるべきだと主張。しかし今シリーズの白石、フェローを気にかけているのは確かだが、同僚相手にその思いを全部話してそれで話した気になっちゃっているので、フェロー本人とほとんど話をしていないっていう…。

空港で吐血した謎の患者が海外から帰国していたため感染症の疑いが。現場での処置の際に患者が突如手を振り払ったため、名取(有岡大貴)が刺していた針が吹っ飛ばされ緋山の指にザックリ。男性は運ばれたのちに亡くなり、緋山も感染症疑いで隔離されてしまう。

・現場で列車の屋根から地上へ転落してしばらく誰も気づかずに死にかける(SP)

・その後遺症の不整脈に苦しみ、症状を抑えるための冷えたミネラルウォーター常備(2nd season)

・治療跡を隠すためタートルネック常備(2nd season)。

・手術により後遺症から回復するも今度は脳死判定を巡って温情を優先した結果、事情を知らぬ親戚により裁判沙汰で謹慎(2nd season)。

・大怪我&裁判沙汰による謹慎で勤務日数が大幅に削られ、ただ1人フェロー課程を卒業できずに終わる(2nd season)。

・住んでたマンションが火事になりホームレス(白石のマンションに居候)(3rd season)。

・三井(りょう)の頼みを断れずにやりたかった産婦人科医としてのキャリアアップを停止して救命にやってくる(3rd season)。

・産婦人科で書いていた論文を教授にパクられて発表される(3rd season)。

・さらに後任が陣取り、産婦人科に帰るポジションを失う(3rd season)。

・患者の丸山智己に好意を抱いた直後、奥さんの存在発覚(即離婚で解決)(3rd season)。

・不運な事故により感染症疑いで隔離される←New

SPで死にかけて以降、どんだけ不幸体質なの緋山。特に3rd seasonは初登場から火事に巻き込まれて家を失うなどそれだけで十分なのにさらに不幸が加速しているように思えるが、これらを除いてしまうと緋山の出番がほとんど無くなってしまうわけで、相次ぐ不幸エピソードに巻き込まれる事で3rd seasonにおける存在を保っているという…。

この間に丸山智己との関係を深め、さらに結果的には何ともなかった事が判明。名取は号泣して安堵するという唐突すぎるキャラ崩壊っぷりだったが(たぶん一応無感情だった名取の「成長」)、今回全体に人同士の繋がりや仲間意識を打ち出した内容でここまでの悲劇や試練の連発から、最終回前の一息みたいな回だった。

灰谷が気にかけていたが異常が見つからずとりあえず入院させていた(周囲はサボりだと思っていた)、リトル灰谷みたいな少年は突如重体に陥り、横峯(新木優子)の提案、名取の処置で時間を稼いで藍沢達に引き継ぐことで救う事に成功。藍沢が3人揃って褒めて救命はチームである事を伝えると滅多に褒めない藍沢の言葉に3人とも嬉しそう。そしてやっぱりこういう局面でフェロー相手に特に何もしないどころか会話すらしてない白石っていう…。やはりこの後で藍沢相手に藍沢の方がリーダーに向いていたとかなんとかグチグチ…。

結果、藍沢も緋山も放っておけと言いながらもそれぞれフェローに対してちゃんと褒めたり安心させる言葉をしっかり与えていたのに対して、白石はろくに会話もしていない。これは確かにリーダーとしては…。最終回までに白石の態度は改善されるんだろうか。

なお感染症疑いが晴れたはいいが、なんと死亡した男性の検査結果も全部疑いなし。じゃあなんだったの?と思ったらたぶん毒蛇に噛まれたんじゃないかと雪村(馬場ふみか)、冴島(比嘉愛未)、藤川(浅利陽介)らが会話していてあっさり片づけられた。

ドラゴンボール超 106話

ドクターを名乗る敵と遭遇した悟飯とピッコロ。その能力とドクターと呼ばれる理由をドヤ顔で語ろうとした敵は狙撃手のような別の敵に撃ち抜かれてやられてしまう。カマセだった。悟飯とピッコロも狙撃手の餌食となり、追い詰められていく。

この狙撃ビーム、相当強力なようで直撃を喰らったピッコロは片腕がもがれてしまった。岩を破壊して目くらましとして敵へ接近するも狙撃手はサーモグラフィーみたいな能力で体温で判定。悟飯をかばったピッコロは両腕をもがれてしまった。

と、再生できる(が体力は削られる)のをいいことにピッコロが2度も腕をもがれるトンデモ展開に。ビームがそんなに強力なのかピッコロの腕がヤワになっているのか。そういえば悟飯がアルティメットを取り戻した際の攻防で悟飯が防御のために振り払っただけであっさり腕がちぎれていたので、ヤワになってるのか防御をおろそかにしているのかもしれない。

悟空ベジータ天津飯も駆けつけて対抗するが決定打にならず、狙撃手とサーチ&反射担当の2人組だった事が発覚。サーチ&反射担当の方にかめはめ波やらギャリック砲を撃っても反射されてしまって効かないので、残された天津飯が狙撃手本体を狙う事に。四身の拳三つ目の目の良さを駆使して狙撃手に接近していく天津飯。

しかし、テッテッテッテッテッテッテッテッ…と全て1/4になる四身の拳といえどDBにしてはあまりに動きが鈍足なのと(なんか悟空やベジータも同じようなテッテッテッ走りで鈍足に見えたので警戒しているってことなのかもしれないけど)、三つ目を生かしているのを示すためにいちいちキラーンとか目が光るのがなんとも言えずめっちゃダッセェ…。1人また1人と分身を3人犠牲にして最後の1人で敵の眼前に到達した天津飯はここで新気功砲で相手をぶち抜き戦闘不能に。とどめの1発ということで腕が上がらなくなった敵は地面を破壊して天津飯を場外へと叩き落そうとする。最後の罠にはまった天津飯だが先ほど倒された四身の拳(もしくは再発動)の3人が敵を背後から3人がかりで羽交い締めにして一緒に落ちたので相撃ちに成功。クリリンに続いて天津飯が敵1人を道連れに脱落した。

もう1人の反射担当は攻撃の手段を失って追い詰められていたがそこに冒頭のドクターさんが登場。再び能力とドクターの由来を説明しようと話し始めたところでベジータが2人まとめて吹き飛ばしてしまったのでドクターさんの能力も由来も不明のままだった。気になる。

悟空がスカウトに行った時の天津飯も扱いが良くなかった(操られた亀仙人が異様な力を発揮)上に、その後の悟空天津飯VS悟飯ピッコロの練習試合でも乗り気じゃなかったせいで早々に痛い目にあってしまい、その後はこんな戦いは無駄だと繰り返すばかり。大会が始まってからの活躍は亀仙人が萬国驚天掌で動きを止めていた相手を連携して新気功砲で倒したのみ。

ようやくの見せ場となった今回。活躍した事はしたんだけど…他のキャラクターの復権&強化っぷりに比べると天津飯だけ物凄く地味というかセルやブウ相手に一矢報いた戦歴からすると修行続けていた割にあんまり強くなった感じがしないまま終わってしまった。掘り下げにくいキャラクターなんだろうか。

そして戦場がいつの間にか容易に破壊可能な岩石地帯になっているんだけど(それ以前から強度に怪しい部分が多々あったが、ブロリーの大破壊でこうなった)、カッチン鋼よりも硬いとされる最強硬度のカチカッチン鋼だよねこれ?制作者もうカチカッチン鋼だったの完全に失念してるよね?

ごめん、愛してる 8話

凛華(吉岡里帆)の告白を振ってしまった律(長瀬智也)。その場では気にしないそぶりだったが、ダメージは大きく、その一方でサトル(坂口健太郎)包囲網はどんどん強化されていく。サトルの体調が危険な状態にある事からつきっきりでいなくてはならない。ここぞとばかりに三田(中村梅雀)はサトルに思いが通じてよかったな、あの男(律)は気の迷いだったんだろと余計な事を畳みかけて凛華との溝を深めてしまうが「律」という名前が出た途端に「麗子(大竹しのぶ)さんの前で「律」の名を出すな!」と命令。さすがにこのオッサンの律の事になると突如様子がおかしくなる情緒不安定芸も1パターンになってきた。そろそろ凛華が怪しむとか変化つかないだろうか。麗子は麗子でサトルと凛華を結婚させようと強引に勧め出し、命を盾に迫る親子の狂気はどんどん険しく…。

律は韓国の仲間から律を兄と慕っていたペクラン(イ・スヒョク)が撃たれて重傷だと告げられる。復讐のために力を貸してくれと言う仲間は、ペクランが探し出したというマサチューセッツ大学の脳外科の権威なら手術をできると言い、律は了承。律の事はペクランが非情に慕っていたものの、身内でも無い異国の人間相手に慕いすぎていたため仲間内では律はけっこう煙たがられており、そんな仲間の言う事だけにデタラメ臭ハンパないんですけど…。律も最初は余命間近の自分を利用するつもりかと疑っていたがマサチューセッツ大学の脳外科の権威のパンフでコロッと。

ただ律もさすがにバカでは無かった。しっかりと先日主治医になったばかりの日本の医師に伺いを立て、嘘だろうと言われ激昂するもペクラン本人へ電話して確認を取り、仲間の話は全部嘘だった事を自ら暴くことに成功。抱いた希望を打ち砕かれた律は絶叫したまま倒れてしまい、そこに何故か塔子(大西礼芳)が通りがかる。最早サトル一派からは塔子?最初からそんなやつはいなかった状態の扱いになっていて出番が無さそうだったがこんな雑に出てくるとは…。深い話するほど仲良かったっけ…?逆に他のレギュラー陣と疎遠だから話しやすいのか。

サトルは律の家に出向き、そこに韓国の仲間も来ていたのでお互い律に会えないままに、仲間から律の病気の事がサトルに伝わってしまう(本名「律」は韓国の仲間内でも「リュウ」で通していたのでバレなかった)。しかしそれを知りながら握りつぶしたサトルは帰宅後凛華へ改めて好きだと告げまくる。さらに海外への旅行を提案してそこには教会があって式も挙げられるなどとほざきだす始末でそろそろ忘れ去られた塔子がかわいそうになってきた。塔子の方が酷かったはずなのにおかしいな…。

だが、旅行を急ぎすぎたサトルは結果それが致命傷に。なんと律が韓国へ旅立とうとしたのと日程・空港が丸被りしてしまい、空港で律を見つけた凛華はサトルを放置して律の元へ爆走。律を危険な目に合わせないから一緒に行く!と言う凛華に俺は守ってやれない…と告げいよいよ余命を告白するのかと思いきや、発作を起こしながら追いかけてきたサトルが倒れてしまい、最終的に前回冒頭と同じような展開に(凛華が自分のせいだと嘆く、麗子取り乱す)。八つ当たりする余裕が無いほど麗子が悲しんでいるのを見た律はついに心臓を提供する決意を固め、凛華に告げ、凛華がトツゼンナニイッテンノ?状態になったところで次回へ続く!

次回は一気に話が動くようなので、今回の律が助かるかも!?からのやっぱダメでした展開や妙に偶然出会う登場人物たち…という雑な展開で遠回りした結果、結局サトルが事故った直後とそんなに変わらない展開に戻ってくるという尺稼ぎみたいな回だった。ペクランが重傷というのが嘘だったのは判明したが、律が韓国に呼び戻されようとしている理由は結局よく分からず、ペクランとの電話も途中で終わってしまっていた上に、韓国仲間も嘘がバレた割には言い訳なのか何なのか良く分からない説明を妙に余裕持ってまくしたてているわで、結局律を鉄砲玉として利用したい…以外の事情が良く分からなかった。

ハロー張りネズミ 8話

昼飯で近所の古いラーメン屋に行ったゴロー(瑛太)、グレ(森田剛)。「幸福の黄色いハンカチ」を名作だとグレが主張しながら食事をする2人だが、近場なのに今まで行ったことが無かったらしく、近くで探偵やっていると店主のおばちゃんと盛り上がっているとその後で料理人のオッサン(國村隼)が娘と息子を探してほしいと依頼にやってくる。オッサンは素性を明かさず、早くに妻を亡くして男で1つで育てていたがある事情で離れ25年会っていないという。

いつものようにゴローが調査するはずだったが謎の腹下りにより動けなくなってしまったので全行程をグレが担当する事に。道中でオッサンが殺人犯として服役していた事が判明。オッサンは昔は自分のラーメン屋を持っていたが元ヤクザであり、ヤクザ仲間の嫌がらせを受けた事で相手を殺してしまい、その瞬間を子供たちが目撃。10年前に出所したが2度と会わないと手紙を送りつけられていた。

娘には会う事ができ、グレの発案で炒飯を振る舞い、少しは態度も軟化。当初は拒否られていた息子(兄)の連絡先を教わるも娘と別れた直後にオッサンが気絶。脳腫瘍で余命半年だったがここに来て急速に病状が悪化したオッサン。病院ではなく、息子の元へ連れて行ってくれとグレに頼み、グレは会ってくれるなら黄色いハンカチでもタオルでもかけていてくれ!と娘経由でお願いするといういよいよ「幸福の黄色いハンカチ」になってきたが、結果は無かった。光の速度で弱ってしまったオッサンは既に目が見えなくなってきており、そのまま息子に会えなかったがグレに会えてよかったと告げて亡くなってしまった。

葬式では未登場の兄も登場。しかしゴローが話を聞いただけでグレは現れず。グレはオッサンとのもう1つの約束であるかつて家族で行った海に「幸福の黄色いハンカチ」を大量に掲げ「オッサン見えるかぁぁぁ!!」と叫んでいた。

グレは軽薄なようで涙もろい設定だったので、今回の人情路線はゴローよりも適任だったと思う。回を追うごとに出番が減っていただけにキャラクターの掘り下げもなされていなかったが今回はオッサンとの交流の中で傷害で少年院にいたという過去も少しだけ明かされた。改めてけっこういいキャラクターだし、森田剛も好演しているのに何でここまでこんな出番が少なかったのか…。

ただオッサン急速に弱りすぎ。当初から余命間近なのかなという感じはあったけど(演じている國村隼がまだ還暦そこそこなのに死ぬ前に会いたいとか言っていたので)、まさか倒れてからそのまま一直線に衰弱して死んでしまうとは…。

REBECCA LIVE TOUR 2017

2017年7月25日~9月1日まで5会場9公演行われた28年ぶりの全国ツアー最終日9月1日日本武道館へ行ってきた。

REBECCAとしては2015年に再結成するも、横浜アリーナ2daysの復活ライブ、追加公演のさいたまスーパーアリーナ(これに行った)、そして紅白出演でそのまま2016年は何もなかった。00年に再結成してシングルを出した時も特に終了宣言をしないままフェードアウトしてしまったのでそういう芸風(悪く言えばやりっぱなし)なんだと思っていたが、2017年まさかのツアー宣言。

これに当たっては改めての「再結成」「復活」といった形容はされず、しれっと2015年再結成からの延長上にあるような扱いとなっていた。そんなわけで日本武道館が最終日だというので、前回同様に即座に申し込み当選。

今年は毎年のDEENの武道館が無いので、08年以降毎年武道館に行っている連続年数記録が途切れる(同じくDEENの武道館が無かった2012年はSCANDALで記録を繋いだ)ところだったが、これで今年も繋いだ。間にTHE BOOMや高橋優も見ているのでガラガラばかり見ているわけではないが、特にここ数年は東西がほぼ全滅しており、埋める黒幕が足りずに空席を晒しまくるというかなり殺風景な客席を目にする事が多かったので、久々に日本武道館のフルパワーを見た気がする。

今回はステージ真裏となる北席以外の北東、北西のギリギリの席まで使用され、見事な満員。アリーナ席ももちろん花道なしである。これらがびっしり観客で埋まっている光景はこれぞ武道館公演。やはり圧倒される。

今回の座席は南東に最も近い東の最前ブロック。これは昨年のDEEN武道館で唯一使用された東西のブロックであり、これが昨年のDEEN武道館の最果か…と感慨深い気持ちになったが、今回のライブにおいてはここで半分程度である。来年のDEEN25周年は東西の果てまで観客を取り戻すことが出来るのだろうか。

ステージ上空左右にはスクリーンもあり、上空から降ってくる電飾など演出もそれなりに凝っていた。紙テープシュパーンも1回あった。 「REBECCA LIVE TOUR 2017」の続きを読む…