FINAL CUT 5話

雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)との二股がバレてしまった慶介(亀梨和也)だがとっさに雪子が慶介(というか実質的には妹の若葉の気持ちを)かばったため、若葉にはばれずに済み、代わりに雪子は二股の確証を掴むため独自調査を開始。慶介は知りたい情報は大体知れたからもう直接会うことはないなどと大地(髙木雄也)に語っていたが、肝心の現在の兄の状況などはほとんど聞き出せていないじゃないか…。

百々瀬(藤木直人)のボロを探る2人だが、全くボロが掴めないので、方針を変更。最早『ザ・プレミアワイド』専用報道被害サイト状態なサイトに相談された新たな案件を使って、井出(杉本哲太)を再度脅迫して動かし、これまで以上の隠しカメラ&盗撮のバーゲンセール状態でごり押し。これまでは局内と主に尾行&本人の持ち物にカメラセットだったが、今回はパーティー会場にまで潜入して仕掛け、井出にも仕掛け、さらにこれまで以上の現地追跡&盗撮と、自宅内部以外の全盗撮完備体制

これにより井出は脅迫されていることをあっさりバラし、それを聞いた百々瀬は親子そろってうちにネタを提供してくれるとは!と挑発。そのまま慶介が百々瀬と対峙しようとするのでトチ狂ったかと思ったら、盗撮完備状態の中で百々瀬が妻を装っていた女性が金で雇ったレンタル妻だった事を掴んだものがあり、これを取っ掛かりにしてFINAL CUT。

出会い頭では早速正体見抜いているよとばかりに先に名前を呼んで余裕顔だったもののさすがにこんなに盗撮されていると思っていなかった百々瀬から余裕顔は消え失せて言われたい放題。今回の報道被害に対してはちゃんと被害者の再就職救済措置を図るなどやることはやってくれたのと、不必要に慶介を挑発したりはせずに、母を犯人扱いしたのは警察上層部に聞いた確かな情報だとして高田(佐々木蔵之介)の上の芳賀(鶴見辰吾)からの情報だとも明かしてきた。ここで慶介は真犯人を見つけ出すからそしたら謝れ!と言い出す。兄の所在が不明確なうえに犯人なのかも不明なままなのに言い切ってしまって大丈夫なのか。

そして百々瀬はFINAL CUT映像をフェイクニュース特集の素材として利用。レンタル妻映像も全部素材だった事にして脅迫を無効化。これによりFINAL CUTメンバー同士の情報共有&社内のクリーン化(盗撮カメラ的な意味で)が実施されることも確定し、一挙ピンチに…。

母を犯人扱いした黒幕は警察上層部、犯人だと思っている奴は所在不明。さらに雪子に兄が帰ってきたとLINEを受けた慶介はノコノコ出向き、雪子と若葉に兄目的で近づかれたと確信を持たれてしまう凡ミス。八方塞がりな状況で次回FINAL CUTする相手はいるのか

ドラゴンボール超 127話

最後の1人となったジレンが赤いオーラをまとって本気モードに。17号悟空ベジータが3人がかりで挑むが…思ったよりも善戦しているようなやられているような…正直本気になってもここまでとあまり変わらない。たまの一撃でいちいち3人が吹っ飛んでいくくらいしかこれまでのと差が…。

自身もダメージを受けるのを覚悟の17号の背後からの不意打ちでは傷を負わせる事にまで成功。3人はもう1度スキを作ろうとするが今度は完全にやられてしまう。3人がやられたところですっかり忘れられていたフリーザが単独で参戦するが、相変わらず雑魚キャラ扱いでズタボロに。ゴールデン化までして「俺に殺されるべきなんだー!」とこれまでもちょくちょく差し込んでいた一通りの全盛期オマージュを披露しただけじゃないか。

ここでジレンの戦う目的と強さを求める理由が破壊神から明かされ、幼少期に両親を殺され、師匠や仲間と出会い、再度両親殺しの悪に挑むが全員返り討ちにされ、残った門下生連中には裏切られたとかなんとか割とよくありがちなストーリーが上乗せされた。

そして悟空ベジータを守るため17号は自爆技でジレンの攻撃をかき消し、消滅。殺したわけではなく自害なのでノーカウントとなり、まさかの17号死亡…。自爆直前に悟空ベジータにはバリアを張って守ってあげていたが遠くで倒れているフリーザはスルーされており、完全に巻き込まれた模様だが相変わらず誰も心配しないところで次回へ続く。

誰も死なない大会だったはずが唐突な17号死亡。ベジータが自爆技使って平然と生き延びた翌週に17号を自爆技で殺すとは…。そしてフリーザの持て余しっぷりがマジヤバい。まさか忘れられたまま悟空とジレンが相討ちでフリーザ優勝なんてギャグはないと思うが…。

リピート~運命を変える10か月~ 5話

突き落とされた鮎美(貫地谷しほり)は病院送りになったがケガは大したことなくすぐに復帰。坪井(猪野広樹)と死んだ郷原(清水圭)がネットの闇サイトで繋がっていたことまでは突き止め、坪井に集中する圭介(本郷奏多)、天童(ゴリ)ら一行。

一方ほとんど交流の無かったリピート仲間の大森(安達祐実)は生き残るため、天童と組むことを提案。大森は研究のためにリピートを何度も繰り返したいと語り、天童もそのはずだと語る。

坪井はリピート前から女性を眠らせて襲う犯罪集団に属しており、一行がそれを阻止して説得しようとするが説得失敗。坪井が突き落とし犯人かもしれないと疑っていた鮎美は説得失敗に震えてしまう。坪井はブチ切れて犯人扱いするなら証拠でも持ってこいや!という態度を取っていたので疑いは晴れず。

しかし危険なのは由子(島崎遥香)の方だった。鮎美の家に押し入ってきた由子はわざとお茶をこぼしてコンビニに行かせた後に部屋を調べまわし隠していたノートに書かれた未来の記憶を発見し、リピートの秘密を掴んでしまった…。これをネタに一行を脅迫してくるつもりらしい。

坪井の東大に入った利点は…

・偶然あった慶応大学の同級生にリピート前は若干バカにされるが、リピート後は倍返しで東大生をひけらかす
・ターゲットの女の子相手にリピート前は東大生だと嘘をついたのを見抜かれて逃げられたが、リピート後は本当に合格しているので成功した

襲撃時の決め台詞は「東大生の俺が撮影してやってるんだから」

坪井の東大ステータスの過剰さがギャグの領域。

そして襲うというより相手に謝らせて悦に浸るなどやることが小せぇ…。

電影少女-VIDEO GIRL AI 2018- 4話

智章(清水尋也)はコンクールに出す脚本をアニメプロデューサーの清水(村上淳)に見てもらうが酷評されてしまう。脚本を書いたのは奈々美(飯豊まりえ)で、翔(野村周平)が書いたキャラデザに至っては見てすらもらえないところだったがなんとか後で見ておいてくれと渡すことにだけは成功。落ち込む一行だったがアイ(西野七瀬)がピクニックに連れ出すことで少しは気持ちもほぐれた模様。翔の優しさにアイが動揺し始める中、清水は持ち帰ったキャラデザを見て「天野あい…」とつぶやく。どうやらこいつもビデオガールを知る者らしいことが判明したところで次回へ続く。

あらすじにあった「動揺している智章は、奈々美や翔らと大喧嘩をしてしまう」というほどの大喧嘩は特にしていなかったような…。
ていうかこのアニメコンクール、3人だけで企画脚本デザインまではできても3人だけじゃアニメは作れないだろうにどうなってんの…。

オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~ 4話

美樹(佐藤仁美)メイン&『シティーハンター』掘り下げ回。シティハンターのモッコリネタから話を広げたのか、ツッコミどころ満載の謎のセクシー集団(キャッツアイパロディだったらしい)に一同がモッコリして美樹が敗北するとか、月山(伊藤淳史)が痔になる→治療で訪れた肛門科の女医が美樹だったという流れから美樹は父の代から肛門のスペシャリストである父の意思を受け継いで肛門に全てをささげてきた…ラストも詐欺師相手に診察台で肛門へ攻撃しながらお仕置きするというメチャクチャなノリで、シモの話だけでほぼ押し切るという前3話とガラッと変えてきた作風に。ラストの肛門攻撃の下りはギリギリの線で笑いに走っていたが、医療行為でもって制裁に走るというのは立派な職権乱用で笑いになっていなかった気がしなくもない。老師みたいな看護師の元ネタも亀仙人なのかなんなのかよく分からなかったし。

シモが過ぎるせいか生駒里奈はいつも店にいるのにモッコリ展開時には不在、ラストで美樹に相手の男が詐欺師であることを伝えるためだけにノーコスプレスタイルで登場するなど、シモの話をするシーンからは徹底して外すというアイドル的配慮が。