CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 7話

平成維新軍が再び犯行声明を出してきた。これを防ぐ任務についた特捜班。以前、ハッカー時代(高校時代)に仲間と作った組織が維新軍の前身かもしれないと言っていた大山(新木優子)は、犯行声明に引用された一節が当時HN”坂本”に教えたものと同じだと指摘。”坂本”こそが維新軍のメンバーだと確信する。当時大山と”坂本”は素性も知らないネット上の付き合いだけで親睦を深めて計画を練り2人で銀行へのハッキングをして慈善団体への寄付を目論むも最終的には失敗に終わったことがあった。これらで打ち解けていた”坂本”はプライベートのメールアドレスを1回だけ使用しており、この記録を利用して調査したところ、”坂本”を名乗っていた高校生(今井悠貴)にあっさり行き着いた

なんとカッコよく犯行声明を出したのに、あっさりとリーダー格が捕まってしまった平成維新軍。消えた昔の仲間が捜査チームの最前線にいたという悪手だったので運が無かったとしか言いようがないとはいえ、実家住まいでネット利用もそれ用ではなく親の契約している自宅の回線という高校生らしさが響いたか。せめて1人暮らしなら自身の裁量でネットの契約とか色々出来ただろうに。

サブリーダーっぽい他のメンバーは即座に異変を察知するも計画の続行を指示。PC上でカタカタ計画練ってるだけの連中は以降姿を見せなかったが、5人の実行犯の若者たちは山中で射撃訓練に励んで明日の決行日に備えていた。サブリーダーらは”坂本”が捕まったかもしれないなどという情報は流さずにクールに決行をゴリ押し。脳筋っぽい実行犯の人たちはさほど疑いもせずにいるという早くも失敗フラグが。

大山が正体を明かしたことで”坂本”は自身の目的をようやく語りだすが、格差社会の深刻さを訴えるというもので、さぞ極貧なのかと思ったら両親の年収で500万程度の中流家庭だが大学に行くのもしんどい状況だから金持ちの連中とは格差だと主張。自分で普通の家庭だと言っていたが本当に普通。どうにもリアリティのないありふれた格差論を展開されて平等を訴えられても結局のところ言いたいのは金持ちと権力者は死ね!に集約されているだけじゃないか。高齢化社会で大人ばかりになるので若者が声をあげても数の暴力でどうにもならない時代になっているというのはごもっともだけど。

あと”坂本”は指先だけでやって実行しない奴という扱いになっていたが、その”坂本”の家からかつて防犯カメラに挑発行為を行ってきた際の仮面が出てきたのは何なんだろうか。直接的な犯行以外のそのくらいの行動は実行はしているということか。改めて明らかになった”坂本”の頭でっかちなこじらせ系の性格と仮面被ってわざわざ危険犯して現場に出てきて挑発する行動がちょっと結びつかない。

“坂本”のPCが解析できれば標的が分かるかもしれないと解析に精を出す大山だが全く作業が進まない。ギリギリになって最初に話したときに”坂本”が、2人で銀行ハッキングの計画を練っているときが1番楽しかったと語っていたのを思い出した大山は2人のHNの頭文字と決行日時を打ち込んだところ解析できた。意外とセンチメンタルだった”坂本”。維新軍として規模を拡大した今よりも中学生当時の無血テロであるハッキングの時が1番楽しかったというのもそれはそれで虚しい…。

ターゲットは政治家の大学生の子供たちと判明。大学生なのは実行犯が20歳前後の若者たちなので大学構内で忍び込みやすいため。ただ5人とも1話でターゲットにしたようなクズ男ではないようで、悪しき世襲を断つという目的で選ばれただけらしい。標的にされた5人はどこかお坊ちゃま感はあっても普通の今どきの大学生、中には真面目に部活や勉強に励んでいる者もいたがこれ殺しちゃったらさすがに正義の主張通らなくならない?

特捜班5人が1人ずつギリギリで片づけて確保。テロは防がれたが、手錠をかけられながらも維新軍はまだ終わらない、同じような若者がたくさん出てくる!と不敵に笑う”坂本”。匿名掲示板では維新軍指示の書き込みが大量に溢れ返っており、まだまだ維新軍の脅威は終わらなさそうなところで終了。

政治家本人ではなくその子供である罪のない大学生をいきなり襲おうとしたテロが明らかになったところで、強い支持が集まるとは到底思えない。最後の猛烈な維新軍指示の書き込みラッシュが残党メンバーの決死のサクラ行為にしか見えなくなってしまったが、さすがに見苦しくないか維新軍。

貴族探偵 6話

5話の続きだったが、新たな事件は起こらず、前回出番のなかった田中(中山美穂)、山本(松重豊)が合流するもなんと開始10分ちょいで愛香(武井咲)は真相が分かったと告げる。

4話でほぼ想像だけで固めた推理でもなんでもない妄想も酷かったが、今回は100%全部想像だけで話を展開する愛香。弥生(北香那)が殺人を犯し、使用人(白洲迅)がかばったというストーリーを妄想。お互いがやったと思い込んでいた2人はお互いをかばうために否定しなかったが、貴族探偵(相葉雅紀)は愛香の推理を酷い妄想だとバッサリ。ついに公式に妄想扱いされちゃったよ…。

真相は殺された3人はそれぞれを殺しあったものだと判明。愛香の推理前に鼻形(生瀬勝久)が言っていた3人が殺しあった、という推理が当たっていた事に。最後の1人死んでるじゃないか!と当初愛香はギャグ扱いしていたが、実際には最初に刺された奴が生きてて最後の1人を殺害した後に力尽きて死んだというのが付け加えられた以外は鼻形正解。愛香はまさかの鼻形にすら劣るという悲劇…。どうしてこうなった。一応愛香のフォローとしては弥生がやったと勘違いした使用人が密室を作り上げたという部分だけは妄想が当たっていた。というわけで名指しする犯人はおらず、3人がそれぞれ殺しあったという形で事件は解決した。

桜川(竜雷太)は使用人の弥生への深い忠誠と愛情を認めて弥生との結婚を許可。一行は感動ムードに包まれるが、ひとしきり終わってから愛香と鼻形はそういえば最初に吐血して病院送りになった金山(忍成修吾)に毒を盛ったの誰だ?という残された謎に気づく。慌てて2人は病院へ確認に行くが既に金山は退院しており、診察記録も残っていなかった。どういうことだ?と唖然とする2人だが、それよりも愛香はこの病院が桜川家の経営である事に気づき、また師匠である喜多見切子(井川遥)が死亡したのもこの病院だった事を思い出し、事務所に戻って改めて死亡届を引っ張りだして(現れた幽霊の切子は無視)切子の死に疑念を抱いていた。

初期の頃は切子と会話しているような描写だったので、切子が死んだことを認めずに生きていると思い込んでしまったとかそっち系かと思ったが、そのあたりはちゃんと分かっているらしい。

と、愛香は切子の件に完全移行、鼻形は出番が無く、金山の件が放置されてしまう中で、貴族探偵は桜川と2人で密談していた。事件を仕組んだのは桜川だろうと貴族探偵が告げていたが、事実上貴族探偵が初めて自ら推理を語っていることになるんじゃないのかこれ。金山は桜川の指示で死んだフリをしただけで、目的は残り3人を疑心暗鬼にさせて潰しあってもらう事

桜川は認めはしなかったものの、不自然に愛香の話題を持ち出し、見どころがあるとかいずれ師匠(切子)を越えて脅かす存在になるのでは?などと評価。あんな妄想と醜態しか見せていないのにどこをどう見たらそんな高評価できるのか…。さらに切子を殺したのが貴族探偵である事にもいずれ気づくのでは?とも告げ、謎が深まったところで次回切子の回想話へ続く。

暗躍系俳優の忍成修吾がやっぱり暗躍。しかしいったいどこで雇われた者だったのか、正体不明のままだった。暗躍しても最後はあえなく捕まるか消される…というイメージも強かっただけに逃げおおせたのは暗躍キャリア(?)の中でも珍しいのでは。

あと竜雷太の声が聞き取りにくいほど振り絞るようなギリギリな喋り方だったのは役作りでわざとそうしていたのか、素でこうなってしまっているのか。後者だとしたら高齢だしかなり心配なところだが…。またこれらと使用人と弥生のラブストーリーが主軸になったので、前回は桜川家の事情説明役として出番の多かった加藤あいは今回はほぼ空気だった。

ドラゴンボール超 91話

各宇宙の様子と悟空たちの準備の様子という時間稼ぎ回。他宇宙の中には美女からデブに変身するセーラームーンだかプリキュアみたいな明らかにDB視聴者の大半がドン引きしかしないような変なのまで出てきたがさすがにアレはなぁ…。

ベジータは精神と時の部屋で修行、代わりにベジータの定位置の重力室で悟空とウィスが修行…と何故か直前まで全く睡眠含めて休む様子のない一行。仙豆、デンデ、キビトなど回復術はいくつでもあるし、ウィスも何かしらできそうなので直前にヘロヘロでも全開で大会には挑めるということだろうか。

ラストではブウが眠ってしまい2ヵ月は起きないので出れないという連絡が。ここにきて能力的にチートなブウを退場させるって…。

リバース 6話

朝会社に行ったら会社が…倒 産 し て い た

という会社人三大恐怖の1つに数えられるショッキングな事態をよりによってこの激動の時に迎えてしまった深瀬(藤原竜也)だったが、割と前向きであっさり。現状、自身のキャパの大半が10年前の事故にまつわる出来事に向いているので逆に何もない平和な時にこうなるより断然良かったのかもしれない。

村井(三浦貴大)が行方不明になる中で、妹の明日香(門脇麦)は10年前の事故当時の事を深瀬に語る。デスロードでタクシーが進めなくなるより手前を走行中、村井に謎の電話がかかってきて村井は吹雪の中で下車。さらに山中を走っていってしまった。いくら待っても戻ってこないので明日香も山中を追おうとしたら背後で謎の爆炎が上がり、村井が戻ってきたという。思いっきり真っ黒な案件だっただけに明日香は兄に疑念を抱いていた。

その村井だったが謎の部屋に監禁されてぐったりしていた。汚部屋っぷりは村井の妻の生活空間が完全なゴミハウスだった事から普通にそこと思われ、今回の事件絡みではなく、相変わらず村井だけは別件で妻に監禁されているんじゃないかこれ…。しかしだとすれば事務所スタッフが気づくか。

一方で小笠原(武田鉄矢)の情報提供と協力で深瀬は美穂子(戸田恵梨香)のストーカーを確保し警察に引き渡すことに成功。最早公式サイトのあらすじに綺麗さっぱりスルーされるほどあっさり片づけられてしまったが、先週とかけっこうアグレッシブに襲い掛かってきてたのに…。

最初の脅迫文は彼の手によるものだったがそれ以外は全く無関係だと判明。つまり深瀬が1話で驚愕し、美穂子に10年前の出来事を話すきっかけになった最初の1枚とその後美穂子の元に届いていた怪文書はストーカーのもの、それ以外は真犯人によるものという事に。

深瀬と浅見(玉森裕太)は改めて広沢(小池徹平)の素顔を知るため、地元愛媛へ向かう事にするがその道中で事故現場の長野へも立ち寄る。長野では特に何も得られず、愛媛では両親は優しくしてくれた。しかし広沢の地元の友人に話を聞きたいとお願いしたところ、なんと居酒屋が貸し切りになるほどの大人数が集結するというすさまじい事態に。

広沢は高校卒業までを地元で、大学からは東京に出ていたので、ここに集った者たちは18歳までの友人たち。大学4年間は帰省時以外は会う事は無かったはずで、死後10年。それで居酒屋貸し切り状態になるまで人が集まるって…。さすがに人気者すぎるんじゃないかこれは。この会合では高校時代の彼女の名前や、ここに来ていない地味だったという友人の名前を聞きだすことに成功。

入った瞬間からビミョーな空気は漂っていたが、帰り際には酔った勢いで一部の人たちは深瀬と浅見を直接糾弾。人殺し扱いされ、改めて友人を死なせた事実に落ち込む2人。浅見はそんな中で、事故当時に隠していた事実を打ち明ける。

事故現場を谷原(市原隼人)が発見し、浅見が駆け付けた直後。現場には血痕が残されていたが、血を調べたら飲酒がバレるとした谷原は血の付いた部分の雪を崖下に捨てる行為に及び始め、止めようとした浅見も就職がパーになるぞ!と言われて加担したという。これで村井が目撃していた何かを隠しているのではないか、何かした事後みたいだった浅見と谷原の変な様子は話がつながった。後はその前の逃げていった村井の様子だが…。

その夜、広沢の家の前に謎の男が出現。居酒屋に来なかった広沢の親友だったという古川(尾上寛之)だと確信した深瀬は必死に追いつくが、古川はいきなり深瀬を人殺し呼ばわり。そのころ、ついに谷原が目を覚ましていた。

残酷な観客達 1話

欅坂46主演の深夜ドラマ。昨年7~10月頭までテレ東で『徳山大五郎を誰が殺したか?』をやっていたが、今回は日テレ。

教室に閉じ込められた生徒21名。教卓には中継しているタブレットが置かれネット配信されていた。「いいね!」を1人1万もらえると脱出可能というルールの中、生徒たちは変顔やモノマネをやって「いいね!」獲得を目指す。

バラエティでやるような変顔とモノマネを物凄く特殊な形でストーリーに当て込んだ、という感じの初回。変顔メドレーとモノマネメドレーが巻き起こるも世界観は意味不明。状況説明と突っ込みを落ち着いた口調で入れながら進行するおばちゃん声のナレーションもかなり独特。

今回どういう判定だったのか半分程度の生徒は早くも脱出に成功。残り半分程度が途方に暮れ、さらにゆずき(平手友梨奈)とみこ(長濱ねる)が親友同士の絆を見せているバックで女生徒が屋上から転落していった。みこ以外の生徒がビックリしたところで終わってしまい、何が何だか。48系も46系も独特の世界観のドラマばかりだが、ヤンキーとかスポ根とか大昔の定番ドラマのノリを現代でやってみたようなものが多かったが、欅坂46の場合は大五郎もそうだったように他とは違う新しいものを作らなくてはいけないという使命感でもあるかのように今風の「いいね!」を持ち出してきていて予測不能。

ゆずきとみこは幼馴染だったので名前で呼び合っていたが、近未来の世界観で生徒たちは個人情報が過保護になっている設定で名前を明かさずに番号で呼び合い、名前をお互い知らない。名前も不明なのかと思いきや全員分既に明かされていて、エンドロールや公式サイトでは普通にフルネームで表記されていた。全員役名だがあいうえお順を守るため、苗字部分の最初のひらがな一文字は実名と同じで順番が前後しないようになっているようだ。

気になるのは先日体調不良で休業になった今泉佑唯だが、撮影開始がそれより前だったので普通に登場。途中で退場になるのかこの撮影だけはやり通しているのか。