oasis:supersonic

2016年12月24日日本公開

94年にデビューし、10年に解散したイギリスのロックバンドOasisの96年のネブワースでの25万人ライブまでを追った初のドキュメント映画。大半の曲の作詞作曲を手掛けていた兄のノエル、ボーカルで弟のリアムが製作総指揮としてクレジットされ、互いにナレーションも担当しているが、兄弟は絶縁状態にあり、今作制作時に顔を合わせる機会は無かったとされている。これ以外に兄弟の母親や当時のバンドメンバー、スタッフのインタビューも使用されている。

2017年3月22日Blu-ray&DVD発売

Blu-ray、DVD共に内容は同じ。どちらも初回限定生産。ライナーノーツ封入。
特典映像として司会者、監督、リアムが参加したQ&Aセッション(トークライブ)、リアムの日本独占インタビュー映像(2分程度)、映画の予告編(字幕なしオリジナル、日本版)が収録されている。
レンタル版はDVDのみで特典映像が収録されていない。

感想

デビュー前から最盛期までに焦点を絞った内容。このためよく言われる1st、2ndアルバムが絶頂期というのを改めて公式にダメ押しするような作品でもある。当時の時代背景にはあまり触れずにあくまでバンドのストーリーに焦点を絞っているのも特徴だが、兄弟やメンバーのガラの悪さもあってか、絶頂期であると同時に常にトラブル続きでもあったようで日本のバンドではあまり見られないようななかなか壮絶な物語があったんだなと改めて。

特に当時を体感したリスナーにとってはこの上ない感動があるんだろうなとも思う。ラストの25万人ライブまでの熱狂は映画でも十分に記録されているが、2度と起こりえないような20年前(映画公開時)の遠き日の熱狂でもあり、眩しさも半端ない。この時代を体感した人じゃないと分からない思いは確実にあるだろうし、少しでも味わいたかったなとも思う。個人的にOasisを聞いたのは06年のベスト盤が最初で、そこから解散までにはオリジナルアルバム1枚しか出なかったし、既に1st、2ndが最高だったという評価が一般的になりすぎた後だったし。

オアシス:スーパーソニック(初回生産限定) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2017-03-22)
売り上げランキング: 2,731
オアシス:スーパーソニック(初回生産限定) [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2017-03-22)
売り上げランキング: 3,505

リバース 5話

村井(三浦貴大)のW不倫がスクープされてしまい、深瀬(藤原竜也)の家にかくまってくれとやってくる。ここですぐに「ゲス不倫」とかネタにしないところは天下の月9様でゲス不倫とか連呼させた某局との差だろうな、やっぱり。

妹の明日香(門脇麦)は事が不倫だけに気まずいし、浅見(玉森裕太)は寮暮らしらしいので、確かに深瀬が現状では1番信頼できる仲間か…。浅見も合流した際に改めて10年前の広沢(小池徹平)との事を聞いた2人。

広沢は明日香と付き合っていると村井は思っていたが広沢には別に恋人がいた。激怒した村井は1発殴ったが、明日香は彼女がいるとちゃんと知らされた上での片思いだった事を聞かされ和解。笑って許してくれた広沢は心が広いと回想された。さりげに広沢に彼女がいたらしいという深瀬が知らさそうな事実がまた1つ…。ていうか深瀬と広沢は大学4年のゼミで初めて知り合ったとか前回明らかになったので広沢が亡くなるまで付き合いは11ヵ月程度なんだよな。

美穂子(戸田恵梨香)にもストーカーの魔手が迫り、ついには自宅マンションのエレベーターに押し入ってくるまでになったのでコーヒー屋の恭子(YOU)の家で寝泊まりする事になった。浅見は仕組んでいるのは広沢の母と小笠原(武田鉄矢)ではないかと、深瀬に頼んで小笠原と対面するが小笠原もはぐらかすような態度でハッキリしない。

恭子が送り迎えをしてくれていたが、本社へ研修に行ったという帰り、今度は本格的に襲われてしまう。ちょうど探しに来ていた深瀬が駆け付け命がけで抵抗。なんとか救う事に成功したが、その姿を見た美穂子は何故かひたすらごめんなさいと謝る(伏線?)。覆面をしていたので姿は見えず、ストーカーの正体は不明のままだった。話を聞いた村井は深瀬の意外な勇気を称える。

村井は政略結婚だったので妻との間に愛情が無く、不倫相手と本気で愛し合っていたが、不倫相手が辞職する意向を示したので本気じゃなかった、こんなことで辞めるような事ではない、お互い無かったことにしよう!とわざと冷たく提案。不倫相手は辞職を辞めて事実無根だと突っぱね、双方無かったことにしてスクープを否定する。村井は自身の境遇にずっと悩んでいたようだが深瀬の優しさによってだいぶ救われていた感じで、ひとまず実家に帰るわ!と明るく去っていった。

深瀬への信頼を深めたためか、村井はその前に10年前の事について語った。浅見の先週の証言では爆発する車の炎の明かりに照らされて山の中を走っていく村井の姿を見た、というものだった。しかし村井は偶然やってきたタクシーが回送だったがなんとか乗せてもらい現場へ向かっていたと言う。雪が深すぎて運転手が「ここまでだ!」と匙を投げたので歩いていく事になった直後に向こうに浅見と谷原(市原隼人)を発見。近づいていったところ、へたりこんでいた2人を発見したので何かを隠しているかのようだ(車を突き落とした?)と感じたらしい。

証言食い違ってるじゃないか。気絶してただけでの深瀬パニックだよ。

それ以前に地元のタクシー運転手が進めないと匙を投げるほどの別荘へのデスロードどうなってんだよ。昼間に別荘に向かった時もスタックでたどり着けず、ベテラン地元タクシードライバーでも無理っていくら雪が降ってたからってそんな未整備すぎるデスドーロの先にある別荘なんて冬季閉鎖にすべきなのでは…。

そして深瀬が会社に行くと会社が…倒 産 し て い た ! 

社長が金を持って逃げたという。サッカー部飲酒事件主犯格の生徒の親(堀部圭亮)との契約破綻が原因で深瀬がクビになるのではないかという視聴者の不安をよそにまさかの逃走・倒産をぶちかましてくれた社長。

これだけでも衝撃なのに帰宅した深瀬の元に村井の関係者がやってきて村井が失踪してしまったことが判明。サイコそうな妻がサイコな行動に出そうな気配を見せていたので、なんかそっちが理由な気もするけど。

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 5話

いきなり檻の中にブチこまれている稲見(小栗旬)からスタート。暴力団への潜入捜査のため、交通違反で引っ張られていた組員の杉本哲太に接触するためだった。杉本哲太に気に入られた稲見は組長らの厳しいチェックを経て組員として採用された。

地味な導入部から潜入捜査員としての心の持ち方を田丸(西島秀俊)が話したりと地味で静かな場面が続く。吉永(田中哲司)、樫井(野間口徹)、大山(新木優子)らはサポートに徹して出番少なめ。吉永はタクシー運転手になったり、父親に化けて電話に出たりと色々やってたけど樫井と大山は今回ほぼ置物

やがて目的はこの暴力団が政治家をカネの問題で脅しているので証拠集めだと判明。その政治家は2話の少女売春事件で少女を植物状態に追い込んだ張本人と暗示されて最後に出てきていた石黒賢。今まで偉そうだった鍛治(長塚京三)が遥か年下の石黒賢に命令される立場になっていたが…。

なんだかんだ杉本哲太はいい人で稲見も情も沸き始めた頃、クスリの取引が行われた。安全な取引と思われたが、何故か絶好の逮捕チャンスを上はスルー。仕方ないので特捜班だけで現場へ向かうが謎の妨害に合ってしまい到着が遅れた。

その頃、取引場所に突如殺し屋2名が登場。一瞬で取引相手も含めて稲見以外の全員が殺害されてしまい、一瞬気づくのが早かった稲見だけが生存、反撃して殺し屋2人を確保したが、杉本哲太までもが死亡しての全滅という衝撃的展開に稲見は放心状態に。

仕組んでいたのは石黒賢で金のために暴力団を使ってクスリを売買させていたが、更なる金銭を要求し始めたので邪魔になって消した、と鍛冶に語る。今までなんでも知ってる風だった鍛冶もそんな私利私欲が理由だったと初めて知らされ、石黒賢への敵意をあらわにする黒~い事態に…。直後に稲見は鍛冶を問い詰めるが、鍛冶はこれまで出世のために特捜班を作って成果を上げるのだけが目的かと思われていたが、現状の体制を変えるためという割とちゃんとした信念があるようで、当初は捨て駒のように言っていた特捜班に対しても石黒賢には「部下が危うく殺されかけた」と怒りを見せるなど人間的な一面も見せた。

稲見は釈然とせず、鍛冶へついていくかの態度も保留したが、鍛冶は直後にどこかへ電話。すると翌日には2話の少女売春が暴かれており、石黒賢が逮捕されてしまった。まだ黒い大物として君臨するかと思いきやまさかの瞬殺退場。2話ラストと今回終盤までの圧倒的な黒い大物オーラはなんだったんだ…。鍛冶の方が先を行っていて石黒賢を潰すために着々と準備していたのか…。

ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~ 4話

別れた恋人宛の手紙の代書の依頼が届く。依頼人の男は既に家庭もあり、相手にも家庭があり、2人は幼馴染で社会人になるまで長く付き合っていたというが別れて以来会っていないという。今自分は元気である事、そして元気でいてほしいという特に内容も無さそうな手紙を依頼してきて元カノへの思いを語る男には若干の謎が漂いつつもその誠実な思いを受け止めた鳩子(多部未華子)は仕事を完遂。

後日、報酬が届くが金額が多すぎたので電話したところ、男が亡くなったと判明。ちょっと入院すると言っていた男だったが実は脳の病気で何度も手術しており今回は危ないと言われていたらしい。手紙の内容に自分が元気だと伝えるように指示していたのも死を予期していたからだった。危うく相手の女性に伝えてしまいそうになった鳩子だがギリで思いとどまり、男の真の思いを受け止めて涙する…。

と、ホロリ泣ける展開になったが、相手の女性側の思いが特に明かされなかったので果たしてあの中身のない手紙をどう受け取ったのか…。しかも男の指示には家庭不和になりかねないし、自分の名前は女っぽいので女文字で書いてくれとも頼んでおり、な~んも知らない相手の女性にしてみれば謎の女性筆跡で元気と幸せを伝え願う謎の手紙。この意味は?と深く考えて迷宮に迷い込みそうな…。

男は鳩子に対しても爪が甘かった。無駄に報酬を多く入れずに送っていれば鳩子がわざわざ連絡を入れることも無かったので、男の死は鳩子に知られることも無く、自分の最期の願いだけを叶えて綺麗に終われたのに鳩子に心理的負担と“鳩子だけが知っているが伝えられない秘密”を抱えさせてしまった。結婚寸前まで行ってこの彼女と別れてしまったのもそういうところだったのかもしれない。彼女はいつも笑っていたとか振り返っていたので絶対に「君はいつも俺の横で笑っていてくれ」とかそんな常に人間笑顔でいれねーよ!的な事を相手に言っちゃうタイプっぽかったし。

それ以外では清太郎(高橋克典)の母がボケている姿と手紙手紙連呼している姿をようやく鳩子が目撃し、清太郎の家庭事情を知る事に。しかし本人は隠しており、母親がボケているらしいと話してくれた近所のオバちゃんも直接本人から聞いたのではなく、清太郎本人は周囲には話さずに隠しているらしい。これはまだフラグ回収の気配は無し…。

貴族探偵 4話

地下アイドルの有畑しずる(藤川千愛)がライブ後に自殺。しずるは恋人「田名部優」との恋愛をブログに綴っていたが最近失恋したと落ち込んでいたという。ファンのオタク集団は田名部優の特定に躍起になっていて愛香(武井咲)に調査を依頼してきたが愛香は拒否。直後に1話の関係者でお得意様の依子(木南晴夏)がやってきてを“いづな様”を迎える儀式が行われる温泉へ行くことに。そこに記された名前から「田名部優」が来ている事が分かる。さらに貴族探偵(相葉雅紀)や鼻形(生瀬勝久)まで客として登場。愛香は危惧するが案の定、田名部を名乗ってやってきた男(渋谷謙人)が殺されてしまった!

導入雑!世間狭ッ!

“いづな様”を迎える儀式をする女将が釈由美子。釈由美子といえば『スカイハイ』でイズコ役をやっていたが名前が近いからこの人選なのだろうか?そして冒頭のオタク集団が『電車男』から干支が1周したのに当時のままの典型的オタク像で止まっている辺りがマジでシエクスン…。そして交際相手とのラブラブな日々と失恋までをブログに綴る地下アイドルって。

これまで愛香は捜査の際にはちゃんと手袋をしたりと証拠品を扱う際はそれなりに注意を払っていたが、今回はベタベタ素手で触りまくり。メモ書きの跡が出てきた時は鉛筆でサラサラ浮かびださせたまでは良かったが、筆跡が「田名部優」の物か確認するため、なんとそれを素手でぶち破って「田名部優」の名前が書かれたお札の前まで持っていく始末。破らずにメモ張ごと持っていけばいいのに何故証拠になるかもしれんものを破いたりしちゃってんの…?

最終的には釈由美子が犯人だと推理。温泉が枯れたのをバレないようにするためなどと温泉の出を確認するような行動を一切取ってなくて何の証拠も無いのに妄想で高飛車な態度を取って追い込むというこれまた前3話に比べると愛香の様子がおかしい。途中からほとんど妄想じゃないかっていう。しかも直後に貴族探偵が犯行時間に一緒にいたから釈由美子じゃ無理!と証言するという1番痛いハズしっぷり。

前回まではもう少し慎重な姿勢で推理していたし、こんな妄想ばかり並べたり、単純なアリバイ確認まで怠ったりはしていなかったと思うんだけど演出変わった?既にこれまで推理3回外しててより慎重にならなきゃいけない状況でのふるまいとは思えないほど雑になってしまったような…。

今回執事たちが来ていない(いつもの登場人物図解整理はメイド田中(中山美穂)が映像を送り込んでくる形で出演)ので貴族探偵が推理するのかと思いきや、反対の山を短時間で走破して落ちた橋を引き戻した佐藤(滝藤賢一)の活躍で、分断していた道が開通。いつも通り使用人たちが推理を行った(今回は佐藤メイン)。

殺された「田名部優」は「田名部優」では無かった。赤川和美というのが殺された男の本名。その友人で赤川和美を名乗っていた女(柳ゆり菜)が本物の「田名部優」だった。しずると優は同性愛だったが、しずるが死んだ事でファンから恨みを買い命の危機を感じた優はいずな様を頼ってここにやって来たが本名を公開すると狙われるので友人で女性名っぽい赤川和美に事情を話して名前交換をしてここに来ていた。犯人はそんなことは知らずに優を名乗っていた赤川君を人違いで殺してしまったという。

というわけでここにきて初めて目当ての人物を殺していなかった事を知った哀れな真犯人。当初アリバイが無いとされていた阿部力がその真犯人だった。F4(花より男子)の1人が犯人かよ…。

何故か今回も延長回だったが、終盤で突如の同性愛、名前入れ替え、勘違いで殺人…と色々ぶっこんできてしっちゃかめっちゃかに。橋を落とした人物に至っては阿部力が橋を落とす必要が無くなってしまったので、全く別のもう1人の女性が貴族探偵ともっと一緒にいたいから落としたというとってつけた説明が最後に加えられる始末。色々ぶっ飛んでいた…。