電影少女-VIDEO GIRL AI 2018- 9話

アイ(西野七瀬)を取り戻すため、献身してくれたリカ(大友花恋)(出番終了)を振って走り出した翔(野村周平)だったが、なんと本当に清水(村上淳)の元に乗り込んだだけ。当然追い返されてしまい、今度は事務所前でストーキングしながらアイの絵を手渡そうと画策。智章(清水尋也)は業界へのコネクション欲しさに清水の事務所スタッフとして採用され、奈々美(飯豊まりえ)と翔の反感を買うが逆に記憶喪失のアイについて重大な事を語らない翔へブチ切れる。

清水は翔に対して異様に強気に出るようになりついにはいきなりバケツで冷水をぶっかけて追い払おうとするなど、前回までよりも横暴な態度に出ているがこのオッサン、ビデオガール事情をどこまで把握しているのか。25年前にかかわりがあったのは示唆されたが、現状ではアイは翔の元にあるビデオデッキで再生されており、3ヶ月の再生時間も既に半分以上使用してしまっているはず(次回予告では残り1ヶ月とされている)。アイの存在できる残り時間が不明なのにアイを元手にした一大ビジネスを展開させたり、再生権を握っている翔に対して強気に出たり出来るのは何故なのだろうか。あんな思いつめた表情の高校生相手にここまでの態度取ったら逆上してデッキを破壊されるなんて事を考慮してないのか。

智章はついにアイから直接記憶喪失の話を聞いたり、清水とアイの会話からビデオガールなる単語を聞いて、翔に説明を求め、翔もついに真実を話した。これまで話せる時が来れば話すと引っ張り、今回もわざわざ「最後まで黙って聞けるか?」と念を押してビデオガールの説明をしたら嘘扱いし始める智章。翔が説明を異様に拒んでビデオガールなんて話は誰にも信用されないと恐れていたのは過剰な気がしていたけど、案外そうでもなかったらしい

しかし嘘つき呼ばわりしながらも智章はアイが記憶喪失に悩んでいることは確かだと判断し、ひとまず自分に出来ることはこれしかないとして翔の書いていたアイのイラストを渡した。アイは事務所を飛び出して喫茶店で談笑する翔と奈々美を見て記憶を取り戻すも翔と奈々美の関係がいい感じに見えすぎて居場所が無い事を勝手に悟って涙して次回へ続く。

延々暗いだけの主人公…という状態がついに3週連続。長すぎていい加減ちょっとしんどくなってきた。デッキを翔に握られたままでいつ再生終了なのかも把握していない清水が異様に強気なのも不自然だけど、翔にしてもビデオデッキというアイの生命線にして最強の切り札が手元にあるわけで、何故それを生かして清水と渡り合おうとしないのか。そして延々沈んでいて無表情だったくせに、いざアイが現れたタイミングに限って奈々美と穏やかに談笑してしまうという異様な間の悪さ(その前までは奈々美相手でも無気力状態だった)。そういう主人公なのか。ドラマ開始当初はちょっと主張が薄いけど心優しい少年みたいな感じだったのにこの3週間でなんかもうすっかり…。

オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~ 9話

ドラゴンボール愛ナンバーワンを競う天下一武道会と称してレギュラー陣がドラゴンボールに関するプレゼンを行うという事実上ストーリーが存在しない特別回。月山(伊藤淳史)、金城(‪栁俊太郎)は基本ノーマル姿だが、コスプレしている火村(生駒里奈)、木暮(佐藤仁美)、水川(寺脇康文)もノーマルスタイルで登場し、ほぼ素に近い状態。審査員にして前オーナー役で登場した関根勤は何故か設定が無く関根勤のままという。

どんなDB話が聞けるのかと期待したら水川が紹介したフリーザに勝った悟空以外の人物というネタは『超こち亀』の両津だったというネタ。結果的にはこれが1番まともなプレゼン話だったが、わざわざ前オーナー兼審査員として実名で登場していた関根勤がいきなりこの話を知らなかったなどと言い放つ始末

続く火村のプレゼンは悟空が働かないダメ男というネタ。叩かれないようにかなりフォローしすぎなくらい最後に持ち上げようとしているのが印象的だった。木暮はブルマが凄いとしてもう1人の主人公だ、恋愛漫画だなどと無理やりなプレゼンを何故か不機嫌調に行い、金城のプレゼンは最早DB作品内容には関係の無い漫画としていかにDBが凄いか…というか鳥山明が凄いかという評論路線に突入してしまい、月山に至っては少年時代に黄金期だったジャンプを苦労して購入できた話という最早DB無関係の話を繰り出してそのまま優勝してしまう始末。

どんどんDBから離れていき、関根勤は最後まで元オーナーらしい博識を示すことすらなく、意味不明な謎の例え話で無理やりまとめて煙に巻こうとし続ける。大物なのでカットするわけにもいかないのか…。今回、土田(斉木しげる)は司会者としてプレゼンごとにマニアックな裏話を披露するなど、これまでのストーリーから一貫している博識ぶりを示していただけに、前オーナーが話聞いてひたすらへ~とか感心するだけで「まるで~のようですよね」などと、DBもジャンプも無関係で意味不明な例え話を持ち出して場をポカーンとさせるだけというのはちょっと酷かった。関根勤って元々ジャンプ好き芸能人の1人として起用されたんじゃなかったのだろうか。ジャンプ好き、DB好きを感じさせるような言動が何一つないどころか無知で場違いなオッサンになってしまっていたような。

ラストでは自身の覚醒玉を見つめる土田という引きはあったものの、結局今回ストーリーは無いわ、DB話が実質ほとんどされてないわで思った以上にグッダグダ。ようやく馴染みのあるドラゴンボール回だったというのにまさかこんな出来になってしまうとは…。

リピート~運命を変える10か月~ 9話

鮎美(貫地谷しほり)の妊娠が発覚し、生むから残るととんでもない事を言い出した。由子(島崎遥香)の件から捕まる危険性を真っ当に訴える圭介(本郷奏多)の言う事も聞かない非常に面倒な奴と化した鮎美は大森(安達祐実)にも相談を持ち掛けるが…。

先週失踪した天童(ゴリ)はリピート仲間の死の真相が「運命」だったことに気づき、大森と風間(六角精児)に拘束されていた。風間と余命間近な大森はリピート仲間であり、先にリピートしていた風間は余命間近の大森を部下として起用していた。

由子死亡問題、天童怪しい問題、鮎美妊娠問題と考えることが多すぎる状況下でちょっと強引だったが圭介もまた改めて事件を整理して思考した結果、「運命」説にたどり着いたことで風間に呼び出され真相を聞かされる。風間は既に10回リピートしており、これまでのリピート仲間は全て何らかの事件に巻き込まれて死亡している者達だった。9回目のリピートで彼らを全員救い、その上で10回目のリピートに誘って今回は全員を運命に任せ誰が生き残るかを観察して楽しんでいたという。

なお最初に死んだトラックドライバー高橋の今回の死因は運命ではなく、偶然運転中にリピートしてしまい意識が定まらなかった事による本来の運命とは違う事故死だったという。

また天童が金を貸していた人物が転落死した案件は、その人物の自殺を事故死に見せかけて娘に保険金が入るようにしてくれと死の間際に頼まれたためだったことが発覚。じゃあ由子の死体を迅速に処理できたあの妙にこなれた感じは何だったのか…。

蚊帳の外になっていた鮎美だったが、大森のコートからタバコのにおいがしたことから天童との関与を疑い尾行して大森のいた天童の監禁場所へたどり着くなどかつてないキレを見せた。これにより実はあんまり真相に気づいてなさそうだった鮎美も事態を把握する事に。しかしこの期に及んで残ると言い張るところは変わらず。風間を神とあがめる大森を2人がかりで説得し、大森は余命間近の運命と向き合い風間の手伝いを辞めると宣言して去っていった。

一方で圭介は自身の本来の死因がバイト先の新人キャバ嬢と付き合い始めて由子に殺される運命だったと知らされる。あんなナイフ持って特攻しても1発も当てられないほど殺傷能力低い由子に殺されたのか…。そして鮎美の死因はトラック事故であり、今まさにこれから起こると知らされる。助けたければリピートには連れていかない、見捨てるならリピートに連れていくと迫られる圭介は天童が大森から風間を出し抜けるリピートに関する何らかの情報を得た事を知らず困ったまま次回へ続く。

ということで一気に真相が判明した激動展開に。全員本来は死ぬ運命だったので今回は運命通りだったという事と、鮎美の死亡は1番最後の予定だったのでまだだったというのがポイントだけど、圭介だけは鮎美と知り合っただけでで知らないうちに死を回避できていたというのが地味に凄い。しかも本来殺されるはずだった相手を殺し返しちゃってるわけだからなんか1人だけ異次元だ。

大森がリピートをあきらめてしまったのは難しいところではあるけど、問題は生むと言い張って由子死亡時のあのショック状態を失念している主人公か。果たしてどう終わるのか。原作通りだとかなり後味悪いのでなるべく救いを持たせる方向で終わってほしい。

25th Anniversary DEEN LIVE JOY Special 日本武道館2018

2018年3月10日、25周年ピタリ記念日に1年4ヵ月ぶりの武道館ライブ。08年15周年で始まり、その場で毎年やろう!と言いだしてから、2012、2017は47都道府県ツアーのため休止した以外は本当に毎年無理やり武道館ライブを継続。20周年はまさかの2daysも行ったが、年々黒幕は増えていき、前回2016年11月ではついに東西がほぼ全滅、南東・南・南西も後ろの方が5列近く空白という武道半どころか武道半以下なんじゃないかという厳しい状況となり、当然黒幕も足りなくなった

「空席が目立ちますが…25周年は埋められるように精進します」という正直なMCも飛び出す(Blu-ray/DVDではこの発言カット)ほどだったが、迎えた25周年は初めてピタリデビュー日に行われる事が発表された(15周年は6月、以降5月の第2土曜付近、20周年からは10月第2土曜付近へ移動して2016年のみ11月末)。

今年は早いなぁ…と思っていたらほどなくして衝撃のギター田川伸治脱退。そのラスト公演となる武道館公演の売れ行きは激しさを増し、いつもはいつまでも売っているファミリー席が早々に購入不可になった。

そしていざ行ってみると…前回とか本当に人がいなかったんだけど人の多さに驚いた。グッズは長蛇だし、いつも入場している正面がグッズの長蛇に巻き込まれているため、2階席入場が裏側の入場口に回されていたり。

それ以上に近年はもうダフ屋さんも匙を投げる始末の究極セリフ「アリーナ半額だよ~アリーナ半額だよ~」(死んだ目と棒読みの連呼)が飛び交っている始末だったが、今日のダフ屋さんは余ったチケット買い取るよ!というしばし聞いていなかったセリフを連呼しており、さらにはチケット譲ってくだ隊の人までいた。…これがDEENのライブか?

いざ入場してみると…黒幕はあった。やっぱり黒幕はあった。しかし黒幕がしっかり足りている。具体的には東西のちょうどピタリ半分が黒幕(東西の入口部分のちょうど真ん中からステージ方向が黒幕)。外の人の多さは15周年級だったので東西も全部埋まったかと思ったがこの辺は現実は現実だった。とはいえ東西全滅からの半分復活だ。さらに南東・南・南西は後ろまでギッシリ。結局右隣が空席のままだったが、黒幕以外の部分は軒並み埋まっていた。15周年ほどではないけど、最初の2,3年に続く実動員数なのは確かだろう。 「25th Anniversary DEEN LIVE JOY Special 日本武道館2018」の続きを読む…

モブサイコ100 8話

律(望月歩)が能力に目覚めて力に溺れていく展開に。生きていたエクボが乗り移りを画策するがエクボの企みに反して憑依してもエクボは律の意識を奪って乗っ取る事ができず、エクボが憑依することで律が意思を保ったまま自力では自在に操れない能力を操れる…という増幅装置の役割に。まずは不良たちを一掃していく事に。前回の敗北で改心した花沢(荒井敦史)がこれにいち早く気づき、モブ(濱田龍臣)との懸け橋役となったことで改めて律はモブに宣戦布告するが…そこに顔に傷のある危険な集団『爪』の1人が現れ…。

モブに宣戦布告したはいいが、モブには勝てないと察したエクボは速攻離脱。現時点での律の力はエクボ憑依状態でも花沢に抑え込まれてしまう程度でしかなく、その花沢を100%にならずとも最大攻撃でも軽く防いだモブ相手ではどう考えても勝負にならない。花沢が指摘していたように単に力を過信しているようにしか見えないが果たして…。というか兄弟ゲンカよりも、ついに顔に傷のある集団『爪』とのシリアスな話になるのか。