DEEN池森バイキングに出演

DEENボーカル池森秀一が昼の番組「バイキング」(「笑っていいとも!」の後枠のやつ)に出演。なんかVTR出演で「人生を変えた名曲」を語るというコーナーがあったらしく、そこに単独で呼ばれたらしい。

冒頭のDEEN紹介では

・このまま君だけを奪い去りたい(99年横浜アリーナ)
・瞳そらさないで(08年初日本武道館、キー2下げ)
以下ナレーションに被せて
・翼を広げて(99年横浜アリーナ)
・少年(02年和音ツアー、『和音』でのリメイクバージョン)

と紹介。何故「瞳そらさないで」だけキー下げ音源を使ったのか謎だが、それよりもフジテレビなのにDBGT主題歌の「ひとりじゃない」を使わずに何故か最後が「少年」。ほとんどライブでやらず、たまにやってもアコースティックコーナー送りとかなのでほとんどライブ映像が無く、原曲でのライブ映像は1つもない「少年」を“数々のヒット曲”の煽りと共に流すとかなんか凄い。

ニューアルバムに2度目のリメイクバージョンが入っているから気を利かせてくれたのだろうか(『PARADE』のジャケットを映して紹介した際に「少年」のニューバージョン収録とか説明書きつけてくれてたし)。ファン人気は非常に高いものの、両A面の2曲目だし、当時ブーム終了後の落ち目期であり、世間には記憶されていない気がしてならないが…。

池森さんが紹介した「人生を変えた名曲」は安全地帯の「悲しみにさよなら」。歌手を目指すきっかけになった曲だという。デビュー前ブラックミュージック一直線という情報が先行しているけど、そういえば安全地帯とか音楽の原点だとかどこかで語っていたような…。

その後歌手を目指してブラックミュージックのシンガーとしてバンドをやっていたという紹介と共に池森さん以外全員黒人というバンドメンバーの当時の写真も登場。これは初めて見た。その後の試しでいいから歌ってくれと「このまま~」に繋がるのはTV出てヒストリーな話になったらもう毎回語っているような話。

ミニコーナーだし1曲他人の曲紹介して終わりなのかと思ったら「このまま~」「瞳~」の2曲を続けて紹介。「このまま~」は試しで歌ったらデビューする事になっていきなり大ヒットして実感が無かったといういつもの話だったが、「瞳~」に関しては初ライブとなった学園祭ライブで1曲目に披露して歓声を浴びた際にプロとしての自覚が本格的に目覚めた(それまで一切TVもライブもしていなかったため初めて直にリスナーの反応に触れたのがこの瞬間だったためと思われるがその説明はたぶん池森さん喋ったんだろうけど端折られた)という形で語られた。意外と語られることが無く、15周年頃からたまにTVに出ても一切披露されてこなくて、あまり曲についてコメントされたことの無かった「瞳そらさないで」に関して何かしらのエピソードが語られたのは初めて聞いたかも。

さらにニューアルバムの宣伝(ただし曲はかからずジャケットのみ)、25周年イヤーとかソニーが勝手に造語で売り出してるけど「来年25周年」としっかり宣伝してコーナーは終了した。

15周年、20周年でもメディア出演はやや増えたが、来年は更なるTV出演も期待できるかも?

雑記

ごめん、愛してる 5話

アメリカに行っている事になっているのでそう簡単に帰れない凛華(吉岡里帆)は律(長瀬智也)、若菜(池脇千鶴)と息子と暮らし始めるが、若菜を襲っていたヤクザがここらを仕切っているヤクザで出店を禁じて脅しをかけてきたため若菜失職。というか7歳程度の知能であんな路上販売だけで生活費稼げていたとは思えないんだけど…。むしろ行政の支援とか受けられるんじゃないのか。

働きたいと主張する若菜。そして凛華があっさりサトル(坂口健太郎)に発見され、アメリカに行ってない事がバレてしまったので若菜を家政婦として雇う事に。怪しむ麗子(大竹しのぶ)。そりゃこの何か月かで続々と得体のしれないのを連続で雇わせてほしいとか言われたら困惑するわな…。

若菜の脳の障害の事を律が誰にも説明しないのでみんな少し幼い感じのおかしい子、教育を受けてないおバカな子としか思ってない感じなんだけど大丈夫なのこれ。隠す方針なの?

さらに指輪が無くなったと麗子が騒ぎ、若菜を勝手に疑ったことから律はブチ切れる。サトルが指輪を別の場所で発見(麗子のピアノ部屋に落ちてたという失態)、双方の間に立ってフォローに走り、なんとか事態は収まった。またサトルは塔子(大西礼芳)との結婚を決め、パーティーを開くことにするという焦りっぷりで、麗子にピアノ演奏を依頼。しかし麗子はケガによる引退から無事な方の片手での演奏も満足できない状態で苛立っていた。また昔は貧乏で疑われる事もあったのに同じことをこの年で他人にしてしまったと律に珍しくきちんと謝罪。唯一の生きがいだったピアノを失い、代わって生きがいだったサトルまで離れていく…と何故か律にだけ苦悩を語り始め、律はあんたのピアノは子守唄のようだ、ただピアノを弾いてやればいい(技術的な話じゃない)とアドバイスした事で解決。

少しは関係が良くなったと思いきや、その後サトルと塔子が婚前旅行に旅立ってしまうとフラフラになり、倒れそうなところを受け止めてくれた律に「触らないで!」と1話の繰り返し。面倒なおばさんだ…。

傷心の律は凛華に抱きしめてもらっていたが、薬を忘れて帰ってきたサトルが目撃してしまい呆然。女として見るなんて無理とまで言い放ったサトル坊ちゃま、遊ばれてるのに塔子塔子言い続け、焦ってスピード婚約にまで持ち込んだサトル坊ちゃま、何故そこでフリーズする…。ていうか人ん家の軒先で抱き合ってる2人が悪いんだけど。

また1人律の正体を疑っていた三田(中村梅雀)は若菜の発言からリュウという偽名を使っていた疑惑の男の本名が律だったのを知り、出身の孤児院にまで出向いて完全に正体を確信。しかし逆に自身の罪深さに打ちのめされてこれまでのように強気に出られなくなってしまう。そんな中、業を煮やした加賀美(六角精児)はついに隠し子疑惑の記事をスクープして次回へ続く。

そういえば前回鼻血まで出て一気に症状が加速したのに今週は症状全く出ず。ていうか出まくったら運転手なんて危険すぎてやってる場合じゃないんだよな…。

ドラゴンボール超 103話

17号が第2宇宙の戦士2人を撃破し、リーダー格の戦士がブチキ切れる。悟空を襲っていた戦士の方はノーマルのままで油断しきりな悟空を包囲して追い詰めるが余裕のある17号がバリアで助けてあげ、逆に悟空が追い詰める形に。リーダー格も本気を出せぬまま仲間のピンチに舞台際に追い詰められるも瞬間移動を使える部下が駆けつけて離脱。結局こいつら放置に。また戦うとも思えないので知らない間に誰かにやられるパターンだろうか。

悟飯とピッコロの元にはボタモが登場し、悟飯が連打で追い払い勝利。第6宇宙はようやく1人脱落。そこにいつの間にか残り2人になっていた第10宇宙の2人が勝負を挑んできた。第10といえば前シリーズのザマスの師匠であるゴワスが界王神をやっている宇宙。今回ザマスの反省から戦士の人選に一切参加せず破壊神が筋肉バカばかり集めてきたので最初から雑魚臭しか無かったが残った2人はそれなりに強いはず…。

と、思ったら1人はピッコロの魔空包囲弾であっさりやられてしまう始末。もう1人は気を揺らす技術で悟飯を翻弄するが、潜在能力開放状態になると形勢逆転。力で押し切って勝利し、第10宇宙は消滅となった。サブタイトルが「悟飯よ非情なれ!」とかだったのでまた甘いところを見せる→ピッコロに怒られる→非情になって勝つ、とかいうパターンが繰り返されるのかと思ったらそこはもう学習していた。相手戦士にも家族がいて消滅を承知で悟飯は押し切り、背中でその辛さを語らせるという意味合いだったようだ。

神チューブ発言以降、何だか愛嬌があったゴワス、未来(別世界)では部下(ザマス)に消され、今度は全王に消され…嗚呼。

それにしても破壊神連中はどいつもこいつもいつまでも悟飯の事を「悟空の息子」「息子」と名前を呼ばずに2世扱いのまま。強かった頃の悟飯を知らず、悟空至上主義になってから登場した人たちなので仕方ないとはいえ、今シリーズで強さを取り戻し、超になってから悟空&ベジータの圧倒的2強扱いでここまで来ていたところ、このシリーズになってからはベジータが一気に退いて、悟飯の強さを復権、現在はED映像のラストカットが悟空&悟飯になっている事からもベジータを再び追い越したNo.2ポジになっているのにいつまで続くの2世扱い。ブウ編での対応から悟空より悟飯を信頼している界王神、悟飯に潜在能力開放を施した老界王神もそこまで悟飯に対してコメントしてくれないのでなんだかな。

ハロー張りネズミ 5話

漫画家の北村(内田慈)の娘(後藤由依良)を狙う悪霊の正体を探し、倒す後編。ゴロー(瑛太)と河合(蒼井優)は悪霊が入っている古い柱の出所を探って奥多摩山中へ。そこの家の祈祷師の婆さんは依頼を受けて呪いのワラ人形を制作するのにその柱を使用。柱はその影響で悪霊化。婆さんの死後、売りに出されていた空き家でこの柱を発見した北村の当時の旦那が柱を気に入り、新居にこれを設置させたという。娘は霊感が強く、反応して悪霊が解き放たれたらしい。

仕事場に娘を連れてきていた北村だったが締め切り間近でアシスタントに全力ヒステリックに叫び倒して罵倒するどころか、娘にまでヒステリックに怒鳴り散らすなど荒れており、娘は何かに憑りつかれたように包丁片手に自宅へ戻って封印を解き、悪霊と対峙。柱に引き込まれてしまう。

前回ラストから娘の全身に赤いアザが出ていたので北村が虐待したのかと思ったが、娘の精神状態が悪化するとより鮮明に浮かび上がるようになり、その後の娘は包丁片手に半ば導かれるように悪霊の元へ向かっていったので霊気にアテられてアザが浮かんでいたという設定なのか?イマイチよく分からなかった。悪霊も悪霊で包丁を受け取ると離れたところにいる北村をめった刺し(ただし流血せず激痛が走るだけ)にするという攻撃も。北村、ほとんど全力リアクション芸人みたいになっててさすがに吹いた。

駆けつけた河合はゴローと共に娘を救出。その後、河合の念仏で何とか悪霊を爆散させることに成功した。河合によれば自身の霊力だけでは戦えないので娘の力も必要とのことだったが娘が何かする様子は無く、河合も側にいるだけでいい、ゴローにも娘を自分にくっつけておいてくれと頼むだけなので文字通りに見た目ひっついているだけで絵的に地味だった。蒼井優のドスの効いた念仏や「ハァァァァァァァァァァ!!!」という普通の作品ではまず発しないような能力放出系の叫びもシリアスなんだけどどこか滑稽でもあり。

北村は仕事場を解約して自宅を仕事場とし、霊のいた部屋は娘の希望で娘のマイルームに。大丈夫なのか不安な感じは残しつつ、娘も最後まで何考えているのか全く分からない表情や態度のまま終了。河合によれば成長と同時に能力が高まる場合も消える場合もあるとか。

ぶっ飛んだ話で前エピソードのようなスッキリせずに終わる話に比べれば面白くはあったけどいつの間にか初回から視聴率が半分以下になってしまったというのも分からなくもない。グレ(森田剛)は冒頭で元夫に柱の出所を聞きに行っただけだし、蘭子(深田恭子)も元ベビーシッターからあの家は怪奇現象が起きるからみんな行きたがらなくなるという別に無くてもいいような情報取ってきただけ。思った以上にほぼ瑛太+ゲストのコンビで物語の大半が進行するので森田ファンも深田ファンもこれはしんどいだろうなぁ…という。

僕たちがやりました 4話

襲撃されていたトビオ(窪田正孝)だったが、金を奪って逃げたマル(葉山奨之)への恨みから強烈なパンチを繰り出して逃走に成功。伊佐美(間宮祥太朗)と合流し、ヤバ高教師の熊野(森田甘路)が犯人に違いないと決めつけて盛り上がる。熊野の自宅へ侵入してPCを調べた2人だったがそこには生徒の盗撮動画が大量に保存されていた(女子生徒ではなく男子生徒の盗撮)。同時期に刑事たちに盗撮を自供していた熊野が刑事と帰宅したので2人は逃走したが、逃走直前に盗撮動画の1つに犯行前日の映像が記録されていた。

そこには去っていくパイセン(今野浩喜)が気づかずに爆弾を蹴ってすっ飛ばし、そのままプロパンガス付近へ爆弾がセットされるというもので、これにより犯行が完全に自分たちのものだと判明してしまった2人は絶望、仲違いしてしまう。挙動不審から警官に追われたトビオはズボンと靴を失いながら路地裏に逃げ込み完全なホームレススタイルに。そこにヤング(桐山漣)と名乗るホームレスが靴とズボンを提供してくれ、トビオはすっかりなつくも、ソッチの人だったらしくリアルに襲われ、お尻を晒されてピンチなところで次回へ続く。

マルは熱海でキャバ嬢のおのののかに貢いで豪遊していたが豪遊しすぎてすべての金を使いきってしまう。また盗めばいいんだ!と暗黒に微笑んでいたがコイツはもうサイドストーリーで強盗ギャグでも延々やってればいいよ…。

市橋(新田真剣佑)は半身不随になっていたらしく、徐々に求心力を失いつつあり、蓮子(永野芽郁)には弱音を泣き叫ぶなど弱さを見せ始める。蓮子は告白するため、市橋は殺すため、共にトビオを探すことに。

また熊野の動画でパイセンも自らの犯行を自覚、自供する事になったがそこにパイセンそっくりな謎の男が真犯人だと名乗り出てきた…など進んでいるようでのらりくらりな展開…。