ごめん、愛してる 最終話

凛華(吉岡里帆)の元から離れ、塔子(大西礼芳)を頼り塔子の海辺の別荘へ移動した律(長瀬智也)、若菜(池脇千鶴)、魚(大智)。だがせっかく姿を消したのもあまり意味が無く、苦しむ姿を見られたくない律はやっぱり若菜、魚は家に帰してくれとお願い→若菜の家で凛華が張っていたので居所バレる→結局律と再会。いつの間にか塔子の姿は無くなっていた。

残り少ないわずかな時を共に過ごそうとする凛華だったが、そこに放置されっぱなしのサトル(坂口健太郎)が既に管に繋がれた状態なのに無理をしてやってきた。執念怖ッ!!と思ったら、目的は律で、サトルは施設で育った子供で麗子(大竹しのぶ)の養子だったと明かす。サトルの父親について不自然なまでに一切触れられたことが無かったのはこのせいだったのか。またその少し前に「死産だった」という子供の事をそれとなく聞いていたサトルは、養子の自分にここまで命かけるような麗子が実の子を当時そんな扱いにするとは思えないと疑問をぶつけるも、案の定心臓が悪くなり強制帰還。

状態の悪い律を見かねた三田(中村梅雀)はついに真相を律にゲロった。やはり麗子は産んだ直後に意識不明に陥り、3日間昏睡。その間に三田が独断で律を捨てに行って、医者とも口裏を合わせて死産だった事にしたという。目的は不倫相手の子供を持つ未婚の母となってはピアニスト生命が絶たれるという事。不倫が妙に叩かれるここ1,2年と違って30年以上も前はそこまででもないのではないかと思ったら、それは言い訳に過ぎずやはりあの男の子供を産むのが許せなかったと小物らしい発言。小物男の嫉妬だったっぽいが、三田の妻(凛華の母)ってどうなってんだ。何はともかく大号泣懺悔謝罪土下座が三田のラストカットとなった。

気を利かせたサトルにより(さすがに麗子に直接勝手に真相を言えない)、律と麗子は2人きりになるがご飯を作ってくださいといっておかゆを御馳走になるだけでそれ以上はやはり言えない。しかし麗子は律が去った後に理由の分からない涙を流し…。

塔子の別荘に留まったままの凛華の元へ向かった律だったが、またしても寝ている間に律は去ってしまう。こいついつも寝てんな…海岸沿いを塔子に借りたと思われし車(赤い車だったのでたぶん)で去っていく律だったが、何故かその後目覚めた凛華に電話をかけてきたときは海岸にいた。思い出の指輪を捨て、凛華の携帯に残していた自分が写った写真も消去した律だが、最後に「ごめん、愛してる」とドラマタイトルを告げてクライマックス。波打ち際をそのまま遠くまで歩いていく律の姿が最後となり1年後

復活したサトルがコンサートで兄のおかげで生きていると告げ、兄に捧げるとして演奏。麗子もそれを聞いていたので、律の死の前後でようやく麗子にも真実が伝えられたようだが、耐えかねて途中退出。塔子が泣いているんですか?と心配して追いかけてきたが、麗子は実の息子は捨てたと強がって出番終了。ていうかサトルが死にかけた原因の山中デスドライブを決行した主要因である塔子がよくまあぬけぬけとコンサートに姿を見せられたな

若菜、魚は何も知らず律の帰りを待ち続けている様子(ある意味で1番救いが無い)。1話冒頭でも少し出てきた韓国の律との出会いの地で律を弔い、笑顔を見せる凛華で終了。

全部終わっての感想

終盤になってからの病気をネタにほとんど脅迫で迫る狂気の結婚迫り親子がホラーだったのと、最終回まで三田が罪を隠蔽し続けたのはストレスだったけど最終的には細かいことはすっ飛ばして綺麗にまとめた感じ。出会った時から寝過ごす凛華…というのが最後まで貫かれたので最後の会話が電話越しになってしまい、あまり盛り上がりきらなかった上に、親子としての対話が結局果たせないままだったので、まあ途中からそうなるだろうなという予定調和ではあったけど物足りない終わり方でもあった。三田に関してはもっと制裁されてもよかったと思うけど最後のコンサートで付近にいなかったのは、律の真実を知った麗子に見限られ(失職)、同じくそれが伝わった凛華にも絶縁されて全て失った…くらいの状態になっているから出てこなかったんだろう。きっとそうだろう。

長瀬が余命間近で頻繁に苦しむんだけどしばらく苦しんだ後は何度も復活…というのは09年の映画『ヘブンズ・ドア』を彷彿とさせた。当初ほとんど不審者だったところから凛華と触れ合ううちに笑顔を見せるようになったり、弱い部分も見せるようになっていく後半は深みが増していって良かった。長瀬主演ドラマはストーリー的な理由から途中で見なくなってしまう事も多いんだけど、連ドラ出演は続けてほしい。今回は違ったがTOKIO新曲発表の要でもあるし…。

ヒロインの吉岡里帆は初めて見たけど、若き日の吉岡美穂や木村文乃みたいな雰囲気。当面はここ4,5年の木村文乃の後継みたいな存在になりそう。大竹しのぶはなんか最近この手の役ばかり見ている気がするけど、意固地でヒステリックなおばさん役が実にハマる。

坂口健太郎は最近流行りの優しい系の若手って感じ。実はもう20代後半なんだけど、この手の大学生っぽい雰囲気のままの俳優が最近多い気がする。反町とか竹野内みたいな20代の人気俳優って最近あんまり見ないような…。

ごめん、愛してる 9話

凛華(吉岡里帆)にサトル(坂口健太郎)に心臓をやると宣言した律(長瀬智也)だったが、それ以上説明しないので怒らせてしまう。しかしそれを聞いていた麗子(大竹しのぶ)は即座に家にやってきて真意を問いただす。

なぜそこまでするのか?の問いにだけ回答しないまま、自身の死期を語った律は条件として若菜(池脇千鶴)、魚(大智)の今後の生活をお願い。その場で歓喜するほどさすがに麗子もクズではなく、明確な返答もしていなかったが、翌日には若菜の家の家電一式が麗子の手配により総とっかえに。話を聞いたその日はひとまずサトルの元に向かって意識を回復したサトルを見届けた後に、即日手配したと思われる。死んだらその後頼むと言ったにも関わらず、翌日配送とは浮かれすぎである。

さらにその後、単に手書きの遺言だけでというバカな真似はせずに、ちゃんと医師に提供したいと申し出て律が検査を受けて適合するかの検査結果が1週間後とされ、まだ検査を受けた事さえ報告していない状況なのにサトルにドナーが見つかったなどと安直な言葉を与え、リュウ(律)を見かけたというサトルに頑なに見間違いだ!と連呼するなど明らかに怪しい行動を。

目覚めたサトルは凛華が律に気持ちが行っているのを承知の上で、目覚めるなり凛華と結婚すると一方的に麗子に告げ、凛華が断れないような狡猾さを見せる。明らかに表情がフリーズしている凛華相手に話を進めようとするサマは、一方的に塔子(大西礼芳)へ求愛していた時から

ま る で 成 長 し て い な い 

白髪鬼時代の安西先生の顔が浮かんでくるレベル。さらには律を呼び出していつの間にか律の余命間近な事を聞きつけ、自分の方が長生きするから凛華は譲らない!などと外道な宣言。しかし実際にはきちんと勝負して勝ちたいと考えてのこの発言だったようで凛華をなんだと思っているんだ律があっさり凛華を任せたと言い放つ聖人っぷりを見せると梯子を外され動揺。

何故心臓をくれるのか、そこまでして生きようとは思わない、そこまで卑しい人間じゃない!少しは卑しい自覚があったらしいサトルに、律は弟だからだとあっさり真実を明かす。サトルもサトルで混乱しながらも「死産だったっていうあの…!?」と信じがたい状況ながら受け入れ、律はサトルで手いっぱいの現状で自分の事は明かさない方がいいと考えているとこれまた穏やかな聖人的発言で去っていく。律に凛華をかけた勝負を挑もうとしていたサトルは精神的には完全敗北ていうかこれ心臓に悪くない?

加賀美(六角精児)は病室付近を意味もなくうろついていたところを律に見つかり、麗子を恨んでいる理由を明かす。姉がー!麗子の不倫相手の指揮者の妻がー!どうこうと一気にまくしたててかなりあっさり流されてしまったのでイマイチ人間関係が良く分からなかったが、とりあえず身内の恨みだったってことの模様。恨みを生きる原動力にしていた加賀美に、律は弟と母のために命を捧げる覚悟を生きる意味だったと説き、恨みだけで生きる人生をやめるように諭すという聖人っぷりで加賀美も氷解した模様。というかもうこの人出てくる幕が無

麗子は三田(中村梅雀)には律が死ぬので心臓を提供するといっていることを伝える。動揺した三田だったが、どうもこのオッサン、激しい動揺によるけっこう分かりやすい狼狽を見せてもその後の精神の立て直しに長けているらしく(律を捨てた事を40年近く隠し通すばかりか、麗子にさえも死産だと信じ込ませて騙しているくらいだからな…)、凛華にはサトルと結婚すべきだと言いくるめようとし、それでも律に行こうとする凛華に勝手に律の死期が近いという部分だけバラしてしまう。律はギリギリまで凛華にだけは隠そうとしていたのに…。

律を追いかけてきて倒れている律を発見した凛華は何故かビジネスホテルに通し、三田から聞いたという凛華に対して一瞬の間はなんであのオッサンが知って…あっ麗子が話したのをゲロりやがったな…と理解した間に違いなついに観念。しかし母親、弟という話はせず、そばにいたいという凛華といい感じになりかけるが寸前で踏みとどまりプラトニックなままに。というか1話の時のリフレインのような演出で凛華が目覚めると律は既に去っていた。そして去っていった先には何故か今回全く出てこなかった塔子が…という塔子の使い方が前回から当て込みになってない?というところで次回へ続く。

律が聖人化著しい一方で身勝手な醜態をさらし続ける親子、なんかあっさり流されたジャーナリストの恨み、次回ついに土下座号泣謝罪確定の三田、ヒロイン感高まる凛華。救いはほとんど無さそうだけど、せめて少しは救いを。あと三田には相応の天罰を。

ごめん、愛してる 8話

凛華(吉岡里帆)の告白を振ってしまった律(長瀬智也)。その場では気にしないそぶりだったが、ダメージは大きく、その一方でサトル(坂口健太郎)包囲網はどんどん強化されていく。サトルの体調が危険な状態にある事からつきっきりでいなくてはならない。ここぞとばかりに三田(中村梅雀)はサトルに思いが通じてよかったな、あの男(律)は気の迷いだったんだろと余計な事を畳みかけて凛華との溝を深めてしまうが「律」という名前が出た途端に「麗子(大竹しのぶ)さんの前で「律」の名を出すな!」と命令。さすがにこのオッサンの律の事になると突如様子がおかしくなる情緒不安定芸も1パターンになってきた。そろそろ凛華が怪しむとか変化つかないだろうか。麗子は麗子でサトルと凛華を結婚させようと強引に勧め出し、命を盾に迫る親子の狂気はどんどん険しく…。

律は韓国の仲間から律を兄と慕っていたペクラン(イ・スヒョク)が撃たれて重傷だと告げられる。復讐のために力を貸してくれと言う仲間は、ペクランが探し出したというマサチューセッツ大学の脳外科の権威なら手術をできると言い、律は了承。律の事はペクランが非情に慕っていたものの、身内でも無い異国の人間相手に慕いすぎていたため仲間内では律はけっこう煙たがられており、そんな仲間の言う事だけにデタラメ臭ハンパないんですけど…。律も最初は余命間近の自分を利用するつもりかと疑っていたがマサチューセッツ大学の脳外科の権威のパンフでコロッと。

ただ律もさすがにバカでは無かった。しっかりと先日主治医になったばかりの日本の医師に伺いを立て、嘘だろうと言われ激昂するもペクラン本人へ電話して確認を取り、仲間の話は全部嘘だった事を自ら暴くことに成功。抱いた希望を打ち砕かれた律は絶叫したまま倒れてしまい、そこに何故か塔子(大西礼芳)が通りがかる。最早サトル一派からは塔子?最初からそんなやつはいなかった状態の扱いになっていて出番が無さそうだったがこんな雑に出てくるとは…。深い話するほど仲良かったっけ…?逆に他のレギュラー陣と疎遠だから話しやすいのか。

サトルは律の家に出向き、そこに韓国の仲間も来ていたのでお互い律に会えないままに、仲間から律の病気の事がサトルに伝わってしまう(本名「律」は韓国の仲間内でも「リュウ」で通していたのでバレなかった)。しかしそれを知りながら握りつぶしたサトルは帰宅後凛華へ改めて好きだと告げまくる。さらに海外への旅行を提案してそこには教会があって式も挙げられるなどとほざきだす始末でそろそろ忘れ去られた塔子がかわいそうになってきた。塔子の方が酷かったはずなのにおかしいな…。

だが、旅行を急ぎすぎたサトルは結果それが致命傷に。なんと律が韓国へ旅立とうとしたのと日程・空港が丸被りしてしまい、空港で律を見つけた凛華はサトルを放置して律の元へ爆走。律を危険な目に合わせないから一緒に行く!と言う凛華に俺は守ってやれない…と告げいよいよ余命を告白するのかと思いきや、発作を起こしながら追いかけてきたサトルが倒れてしまい、最終的に前回冒頭と同じような展開に(凛華が自分のせいだと嘆く、麗子取り乱す)。八つ当たりする余裕が無いほど麗子が悲しんでいるのを見た律はついに心臓を提供する決意を固め、凛華に告げ、凛華がトツゼンナニイッテンノ?状態になったところで次回へ続く!

次回は一気に話が動くようなので、今回の律が助かるかも!?からのやっぱダメでした展開や妙に偶然出会う登場人物たち…という雑な展開で遠回りした結果、結局サトルが事故った直後とそんなに変わらない展開に戻ってくるという尺稼ぎみたいな回だった。ペクランが重傷というのが嘘だったのは判明したが、律が韓国に呼び戻されようとしている理由は結局よく分からず、ペクランとの電話も途中で終わってしまっていた上に、韓国仲間も嘘がバレた割には言い訳なのか何なのか良く分からない説明を妙に余裕持ってまくしたてているわで、結局律を鉄砲玉として利用したい…以外の事情が良く分からなかった。

ごめん、愛してる 7話

父の死で本性を見せた塔子(大西礼芳)にフラれたサトル(坂口健太郎)は山中を高速でブッ飛ばすデスドライブで一時心停止、意識不明の重傷に陥る。駆けつけた律(長瀬智也)にあなたが運転手をしていればこんなことにはならなかっただの、いざという時はサトルのために命を捨てろと命じたのに!などとムチャをのたまいクビだ!と八つ当たりする麗子(大竹しのぶ)。先日は初めて心の内を語ってくれたのに何この態度。

どう考えても飛んだとばっちりなのに律を嫌う三田(中村梅雀)は雇用主のお墨付きが出たのでここぞとばかりにさっさと消えろと言う態度を見せその小物っぷりを見せつける。さらに凛華(吉岡里帆)と律が一緒にいたと知ると重ね掛けでブチ切れた麗子は凛華にも帰れと告げる。

そもそも婚前旅行に行っていたはずなわけで、まずは塔子に事情を聴くべきだと思われるが、後日三田と凛華がネットニュースを見て婚前旅行で何かあって2人が破局したらしいという記事を読んでいるだけ、誰も確認しにも行かない。

それよりも意識不明のサトルが凛華の名前を呼んだことから麗子は今度はサトルのそばにいろと命令。三田がうるさいので携帯の電源を切っていた凛華はサトルからのヘルプにも気づいていなかったので後悔から連れ添い続ける。

またこの病院に脳外科がある表記を見つけた律はそのまま脳ドックを受けて日本の医師にも診断を仰ぐ。今までしなかったのにまたいきなり…。即日脳ドック受けられるなんて暇な病院だな。韓国の医師と同じ見解が出てしまい、避けられない死期を意識した律は通帳を若菜(池脇千鶴)の子、魚(大智)に託し、もうすぐ死ぬ人フラグを出しまくり、魚に怪しまれていた。

さらに回復してもサトルの心臓に移植が必要になると診断され、私の心臓を使えと即座に言い放つ麗子だが医者に無理だと言われてしまい、取り乱す。落ち込む凛華を外食に連れ出して元気づけた律だったが、病室に戻るなり麗子はどこへ行っていたか無表情に聞き、あなたの居場所はここ(サトルの隣)、ずっとそばにいたでしょ?これからもそばにいるのよ…などと無感情のまま静かに命令。もうホラーだよ!ホラーになってるよこのオバサン!

ようやく目覚めたサトルだったが、凛華が塔子について気を遣っているのに気にしないでいいと言い、凛華にどこにも行かないでほしいなどと告げ、これまでの無礼を謝罪、告白。親が親なら子も…

これを見ていた麗子はさらにサトルの命がかかっているという脅し文句で、サトルを傷つけるような言動行動はするな、サトルが求めてきたら応えろ、分かるわよね?と命令。サトルはサトルで律が見舞いに全く来ない理由が麗子の八つ当たりにあると知り、麗子に口添えしようかと提案するが、律と凛華が抱き合っているのを旅行直前に目撃していたので気が気じゃない。このまま律には消えてもらう選択をしそうだ。監獄の御姫様状態になっていく凛華。

この窮屈さに凛華はサトルの退院を陰から見守っていた律を発見、サトルと三田を放置して律を追いかけてきて律が好きだと告白。死期を悟っている律は好きじゃないんだと告げてドロドロしてきたところで次回へ続く。

命を盾に別に連携してないのにパワープレイで凛華を封じ込めようとする麗子&サトル親子がなんかもう…。親子にとってはもう塔子?誰でしたっけ?状態になってて、塔子が1人で雑誌の取材受けて破局を語っているのもピエロに見える始末。ていうかこのまま麗子&サトルのパワープレイで凛華とサトルを結婚なんてさせたらサトルの方が浮気野郎として報道され、麗子の不倫も蒸し返されてカエルの子はカエル扱いされそうなんだけどそれすら構わない勢いの親子に狂気を感じる。ごめん、震えてる。

ごめん、愛してる 6話

加賀美(六角精児)がついに情報を売ったのか麗子(大竹しのぶ)の不倫&隠し子騒動が世間に公表されてしまい、マスコミ攻めに。追い払った律(長瀬智也)が顔モザイクの暴力運転手扱いされてしまうマスゴミ加減は現実で自局含めたメディアのセルフパロディのようだったが、ここぞとばかりに37年前のゲス不倫!などと報道している様子はなかった。

ドサクサで三田(中村梅雀)は律に「なんでここにいるんだ!!」などと発言したため、律の正体を知っている事が律に露見してしまう。不愛想な律にしては珍しく、「俺もサトルもオッサンも同じ思いだ。あの人を困らせるつもりはない」と敵意の無い立場であることを明言したにも関わらず、空き部屋に閉じ込めてしまう三田。やりすぎだろ!先週罪の意識でむせび泣いてた人とは思えないよ!

麗子も麗子で突如コロッと会見すると言い出し、会見で不倫と出産を認めたが死産だったと言い放つ。あまりに毅然と言い放ち、消したい過去の話だと迷いなく言い切る姿に加賀美が本当か?と質問するがそれでも態度を崩さない麗子。捨てた事は絶対隠し通そうとしているというより、病院に運ばれるまでの回想しか出てこなかった事、赤ん坊を孤児院に捨てたシーン周辺は三田しか出てきていない事から、三田が独断で死産ということにして律を捨てたんだろうか。律がその張本人だと1人正体知っているからとはいえ三田だけ異常な慌てっぷりを当初から示していたのと加賀美に突っ込まれた際にも三田の方が動揺していたのを見ると麗子は本当に死産だと聞かされているっぽい?

解放されていて凛華(吉岡里帆)とラーメン屋で会見を見ていた律は自身の死産扱いにショックを受けるも2人で気晴らしに千葉の海へ向かい、今まで見せた事の無い笑顔を見せて楽しい一時を。バス停で眠りこけてそのまま一晩明かしてしまうが一足先に起きた凛華は律の携帯の動画日記を見てしまう。ついに余命露見か正体露見かと思ったらまさかのスカし。寿命や麗子に触れていない日の動画2本にだけ綺麗に当たり、3本目で「俺のじゅみょ…」と核心に触れた瞬間に目覚めた律が取り上げてしまったのでバレなかった。

一向に症状も出ず、幸せな時間を過ごした2人だったが別れた途端に律は久々に症状発動。頭痛の末に手が震えだしてしまう。朝帰りした凛華は三田に激怒され、執拗なまでにアイツ(律)はダメだ!!を連呼するも理由を言わない三田に単なる過保護な父親とでも思ったのか、改めて律が好きだと告げる。

一方塔子(大西礼芳)と婚前旅行していたサトル(坂口健太郎)は塔子の父親の元へ連れていかれる。老人ホームのような場所で目を開けているものの意識が無い状態の塔子父に結婚を報告する塔子。サトルもきちんと挨拶していたが、なんと父親、何も分からないはずが涙を流したと同時に危篤になりそのまま御臨終という超展開に。会わせた途端に死亡って。

愛情の無かった父親を嫌っていた塔子は結婚して幸せになるのを父親に見せつけたい一心で婚約していたらしく、そのまま帰ってしまう。心配して追いかけたサトルだったが、塔子は自宅でその辺の男を引っ掛けてフォーリンラブしており、サトルに父親への見せつけ目的だった、好きな事なんて1度も無かったと絶望的な言葉を告げる。なんだかんだ父親の死に涙している様子もあったのでヤケクソなのか、マジクズなのかは一応曖昧ではあったけどひっでぇ

絶望したサトルは狭い山間部を猛スピードで飛ばすというデスドライブを決行。塔子の自宅まで帰ってきていたのに山中に戻った理由はショックすぎて果てなく車を走らせてきたとかじゃなくて、

塔子が来ていた赤い車で1人勝手に帰りやがった

→サトルは現地でレンタカーを借りて戻ってきた(塔子がいなくなった後にレンタカー会社からシルバーの車で出てきたカットがあり以降サトルが事故るまで運転しているのはこの車だった)

→よってレンタカーを返しに旅先へ戻る必要があった、

ということか。薬切れ(落として1回分飲めなかった)と悪化した精神状態により心臓病が発動し…というか発動しなくても狭い山間をタイヤキーキー言わせながらデスドライブしてれば崖下ダイブ確実だったと思うが、工事中(無人)に突っ込んで事故に。心停止状態になって救命措置を受ける事になり、ああ、死にゆく律が心臓提供オチになるのね…と大多数の視聴者が思ったところで次回へ続く。

しかし本当にそのままになってもなんだかなぁ…。麗子の性格上、律の正体を知らずに余命だけ知った場合(現状からして症状が悪化し続ける以上は余命の方がバレる可能性が高い)、確実に麗子は律の事を岡崎リュウ(麗子とサトルに使っている偽名)と書いて「さとるのにゅーしんぞう」もしくは「さとるのどなあ」と読む事は確実だしな…。