ごめん、愛してる 3話

律(長瀬智也)の父親とされる黒川(山路和弘)が死亡するも特にこれといった動きは無し。出番も1話で死にかけている時にジャーナリストの加賀美(六角精児)に話をしていた(当の加賀美は裏切って暴露する気満々)だけ。律の正体がバレてない以上は麗子(大竹しのぶ)が少し過去を思って遠い目になった程度。出番これで終わりかよ…。

塔子(大西礼芳)へいきなりプロポーズを企てたサトル(坂口健太郎)は凛華(吉岡里帆)や律をも巻き込んで大きな木に風船を大量に仕掛ける→風船放つ→1つだけ残った風船の中に指輪仕込む→プロポーズ、という意味不明の茶番を自ら立案。しかし風船に手が届かないというリハもしてなかったのかという初歩的なミスをかました上に、業を煮やした律が風船を背後から破壊したが今度は指輪が吹っ飛んで行ってしまうという凛華が計画段階で懸念していたが浮かれていたサトル自らが問題なしとしてしまった案件により大失敗。さらに麗子が登場し、全員でお食事となるが、麗子は遊び人の塔子と付き合うのは反対。過去の浮名を調べ上げてきていた。ネット検索で。

週刊誌とかに若い頃はデマも散々書かれたであろう麗子が、落書きだらけのインターネッツを妄信して名前検索しただけで出てきたようなゴシップを突きつけるってどうなのか…と思ったら加賀美が乗り込んできて麗子について調べたことを次々暴露していく。核心に迫りそうなところで別の席で食事させられていた律が加賀美に殴りかかり追い払う。

塔子は別にそんなにサトルを好きじゃないと言い切って出ていき、今度は外に出ていた律へこっそりアプローチして出ていく魔性っぷり…というかただの尻軽だこの人。

加賀美の通報により律は留置場送りになってしまう。律を捨てた際の実行犯である三田(中村梅雀)は律の正体に気づいていたが麗子には本当のことを言えず、1度無理やり辞めさせようと進言したら失敗したが、ここぞとばかりにこの事件を理由にして律をクビにしようと強引に決めてしまう。しかしサトル本人が律をかばったことで、クビは撤回。

今回残念な言動行動ばかりだったサトルが唯一カッコいいところを見せた瞬間だったがこれを見た凛華は身を引くことを決意してしまう。いや確かにここは今までにないほど毅然とした態度だったけど、塔子が好きじゃないと言ったのは麗子に気を使ったためだとかいうお花畑な解釈するようなマヌケな側面は改善されてないわけで…。ていうか前回は塔子に直接本気じゃないなら関わるなと怒鳴っていたのに、サトルのこのお花畑解釈を迷いもせずに後押ししてしまう凛華もどうなのか。

ラストではクビが撤回され、加賀美も貸しだと訴えをひっこめたので釈放された律を凛華が迎えに来た。何故麗子をかばったか問われた律が真実を隠したまま捨て子は誰かに必要とされたい、と麗子を母と重ねていると凛華が解釈するような発言をしたので凛華がこれまでの境遇を思い偉い偉いと頭をなでてあげたらそのままひざまくら&子守唄を要求した律。母性に触れた律は思わず凛華にキスして次回へ続く。

麗子の前じゃ常に顔色伺ってばかりの三田が、警察の面会の場で律にクビを言い渡している時の無駄に偉そうで上からな態度がなんか逆に普段ストレスだらけなんだなぁこのオッサン…と思えてきてちょっと同情した。

ごめん、愛してる 2話

自宅に押し入るも麗子(大竹しのぶ)に気味悪がられ拒絶された律(長瀬智也)はショックを受ける。ジャーナリストの男(六角精児)に確かめに行くとこの男、どんだけ麗子を恨んでいるのか部屋にはそれ関係のファイルばかりが大量にストックされていた。読み切れないほどの資料に自身が不倫の末に捨てられた子供だったと知ることとなった律。

それでもしばらくはどうしていいか分からず麗子の家の前を徘徊。そのたびに何故か偶然凛華(吉岡里帆)が出てくる。凛華もさすがに自分を追ってきたわけではないようだと察しつつあり、そういえば律が母親が日本にいると言っていた事を思い出して母親には会ったのかと勘のいいところを見せるも、その後遠い目をする律の視線から麗子がその母だとまで察するには至らない模様。

じゃあこのオッチャン何が目的なんだ?という事になるはずだが、何故か韓国で救われた恩返しという名目で勝手に仕事が無いだろうからサトル(坂口健太郎)の運転手をやらないかと持ち掛ける凛華。韓国の闇社会にいた人間であることはさすがになんとなく察しているはずでそんなのを雇うなんてだいぶネジが飛んでいる気がするんだけど大丈夫なのかこの人。

しかし韓国&裏社会生活が長くひらがなだらけの履歴書(名前「律」は捨てられた際に書かれていたものなので「リュウ」という偽名にした)は麗子に不審がられ即不採用。まあ当然なんだけど、この2度の母の全く気づいてくれない冷たい態度にキレた律はジャーナリストの男に暴露記事を書いてもらって構わないと宣言(後にもう少しどんな人間なのか知りたいから待ってくれと脅した)。

しかし直後にサトルのCM出演撮影による移動の必要が生じ、凛華の父の車がこの日は無かったため、またしても凛華が勝手に律を1日だけバイトで雇い、運転手にしてしまう。共演者がサトルの憧れの女優の塔子(大西礼芳)だったことからサトルは浮かれていた(というか塔子が思わせぶりでサトルは勝手に彼氏気取りというイタめの構図)が、別の俳優にちょっかいを出されているのを見て憤慨。俳優の方はサトルをお坊ちゃま扱いして相手にしていなかったが、塔子に連絡先を渡した途端に奪い去って捨てるという生意気な行動に出たサトルに俳優激怒。つかみ合いになってしまう。

塔子は何故かつかみ合う2人の注意を引くと湖にダイブ。サトルも凛華の制止を振り切ってダイブして心臓の発作が起こってしまい溺れ、律が救助。これによりサトルは律に心を許し、正式な運転手として雇うように進言。麗子も助けてくれた礼を言わざるを得なくなり、さらに韓国の闇社会出身の人間だと把握しつつも、サトルのボディーガードにはそれくらいの人材が必要だと考え、わざわざ呼び出して雇用する事を決める。ネジ飛んでる人ばっかりだ

サトルは凛華には甘えてるだけだし、塔子の前ではデレデレの遊ばれる年下ボーイだし、麗子は溺愛しすぎだしで、お坊ちゃま感全開だったが律と会話しているときは割と話し方も態度もしっかりしていた。本人は気づいていないが律といい兄弟関係にはなれそう。

一方で律が韓国出身だと聞いた凛華の父の三田(中村梅雀)は突如表情を硬くする怪しいフラッシュバックが起こったと思ったら、ラストシーンでは律を捨てる際に運転手兼セッティングを単独実行した人だった事が判明。律が大事にしている指輪もセッティングしたのは三田で、その指輪を律が首にかけているのを一目見て律の正体を見破り取り乱し、何故ここにいるんだ!とブチ切れるのだった。人間関係に偶然の連鎖が起こりまくる韓国ドラマっぽい展開がジェットコースターすぎ…。

ごめん、愛してる 1話

韓国ドラマのリメイク。韓国版では故郷が韓国でオーストラリアから話が始まるらしいが、今作では故郷が日本で韓国から話が始まる設定に。律(長瀬智也)は母親の麗子(大竹しのぶ)に捨てられて孤児として育ち、養子になった家を飛び出して韓国で裏社会の若頭に兄貴と慕われるほど気に入られ、構成員として優遇されていた(しかしあまりにも若頭に気に入られすぎているので他の構成員からは嫌われる立場)。

麗子にはもう1人ピアニストのサトル(坂口健太郎)という息子がいて韓国でのコンサートに幼馴染でスタイリストして雇用されている凛華(吉岡里帆)も同行。というか設定上スタイリストだけどやってることはマネージャーさえも越えたその範囲はプライベートにまで及び身の回りからデートのアドバイスまで行うお世話係じゃないかこれ。サトルに思いを寄せる凛華だったがサトルは凛華を甘えられる家族のような存在としてしか見ていなかった。

そんな中、韓国でスリにあってしまった凛華は通りがかった律に助けを求め、最初は律がナンパするようなノリで飲み屋で飲んでいたが思いのほか凛華が酔っぱらったのと、窃盗犯と律が知り合いで結果的に裏切って逃げ回るドタバタに巻き込まれる事になってしまう。最終的にスラれたものはすべて取り返してくれ、隠れ家で凛華が目覚めたら律はメッセージだけ残して消えていた。

そんなある日、若頭の誕生パーティーに暗殺犯が潜入。孤児の律は両親や大勢に愛されている若頭の盾になって守るが顔に銃弾をうけてしまう。頭の中の手術不可能な位置に銃弾が残り、現在は普通に生活できるが数ヶ月で障害が発生し死んでしまうと宣告される。

死ぬ前に麗子を探すことに決めた律は日本へ帰国。まずは孤児院時代の知り合いである若菜(池脇千鶴)と再会するが、若菜は何故か性格が子供のままだった。孤児院の園長から若菜は交通事故で脳に障害を負い、7歳程度の知能のままだと知らされる。若菜には夫はいなかったが何故か息子がいてその辺の詳細は不明だという。

ジャーナリストの男(六角精児)がなんか死にかけてる老人を囲い込んで秘密を握っているようだがその死にかけている老人は律の父親らしい。老人はジャーナリストを信用しているようだがジャーナリストは何かを企んでいるようで…。律を偶然発見したジャーナリストは母親を知っていると告げ、律の母親探しの旅1話で早速ゴールにたどり着くのだった。

早速自宅へ向かった律だったが、出てきたのは凛華。知り合いだったので凛華を押しのけて自宅へ突入した律だったが、なんか知らねー息子(サトル)がいる上に貧乏だと思ってたのにめっちゃ富豪になっていて自分の事も忘れてるどころかキモがって出ていきなさい!などとのたまう姿に律はショックを受ける。凛華は自分に会いに来たと勘違いしていたが、ショックすぎる律はまだ事情を説明できる状況になく、土砂降りの中で再び立ち尽くす律の姿を凛華が見かけ、完全に危ないストーカーオジサン状態になったところで次回へ続く。前髪降ろして目つきが悪く土砂降りの闇の中でパーカー被った姿はいかに長瀬といえども完全に不審者である。

パブリックイメージの韓国ドラマ(とにかく超展開の連打)のど真ん中っていう感じで初回から偶然の連鎖、宿命の連鎖みたいな乱れ撃ち展開だった。

さすがの長瀬も38歳(今年39歳)になり、24歳の吉岡里帆と飲んでいるシーンでは「おっちゃん」呼ばわりされていた。一応今回の主人公とその相手役なんだけどその相手役におっちゃん扱いされるようになったところに年月を感じた。20代半ば過ぎから急激にオッサン化して(国分が紅白で「長瀬君が20年ですっかりゴリラになってしまいました」とネタ発言するくらいには風貌が変わった)桜庭裕一郎の頃の超絶なカッコよさが消え去って久しいがそこからはあまり雰囲気変わってないと思うんだけど。

同じく若い頃は物凄くかわいらしい雰囲気だった池脇千鶴もさすがに年齢を…と思ったら知能が7歳児設定なので逆にここ数年より若返った雰囲気。そして何故か当時バリバリの清純派だったのに00年前後の連ドラで毎回のように妊娠してしまう役が続いていたが(リップスティック→Summer Snow→太陽の季節)、今回はこの状況で何故か子供がいる設定というのは宿命なのかなんなのか。

吉岡里帆は初めて見たけど字面が似ている吉岡美穂の若い頃と雰囲気が似ているような…。

坂口健太郎は実質演技しているところを見るのは初めてなんだけど、miwaと共演した映画で一緒に歌唱もしてMステや舞台挨拶などで無駄に仲良い雰囲気を醸し出したのがラブラブっぽく見えてしまい、ただでさえ同性ウケが悪そうなmiwaの女性人気が極度に悪化した原因になった人、というイメージ。

主題歌は恒例のTOKIO(セルフタイアップ)…ではなくTOKIOの新曲「クモ」はメンバーが全く出演していない別のドラマからオファーを受けて書き下ろし、そっちの主題歌となっており、このドラマは宇多田ヒカル。…あれ?どこでかかってた…?タイトルバックの無いBGM使用だったので全く印象に残らなかった…。