マジムリ学園 最終話

リリィー(小栗有以)がカイザー(本間日陽)の手下になって卍(瀧野由美子)に負けたというニュースが瞬く間に広がり、負傷したバラ(向井地美音)が完治もしないままに、店は放火されて生活の手段を失った上に娘が革命だとか言って危ないことを続けるのを見かねたのかとっととこの街を出ていくという母の意向で転校することが決まり、結成メンバーがスミレ(倉野尾成美)だけになってしまう事を理由にスミレが華組解散を宣言。さらにラマン(横山由依)も教師をクビになってしまった。むしろ公開処刑(笑)を誰かが動画取ってSNSで全国拡散とかされる前に防いだ街の英雄として称えるべ

カイザー父をかばって電気ラッパ銃を受けた際にバラがカイザーの悪事をカイザー父に直訴しておいたのが効いたのか、校長からカイザー父直々の命令での生徒会解散、再選挙にカイザーは立候補の資格すら無しという通達が下ってしまう。

ヤケになったカイザーは全面戦争開始を命令。というか卍の宣戦布告から1ヶ月以上経ってるけどカイザーが応じてあの倉庫みたいな空間に一同が集結しないと戦争が始まらないルールだったのこれ?

戦争を止めようとカイザーに直訴に来たリリィーだったが、母の殺害現場に落ちていたカードの持ち主が卍兄だと分かったと説明。リリィーは卍兄のもとへ直行して一直線でいきなり殴りかかるが、なんか普通にそこそこ強かった卍兄は普通に反撃してきて激しい戦いに。怒り任せの連続攻撃と何でいきなり殴りかかられているのか分からない卍兄との姿勢の違いでリリィーが優勢になってきたところで真相が判明。

リリィー兄は危ない運び屋の仕事をしており、父の借金で苦労していた卍兄も運び屋として働き始めた同僚だった。しかしリリィー母の説得でリリィー兄は運び屋から足を洗う事になり、組織は兄を消すために家に押し入り、リリィー母との戦闘の末にリリィー母をナイフで殺害(リリィーに強さを教えたり、元々リリィーが来ている刺しゅう入りの制服も母のものだっただけに、組織相手に即座に戦闘態勢を取る母の様子が一応描写された)。卍兄はそれをただ慌てふためいて見ていただけで実行犯ではない、犯人は運び屋の組織の連中だ、悪かった、ちゃんと警察に証言する…と謝罪した。いやお前も結局運び屋の仲間じゃねーかとか、お前は抜けたのに消されなかったのかよとか色々あるがもう時間が無

自分の事がスッキリしたリリィーは戦場へ乗り込み、平和主義スピーチを決行し、私たち誰もが同士だ!革命を始めよう!と大演説。誰もが動きを止める中、先日リリィーに勝ったばかりの卍さんにだけは全く響かず、仲間のハカセが用意していた爆弾をカイザーに向けて投げつけてきたのでリリィーがかばって…

ちゅど~~~~~~~~ん

まるで爆破コントのような閃光と共に残り時間数分を全て吹っ飛ばしてしまい、リリィーがみんなをかばったというナレーションと瓦礫の中で横たわるリリィー、平和になった学園の様子と、新たな会長選挙にNo.2だったビスマルク(荻野由佳)と1番隊長のムスケル(小柳友)が立候補している張り紙、これまでのダイジェストが流れ出し、最後は顔の見えないリリィーのような後姿をした生徒が校門の前に歩いてきて顔が映る瞬間にフェードアウトして終了。結果、今回も放り投げて終わるENDという伝統芸が守られた。

なんか舞台版をやるらしく、そこにそのままリリィーが出演することから別に死んでいないと思われ、逆に舞台版からカイザーと卍が消え去っているのでこのリリィーが生きてて失脚したカイザーと爆弾テロリストになってしまった卍の2人が出てこない続きの世界になるっぽいけど…。

襲撃拉致された後に突如裏切ってヌルになってしまったヒナ(岡部麟)の不自然までの態度急変も結局洗脳されたわけでもなく、しかしバラの見送りにこっそり来ていたり時々葛藤するような様子を見せながら最後まで和解する事はなく…。バラも一足先に転校してしまったので、初期メン3人は完全にバッラバラになったまま

カイザー様も最後まで中の人の本間日陽本来の笑顔(回想のみで披露)を取り戻すことなく、当初それを目的にしていたアインツ(加藤美南)、ツヴァイ(谷口めぐ)との接点も皆無…。こう考えると割とみんな救いが無い

卍さん御一行はただただいらなかったなぁ…。瀧野由美子に全く似合ってない男口調の不良をやらせた挙句に物語終盤の終盤でようやく動き出しての三つ巴化はあまりに遅すぎた。てっきり全12話だと思ってたのに、ようやく動き出したと思ったらもう最終回になってしまい爆弾テロリスト化して物語を強制終了させる役回りなんてあんまりすぎた。

マジムリ学園 9話

リリィー(小栗有以)が帰還し、公開処刑(笑)に合っていたメンバーも全員救出した華組は次の革命の一手を考えるが特にこれといった案は無く、そこにラマン(横山由依)からカイザー(本間日陽)の父であり神崎ランド、Gグループの社長で学園オーナーに直訴するという手段を教えられる。始まりの街であるため一応大事にしていたがもう潰すか…とのたまうカイザー父、そして父に反発するカイザー。

その頃もうあと1話しかないのにようやく動き出した卍(瀧野由美子)と荒地工業高校御一行は宣戦布告にやってくる。カイザーはすかさず小切手を取り出してリリィー撃破のために雇おうとするが卍はこの街の発展のせいで父の工場の経営が破綻して自殺した事で街全体を恨んでおり交渉決裂。

小切手を燃やすリーダー卍にウオオオオ!!と盛り上がる荒地御一行、この期に及んでカイザー様コール宗教化著しい親衛隊、ついに熾烈な戦争が始まるのかと思いきやまさかの1ヶ月後派手にケンカ売っておいて華組含めて1ヶ月何もなかっ

カイザー父が凱旋しての学園での講演会の際、ラマンが電源を落としてその隙にカイザー父に娘の愚行を直訴する算段だった華組だったが、そこに卍の部下のガラケー(城恵理子)が電気ラッパ銃を発砲。盾になったバラ(向井地美音)が病院送りになってしまった。リリィーがガラケーを追いかけている間にバラが直訴だけは済ませたらしいが…。

カイザーは今度はリリィーを雇って卍を潰そうと画策。報酬は兄と母の事件の真犯人を突き止めることで、以前は華組解散が条件だったが今回はこれ以上の争いを防ぐためというそれらしい理由もあって契約を結んだリリィーは単身卍の家へ向かう。しかし卍の兄から父自殺の件を聞いたリリィーは戦意喪失。やってきた卍からは一方的に攻撃を受け続け、一切反撃しないまま戦う意味を失ってノックアウト。

最終回を前にして全く収拾がつきそうにないこの展開…どうなる…。

ていうか卍さん演じる瀧野由美子だけ格好もセリフの言い回しも何もかも似合わな過ぎてちょっとキャラクターがどうしようもない状態になってるんだけどこれもう少しどうにかならなかったのか。演技が下手とかそういう問題じゃなくてとにかく合ってない。ある程度凄みのある子じゃないとこのキャラは無理でしょ…。

マジムリ学園 8話

ヒナ(岡部麟)と一部モブキャラーズの裏切りにより革命が失敗してから3ヶ月後新親衛隊が組織され、ヒナはヌルとして0番隊隊長に、初回で脱落しながらも個人で行ってきた諜報活動が前回評価されて3番隊隊長だったドライ(落合モトキ)も正規復帰。アインツ(加藤美南)、ツヴァイ(谷口めぐ)が離脱したので数で勝負しようという事なのかなんなのか、1番2番は欠番のままに4~9を大量投入。1人が男子で5人NGT48。しかも役名は全員名前に数字をあてがうという初期キャラはみんな比較的普通の名前だったのに急にテキトー感が増した。そしてアインツとツヴァイは脱退後もそのままなのにヒナがヌルというなんだかあんまりなネーミングセンスで改名になったのになんか意味があるのか。

その頃、リリィー(小栗有以)は東京で兄の弁護士費用のためのバイトをしながら家出仲間と漫喫で寝泊まりしながら遊んで暮らしていた。この家出仲間3名はHKT松岡はな、SKE小畑優奈、NMB山本彩加とこちらは綺麗に割り振り。リリィーが見ていた華組公式Twitterアカウントをミズキ(松岡はな)が発見して連絡を取ったのでバラ(向井地美音)、スミレ(倉野尾成美)が迎えに来た。ていうかしれっと復帰したけど、5話で意識不明になったままやがて触れられもしなくなって降板状態に陥っていたスミレは無事だったらしい。さすがに3ヶ月後設定なので放置しとくわけにも行かないか。そしてTwitterアカウントが鍵もかけずにあったという事は、ドライさんの地下での諜報活動や裏切りーズの裏切りが無くても革命情報筒抜けだったのでは疑惑が。

そして残ったアインツ、ツヴァイ、ツバキ(髙橋彩音)、アヤメ(山内瑞葵)は何故か今更署名を取り返すために放課後生徒会室に突入するしかない!と思考停止しすぎな作戦を決行。署名って確かヒナが拉致された時点でばらまかれて何枚かは雨に濡れてダメになってしまったし、裏切った後にけっこうな枚数をヒナ自らぶち破っていたはず。正直残されているとも思えないし、他が全部無事でも規定人数に達しない人数分しか残されていないのでは…。ツヴァイさん割と知的そうだったのにこんなバカだったのが地味にショッキングだ。

案の定あっさり捕まった4人。なんか増長しまくりのカイザー(本間日陽)と親衛隊御一行は公開処刑だと息巻き、中庭(?)に即席のザ・処刑場みたいな処刑場を設営して(1人ずつ木の棒に貼り付けるよくあるアレ)ワイワイ。序盤の任命式も滑稽だったけど、ここまでくるともうこれアウトだろ。この世界、一応普通の社会である東京が存在しててSNSも存在しているので、この異様な光景を動画撮影して華組公式アカウントじゃなくても誰かが拡散希望すれば連日ワイドショートップニュース確定、未成年なのでモザイクかけられたカイザー様や親衛隊が処刑ごっこに興じる平成最後にして最凶のイジメ中継動画が全国レベルで毎日流され、学校関係者どころか父親まで一気に一億総バッシングまっしぐらじゃないか。誰かやれよ。

教師ラマン(横山由依)が嘘の火災情報を流すことで、カイザー様御一行を一時退却させ、その隙にリリィーたちが間に合ったらしく全員逃亡。ラマンはこれが自分にできる精一杯とマジ顔でつぶやくと、放送室を出たところで他の教師陣に「覚悟はできています」とかシリアスしてたけど、改めてこうぞろぞろ大人が出てきてしまうと…。大人がこんだけいてあの公開処刑を見ぬふりしているっていうのはどうもなぁ。教師どころか学園内では大人がラマン1人しか出てこないので何とか押し切っていた世界観の粗が一気に…。

リリィー帰還を確信して何故か嬉しそうなカイザー様。しかしこっちで内輪でドンパチやっている間にしばらく出ていなかった卍(瀧野由美子)さんと愉快な仲間たちは荒地を制圧。統率が完了していよいよ攻め込むぞと意気込んでいた。収拾つけられるのだろうか。

マジムリ学園 7話

暗躍していた初回で没落した三番隊隊長が復職のために集めた資料により、リリィー(小栗有以)は母殺しの罪で投獄された兄の無実を証明するために手がかりを探してこの街に来ていたことが判明。カイザー(本間日陽)は買収を試みるがリリィーは拒否し、生徒会選挙にもつれ込むには全生徒の半分の署名が必要だと告げる。

奮起した【華組】はほどなくして半分の署名を集めて革命だと盛り上がる。行きつけの喫茶店マスターはジャンヌダルクにならないように気をつけろと警告し、既にスミレ(倉野尾成美)が夜道を襲撃されて意識不明のまま実質降板状態だというのに全く凝りもしないこの連中、再び大切な署名用紙を持って夜道を単独行動。最早話の都合としか思えないが、何故か署名用紙を戦闘力もさほどなく、リーダーでもないヒナ(岡部麟)が所持しており、怪力ギガントコングに襲撃されて全部パー。

翌日、捕らえられていると思われたヒナのため、生徒会を結局裏切ったアインツ(加藤美南)の協力でもって進撃する一行。リリィー、ツヴァイ(谷口めぐ)、アインツという三大戦力がギガントコングに挑むが全く攻撃が通じない。なんか一応先週スカウト時に仲間の死をきっかけに丸くなったがどうこうとか、子犬がどうこうとか理由付けしていたのに、ただの理由なき圧倒的パワーキャラになってて何のキャラ付けもされないまま、奮戦したリリィーがいつものように倒して戦闘終了。マジすか4でのさくら毎回覚醒パターンもあんまりだったけど(ワケの分からない覚醒で逆転されてしまう敵がかわいそうで)、苦戦してたどころか全く歯が立たないのになんか急に相手が弱ったみたいに倒せちゃいました…っていうのも盛り上がらないな…。

たどり着いた生徒会室では将来を約束されて買収されたヒナが裏切っていて署名用紙を燃やし、さらに仲間だったはずのクラスメイト何人かも寝返っていた。選民扱いしてもらえるというだけで寝返ったという初期ならまだしも7話まで物語積み重ねてきたとは思えないような底の浅い連中により、喫茶店マスターの忠告通りになってしまったリリィーは連行され、高笑いする生徒会御一行。うなだれているツヴァイ、アインツはカイザー様の笑顔を取り戻したいという一心で戦ってきたそうだが、一応カイザー様、結果的には全話中思いっきり大爆笑していらっしゃる顔が暗黒すぎるけど。こうして革命の物語は終結した!

…あっさり終わっちゃったよ…。

という事で次回は3ヶ月後にやさぐれているところまで話が飛ぶ模様。初期キャラのバラヒナスミレ3名のうち1人が重傷で実質降板状態、1人が今更な買収で裏切って残ったの1人だけっていうのも逆に凄いな…。3人の友情が心配だ。

マジムリ学園 6話

革命集団【華組】として決起集会を計画する一行。その頃狂犬ジャックと音信不通になったのでやられたと悟る生徒会は新たな刺客として荒地の怪力ギガントコング(坂口征夫)を召喚しようとしていた。それより早くアインツ(加藤美南)が動き出し、【華組】の拠点である写真部の部室へ通じる廊下を封鎖、抗議するリリィー(小栗有以)、バラ(向井地美音)、ヒナ(岡部麟)だったが、アインツによるスタンガンアタックでリリィーが気絶。ツヴァイ(谷口めぐ)が送られていた教化室に連行されてしまう。ていうかツヴァイさん連行された時のままの姿なんだけど、マジでずっと監禁されてたの?

しかしこれは決起集会の邪魔をされないようにアインツとその取り巻きを閉じ込めておくための作戦であった(現幹部のうち2年生がアインツのみで他は3年生でこの日は不在という設定)。あっさり返り討ちにあったアインツとゆかいな仲間たちは閉じ込められ、逆にツヴァイは【華組】と和解し、【華組】入り。決起集会も生徒たちが大勢集合して(なんかクラスメイトしかいなかった気がしなくも無いが)大成功に終わった。

アインツ御一行を開放した【華組】だったが、ツヴァイによるアインツへの説得は失敗。この2人は入学時にニッコニコのアイドルスマイルで声をかけてきたカイザー(本間日陽)に親衛隊としてスカウトされたらしい。ユートピアを作るとか神がいないなら私が神になるとか言っているアブネーことは今と変わらないものの無表情な現在と違いニッコニコだった当時のカイザー。あの笑顔を取り戻さないか?という説得にアインツも少し迷いがあったようだが振り切っていってしまった…。しかしなんかもうすぐに折れそう。

一方名前が出てきただけだった荒地の怪力ギガントコングはラストに登場。元々顔面血に染まった奴だったが仲間の死をきっかけに丸くなったとされていたこのギガントコング、死んだ子猫を前にうずくまっており、咄嗟にカイザーは【華組】の仕業だとして、奴らは血を見るのが好きな集団、最近子猫を殺しまくっているなどとホラを吹きまくり、ギガントコングがまんまと騙されたところで次回へ続く。神がいないなら私が神になる選ばれし存在カイザー様との触れ込みだったが運転手が極めて微妙な表情をなさるほどペラペラとホラを吹く姿は…哀れなり…。

あと前回病院送りにされたスミレ(倉野尾成美)が目を覚ましてすらいないっていう回復の遅さが不穏。