僕たちがやりました 最終話

トビオ(窪田正孝)、パイセン(今野浩喜)、伊佐美(間宮祥太朗)、クズマル(葉山奨之)は乱入してきた集団に襲撃されて拉致されてしまう。輪島(古田新太)を怒らせ、パイセンの殺害命令が下ったと説明する西塚(板尾創路)。殺害命令はパイセンだけであり、3人は死にたくなければ出ていけ!と命令を下す西塚。パイセンを見捨てるか、一緒に死ぬかの局面に期待通りクズマルが先陣を切って逃亡。前回で漢を見せたかに思われた伊佐美も「そして父になる!」と迷言を残して今宵(川栄李奈)の元へ一直線、ドサクサで復縁。

結局本気で覚悟を決めていたトビオだけが残り、輪島や西塚の鉄砲玉として行動していた輪島の愛人の息子(パイセンの腹違いの)がパイセンを殺そうと迫る中にヤケクソで突撃。この愛人の息子、タトゥーだらけでかなりイキのいいクレイジーな野郎だったが、そういえば「まだ殺人をしていない」とも話しており、実行犯としての経験の無さが響いたのか、トビオによって馬マスクを被せられ、デタラメに羽交い締めにしただけでほぼ行動を封じる事が出来てしまい、握っていたナイフもあっさりすっ飛ばしてしまった。今までもコイツ基本的に無抵抗の相手をいたぶるだけだったと思われ、案外修羅場くぐってなかったのかも…。

それでも鉄砲玉としての意地を見せた愛人の息子はトビオを吹っ飛ばして行動不能にし、パイセンにのしかかって首を絞めて殺そうと奮戦。だが落としたナイフをパイセンが密かに拾い上げており、最後の力で脇腹にザクリ。形勢逆転で傷口を抉られ、躊躇しないパイセンの更なる一撃で絶命。この全くためらわずにトドメ刺したパイセンの狂気はかなりゾクッとするものがあった。直後に警察が駆けつけ、パイセンは殺人犯として逮捕された。

既に輪島による工作は「爆破事件の犯人に間違われたパイセンは精神異常をきたして自分が犯人だと思い込んでトビオたちを脅して偽証暴露に至り、殺人を犯した」というシナリオに書き換えられており(元々のシナリオはたぶんパイセンを殺害して結末を「パイセン自殺」に偽装する方向だったと思われる)、トビオたちは被害者扱いされてしまった(渾身の暴露動画も削除され、4人を知らない世間一般には輪島のシナリオ通りに忘れ去られ、学校など4人を知る周囲の人間のみがどういうこと?マジでやったのかな?状態)。

絶望するトビオは屋上で事件時に使用したガラス爆破爆弾を実演して、改めて犯行を暴露。パイセンが出入りしていた事から学校にマスコミも来ていたので全国中継もされる中で、あんな屋上で小声で話しているのが拡声器無しで伝わるなら1話の爆破前に屋上でバカ騒ぎしてたのもバレバレになってしまうじゃないかいいから捕まえてくれ!と苦しみの胸中をさらけ出す。4人でやった時は正直テンションの高さで乗り切ったせいで、ウェーイなノリになってしまいイマイチ切実さが伝わらなかったが、トビオ1人の演説は真に迫るものがあり、TVで見ていた伊佐美(今宵の家)、クズマル(既にパイセンの残した金を残さず奪って優雅にホテル潜伏)も改めて自首を決意。

トビオは連行されるが、トビオが会いたくなくても私が会いたいと告げて蓮子(永野芽郁)は自分からキスを。伊佐美、クズマルもすぐに自首するが、犯人役に抜擢された男はここに来て証言を「パイセンが落とした爆弾を自分がプロパンにセットした」と変えて対抗。立花(水川あさみ)が教師を辞めて、西塚と偽証の打ち合わせをしていた録音テープを保持していて、飯室(三浦翔平)に提出した事で、西塚の逮捕に至り、飯室が次はお前だ!と輪島に迫るも…。

ま さ か の 1 0 年 後 

トビオは10年前の騒動の噂を流されるたびに会社を辞めて転職する孤独な日々を過ごしていた。仮出所したパイセンの連絡で久々に伊佐美とマルも集結するが、10年経っても演者が実年齢より下のままであるトビオとパイセンは容姿そのままなのに対して2人とも割と充実した様子で髪型をチェンジ。伊佐美は今宵と結婚して2人目の子供も生まれて幸せな日々を過ごし、クズマルはキャバクラ店長になりパイセンに時計をあげたり、出所祝いで金をあげたりと成金化していた。

しかし冒頭で逃亡後にパイセンが残した資金を真っ先に回収している様子が描かれており、必死で開業資金を貯めてキャバクラを始めたというのは嘘でパイセンの金を使って楽に事業を始めた事が発覚。やっぱり期待通りのクズだった。

2人はすぐに帰ってしまい、パイセンは芸人になるとノー天気なのでトビオはやりきれない。パイセンは全てを失って残ったのは「お笑い」だけだった…と謎のコメント。それは中の人の本業だろ

対してトビオに残ったのは死にたいという事だけであり、パイセンはそれでも生きているという事だ!とキリっと締めたものの、なんかトビオだけ…う~ん…。

さらにトビオは蓮子と偶然再会。しかし蓮子は結婚して妊娠2ヵ月になっていた。なんとか明るくふるまうも蓮子にとってはトビオは過去になっており明るく「生きててよかった!頑張ったね!」などと言われても悲しみが増すのみ。連行直前の待ってるのキスはなんだったのかと思ったら、蓮子のあの発言は若さゆえの勢いだったわけではないんだよというフォローのためか、新たな回想が入った。

それによるとトビオは蓮子に改めて「今回の事件と蓮子を好きと自覚したのが同時期のため切り離すことができない」とダメ押しのように別れの言葉を告げていた事が判明。教室みたいな場所で告げていたので時系列が分かりにくかったが、逮捕前は時間が無いし(キスした時の待ってるは前回の別れへの言葉だったし)、たぶん逮捕後の警察か施設での面会で改めてきちんと別れを告げていた、という事だろう。待ってるのキスが最後なら現実は残酷だね…だけど、待ってるのキスの直後に改めて決定的な理由を突きつけていたなら蓮子は完全に失恋したわけだし、それでも待っていてくれたら…なんて淡い期待を抱くのはトビオの勝手だよね…になるというけっこう容赦ない展開。
ちゃっちゃと子供出来たのもきっかけだったけど、今宵に一方的に別れを告げられた事で逆に必死に求愛し続けて愛に走った伊佐美&今宵との圧倒的な差はここだったか…。

なお伊佐美は今宵と被害者たちの命日には親族に会っていて今も彼なりに罪と向き合っている事が判明(勃起不全に陥った際に復活のための鎮魂の儀式として死んだ10人全員と親友だったと嘘ついて慰問した続きをしているものと思われるが、逆に遺族に逆恨みされて1番復讐される可能性高いの伊佐美じゃね?)。しかしトビオたちとはもう会わないとも。

クズマルは滅茶苦茶に金を使う客相手にも金を使わせる普通にクズな店長していてクズなままだった。しかし結局罪の意識を感じない生き方こそが人生を謳歌できるという事が真面目に罪を背負い続けるトビオとの鮮やかな対比で鮮明に…。正直クズマルは加藤諒に刺されて死亡するデッドエンドか、おのののかに熱を上げすぎて借金地獄で破滅エンドだと思ったんだけどこれではメッセージが痛烈すぎる

最後は子供が風船割る破裂音で罪の意識がフラッシュバックし、市橋の亡霊に裏切者呼ばわりされナイフを差し出されて自害する…という幻覚・幻聴・自殺妄想を街中で繰り広げ、我に返って生きる屍のように去っていくトビオで終了。この日の再会によって共犯者である3人が明るく生きていて自分だけが絶望し続けているという事への絶望と孤独、そこから抜けられない事を悟って精神崩壊一直線になってしまったんじゃ…。

輪島がどうなったかなどは一切不明。

全部終わっての感想

ウェーイなノリがしんどすぎたので途中飛ばし見していることも多かったが、最終回開始10分でのパイセン殺人犯は衝撃だった。その後の展開も途中までは良かったんだけど10年後が…。まさか主人公だけが生きる屍になって終わるとは思わなかったので何ともやりきれない結末だった。

1人真面目に罪を背負ったトビオだけがすべてを失い生きる屍と化すという救いの無さ…。

実際の爆破事件への関与っぷりとしては

パイセン→爆弾の作り方、材料などすべて調達した実行犯。さらに逃げる際に落ちていた爆弾をプロパンへ蹴りこんで大爆破のきっかけを作った。

トビオ→市橋らにやられたマルを見て「あいつら殺そ」とライトが憑依したような台詞を吐き、復讐を提案した張本人

マル→街中で堂々カツアゲに及ぶ市橋一味を遠くから挑発したら背後にもいて目をつけられ、その後拉致され暴行を受ける。マルが暴行された事でトビオが復讐を提案、パイセンが爆弾を用意した。当初マル本人は感謝していたが、爆破後はそんなことは頼んでいないと責任転嫁。常に最速で裏切る習性を持つ

伊佐美→暴行は受けてないし、復讐しようと言い出してもないし、爆弾を調達する資金も頭脳も無く、ただ一緒にウェーイしていただけ

伊佐美のクズ度が実は1番低く(その分バカ)、とはいえ基本全員がクズではあったんだけど、

クズでクズなマルは成金化
クズでバカな伊佐美は家庭を持った
クズで真面目なトビオは生きる屍

これは真面目な奴は大損するという痛烈なメッセージなのか。あまりにむごかった。ていうかトビオだけ10年前の事件が噂されて仕事を辞めなきゃいけない状態なのに、何で伊佐美とマルは大丈夫なのか。屋上での大演説全国放送がトビオ単独だったのがこれまた響いたのだろうか…。

パイセンの残ったのはお笑いだけ、覆面芸人目指す発言はせっかく終盤にかけてちょっとカッコ良かったのにナニイッテンノ感が半端無かった。相方が逮捕されて解散したキングオブコメディの今野浩喜としての台詞なら実に重かったけどさ。

僕たちがやりました 9話

市橋(新田真剣佑)が自殺。飯室(三浦翔平)の精神攻撃もあり、トビオ(窪田正孝)は放心状態となり、入れ替わりでやってきた蓮子(永野芽郁)は霊安室で市橋と対面。身内他にいないので霊安室まで行ったの蓮子だけだったっぽいがまさかそこまで行くとは。

自首を決意したトビオ。時を同じくしてパイセン(今野浩喜)、伊佐美(間宮祥太朗)、クズマル(葉山奨之)も自首を決めていた。クズマルはこのドサクサで初めて数々の裏切りを謝罪今更てめ…この…。

しかし普通に自首しても輪島(古田新太)にもみ消されるため、世間に自分たちの罪を訴えるための作戦を練り、準備を開始。当初は懺悔ソングを作って熱唱しようとしてたり(さすがに全員一致で「無いわ」と我に返る)、小道具をこさえたりと何だか文化祭の準備みたいな軽いノリが…。実際にパイセンは文化祭みたいで楽しい(文化祭に学生時代参加させてもらえなかったらしい)ともコメント。この準備期間の間に伊佐美は今宵(川栄李奈)と話し合いを目論み、トビオは蓮子とのデートを重ねながら真実を話すタイミングを伺う…という最低限シリアスな雰囲気も。

最後の夜、マルとパイセンは風俗で童貞を喪失のち、マルはおのののか(東京に進出したらしい)と再会し最後のキャバ豪遊、パイセンは立花(水川あさみ)へ最後の挨拶をしに向かう。終始ふざけ通していたパイセンが輪島展開になってから立花と一緒の時は普通に会話するようになったのがなんか良かった。

伊佐美が今宵と何とか対面を果たし、お腹(の赤ちゃん)を触らせてくれと泣きつき、キラキラネームを命名して去っていったのに対して、トビオは蓮子とデートを重ねながらもギリギリまで何も言えずようやく絞り出した言葉が別れよう、もう会いたくないという冷たい一言のみ。ここに2人の人間性の差が出ていて面白かった。バカさ加減では伊佐美の方が上だったけど、いざとなった時に主人公の方が相手に対して外道という

ついに決行日。あらかじめ罪の経緯を独白した動画をWeb上に挙げ、QRコードを記載したチラシをドローンを使って上空からばらまき、さらに自分たちもばらまきながら街を走り回る。動画ではパイセンが独白を担当。立花と話している時以上に今までのパイセンとは思えないほど真面目かつちゃんとした説明をしていて逆に驚き。効果的な拡散方法だったが、テンションが上がりきった4人のノリは、俺たちがやりましたウェーイ!ウェーイ!という10人殺したという内容と噛み合わないものでなんとも珍妙な…。いや逆に物凄い快楽殺人犯とかサイコパスな印象を植え付けられるのか…?悪戯にしか思われない気がするが。

さらに4人は日比谷野音へ突入。そこでライブをしていたのは主題歌を歌うDISH//。コラボレーションとはいえストーリー展開としては雑すぎてメチャクチャになってしまっているが、まさにドラマ主題歌を熱唱中のライブに乱入し、DISH//にお願いしてステージを借りて僕たちがやりました!と絶叫する4人。しかしそこに覆面集団が現れ、観客は恐ろしい勢いで逃走。あっさりステージへ潜入した集団は4人を次々に鈍器で殴り、トビオも脳天直撃の一撃でダウンして最終回へ続く!

※日比谷野音…というかライブ会場はこんなザル警備ではありません

とテロップを出した方がいいくらいの終盤の雑展開…。

僕たちがやりました 8話

トビオ(窪田正孝)と蓮子(永野芽郁)は相思相愛となったが、蓮子に告白した市橋(新田真剣佑)にどう伝えるか迷う。応援すると言っておいて横取りした形のトビオは自分が言うと宣言するが、市橋は唯一の肉親だった祖母が亡くなった、歩けるようになる見込みは薄いという宣告を改めて受ける(こっちは後で話すまでトビオ蓮子は知らず)という状況でとてもじゃないが言えなくなってしまう。

トビオは一方的なハイテンションで市橋と親しくなっただけだったため、蓮子の方が市橋の内面に触れて知っていた。トビオは改めて市橋の事をあまり知らない事に気付く。さらに親睦を深めたトビオはLINE動画レターで励ましのメッセージを送った後に、市橋に直接蓮子を付き合っていると告げる。その場では祝福する市橋だったが明らかに内面ズタボロなのは明白。しかしトビオも蓮子もこれで心配事は片付いたモード。

今宵(川栄李奈)の妊娠が発覚し、父親(竹内力)も登場。伊佐美(間宮祥太朗)と修羅場になるが、何故か今宵は父親と縁を切った挙句に、伊佐美とももう会わないと宣言してしまう。しかもこのドサクサでトビオが今宵とめくるめくったのを今宵がバラしてしまう(頭の弱いビッチ扱いされていたが、伊佐美とトビオの2人だけとも)。後日、改めてちゃんとすると宣言する伊佐美だったが、今宵は伊佐美は綺麗ではない、爆破事件の事を理由に犯罪者の子供と呼ばれないために1人で育てるとかなんとか。事件は完全にもみ消された以上、犯罪者の子供と呼ばれる事はこのままでは恐らくないとは思うが…。

パイセン(今野浩喜)は輪島(古田新太)に辿りつくが、輪島には愛人も子供も何人もいて、パイセンを何度も不細工だったと連呼。母親はいい女だったがとんでもなく不細工だったので別れたとまで。いや、遺伝子的には完全にあんたのほうのそんなわけで子供に対して特になんとも思っていなかった。立花(水川あさみ)の完全に不意をついていたナイフ特攻も懐にしまってあった札束で防御されてしまい、2人揃って何だか絶望的な心情に。

クズマル(葉山奨之)は加藤諒へ逆襲を企てるが、加藤諒はトンファーを習得しており、肝心の初撃を防がれてしまう。接戦の末に敗退。

病院を出たトビオに市橋から友情感謝メッセージ動画が届くが、さらに市橋は「もう終わりにする」と宣言。蓮子と幸せになれよ!と告げたところまで再生した直後、トビオの眼前に飛び降りた市橋が降ってきた。市橋が絶望して自殺してしまったところで次回へ続く。

この状況でトビオと蓮子が付き合ったままでいられるはずがないので今回限りだったか。市橋本人が過去の悪行の酬いが今だと分かっている上での自殺はやはりしんどい。10人+1人(死刑確定になりそうな真犯人役のオッサン)+市橋で合計11人を殺した罪はやはり…。

僕たちがやりました 7話

伊佐美(間宮祥太朗)やクズマル(葉山奨之)はそうでもなかったが、飯室(三浦翔平)が楔のように打ち込んだやっみのなかっ!やっみのなかっ!に耐え切れなくなったトビオ(窪田正孝)は屋上からI can fly木に引っかかった事で助かり、死んだら死んで償う、助かったら新しい自分を始めると落ちながらの一瞬で決めていたトビオは新しい自分を始めようとオールタイムハイテンションな人に。同じ病院に市橋(新田真剣佑)がいた事から一方的なハイテンションで語り掛け無理やり友人になってしまう。

トビオの自殺未遂により動揺した伊佐美はリトル伊佐美が反応しなくなり(勃起不全)、今宵(川栄李奈)を再び抱くため、爆発で死んだ10人の友人のフリをして親たちに嘘の思い出話をして(全員不良なので親不孝者が多く、親の事を思っていた系のエピソードで喜ばれる)供養するという伊佐美流の鎮魂を開始。

クズマルも多少は動揺していたがパイセン(今野浩喜)に自分は全く悪くないと語り、パイセンに「おまえすごいな」と言わしめるほどのクズマルっぷりを見せつけていた。再び熱海のおのののかの元へ行こうと旅立つも以前も襲撃してきた市橋の犠牲仲間(同じ被害者ではあるが市橋一味のしていたゲームはさらってきた連中を無理やり戦わせるというもので、彼はクズマルに敗北してさらにひどい目にあった事からクズマルを恨んでいる)加藤諒の再襲撃によりノックダウン。クズマルはもう転落人生一直線かな、キャラ的に…。

パイセンは立花(水川あさみ)に父である輪島(古田新太)について知っている事を聞きに行く。輪島に会って愛があるかを聞きたいという新たな目標を得たパイセンは両親が輪島の罠で自殺させられた事を語り輪島を殺したいという立花に必ず父親を見つけ連絡すると告げる。この際に両親が死んだ立花女子高生時代に、両親の葬儀に本人覚えてないくらいの幼少期のパイセンが来ていたことが発覚。マジかよ!役者の年齢差は4~5歳水川あさみの方が若いのに、10歳以上差があったってことはパイセンの年齢設定本気で20歳程度に設定してたのかよ…

オールタイムハイテンション化したトビオは未だ自由に動けない市橋相手に犯人は自分じゃなかっただろ(勝手に恨みやがって)と平然と言い放ったり、あんだけ大変な目にあったからここからは幸せになってトントンだろ!と考え始めたり、ハイテンションのまま病院を抜け出して市橋をカラオケに連れ出すなどクズマル以上にやっみのなかっ!やっみのなかっ!を実践しているような…。これまではハイテンションモードでバカやっても冷静に状況判断するクールモードもあって落差が激しかったけど、オールタイムハイテンションモードってのはけっこうウゼェ…。

何故か蓮子(永野芽郁)はトビオが飛び降りた事を翌日友人に聞かされるまで全く知らされず、トビオも連絡しない。このため2人は会う事は無く、トビオは病院のリハビリの若い先生をナンパしてデート。またこの間に心を許した市橋はトビオに蓮子が好きだと告げ、何故かトビオは全開で応援体制。しかし終盤ついに蓮子と再会したトビオは最初はのらりくらりしていたが、結局気持ち抑えきれずにそのままベッドイン

4人それぞれが向き合ったり因果応報になったりする中で、結局1番精神ダメージ受けていたのがトビオの自殺きっかけで心折れた伊佐美だった…という。今回の間で10人の親友のフリ供養行を終了するも吐き気が収まってなかったり不安定そう。

やっみのなかっ!やっみのなかっ!(飯室登場前)の時は1番冷静な見方をして乗り切れていなかったトビオが1番最初に飛び降りるも助かった事でハイテンション化した結果、

・市橋を不自由にした犯人のくせに犯人じゃないと言い放つ

・嘘からの友情を得て蓮子への恋を応援しながら自分が蓮子と結ばれる

・親友の彼女(今宵)で童貞喪失していた

・蓮子(未経験)相手には童貞のフリをする

など数々の嘘を塗り重ねた。最後だけクールモードに戻って新しい自分になんかなれない…などとしんみりされてもトビオこそがやっみのなかっ!やっみのなかっ!を誰よりもやっみのなかっ!やっみのなかっ!しているキングオブやっみのなかっ!やっみのなかっ!じゃないかと思う。

僕たちがやりました 6話

パイセン(今野浩喜)が釈放され、無罪だったと思い込んで再集結したトビオ(窪田正孝)、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)。金を奪ったクズマル、伊佐美の彼女の今宵(川栄李奈)で童貞喪失した上にしばらくめくるめくの日々を過ごしていたトビオはどんな顔をして会えば…と戸惑うが会ってみたら水に流してバカ騒ぎ。とりあえずバカ騒ぎ。何も考えずにバカ騒ぎ。パイセンの金と思考停止のバカ騒ぎだけが4人を繋いでいるバカ騒ぎ

…の中において今宵の件は必死に隠し通すもクズマルに関してはトビオと伊佐美は一致団結して糾弾。しかし相変わらずのクズマルは全く謝ろうとせずに開き直り険悪に。この険悪もバカ騒ぎが水に流した。というわけでそこそこの日常を取り戻したという形でどう見てもそこそこではないウェーイでバカ騒ぎの日常を謳歌する4人。

そんな中で担任の立花(水川あさみ)がパイセンに接近した事で弁護士の西塚(板尾創路)との関係も明らかに。立花は西塚の雇い主である裏世界のドン輪島(古田新太)に何らかの恨みを抱いていて輪島に近づくために西塚の偽証の誘いに乗ったらしいが、輪島に会うのは失敗し逆に脅されてしまう。その輪島こそがパイセンの父親だという。

西塚から犯人は輪島がでっちあげた偽物の男(借金まみれのホームレスに家族の無事を条件に整形手術を受けさせ死刑覚悟の上で犯人役を演じさせた)という話はパイセンも釈放後に聞いており、ノリでトビオらにも話すが盛り上がっていた3人は沈黙。黙っていればいいというパイセンに最初に乗ったのがクズマルだったというのはブレていないがトビオは困惑。謎の「やっみのなか!やっみのなか!」コールにも無表情のまま同調するが、つけていた刑事、飯室(三浦翔平)が登場。飯室は大体自分がつかんだ話通りだったとして、さらに輪島の愛人の子がパイセンで、息子を守るためではなく殺人犯の父親になりたくないからもみ消し工作をしたと突きつける。

自分1人が真相を掴んでももう覆らないし、最悪自分も消されるからこれ以上は何もしない…と言いながら、しかし真実を知る者がここにもう1人いる事、そして死んだ10人の写真をつきつけ、生涯10人を殺した罪悪感に苦しめ!と物凄い形相で突きつけて去っていった。

ショックを受けたトビオはハイテンションが嘘のような寡黙キャラに。さすがにその場ではショック顔だったクズマルが次の日には逃亡生活をクラスの女子に自慢げに盛って話しているクズっぷりは相変わらずブレない。このままクズらしい末路が最期にあるんだろうか。

放心状態のトビオは屋上からI can flyしたところで次回へ続く!

ということで事件自体の真相はほぼ判明。10人殺し+真犯人としてでっち上げられた男が死刑になれば11人殺しを生涯背負う4人がどう生きるのか…という割と重い展開に。嫌気が刺すほどのバカ騒ぎバカ騒ぎまたバカ騒ぎだったのはもう2度とこんなバカ騒ぎを心から出来ないから…だったとすればまあ…。

最初のバカ騒ぎでパイセンが熱唱していたのが「Ultra Soul」、輪島がキャバ嬢と遊びながら、また自殺を偽装させながら暗黒に歌っていたのが「ALONE」…と謎のB’zカラオケが展開したが会ったことなくてもそこは親子だった…ということか。毎週かかっている主題歌よりカラオケでインパクト残すB’zやっぱ凄い。