3(スリー)

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
心のリズム飛び散るバタフライ 徳永暁人 徳永暁人 徳永暁人 8thシングル 最高49位 売上1.4万枚
地球の中で二人っきり 徳永暁人 徳永暁人 徳永暁人  
RUNAWAY 徳永暁人 徳永暁人 徳永暁人  
Keep Rollin' 大田紳一郎 徳永暁人 徳永暁人  
ゼロの気持ち 大田紳一郎 徳永暁人 徳永暁人 7thシングル 最高48位 売上0.3万枚
徳永暁人 徳永暁人 徳永暁人  
はるかぜ 徳永暁人 徳永暁人 徳永暁人 9thシングル 最高29位 売上0.9万枚
SALMON JUMP 大田紳一郎 徳永暁人 徳永暁人  
アツイウチニウテ 徳永暁人&
大田紳一郎
徳永暁人 徳永暁人  
10 Route 26 吉本大樹 徳永暁人 徳永暁人  
11 cactus(Interude)   徳永暁人 徳永暁人 インスト曲
12 One Love 大田紳一郎 徳永暁人 徳永暁人 8thシングルC/W
13 自由形〜フリースタイル〜 徳永暁人&
大田紳一郎
徳永暁人 徳永暁人  

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2007年9月26日 初登場30位 売上0.9万枚 Produced by doa GIZA studio

メンバー

Vo 吉本大樹
Vo/Gt 大田紳一郎
Vo/Ba 徳永暁人

doa3rdアルバム。05年2月、11月と速いペースで2ndまでをリリースしていたがここで少しペースはゆっくりになった。徳永がメインボーカルのアコースティックバラード『心のリズム飛び散るバタフライ』がUSENのリクエストで火がついたようで(上半期3位)、200位以内18週に渡るロングヒットを記録、初の1万台、最高売上となった。続く『はるかぜ』も同じ作風で乗せてくるなど小さいながらも確かな上昇の波に乗って、GIZAにしては珍しく3枚目にして人気上昇の兆しを見せ始めた。

『心のリズム飛び散るバタフライ』が中低音を生かしたアコースティックバラードということで、最近の福山雅治と同じ路線。これまでそんな兆しはなかったのだが、高音ではなく中低音で聞かせる作風のせいか、ヒラ歌は福山雅治にしか聞こえないほどソックリ。サビでは福山よりも高めになってくるので若干感じが違ってくるものの、やはりかなり似ている。これがヒットしたので続く『はるかぜ』も徳永メインの全く同じ路線、アルバムでもそれに合わせてきたように作風ががらりと変わっている。福山路線に忠実なのは2曲目の『地球の中で二人っきり』くらいだが、いきなり2連続で作風が全然違うのでかなり驚く。それ以前のシングルである『ゼロの気持ち』以外にも一応迫ってくるような3声ボーカルの厚みが印象的な曲もあるにはあるのだが、基本はミディアムでアコースティック。低音を生かした福山の影が随所に見え隠れする曲が並んでいて落ち着いている。3作に渡って毎回作風が変わるので、毎回印象もかなり変わってくるのだが個人的には今作よりは聞かせるバンド系サウンドの多かった前作の方が良かった気がする。ただ1stの落ち着きの無さよりは今作のシンプルに落ち着いた作風の方がいい。これからdoaを聞く人は1枚で判断しちゃわない方がいいと思う。

3

印象度★★★☆☆

戻る