dream world

No タイトル 日本語詞 作曲 編曲 備考
In the name of love Anemone Mayama Fabrizio Baldoni&
Bruno Rosellini
Tatsuhiko Fuyuno  
I BELIEVE IN DREAMS MIZUE Steve Coe/
Bob Mitchell
Tatsuhiko Fuyuno  
EVER AND EVER kenko-p Giuliano Crivellente/
Mauro Farina
Tatsuhiko Fuyuno  
E.I.E.N 牧穂エミ Giuliano Crivellente/
Mauro Farina
Shigeki Sako  
Turn It Into Love 長谷部優 Mike Stock/
Peter Waterman/
Matt Aitken
Shigeki Sako 長谷部優ソロ
Passion kenko-p 作曲研究所 spicy dan  
King&Queen 海老根祐子 Andrea Leonardi Tatsuhiko Fuyuno  
カケラ kenko-p Denis Lepage/
Denyse Lepage
Tatsuhiko Fuyuno  
Help me 海老根祐子 Giuliano Crivellente/
Mauro Farina
Hitoshi Harukawa  
10 GIRL'S NIGHT MIZUE Peter Shelley Tatsuhiko Fuyuno  
11 Hot stuff Shiho Otowa Bellote/
Harold Faltermeler/
Keith Forsey
Shinichi Maruyama 橘佳奈ソロ
12 MUSIC IS MY THING(Album Version) 海老根祐子 Fonny De Wulf Tatsuhiko Fuyuno 14thシングル 最高18位 売上1.9万枚

リリースデータ

2003年2月26日 初登場23位 売上1.6万枚 Excutive Producer Masato MAX Matsuura エイベックス

メンバー

dream 02 阿井莉沙
dream 03 阿部絵里恵
dream 04 高本彩
dream 05 中島麻未
dream 06 西田静香
dream 07 橘佳奈
dream 08 長谷部優
dream 09 山本紗也香

dream1stカバーアルバムCCCD。増員してから最初のアルバムは80〜90年代の洋楽のカバーアルバムCCCD。02年7月の3人時代最後のライブで当時中学生の新メンバー6人を追加。追加発表後、イベントなどはあったらしいがリリースがなく、7ヶ月ほど経過し、8人でのリリースが開始された。初回盤にはDVDやらグッズやら派手な特典がたくさんついているらしく3675円するらしいが通常盤は2500円。

一気にアイドル路線になりコスプレイベントまで開く始末でファンを辞めた人も多かった。3人時代がシリアスすぎたので大人の判断によるアイドル化だったと思われるが、今更新しいファンがつくはずもなく、かつ昔からのファンはアイドルっぽくなく誰が好きだから応援しているというより3人が好きだったという人が多かったから当たり前のように低迷。しかも最初がカバーって…。ノリのいいユーロビート全開の曲が並んでいる。実際ほとんど旧メンバーの2人が歌っているようなのでどれが新メンバーの声なのかよく分からない。カバーといえ日本語アルバムなので日本語詞は新たにつけられており、その中でも「作詞は続けたいと思って。」と発言し松室の意志を引き継いだのは元からのメンバー長谷部優のみ。作詞を手がけるというのはdreamのアイデンティティの1つだったのでこれも変わってしまうんだなぁと残念だった。

dream world (初回盤) (CCCD) 初回盤        dream world (通常盤) (CCCD) 通常盤

印象度★★☆☆☆

戻る