All Time Best Album THE FIGHTING MAN

Disc 1 Mellow & Shout
No タイトル 作詞 作曲 Produced by 備考
1 今宵の月のように 宮本浩次 宮本浩次 宮本浩次&佐久間正英 15thシングル 最高8位 売上41.1万枚
2 悲しみの果て 宮本浩次 宮本浩次 宮本浩次&土方隆行 10thシングル 最高60位 売上0.8万枚
12thシングル 最高30位 売上3.5万枚
8thアルバム『ココロに花を』収録Mix
3 四月の風 宮本浩次 宮本浩次 宮本浩次&土方隆行 10thシングルC/W
4 風に吹かれて 宮本浩次 宮本浩次 宮本浩次&佐久間正英 16thシングル(カット) 最高50位 売上1.7万枚
5 夢のかけら 宮本浩次 宮本浩次 宮本浩次&佐久間正英 18thシングル 最高20位 売上3.7万枚
6 友達がいるのさ 宮本浩次 宮本浩次 宮本浩次&久保田光太郎 33rdシングル 最高38位 売上0.5万枚
7 俺たちの明日 宮本浩次 宮本浩次 YANAGIMAN 34thシングル 最高18位 売上1.7万枚
8 笑顔の未来へ 宮本浩次 宮本浩次 蔦谷好位置 35thシングル 最高47位 売上0.7万枚
9 リッスントゥザミュージック 宮本浩次 宮本浩次 蔦谷好位置 18thアルバム『STARTING OVER』収録曲
10 翳りゆく部屋 荒井由実 荒井由実 蔦谷好位置 18thアルバム『STARTING OVER』収録曲 荒井由実のカバー
11 桜の花、舞い上がる道を 宮本浩次 宮本浩次&
蔦谷好位置
亀田誠治 36thシングル 最高12位 売上2.4万枚
12 ハナウタ〜遠い昔からの物語〜 宮本浩次 宮本浩次 蔦谷好位置 19thアルバム『昇れる太陽』収録曲
13 新しい季節へキミと 宮本浩次 宮本浩次 亀田誠治 37thシングル 最高13位 売上1.5万枚
14 ズレてる方がいい 宮本浩次 宮本浩次 宮本浩次&蔦谷好位置 44thシングル 最高11位 売上1.2万枚
15 夢を追う旅人 宮本浩次 宮本浩次 宮本浩次&村山☆潤 48thシングル 最高16位 売上0.8万枚

Co-Produced by 佐久間正英(2,3)

Disc 2 Roll & Spirit
No タイトル 作詞 作曲 Produced by 備考
1 ガストロンジャー 宮本浩次 宮本浩次 宮本浩次&根岸孝旨 22ndシングル 最高29位 売上2.4万枚
2 デーデ 宮本浩次 宮本浩次   1stシングル(アルバム同発) 100位圏外
3 奴隷天国 宮本浩次 宮本浩次   7thシングル 100位圏外
4 花男 宮本浩次 宮本浩次   1stアルバム『THE ELEPHANT KASHIMASHI』収録曲
5 戦う男 宮本浩次 宮本浩次 宮本浩次&佐久間正英 14thシングル 最高35位 売上3.0万枚
6 so many people 宮本浩次 宮本浩次 宮本浩次&岡野ハジメ 23rdシングル 最高38位 売上1.3万枚
7 コール アンド レスポンス 宮本浩次 宮本浩次   24thシングル(アルバム同発) 最高55位 売上0.6万枚
8 暑中見舞-憂鬱な午後- 宮本浩次 宮本浩次 小林武史&宮本浩次 26thシングル 最高35位 売上0.9万枚
9 俺の道 宮本浩次 宮本浩次   29thシングル(30th,31st同発) 最高74位 売上0.3万枚
10 歴史 宮本浩次 宮本浩次   14thアルバム『扉』収録曲
11 大地のシンフォニー 宮本浩次 宮本浩次 YANAGIMAN&宮本浩次 43rdシングル 最高14位 売上0.8万枚
12 Destiny 宮本浩次 宮本浩次 宮本浩次&亀田誠治 46thシングル 最高13位 売上0.95万枚
13 RAINBOW 宮本浩次 宮本浩次 宮本浩次&村山☆潤 22ndアルバム『RAINBOW』収録曲
14 宮本浩次 宮本浩次   7thアルバム『東京の空』収録曲
15 ファイティングマン 宮本浩次 宮本浩次   1stアルバム『THE ELEPHANT KASHIMASHI』収録曲

Brass Arrange&C.P.岡野ハジメ(6)

リリースデータ

2017年3月21日 初登場3位 売上5.6万枚 ユニバーサル

メンバー

Vocal,Guitar,その他色々 宮本浩次
Guitar 石森敏行
Bass 高緑成治
Drums 冨永義之

エレファントカシマシ、デビュー30周年記念ベストアルバム。通算8thベストアルバム。1988年3月21日のデビューから30年目を迎える当日リリースとなっていて、2017年3月21日とはデビュー29周年(30年目突入)が正しいが、公式に30周年を迎えるとされており、意図的な周年前倒しとなっている。デビュー30周年にちなんで30曲3,000円とされ、宮本の選曲により全キャリアの中から30曲が収録され、Mellow & ShoutRoll & Spiritの2つのテーマで15曲ずつに分けられている。ブックレットには1曲ごとに宮本による楽曲解説も記載されている。最新シングル「夢を追う旅人」がアルバム初収録。Ted Jensenによるリマスター。

初回盤は歴代のライブ映像を17曲収録したDVD「THE FIGHTING MAN's LIVE HISTORY」付属。

ユニバーサルミュージックストア限定完全受注生産のデラックス盤はdemo&レアトラック集CD、95年下北沢シェルターLIVE映像DVD、16年下北沢シェルターLIVE映像DVDの2CD+2DVDに加えてHISTORY PHOTO BOOKが付属したLPサイズ豪華BOX仕様。

わざわざデビュー日に合わせてリリースするのに周年を1年間違えているというのは一体どういう事なのか…。「2017年に30周年を迎えます」とかリリース案内時に堂々記載しながらデビュー年を書いてないので(1988年デビューだとあまり堂々書いてしまうと右の数字が一致しなくなるのでマズい)意図的にやっていて本気で間違えたわけではなさそうだが…。30周年ツアーも年内で終わってしまうし…と思ったらさすがに本当の30周年を迎える2018年3月に何も無いのはマズいという事になったのか、ツアーFINALとして2018年3月17日にさいたまスーパーアリーナ公演が後から決定。しかしそこは土曜日開催優先で3月21日には合わせない…という。

いずれにせよエレファントカシマシはあまり周年でベスト盤を出したことが無く、09年のレーベル別3枚の時に"日比谷野音ライブ20周年を記念"とかいう触れ込みだった程度。そして97年とか12年とか年目の5年区切りで出していた事が偶然にも2度あった。また『sweet memory』と『エレファントカシマシ SINGLES1988-2001』はレコード会社を跨いでの収録だったが、『sweet memory』は企画ベストで、『エレファントカシマシ SINGLES1988-2001』はシングルA面コレクション。以降リリースされた『エレカシ 自選作品集』3作と『THE BEST 2007-2012 俺たちの明日』はこれまで渡り歩いてきた4社それぞれからリリースしたものだったので、今作がキャリア史上初となるオールタイムベストアルバム(レコード会社の垣根を越えるのが初とは言ってない)というのは間違っていない。

『sweet memory』や『エレカシ 自選作品集』3作も宮本選曲だったので、選曲は被っているものも多い。昨今流行りの重量級ベストアルバムという事で、またかという感じもあるんだけど、エレファントカシマシのキャリアは29周年でシングル48作、アルバム22作。『エレカシ 自選作品集』3作が今作より狭い対象範囲内でCD5枚に及んだことを考えると今作はかなり絞り込んだ印象がある。個人的に自選集の時はさすがに少々ダレてくるところがあったが、今回は30曲全く隙が無く、いい曲揃いに感じられた

特にDISC 1は単純にいい歌詞、いいメロディーという聞きやすい要素が揃っていて間口が広い。エレカシを聞いてみようと思う人がまず目当てにするような曲はほぼここで揃っている。DISC 2はキャッチーなメロディーはあまり無くて激しい曲やパッション溢れまくりな曲が多いため好みが分かれそうなところではあるが、それでも溢れるパッションから感じられるものは以前よりも多くなった。幅広い音楽性をうまい事伝えられる入口に最適なベストアルバムだと思う。"エレカシの基礎"というキャッチは実に的確。

All Time Best Album  THE FIGHTING MAN(初回限定盤)(DVD付)初回盤DVD付  All Time Best Album  THE FIGHTING MAN(通常盤)通常盤  All Time Best Album THE FIGHTING MAN【 デラックス盤 】【 完全受注生産盤 】【 LPサイズ豪華BOX仕様 】【 2CD+ボーナスCD+2DVD+ブック 】デラックス盤 

印象度★★★★★

2017.10.28更新

戻る