V.B.O.E Very Best Of Enkumi

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
HOLD ON MY HEART
-LOVE'S GOT A HOLD ON MY HEART-
Frampton,Waterman
訳詞:海老根祐子
Frampton,
Waterman
武井浩之 5thシングル 最高84位 売上0.3万枚
夢ロケッツ 遠藤久美子 石井竜也 松任谷正隆 4thシングル 最高49位 売上0.5万枚
好きなら好きっ! 石井裕樹・遠藤久美子 石井裕樹 石井裕樹・
村田陽一
1stシングル 最高15位 売上2.6万枚
コイビトのトビラ 森浩美 山口美央子 亀田誠治 3rdシングル 最高79位 売上0.3万枚
ハッピー・ラッキー・デイ Rino・遠藤久美子 菊池圭長 菊池圭長 2ndシングル 最高35位 売上1.0万枚
My Girl Friend〜今夜2人抜け出そう〜 石井裕樹 浅田直 渡辺和紀 3rdシングルC/W
アダム イヴ 不思議 石井裕樹・遠藤久美子 石井裕樹 石井裕樹・
MASA
1stシングルC/W
忘れない 覚和歌子 藤井千尋 五十嵐淳一 新曲
しあわせが待っている 六ツ見純代 熊田晃典 熊田晃典・
岡田まゆみ
クリスマス限定パック(シングル&ビデオ)
『Happy Pocket Presents』収録曲
10 マリモ星の子 上田ケンジ 上田ケンジ 上田ケンジ 5thシングルC/W
11 二人だけの宝物 田中章義・遠藤久美子 山口美央子 渡辺和紀 2ndシングルC/W
12 バンビDO! 上田ケンジ 上田ケンジ 十川知司・
上田ケンジ
4thシングルC/W
13 ENKUMI MEGA-MIX       Bonus Track リミックスメドレー

リリースデータ

2000年3月29日
2016年10月5日(SHM-CD)
100位圏外 東芝EMI

遠藤久美子2ndアルバムにしてベスト盤。新曲は1曲とリミックスメドレーのみ98年4月8日、20歳の誕生日に歌手デビュー。当時の人気は絶頂だったがCDの方はアイドル路線全開だった事もあり即失速。それでも当時は深夜に自身の音楽バラエティ番組「Pocket Music」を持っており、『夢ロケッツ』は番組で開催した音楽イベントと合わせて石井竜也、松任谷正隆とマジメに制作に取り組んでいく姿も放映されていた。アイドルが片手間というわけではなく、音楽に対してもマジメに積極的に取り組んでいた。事実、東芝EMIからはこれで契約を切られているが、この後も単発移籍をしてシングルを出したり、最終的には03年になってインディーズからミニアルバムを出すなどしていて歌手活動にも力を入れていた。

00年辺りを境ににしてとんと見かけなくなってしまったが、90年代末期にエンクミは人気絶頂を極めた。ハスキーボイスな声と短髪ボーイッシュながらかわいい容姿でバラエティでのレギュラーもいくつか持っていた。連ドラ出演の方も土曜9時枠でいくつかしていたのだがイマイチ軌道に乗らず、連ドラ常連にはならずに、気がつけばバラエティからも姿を消してしまい、てんで見かけなくなってしまった。歌手活動の尻つぼみと時期は一致しており、このベスト盤が出た頃は既に歌手活動に関しては半分忘れられており、レギュラー番組も続々終わっていた。

歌声もそのままハスキー。正直上手いとは言えないし、歌のほうもアイドル全開路線の1st、2ndシングルのノリは非常に安っぽい。「夢ロケッツ」や「コイビトのトビラ」などのポップス路線で最初から行っていればもう少し違っていたかもしれないが、同時期に豪華シンガーソングライターを駆使しまくっていた広末涼子なんかと比べるとやはり音楽的にも今一歩な感じはする。当時エンクミが好きだった人は好きだろうし、俺もそんな中の1人である。当時はレンタルにも入荷されずに1stアルバムを最後に聞けなくなっていたのだが、図書館で何故かみつけて久々に聞いてみた。エンクミ好きだったなぁ…と懐かしさに触れた感じ。当時エンクミが好きだった人はどうぞ

V.B.O.E. Very Best Of Enkumi2016年SHM-CD再発盤  V.B.O.E. 「Very Best Of Enkumi」

印象度★★★☆☆

戻る