Unreal

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
花になれ 百田留衣 百田留衣 百田留衣 1st配信限定シングル
春風 山村隆太&
百田留衣
山村隆太&
百田留衣
百田留衣  
Over the rain〜ひかりの橋〜 山村隆太&
トキタサトシ
山村隆太&
トキタサトシ
百田留衣 2nd配信限定シングル
388859 flumpool flumpool トキタサトシ  
Hello flumpool flumpool 古川貴浩&
flumpool
 
labo flumpool flumpool flumpool インディーズシングル 最高62位 売上0.4万枚
LOST flumpool flumpool flumpool インディーズシングルC/W(TSUTAYA盤)
未来 flumpool flumpool flumpool インディーズシングルC/W(タワレコ盤)
花になれ Instrumental   百田留衣 百田留衣 ボーカル抜きのカラオケバージョン
10 Over the rain〜ひかりの橋〜 Instrumental   山村隆太&
百田留衣
百田留衣 ボーカル抜きのカラオケバージョン

※Strings Arranged by 村山達哉(3)

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2008年11月19日 初登場2位 売上23.4万枚 Produced by Kenji Tamai(1〜5) A-Sketch

メンバー

Vocals 山村隆太
Guitars&Backing Vocals 阪井一生
Bass 尼川元気
Drums 小倉誠司

flumpool1stミニアルバム。大手芸能事務所アミューズがKDDIと共に設立したレコード会社A-Sketchからのデビュー。そのため配信発のヒットを狙い、インディーズではCDを出したものの、メジャー展開ではあえてCDを出さずに配信限定で勝負。au LISMOのCMで大量オンエアした「花になれ」、ドラマ「ブラッディ・マンデイ」主題歌の「Over tha rain」と大型タイアップの2曲を配信限定で出した直後にそれを引っさげてのミニアルバムでようやくCDリリースとなった。10曲入りだが、ラスト2曲はカラオケになっており、実質ミニアルバム。

「花になれ」「Over tha rain」は非常に売れ線のポップロックバンドという感じで、耳に残る。しかしこの2曲はかなり外部介入の色が濃く、それ以降の後半の楽曲の方がこのバンドの本来の色は出ているのだと思われる。その後半の曲は、普通にロックバンドしている感じで悪くは無い。しかしやはり印象としては「花になれ」「Over tha rain」を越えるものはない。一気に売れ線として売り出されて、これからも最前線を走っていけるかはバンドとしての方向性とやらされる方向性とのバランス、もしくはそれを越えてバンドとしてのカラーがヒット性抜群のものなのかというところにかかってくると思われる。最近バンドは音楽ファンウケしないと売れないが、そうなると一般的にはあまり知られてない…と90年代のGLAYラルクのような存在が生まれない状態になっている。いきなりこういう売れ線のやり方で売れるにはそれ相当に耳に残る曲を連発しないと厳しそうだ。Aqua Timez辺りは頑張っているがアルバムでヒットにならないなど実に難しい。果たしてそこに風穴を開けられるか、それほどのバンドなのかはまだ1枚目のこの段階では何とも言えない。聞いて損のない1枚ではあるが、今後凄いことになるような何かを感じるほどではなかった

unreal

印象度★★★☆☆

戻る